aamall

2005年12月

2005年12月31日

1年が終ゎりまんねんなー(笑)

d647c207.jpg









四季
  作詞:saori


雪で凍えたと思ったら 人の体温に
似た季節が来て
1秒の中でゆっくりと 桃色の花が
降る

忘れられるはずないと 思った声と
あの場所の音も
真新しい世界のなかで ゆっくりと
溶けていく

移り変わる速さに戸惑ったり
移り変わる美しさに見惚れたりして
365日の中を歩いた

似合わないと思ってた
あの服も今では
自信満々に着こなせる
少し背を伸ばしたくて
履いたあの靴も
もう僕には必要なくて
気付いたら
もう年が明ける

眩しすぎて目を閉じた あの太陽が
少し低くなって
緑色した元気な葉っぱ 色を変えて
落ちて休憩する

残像も見えないくらいに速く
過ぎ去る世界に置いてけぼりになった
気分で生きてる

聴きすぎたオルゴールにも
時代が見えてきた
でも音は色褪せなくて
冬の海に浮かぶさくら
家は違うけれど
似合わなくもないから
止めないよ
これも美しい

似合わないと思ってた
あの服も今では
自信満々に着こなせる
少し背を伸ばしたくて
履いたあの靴も
もう僕には必要なくて
気付いたら
もう年が明ける



☆日記☆
みなさん〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
もうすぐ年が明けますよぉ〜!!

・・・どうしますっ??
みんなで同時に、跳ぶ??笑

今年はいろんな出会いがあったし、ぃぃ1年でした☆

よぃお年を♪



saori_10ve_song at 14:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2005年12月29日

夕方の部屋で聴くラジオは素敵(´∀`●)ノ

9e813373.jpg






Radio
作詞:saori



東にあったオレンジ色の宝石が
半分だけ隠れた頃
ちょうどよく刹那で溢れた部屋
息もなだらかになる

名前を聞き逃したこのメロディーに
なんだか癒されてる だけど
声があまりにも美しすぎて僕には
勿体無い気がする

夕方の公園もいつの間にか
静寂取り戻して
さっきまで動いてた玩具も
影に変わった
聞き覚えのあるこの音楽を
初めて耳にいれた
あと少しで陽が暮れる

告げる事なく終わったあの恋に
何処か似たこの歌
何人の人のドラマ背負ってる?
僕も仲間になろう

せまい窓から見える風に揺れる電線が
あの頃の僕に似てる だけど
あのピュアさは戻らなくて戻せなくて
少しせつなくて

少しずつ変わってく空の色
何処まで続くの
ひとつに繋がっていたって
きっと色は違う
聞き覚えのあるこの音楽を
初めて肌で知った
あと少しで星が笑う

夕方の公園もいつの間にか
静寂取り戻して
さっきまで動いてた玩具も
影に変わった
聞き覚えのあるこの音楽を
初めて耳にいれた
あと少しで陽が暮れる



☆日記☆
きのう、このブログにレシピ載せるか書いたところ・・・。
見たいって意見をいただきましたっ☆
今日は豚汁作ったんです☆作ったんですけどー・・・



食ってしまいました(爆)



ごめんなさぁぁーーーーいっ(≧へ≦。)
載せなきゃって気付いた時には、豚汁くんは胃の中でした・・・笑

いや、載せようと思ったら載せれたんですよっ??もう一回出せば載せ・・・ごめんなさーーーーーーい(笑)
今度からは気をつけます!

今日の詞は、夕方に部屋でラジオ聴いてて思いつきました。
ちょっと暮れかかった時間に、ラジオから素敵な洋楽が聞こえてきたんです!
かなりロマンチックでした☆わたしロマンチストなんで、シチュエーションに弱いんですよねっっ(笑)
少し暗い部屋で、素敵な洋楽がかかってて、おまけに空もグラデーションっぽくなっててきれい!!

