ホーム » ブログ

燦葉拳法会は、関東学院大学の日本拳法部の卒業生(OB)と、現役生を含めた日本拳法団体です。
当ブログは、関東学院大学日本拳法部とOBの活動報告を致します。

2018年11月

第41期の黒澤です。

11月18日、足立区の東京武道館にて、日本拳法東日本大学新人戦が開催されました。


kaijou


buki20181118



久しぶりの団体戦で現役生が3名出場しました。


buki_mae55

試合前に一枚


近年は個人戦や学連選抜での出場が多かった関東学院大学日本拳法部。
ブログの記事を振り返ると約5年ぶりの団体戦となりました。


当日来ていた他大学OBの方々からも

「関東学院が出るの久々だねー」

「あっ!関東出るだ!頑張ってね!」

などのお声を頂きました。


さて、今大会では他に2018日本拳法東日本総合選手権大会、日本拳法東日本男子個人選手権、日本拳法東日本女子個人選手権、日本拳法東日本高等学校個人選手権、と盛りだくさんの一日。

kanban55



大学新人戦は13時40分から開始と、、、

ヒマを弄ぶ時間もありました。

BlogPaint


試合前にひと眠りするHくん




そして結果は下記の通りです。




◆一回戦
vs慶応義塾大学


0勝3敗2不戦敗 → 敗退。




taisenn_hyou


shiai00



奇しくも今回の優勝校となった慶応義塾大学と当たり、全敗となりました。
ただ、不戦勝二つ与えたとしても、いい試合をしてくれました。


※次鋒、副将戦は不戦敗




◯先鋒戦 畑中(一年次)

hatanaka01

前回の東日本大学選手権では白星をあげた畑中。今回も期待されていました。


hatanaka02


初段の対戦選手に、試合は組み合う事が多く、対戦選手とヒザ蹴りの攻防が続いたり、倒し倒され、こう着状態が続けば、審判からの別れが2〜3回続く。日頃の組み練習の成果がでていました。

しかし、試合後半にわずかな隙をつかれ対戦選手の面突きが決まり一本。

hatanaka03


二本目は集中力が切れた畑中に対戦選手の押さえヒザ蹴りが決まり0−2で負け。





◯中堅戦 秦野(一年次)

hatano01


今大会が秦野のデビュー戦。
基礎体力では部内屈指の秦野は、先鋒戦同様に組み合う事が多く、秦野はまったくバテていませんでした。むしろ初段の対戦選手の方がバテている印象も。

hatano02


しかし、試合経験では対戦選手の方が上のため、押さえヒザ蹴りで一本取られました。

hatano03


試合後半、初試合で前夜は一睡もできないぐらい興奮していた秦野に、対戦選手は押され秦野の面突きが決まった。と思いきや時間切れで0−1で負け。





◯大将戦 浅利(二年次)

asari01


試合前半、浅利は弐段の対戦選手を突きと蹴りのコンビネーションで押し、途中、面へのハイキックが決まったかと思いきや、一本にならず不十分。

asari03


が、すぐに面突きで一本を取りました。

asari02


しかし、二本目は格上の対戦選手の素早い胴突きで一本を取り返されました。
三本目は若干焦り気味に攻めた浅利に対戦選手の胴回し蹴りがきまり1−2で負け。



以上になります。



試合結果では全敗で終わりました。慶応義塾大学は、高校の頃から部活動として日本拳法をやっている選手も多く、試合経験と技術では敵いませんでした。


nakimane

悲しみに暮れる現役生たち


しかし、一年次達は組み合いの際に力負けせず、組みの技術では相手が上だとしても、パワーと根性だけは負けてませんでした。

ちなみに大将戦の対戦選手は、決勝戦の代表者戦に選ばれる程の実力者。
そんな相手にたかだか一本だけですが、浅利も日頃の成果が出てきました。

tournament_table


5年ぶりの団体戦出場となった関東学院。
また、不戦2勝で油断していた慶応義塾大学でしたが、
優勝を勝ち取った時は素直に「すげぇ!」と思いました。

この度は優勝おめでとうございます!!









