忘年会世阿弥渡る

2023年12月06日

下弦の月


令和5年12月6日(水)晴れ

スッキリと晴れ上がった一日だった。

屋上貸切露天風呂を掃除していたら

雲一つない西の空にぽっかりと

下弦の月が浮かんでいた。

実際は昨日が下弦だったが

昨夜は曇っていたので。

しかしそれにしてもきれいなお月様だ。

先日降った雪がまだ草むらなどに残っており

白い雪と青空と下弦の月が絶妙だ。

だったらそれを写せばいいではないか

ということになるが

そんな簡単ではない。

カメラというのは芸術の域で

ある程度のセンスが必要だ。

私なんぞは何事もナンセンスで

人にばかにされることが多い。

それでもやるかというと

やはり高齢者は何かにすがっていたくなるものである。

わかるだろうか。

あまり年のことを言いたくないが

そういうものである。

IMG_0235[1]



・・・・・
今日の私の短歌です

青空に 下弦の月が 眩くて
しばし見とれて 年の瀬間近
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


ふくずみの客室

ふくずみの温泉(露天風呂)

ふくずみの周辺の観光(野鳥)

ふくずみの周辺観光(美人林)

ふくずみの周辺観光(植物)

ふくずみ周辺観光(大地の芸術祭)

ふくずみのお料理とお酒

名刹長命寺

雪見とろろしゃぶしゃぶしゃぶ



santousui at 19:43│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
忘年会世阿弥渡る