・・・最高です♪
もう、全身の力ぬけちゃぃますね(笑)

そろそろ妄想エンジン止まらなくなってきました(笑)

そういえば、去年のクリスマスもロマンチックさを求めて、彼氏を連れてイルミネーション見にいったっけ´∀`笑

一年中、イルミネーション点灯してて欲しぃです。。。笑


saori_10ve_song at 20:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年12月28日

恋愛感情なのか、ただの憧れなのかわからない・・・。

75e8b37b.jpg









  作詞:saori



中途半端に残った熱がまた
3月を巻き戻して
忘れられないまま生きても
当たり前に雪は降るんだね

顔に出さないのが苦手な僕なりに
隠してたけど きっと
奥までよまれていたのかもしれない

夜に音をたてて
歩いてる終電
ここまで鳴く声がする
時々ただ無性に
遠くに行きたくなる
隣に居てくれる
そんなことが
当たり前だと思ってた
今頃やってきた
この寂しさは何処に
運んだらいいの

一度だけ君が座ったイスも
常にいつも無表情
見慣れていたはずの君の字を
書こうとしたら目がかすんだ

「空は一つに繋がってるよ」って
誰か言ってた だけど
君の世界と僕の世界はあまりに違う

裏側で眠ってた
この切なさを
街の壁に投げつけても
ひとつも残さず
綺麗に跳ね返ってくる
大人の後ろ姿に
憧れただけか
あの涙は本物だったか
考えたぶんだけ
余計にわからなってく
転びそうだよ

夜に音をたてて
歩いてる終電
ここまで鳴く声がする
時々ただ無性に
遠くに行きたくなる
隣に居てくれる
そんなことが
当たり前だと思ってた
今頃やってきた
この寂しさは何処に
運んだらいいの



今日の写真はここから使わせていただきました!かなり綺麗なサイトなんで行ってみてください♪http://sorairo.rocket3.net/data1201/images/200512top2.jpg

☆日記☆
今、特製ビビンバ作ってます(笑)だからこの詞は、かなりの短時間で仕上げてしまいました・・・けど、今日考えてたことをちゃんと書けたと思います。
今度、詞の下に料理の写真も載っけようかなっ(笑)

今日の詞はですねぇ、1年前まで通ってた塾の先生を思って書いた詞です。
いっつもこの先生の詞が一番に浮かぶんですよね・・・。
ぶっちゃけますと、今まで好きだった人とか付き合った人よりもスラスラと詞が書ける。。。
やっぱ恋愛感情として好きだってのかなぁ??

塾に通ってた時の12月頃は、精神的にかなり落ち込んでたときだったんです。
その時にわざわざ夜遅くまで3時間以上も話きいてくれましたからね・・・。忙しすぎて体壊しちゃったりしてかなり仕事大変だったのに(泣)優しい人でしたっ!!

なんでこんなに先生のこと考えちゃうんだろ・・・。あの頃はただの憧れだって思ってました。だってその頃は彼氏も居たし、先生への思いは「年上の人に対する憧れであって恋とは違う」って思ってました。先生と同棲中の彼女さんの写真も見せてもらった時も綺麗だねって笑いながら話してたし。
逆に、それがわかってたからおさえてたのかなっ・・・?(悩)
でも彼氏のことも大事だったし・・・うーーーー・・・今頃悩んだって余計に切なくなるだけなのに(涙)

話題変えますっっ!!(笑)
これから、saoriレシピもこのブログでやるかって事!!
どう思いますっ??
じゃあアンケートとろっか!!

●詞と日記だけにしとけアホんだらー。
●レシピとかちょっと興味あるなぁ☆

どっちかに手ぇあげてっ♪
・・・って、挙げてくれる人いなさそうだからやめます。(爆)

さっきブログ書くの一時中断してビビンバ食べたんですけど、かなりまいうー☆でしたっ(笑)☆









saori_10ve_song at 19:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2005年12月27日