ちなみに

今大会では濱野コーチ(33期)も審判として活躍しておりました。

shinpan55


大会終了後は本業の方もあったため、帰りは最終バスを逃したそうです(笑)




41_K

現役生の周りを蝿のようにウロウロしていた41期OB(笑)




最後に出場した現役生達はお疲れ様でした。
今回の敗北をバネにして、練習に励んでもらいたいです。

篠原監督(28期)、濱野コーチ(33期)もご多忙の中、ありがとうございました。



33期@濱野です。

第6期の松賀先輩より、大変貴重な1982年(昭和57年)に開催された第9回道志杯のお写真を頂きました。


1

内容を元に、道志杯歴代入賞者のページも更新させて頂きました。


結果: (敬称略)

優    勝:松賀  茂(第6期)
準優勝:椎野 宗男(第4期)
第三位:渡辺 千広(第10期)

殊勲賞:椎野 宗男(第4期)
敢闘賞:西村 博孝(第5期)


5


衝撃がオデコと顎に直にくると噂の懐かしい関東面着用です。




6


7


4


2


3



以上です。


体育館の様子も今とほとんど変わりなく、大変貴重な映像です。

松賀先輩、ありがとうございました。



先日11月3日に行われた大会を含め、

すでに45回行われている道志杯です。


しかしながら、入賞者が不明な時代が多々あります。

もし、卒業されたOB先輩の方々で、昔の貴重なお写真、記録など等残っておりましたら、

情報を頂戴出来ますと幸いです。


以上、36年も遡った道志杯情報でした。






昨日10日は、11月のOB練習会を行いました。


参加メンバー(OB現役は敬称略)

篠原 (第28期)
濱野 (第33期)
木村 (第36期)

浅利  (2年次)
畑中  (1年次)
秦野  (1年次)

ゲスト参加
綾さん(黒綾館)


・基本稽古
・移動稽古
防具練習 乱取り
防具組技のみ 乱取り
・1本取り



先週の道志杯で5年ぶりに日本拳法に復帰した木村選手がサンドバック
100発連撃を衰えなく披露しました。



45869368_2165951003671987_3494942041261998080_n
 
45882065_2179594462059663_2276872196376756224_n


45951575_259550404757101_9208509749203566592_n (1)


45828277_1353751238131766_8190611390633869312_n



練習後は、監督とコーチで学生時代にお世話になっていたラーメン大将へ。

S__76087305


実に18年ぶりの味。

油多めなスープに海苔浸してご飯巻き巻き。

炭水化物コース。



カルビよりハラミ派となり、

年と共に胃も衰えたと思っていましたが、

OB練習会を定期的に行う事により、だいぶ胃が若返ってきたと思う今日この頃です。





12月のOB練習は12月8日13時からです。
(道志杯の時に15日予定と決めましたが変更になりました。)

よろしくお願い致します。



11月3日、夕方


創立50周年記念式典を開催しました。
会場は横浜スカイビル27階のクルーズ・クルーズYOKOHAMA。
料理も美味しく、窓からはランドマークタワーも望めました。


shikiten00






部長の中泉先生のご挨拶。
butyou_aisatu



三好(第5期)OB会長のご挨拶。
OBkaityo_asasatu



篠原(第28期)監督のご挨拶。
kanto_aisatu



岩崎(第6期)OBの乾杯のご発声
shikiten03





乾杯後、スクリーンには1990年頃の練習風景の動画が流れ、懐かしむOBもいました。

shikiten02



歓談の途中、予定されていなかった1分間スピーチが行われました。

shikiten01

まず、今回の道志杯優勝者濱野選手(33期)から始まり、スピーチが終われば次のOBを指名していくリレー形式で、会場は盛り上がりました。


指名されたOBは当時の思い出や後輩への熱いエールなどを語っていただきました。


また、某OBはスピーチした際、金久保(2年次)にスピーチのバトンを渡すまさかの無茶ぶりも(笑)

主将である浅利(2年次)は「次は自分かな…」
、と背筋を伸ばし待ち構えていましたが、結局スピーチのバトンを渡されず、肩透かしをくったのはここだけの話(笑)



写真館ページにて、
記念式典の写真を公開中です。
その場の雰囲気を楽しんでいただけたらと思います。


http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~kg160401/20181103s.html




最後は若尾(第20期)元監督の気合いの入った一丁締めで式典は御開きとなりました。


これからも関東学院大学日本拳法部、燦葉拳法会は60年、70年、もっといって100年!


