去る



だいぶ前に去る2023年11月11日。



関東学院大学日本拳法部

現役、OBの選手で行うトーナメント戦。


第50回、道志杯争奪戦が開催されました。


例年大学の文化祭に合わせて行われてきたのですが、

今年は該当する連休中に日本拳法東日本総合団体選手権大会が開催されたため、

1週間ずらして開催する運びとなりました。


2年間のコロナ中止期間を除き、

第36期の高林が初の三連覇に挑む今大会。

ノリにノッている現役生たちは、この三連覇を食い止める事が出来るのか。


第50回道志杯



昨年度優勝 高林三段の選手宣誓で始まる。


E41C2C8E-BD7F-48C9-AAE8-F299DC229C80



今年は16名がエントリー。



対戦表


以下、試合結果です。



【1試合目】
☓松野 vs 清水村◯

【2試合目】
◯井桁 vs 篠原☓

【3試合目】
◯石井 vs 浅利


【4試合目】
☓佐藤 vs 濱野◯

【5試合目】
◯橋本 vs 関☓

【6試合目】
帯金 vs 中村

【7試合目】
☓竹ヶ原 vs 小田原◯

【8試合目】
☓辻 vs 高林



〜 ここより2回戦。 〜



【9試合目】
清水村 vs 井桁

【10試合目】
☓石井 
 vs 濱野◯

【11試合目】
◯橋本  vs 中村

【12試合目】
小田原  vs  高林


〜 ここより準決勝  〜


準決勝第1試合目
井桁 vs 濱野


準決勝第2試合目
橋本   vs  高林



3位決定戦
 橋本   vs 濱野

決勝戦
井桁 vs   高林


対戦表結果




3連覇を狙う高林参段が順調に決勝まであがったものの、
次期主将となる井桁が打ち破り、実に10年ぶりの現役生の優勝となりました。


優勝 井桁(3年次)
準優勝 高林(第36期)
第三位 橋本(2年次)

敢闘賞 濱野(第33期)
殊勲賞 井桁(3年次)
技能賞  高林(第36期)


F18EEE71-E921-46C1-96B7-B962340CD7B5







8B896117-AF89-4EF7-99CA-9087D0A1C279




そして、道志杯のあとは創立55周年の式典及び、
新人戦の優勝祝賀会を行いました。


式典内で行われた幹部交代式では、

次期主将として、優勝者である井桁の挨拶


「今日、私が優勝したということは、

 ここにいる中で私が一番強いという事です。」





言いやがった。。。(;゚д゚)



S__152428551


公式戦で現役生が活躍し、そして交流戦で現役生が10年ぶりに優勝。


実に勢いが増す関東学院大学日本拳法部です。


次回は四年生の集大成、大阪府立体育館で行われる


全日本学生拳法選手権大会です。