東京行きてぇ、、、

9ce03e1b.jpg








夜の街
   作詞:saori


僕が生まれた日に造られたらしい
白い歩道橋から
ずいぶんと大きくなったこの街を
今日も見下ろす

何処からか操られてるのだろうか
飛びたい衝動が
僕の左腕をぎゅっと掴み包んでる
夢で終わるんだけど

不満がないって言ったら嘘になるけど
満たされてるって言える根拠もない

普通な街ん中
個性求めて
がむしゃらに走ってる
地面変えたら
足音も変わるけど
すべて叶う訳じゃない

この青い丸の中なら何処にだって
太陽はあるけど
照る角度とか照らされ方はみんな
見事にちがう

何処からか吹いてくるこの風の家
探せる気がする
立ちすくむ僕をそのまんま残して
夜の車は走ってくし

音も響かないあの森で踊れやしないし
街のノイズもまだまだまだ静かだし

普通な街ん中
個性求めて
がむしゃらに走ってる
地面変えたら
足音も変わるけど
すべて叶う訳じゃない

ここにだって
良さは在る
嗅げば場所だって分る
でも知らない
人もイヌも
まだ多すぎるから
ネオンを見に行きたい



☆日記☆
ごめんなさい今日は時間ないから詞のみですっ(涙)
父ちゃんがパソコン使うらしくて・・・。

この詞は「東京に憧れる若者」を描きましたー。

んじゃ(◇^◇)ノ










saori_10ve_song at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2005年12月26日

出会いっていいね(´◇`。)

6914ad1a.jpg








飛行機
作詞:saori



カタチも違うけど
重さも違うけど
人差し指でなぞってきた道
少しつながって

まだ浅はかだけど
間もないけれど
お互い地面に刻んでる存在
読み取れたんだ

なかったはずの線路の上を
違和感もなく飛ぶ飛行機
ここから手を振ったって
見つけてくれる確率はとてつもなく
低いのに

気付いたら探してて
気付いたら笑ってて
何年も前から
歩いてる気になって
眠たくなったって
お腹が空いたよって
そんな普通な
世界に早く行けるといいな
僕等

君がさずかった声と
君が抱えてる知識
こころから凄いって思うよ
僕も届くのかな?

目をそらしてしまうほどに
純粋な青だけの空にだって
弱いとこだってあるだろう
気分次第で天気変えるなんてことは
しないけど

一人っきりの影踏み
最近になってやっと
出来ないって
気付いた僕だけど
なんか近いって思う
学べたんだって思う
存在をもてた
ことがすごくすごく嬉しい
嬉しいよ

気付いたら探してて
気付いたら笑ってて
何年も前から
歩いてる気になって
眠たくなったって
お腹が空いたよって
そんな普通な
世界に早く行けるといいな
僕等



☆日記☆
今日は朝から雪掻きでんがなー(笑)
父ちゃん母ちゃん夢の中、ひとり雪掻きでんがなー(笑)
上下黒のジャンパーにバーバリーのマフラーの不釣合い完全防備in猛吹雪、元彼に遭遇でんがなー(笑)
・・・・・・・・・・(ノ絶´∀`望)ノ

今日の詞は、出会いの詞ですっ!!
最近パソコン買ってから、出会いが増えたんです(^◇^)

ぬぁ!!出会い系に手ぇ出したわけじゃありませんからっっ!!

ミュージシャンの方で兄貴って呼べる存在が出来たり、歌手の方で姉ちゃんって呼べる存在が出来たり☆
姉ちゃんとのメールも楽しいし、兄貴もかなりためになるアドバイスをくれるヒーローです(´∀`)☆

やっぱ出会いは大切ですよねー。自分で成長していくのがもちろん大切ですけど、人からの影響も人を知るのも、かなりの成長の源になると思います!!

今日はハードゲイ(ピン芸人のね)のかなりリアルな画像ももらえたし、いい一日でした☆(爆)











































































































saori_10ve_song at 23:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年12月24日

メリークリスマス★”

b0e24615.jpg














On Christmas Eve
       作詞:saori




さっきまで踊ってた雪が
ちょうどよく降り止んだから
そっと目をつむってみる
「ちゃんと君が浮かぶかな?」って

目の前にある子猫の足跡
なんだか誰よりも嬉しそうで
きっとちいさな恋人が
待ってるお家へ帰る途中なんだろう

東京にもあふれるほど雪が降るように
アスファルトに触って温度確かめるよ

街中に造られた灯台に
光、教え込んで
そこに愛し合う2人が
並んで完成する25日
重なって揺れて消えた
肩に屋根に君に
嘘つく事なんか知らない
真っ白な空気広がる
On Christmas Eve

お決まりのクリスマスソングを
また今年も繰り返しているよ
まつげの先っぽまでも
メロディーが伝わっていく気がする

人の熱っぽさがやけに恋しくなる時期
片っぱしに相手探す事だけはしたくない

仰いでも肌に近づく雪
受け入れながら
どこからか鳴り響いた
鐘の在る場所探そう
重なって揺れて消えた
肩に屋根に君に
嘘つく事なんか知らない
真っ白な空気広がる
On Christmas Eve

