讃岐おでん捜査記録@さぬきうどん屋

香川のうどん屋でしばしば目撃される讃岐おでん。その特徴は甘いからし味噌を伴っていること。讃岐おでんの実体に迫るべく潜入捜査を続ける。

高松市

かしむらうどん —食べごたえある麺とあっさりおでん

太い。量もある。

食べごたえのあるかしむらのうどん。
z_kashimura_01


わかめうどんを注文したが、わかめたっぷりで麺が見えない……。
ダシは透き通っていて薄味。
ダシの味がやや濃くなりつつあるなかでは貴重。
麺をしっかりと味わえる。
上に盛られた生姜がいい感じで効いている。
ここのうどんの魅力のひとつは生姜かも。

z_kashimura_02


おでん鍋は店内に入ってすぐ左手に。
平天、スジ肉、こんにゃく、焼き豆腐、玉子がきれいに並ぶ。
うどんのダシ同様、おでんのダシも透き通っている。

玉子を選択。
タレはからし味噌のみ。
z_kashimura_03


絶妙な煮込み具合。
ダシもあっさり。
からし味噌はやや甘めで後からじわじわからさがくる感じ。

おでんは110円。

再捜査予定 あり
あっさりおでんを楽しみたい。

かしむらうどん 香川県高松市屋島西町2483-12

枡うどん ―夜も讃岐おでんを食べられる貴重な場

丼とのセットや肉うどんが人気の枡うどん
肉うどんは多めの玉ねぎが少し甘いダシをからまっていい感じ。
麺は太目。
masu_01

見た目は一般店のようだが、セルフ店。
おでん鍋は入ってすぐ左手にあり、もちろんセルフで。
玉子、こんにゃく、焼き豆腐などから平天とスジ肉をチョイス。
タレはからし味噌のみ。
masu_02

おでんは程よく煮込まれていて、ダシの味がしっかりとしている。
からし味噌は甘さ抑え目。

平天は100円、スジ肉は130円。


夜、讃岐おでんを食べたくなったら

枡うどん 香川県高松市福岡町3-35-9
 

こだわり麺や 国分寺店 ―めずらしい白味噌ベースのタレで

香川県内チェーン店ともいえる、こだわり麺や。
子ども連れも入りやすく、サービスも行き届いており、どの店も大人気。

そして、店舗ごとにオススメメニューがある。
国分寺店は牛肉おろしうどん。
 
IMG_2180_s

しかし、牛肉おろしうどんが目的ではないので、オーソドックスなかけうどんを。

IMG_2174_s

こだわり麺やのうどんダシは澄んでいて丼の底までのぞけるくらい。
自家製らしいネギは、苦みがすくなく、うどん向き。

IMG_2176_s

セルフ店なので、カウンターにあるおでん鍋からおでんを皿にとる。
タレは別のところにある。

IMG_2178_s

焼き豆腐はしっかりと焼き目がついていて、厚みもあって食べごたえあり。
そして、こだわり麺やといえば、独特の白味噌ベースにタレ。
以前捜査した坂出鴨川店と同じでうれしい。
白味噌らしい甘さとゴマの香り?が好きな人も多いかも。

おでんはすべて1個100円。



このタレでおでんを食べるために。

こだわり麺や 国分寺店  香川県高松市国分寺町新居57-3 
 

ひなた ―お得なランチセットで極細麺と讃岐おでん

昼はうどん屋、夜は居酒屋というスタイルのひなた
出入りが難しい駐車場は店員が誘導してくれる。
IMG_0545_ss
 
ランチタイムには、かけうどん+おにぎり1個+おでん2個で500円というセットメニューが。
ひなたの麺は、うどんとしてはおそらく最も細い部類だろう。
あっさりめのダシはこの極細麺に合う。
おにぎりはふんわりとした握り方。
IMG_0554_ss
 
店内の中央におでん鍋があり、そこから2本を選ぶ。
スジ肉と大根を選び、タレをかける。
タレは味噌と、チューブ入りのねりがらしで。
IMG_0550_ss


おでんもかなり薄味でタレと一緒に食べてちょうどいいくらい。
煮込み具合はいい。

通常だとおでんは1つ120円らしく、ランチのセットメニューはかなりお得。 


おでんはランチセットで食べたい。

ひなた 香川県高松市香川町川東上1764-3 
  
 

