賀状一枚鵜の目鷹の目

2020年01月15日

ヒヨドリの声


令和2年1月13日(月)曇り

昨日のお客様2泊目に美人林を訪れて

「鳥の声がしきりにしました」とおっしゃっていたので

それならばと私も出かけてみた。

美人林の駐車場に向かう道はわだちになっていて

何台かが向かって苦戦の後が見える。

私は引き返してきたが

若いカップルのワゴン車が動けないでいた。

前輪駆動車なのに向かってしまった。

次に来たご夫婦が緊急用のスコップをもっていたので

雪をよけて脱出に成功した。

林内に入った。

しかし林内は静まり返って物音一つしなかった。

家族連れが訪れたのだろうか

雪だるまさんがいくつもあった。

IMG_6657-1



この時期としては珍しく林内の池は姿を現して

青く輝いていた。

その向こうに見えるブナの幹が面白い。

まるでシマウマのように白と黒のまだらになっている。

IMG_6663-1



根空け小さいながらも形作っているが

本来この季節根っこが見えないのが普通なのだが

珍しい年である。

帰り際に駐車場でヒヨドリの声がしきりにした。

はは~この声だなお客様が言っていたのは。

IMG_6663-2



・・・・・
今日の私の短歌です

ヒヨドリの 静けさ破る 雄たけびに
雪よ降れよと 言わんばかりか
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 11:00│Comments(2)

この記事へのコメント

2. Posted by アルジ   2020年01月17日 12:26
良くここがお分かりでしたね。
まだアッップしたばかりなのに。
その節はご親切にありがとうございました。
昔はスコップの1丁くらいは必需だったですが、最近は除雪体制が良くマイクロバスには積んでおりますが、自家用車には積んでおりませんでした。
今後は他人のためにも積んでおこうと思っております。
松之山温泉にもぜひお出かけくださいお待ちしております。
1. Posted by 田中   2020年01月16日 18:08
5 はじめまして…
と言うよりも先日はお疲れ様でございました。
美人林入り口でスコップ持って脱出のお手伝いさせて頂いた者です。
初めて訪れた美人林。
スタックからの脱出のお手伝いはいい思い出になりました。
美人林素敵ですね。
妙高方面からの帰り道でしたので、滞在時間が短く、温泉街へ足を向けられなかった事が残念ですが、今度は時間をタップリ取って、松之山周辺を散策してみたいと思います。
いつか、お宿へもお邪魔させて頂きたいと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
賀状一枚鵜の目鷹の目