街中に造られた灯台に
光、教え込んで
そこに愛し合う2人が
並んで完成する25日
重なって揺れて消えた
肩に屋根に君に
嘘つく事なんか知らない
真っ白な空気広がる
On Christmas Eve


☆日記☆
メリークリスマス(★´З`)ノ
今日はイヴということでクリスマスの詞を書き書きしちゃぃました(愛)

みなさんはラブラブクリスマスをお過ごしですかっっ??(笑)
私は今日は家族と過ごします明日は、付き合ってもいない男友達と遊びますっっ(笑)はーぁ・・・恋の発展って難しぃぃ

去年はラブラブクリスマスでした(恥)イルミネーション見て心臓が耳から生まれそうでした(´◇`)

普通、サンタさんの存在、いつごろまで信じるんだろう??
私は、夜中に物音がして目をあけたら、白いシャツに白いブリーフの父ちゃんがプレゼント運んでたんです()(笑)
その日に夢は吹っ飛びました(笑)
でもその反面、私のこと思っていろいろしてくれてるんだなぁってすごく嬉しくもなりました(^◇^)

それでは皆さん、よいお年をwww(早)











saori_10ve_song at 19:39|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年12月23日

音楽っていいね(´−`)☆

3abd7beb.jpg






tone ring
    作詞:saori



水たまりをそっと打つように
ひとつ音が鳴る
少しずつ少しずつ響かせて

たった今聴いたばかりの声が
なんだか懐かしい
少しずつ少しずつなぞって

当たり前に世界中にある「音楽」が
当たり前に僕の世界を染めていく

耳から入って
心に住み着いて
目に見えない確かな
プレゼントをくれる
音色って言葉
何て素晴らしいんだろう
いくつになっても
残り続ける

夏に降る粉雪を優しく帰して
居るべき場所を
そっとそっと教え込んでく

例えば奏でる声が消えかけたとしても
言葉とメロディーがちゃんと残る

あの音楽家が
生み出した音楽
雨の日にさえちゃんと
何処かで鳴り続けてる
音色って言葉
何て素晴らしいんだろう
地球といっしょに
回り続ける

走る子供にも
凍える子猫にも
ひとまわりしたあとで
きっと伝わるんだろう
声を失った鳥
とてもかなしいけれど
まだふたつの耳は
残されてるよ


☆日記☆
今日は音楽の素晴らしさを語ってみました

私の生きてる時間の中から音楽が消えたら、たぶん生きる気力無くなっちゃうんじゃなぃかってぐらい、音楽は大切です!!

たとえばなんらかの楽器ができる初対面の人間2人が、一室に1時間入って友達になりなさいって事になったら(そうそうないけどね?笑)、1時間語り合って距離を縮めるよりも、お互いが出来る楽器でセッションしたりして音楽を一緒に楽しんだ方が確実に距離はぐぅぅぅーんと縮まると思う。ひとつの音楽を一緒に楽しんで、一緒のリズムで体を揺らして・・・。その方が、お互いを知るにはいいと思う!!

音楽って本当に魅力にあふれてますよね〜。
ひとりでうたって楽しんだり、複数でうたってハーモニーを感じたり、吹奏楽みたいに大勢でひとつの曲を作り上げる楽しさを体験したり・・・。
本当に素敵だと思います








saori_10ve_song at 17:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年12月22日

冬の花火って素敵だろうなぁ☆

a12167f8.jpg







winter sparkler
作詞:saori



別にこだわらなくったっていい
冬に夏を考えちゃいけないなんて
定義はないんだし 自由だと思うから

7月に出来なかったことをいま
ひとつずつ呼び起こしてみるのも
新鮮な気になれて きっときっと素敵

真っ暗なとこをほのかに照らす花火
今年の雪にも似合う気もするし

winter sparkler
冬の花火 咲かせて
昨日まではなかった
星も見つけ出せるよ
わざとらしく横に
近づいて あたためて
さっき買ったばかりの
線香花火踊らせる