今は現役部員が少ない状況ではありますが、諸先輩方が作り上げてきた歴史と伝統を引継ぎ、更にその時代時代に合わせた新たな知識や情報を取り入れつつ、発展させていきたいと思います。


最後になりますが、
今回、ご多忙にもかかわらずご出席くさだり、また遠方からもご来場されましたOBの皆様には、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
誠に有難うございました。

さらに道志杯、式典の準備に携わったOB会事務局、現役生の皆様も本当にお疲れ様でした。

11月3日、15時頃

道志杯は毎年、平潟祭(関東学院大学の学園祭)の期間中に行ってます。


hirakata01


ちなみに今年の平潟祭のスローガンは

「挑戦〜unlimited〜」


道志杯終了後、夕方からの記念式典までは、会場の移動を含めても時間に余裕があったため、現役生らは大学内をちょっと散策。



出店やイベントなどで賑わっていました。

hirakata04


ミス・コンテストとミスター・コンテストに投票したり

出店のクレープを頬張ったり、

BlogPaint
 ↑
本人の希望によりスタンプで加工w


野外ステージでは、
サークルの学生達が
ラッツ&スターの「め組のひと」を熱唱しているのを聞いたりと。

hirakata03



平潟祭にはさほど期待してませんでしたが、
思いのほかエンジョイしていた現役生


と、付き添いの41期OBでしたw

平成最後の秋…

11月3日、昼頃

第45回道志杯を開催しました。

buki_20


結果は下記の通りです。

(敬称略)

優    勝:濱野彰士(第33期)
準優勝:高林謙策(第36期)
第三位:桂    眞継(第45期)

殊勲賞:黒澤    陽(第41期)
技能賞:阿部勝高(第33期)
敢闘賞:木村圭輔(第36期)







今年で創立50周年を迎えた関東学院大学日本拳法部。
その部内トーナメントも45回目を迎えました。



D1_20



D2_20



今回の参加者は18名。
ほぼ毎年参加するOBや10年ぶりの参加となるOBもいました。

45590108_559613434500041_1404024388155604992_n

トーナメント表



試合は順調に進みました。




◆第三位決定戦
黒澤選手(第41期)vs桂選手(第45期)

3K_00

OBの中では若手の桂選手は現役時代と変わらず軽快な拳法は健在。

それに対して三十路を迎え疲労がなかなか取れないと悩む黒澤選手。



両選手共に間合いを取るのに馴れており、試合開始してからは、互いに前拳での牽制がしばらく続く。
しかし、桂選手が放った回し蹴りを黒澤選手はキャッチし、金的への返し蹴りを放つ。
と思いきや、まさか手を離すという行動を起こす。

3K_01

会場内はブーイングが起きたが、これは5期下の桂選手に
「先輩の余裕を見せつけた」
と黒澤選手(本人談)

3K_02

今回、恋人がたまたま観戦にきていた手前、恥をかかされたと怒りの胴突きで一本を取る桂選手。
その後も前拳の牽制が続くが、スタミナ切れで動きが鈍くなった黒澤選手に再度胴突きを放ち、見事に第三位を獲得した。



そして決勝戦。

◆決勝戦
濱野選手(第33期)vs高林選手(第36期)

F_00


昨年の道志杯準優勝、浜松拳心館出身の高林選手は打撃、組技共にバランスの取れ、OB会でも五本の指にはいる実力者。
対する濱野選手は現役生のコーチ、拳法部のホームページ管理、某ショップ経営者と多忙な日々を送っている中、今回の道志杯に備えて、密かにあらゆる道場へ出稽古していた。


試合が開始しても、互いに睨み合いが続き、ピリピリとした空気で会場は静寂を迎えた。
先手は高林選手の突きや蹴りのラッシュ。
しかし、濱野選手は押されつつも、場外ぎりぎりの所でカウンターの面突きが決まり一本。

F_01


二本目は両選手、決定打が中々決まらない展開となった。
最初は組み合いになりすぐ両選手パッと離れた瞬間、濱野選手の降ろし面打ちを放つも不十分となる。
次に高林選手の足払いを回避した濱野選手だが、まさかのバランスを崩し倒れてしまう。
絶好の機会と、高林選手が押さえ胴突きを放ち一本と思いきや、放ったタイミングでわずかに場外と判定され、まさかの不十分となる。

F_02


その後も相打ちが続くが、
最後は濱野選手の渾身の面突きが決まり優勝を勝ち取った。
45回目の道志杯に相応しい、レベルの高い決勝戦となった。




yuushousha01
 ↑
チャンピオンベルト(ドン・キホーテ製)に苦笑いな濱野選手w



さて今回、現役生らは全員一回戦で敗れたものの、部員が少ない環境下でもめげず練習をしてきました。徐々にではありますが、確実に進歩しています。

shugou

最後に集合写真



まあ、、、経験で優るOB達が今回上位三位・三賞を独占してしまいましたが、来年の公式戦、そして道志杯では現役生らの活躍を期待したいです。




写真館ページにて、当日の写真を公開中です。

http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~kg160401/20181103d.html





記念式典に続く…

↑このページのトップヘ