石川うどん ―絶品つくねのおでん

2014年8月

どうしても、つくねのおでんが食べたい。
というわけで、石川うどんへ行こうと思い立ったある日。
移転したとの情報が。
新しい店舗はJR丸亀駅の裏にあるという。

駅まで行くと迷うことなく店にたどりつく。
ここなら県外客も訪れやすい。
ishikawaudon_02

店内は以前よりも少し狭い。
なので、カウンターの隅に追いやられるようにしておでん鍋がある。
鍋をのぞくと、タネは変わらず、つくねもある。
思わずつくね2本という、通常ならありえない行動に出てしまう。

ishikawaudon_03

ishikawaudon_04

つくねの焼き目が美しい。
食感も味も変わらずおいしい。
独特の味噌タレも健在。

私以外にも、つくね目当てで石川うどんに潜入する人はいるはずだ。

もちろん、コシのあるうどんもそのまま。

ishikawaudon_01


おでんはすべて100円。


移転してもおいしいつくねはそのまま。

石川うどん 香川県丸亀市福島町54-8



----------------------------------------
2012年4月

たくさんの具を麺とともに煮込む打ち込みうどん。
香川の郷土料理とも言えるが、それだけを食べさせてくれる店は多くない。

以前潜入した石川うどんは、金曜日の夜、打ち込みうどん専門店になる。
打ち込みうどんは、赤味噌ベースとトマトベースの2種類。

赤味噌ベースの打ち込みうどんは、赤味噌らしくなく口あたりがマイルド。
意外な具のホルモンは赤味噌に合う。

デザートには自慢のアイスクリームも付いてくる。
それもしっかり1人前の量。

800円前後の値段だが、十分にその価値はある。
1週間の仕事をがんばった自分へのご褒美か。

私のような不規則勤務の人間には関係ないが…。

ishikawaudon_gaikan2

さて、本題の讃岐おでん。

打ち込みうどん専門店に変身しても、おでんは健在。

こんにゃく、玉子、肉だんご、大根のなかから大根を選択。
タレは特徴的な味噌。

前回の捜査でからし味噌は確認できなかったが、味噌のそばにあるのはからし味噌…?
次回の捜査で確認することにしよう。
ishikawaudon_daikon
串で刺した跡は、煮込み具合を確認している証拠。
もちろん絶妙な歯ごたえ。

大根に若干苦さが残るのは、シーズン終わりのためか仕方ない。

ダシはしっかり。

そして味噌は濃いめの味で黒ごまが風味を引き立てる。
甘さはかなり控えめ。

おでんはすべて1個(本)100円。


タネ  ●●●●-
種類  ●●●○-
ダシ  ●●●●○
煮込み具合 ●●●●●
タレ  ●●●●-  個性的な味噌
CP  ●●●○-
総合  ●●●●○

再捜査の予定 あり
この味噌とともに食べたくなったら。


讃岐の香り 石川うどん
 

----------------------------------------
2012年1月

ダシは伊吹島のイリコ、観音寺産ちくわの天ぷら、など随所にこだわりのある讃岐の香り 石川うどん。
それだけにさぬきうどんとしてはやや高めの値段設定。
安くて速いことを売りにするさぬきうどん屋が多い中、こんなお店もあってもいいのではないだろうか。

メニューには自信の天ぷらが全面に押し出されているが、個性的なのはさぬきうどんのつけ麺ともいうべき肉汁うどん。
数が限られているので、目にする機会は決して多くないかも。
ishikawaudon_gaikan

セルフ店ではないので、テーブルについてから店員さんにうどんの注文をする。
ところがおでんだけはセルフのシステム。
会計の近くにおでん鍋がある。
ishikawaudon_odennabe
おでん鍋ひたひたのダシにしっかり浸かったタネ。
大根、玉子などをよそに、こんにゃくと肉だんごを皿に取る。
そういえば石川うどんの近くにある一福にも肉だんごがあったな、と思い出す。
地域的な特徴なのか。

半分に割った竹を模した皿。
これも個性的。

おでん鍋の右に設置された壺には練りからしと味噌。
ここにもからし味噌はないのか、と思いながら肉だんごには練りからしを、こんにゃくには味噌を選択。
ishikawaudon

煮込み具合は抜群だ。

肉だんご自体は思ったより味付けが濃くなく、ダシで煮込まれてちょうどよい感じ。
そのつもりでこんにゃくを食べると若干薄く思えるが、ダシは上品な味。
こんにゃくそのものは弾力があり、いい食感。

そしてタレ。
甘さは抑えられ、珍しく黒ゴマが入っている。
後口がスッキリとしてこんにゃくにとても合う。
見た目はよくある濃い色の味噌ながら、それらとは別物だ。
先日捜査したこだわり麺やの味噌とは高いレベルで対極にある味噌と言える。

いつからおでん味噌捜査記録になってしまったのか……。


おでんはすべて1個(本)100円。


種類  ●●●○-
ダシ  ●●●●○
煮込み具合 ●●●●●
タレ  ●●●●-  からし味噌はないものの、個性的な味噌
CP  ●●●○-
総合  ●●●●○

再捜査の予定 あり
味噌。ダシも。


讃岐の香り 石川うどん

 
livedoor プロフィール
讃岐おでんといえば、からし味噌。これがあれば今日も明日も讃岐おでん。
記事検索
  • ライブドアブログ