今は飛ばないはずの蝶々さえも
心地よさそうにやわらかく笑って
曲がり角で拾った カメラで記念写真

満月には少しだけ足りないお月様も
歓迎してくれてるようだから歌おう

winter sparkler
冬の花火 咲かせて
声さえも通さない程
広く生まれだしてく
わざとらしく口を
閉ざして みたって
不安になることも
もうなくなったみたい

winter sparkler
冬の花火 咲かせて
昨日まではなかった
星も見つけ出せるよ
わざとらしく横に
近づいて あたためて
さっき買ったばかりの
線香花火踊らせる



☆日記☆
今日は具合悪くて学校休んじゃぃました(涙)

寝てるときに思いついたのが、「冬に花火したら綺麗だろうなぁ」ってこと。
雪の降らない夜に、澄み渡った空の下で花火・・・ぷぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーーっっ!!ロマンティック!!(壊)
憧れちゃぃまんがなー(笑)

「太郎くんっ♪(仮名)」
「みほりんっ♪(仮名)」
「冬の花火って、夏の時よりも眩しい気がするねっ☆」
「うん・・・でもみほりんっ!!
君の方が眩しいよっ。」
「いゃ〜ん☆たろちゃんったらぁ♪」






・・・・・・ごめんなさぃ。(笑)

妄想saori、止まれませんでした(´−`)くぷぷぷぷ(死)

学校でもこのキャラだから、いじられキャラになっちゃぅんですね(爆)












  







saori_10ve_song at 22:29|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年12月19日

やっぱきれいな景色ってぃぃよね(´−`)b

4f31a23f.jpg







思い出Color
作詞:saori



いつまでもいつまでも
すがりつく気なんかないよ だけど
あまりにも最近ね
紫がきれい過ぎるんだ

聞き飽きた言葉たちを
片っぱしにはらいのけてた あの頃
あまりにも子供で
今頃理由がそろったよ

わからなくてごめんね
聞こえなくてごめんね
聞こえないと言うよりも まだ
耳の意味すらわかなかったのかも
しれない

5m先で声上げる空
手を伸ばせば届きそう
でもそんな勇気はなくて
道端で拾った風船を
そっと投げた
たぶん嘘じゃないよ
今見たばかりの色は
反射しても全くおそろい
さっき聞いたnewsは
もうじき消える

おそるおそる覗いた月
いつもとはちがって平面だ 何だか
笑えてくるよだって
あまりにも違和感がない

見えすぎてごめんね
読みすぎてごめんね
読みすぎたと言うよりも 変に
大人びてかっこつけてただけかも
しれない

遥か彼方ってところ
想像もできないけど
絵なら描けるかもしれない
目の前の時間そのまま
上に送れば
たぶん君じゃないよ
きっと君じゃないよ
何百秒も前に言う台詞
なんだろうけど

5m先で声上げる空
手を伸ばせば届きそう
でもそんな勇気はなくて
道端で拾った風船を
そっと投げた
たぶん嘘じゃないよ
今見たばかりの色は
反射しても全くおそろい
さっき聞いたnewsは
もうじき消える


☆日記☆
今日は時間なぃので作詞だけになっちゃぃました(涙)
ごめんなさぃ(´◇`;)

・・・って、うちのブログの常連さんが大量に居るなんて思えないかも・・・(涙)


saori_10ve_song at 22:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年12月18日

あとちょっとで1年終わるよっっ(´◇`早)

2ddb3b01.jpg








後姿
   作詞:saori



いつもと同じ時間に通りすぎる帰り道
線路沿いに見た夕方の遊園地が
朝とは違ってる

この時間にすれ違うはずの背の高い人
おかしいな今日はめずらしく
会わないみたいだ

あれから12ヵ月も生きてきたなんて
予想以上に置いてけぼりになってたのかな
月日に

だいぶ伸びた髪と
あれから覚えた歌
君の世界に踏み込める
ほど立派かわからないけど
声を変えることと
歩幅の広げかたを
僕の世界に塗りこんだ
人は間違えなく君だよ

繰り返す事に倦怠感抱くことが自然に
なってきたら鏡をひっぱり出して
後姿を模写する

間違いに染まった思い出を消そうとした
それ自体が間違いだったなんて
知らなかったよ

あれから12ヵ月分も大人に近づいた
予想通りに実感なんて見えやしないみたいで
少し怖くなる

ちいさくなった靴
頭から消えた顔
昔に帰れば戻るだろう
けどそれはなんか違いそう
よどんできた国道
くすんできたあの川
僕の記憶を汚してくよ
誰か止めてくれないか あぁ

溜めすぎた溜息と
吸い過ぎた酸素
正しいように見えない
けど後姿は変わらないんだね
なんだか寂しくて
なんだか早すぎて
せめて残像だけ残させて
また一年が明けていく



☆日記☆
今日は家にいてくつろぎデーだったので、特に事件はありませんでした(笑)
もう少しで1年が終わりますねぇぇー。早っ!!1年早っっ!!(笑)
今年の4月に高校に入学して、もうこんな時期ですょ(゜◇゜;)
いっやぁ〜、早すぎるぞ地球っ(´З`)(?笑)

私が卒業後に行こうとしてる学校は、音楽業界との繋がりがすごくあって就職率も毎年90%を越す専門学校なんですけど、2年間で卒業なんです。だから、きっと気付いたときには就職なんだろなぁ・・・。慎重に二年間学ばないと対応できる実力が伴わなぃだろうから、頑張らなきゃっ!!
その学校は、北海道の中で一番の実績がある学校で、歌手になるためのコースとか、作詞家になるためのコースとか、ライブの照明さんや美術さん、音響さん、ラジオ製作などいっぱいコースがあるんです!!

私は作詞するのにもすごく興味があって今こうしてブログで公開してるし歌も好きなんで、作詞家コースや歌手のほうにも行きたいんです。でも、今までいろんなアーティストさんのライブ見に行って、音響さんにも魅力を感じたし、一曲一曲のイメージに合った照明の構成がすっごく綺麗で「こんな仕事したらやりがいあるだろうな」とも思いました。だからコース選考のときにかなり迷うと思います(汗)
最初の1年の前期は、全部のコースを体験する期間なのでその時に本当に自分に合ったのを見つけますっっ!!

w-inds.のメンバーの緒方龍一くんが私の目標なんです(^^)
ただかっこいいだけじゃなくて、本当に尊敬できるところがいっぱいあるんですよ!!
トークも楽しくてハイテンション!!な時もあれば、音楽についてだけじゃなく物事を語る時は、別人のように真剣に語るんです。自分ってものをしっかり持ってるし、人への優しさも人一倍あると思う!!
だから大好きなんです(^−^)
龍一君見習って生きていこうと思います☆

おいらの尊敬する人は、緒方龍一君と、中学の時に出会った塾の塾長さんです★



saori_10ve_song at 19:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年12月16日

変に飾らない方がぃぃんじゃね??(笑)目指せポジティブっっ!!

96b88f18.jpg






Back Light
     作詞:saori



物足りなさそうに後引く
見知らぬ車のバックライト
なんだか僕に似てる背中
思わず鏡を探して

今日の何十時間のなかで
いくつ足跡残せたのだろう
新品の出会いはないけど
まずは今を抱こう

Ah 遠くのビルの角で雨宿りしてる
真っ黒な子猫とだって
時間はおそろい 雨が止んだ

20時には沈むこの町で
すっかり消えた太陽を
手探りで掴もうとして
デジャヴに包まれる
中心の象徴眠るTokyo
歩いてくには少し遠い
何だかんだ言ってても
ここでもドラマ作れると
昨日夢に見たんだ

自ら歩いてくる幸せなど
何万分の確率で見れるのか
わかってるわかってるけど
運試しもいいだろう

Ah 目の前で転んだ少し古ぼけた傘
お家に帰りたいよって
泣いているけど 雨は止んだ

居るべき場所に居る事
容易い様で容易くない
無駄に足並み揃えたり
冷え込んだ屋根の家
大人の弾く楽器よりも
3歳の子供の歌の方が
味わい深い気がするんだ
明日の自分へ手紙

20時には沈むこの町で
すっかり消えた太陽を
手探りで掴もうとして
デジャヴに包まれる
中心の象徴眠るTokyo
歩いてくには少し遠い
何だかんだ言ってても
ここでもドラマ作れると
昨日夢に見たんだ


☆日記☆
今日は学校の授業中に思ったことを思い出して、詩を書いてみました(´◇`)

この詩は「人の目を気にして変に自分を飾ったり、自分自身を変えたりしてしまわないで、”自分”を大切にした方が、ひょっとして楽なんじゃないか」ってことです。。。
私のクラスって、かなり雰囲気悪いんですよっ(笑)男子から発せられる悪口が教室じゅうに充満してて(−゜−)はっきり言って居心地悪ぃ。
こういう時って、人って変わっちゃうんですよね!!
最近クラスメイト見てて思ったのが(もちろん全員じゃないけど)、「悪口言われないように自分を押し殺してるなぁ...」って。正直、わたしもそうかもしれません。本当はこうしたいっ!!って思うのに、悪く言われるのが嫌で口に出さなかったり、、、。
今の私のクラスは、ほとんどが「作った空間」だって思う。なんか悲しいですよね...(´`)入学当時で悪口とかいじめとかなかった頃は、かなり楽しさでいっぱいだった!!いつからこんなんなっちゃったんだろぉー(泣)
クラス替えもあって、期間限定で同じ箱の中で同じ瞬間を過ごすんだから、いろんな素敵なドラマ残せるって思うんだけどー・・・うまくいかなぃもんですねもう少しでクラス替えだから、ひとつになれたらぃぃのになぁ。。。

こういう思いを込めて今日の詩は誕生しましたっっ!!せっかく出会えた人に見せる自分が嘘だなんていやだから、わたしは自分らしさを忘れないでいようって思います☆




saori_10ve_song at 21:08|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!

2005年12月15日

大切な友達の詩(゜◇゜)☆

7c44d93f.jpg






3度目の初恋
     作詞:saori



まだあどけない笑った顔と
やわらかそうなほっぺた
少しななめ右から
見るのが好きだった

僕がそっとそっと綴った詩
温かくなぞってくれて
「いつか僕が」と
完成させる約束もしたね

ぎこちない声で染まった距離
少しずつ狭くなるのがわかって
嬉しくて水たまりに映った
青い空を息で吹いた


恥ずかしいような
もどかしいような
一年前の初恋に似た
甘酸っぱい味の風

「当たり前に在る」
「当たり前に居る」
何度聴いても耳に残る
君の笑い声で感じた


8月の空気吸い込んで見た花火
咲く度に光る君の横顔
「綺麗だね」って
言いながら来年を浮かべた

風が長い髪をゆさゆさ揺らし
少しずつ涼しくなってくなかで
肩を寄せようかな?ドラマが
生まれればいいな


永遠わからないけど
永遠を描いていたよ
思い出に変えること
まだ僕にはつらい

いまの君と明日の君
どっちも見ていたい
思い出に変えたとき
僕が僕じゃなくなる気がする

8月の空気吸い込んで見た花火
咲く度に光る君の横顔
「綺麗だね」って
言いながら来年を浮かべた


☆日記☆
今日は友達の詩を書いてみました(^∀^)ノ
この前彼氏と別れたみたいで、まだわすれられなぃみたぃで(泣)

そう簡単に愛してた人を過去にするってのはすぐ出来なぃと思ぃます(´◇`)
だから焦らないでぃぃと思ぃますよあたくしは!!(?笑)
ちゃんと別れを決めれただけでもぃぃことだと思います。
私なんか告白もしないで後々かなり後悔したり、付き合っててもだらだらと自然消滅したりっていう思い出がありますし(汗)自然消滅は、あとで振り返ったときにあまりいい思い出として残りずらいっていうか、けじめもない終わり方にまず後悔しちゃうんですよねぇ(涙) 過去にする一歩を踏み出すにはまず、けじめをつけてからじゃないとだめですもんっ!だから、その友達もいつかきっといい思い出に変えれる日が来ると思います(^−^)頑張れっっ!!

とんでもなく可愛い上に、優しくってツッコミ上手なんだから(ちょっと変態はいってるけど笑)、まだまだ出会いもたっっっくさんあるぜっ(▼∀▼)☆

ほら、後ろに座ってるお父さんも君にメロメロょ☆(犯´◇`罪)






















saori_10ve_song at 18:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年12月14日

夏休みの思ぃ出〜☆(´∀`激遅)(笑)

1f8430c1.jpg



夏の日
    作詞:saori




まだ心の準備も済ませてないのに
突然って言えるほどに
大好きな笑い顔がそばにある

ねぇちゃんと言葉選べてるかな?
変に顔を覆ったりして
恥ずかしがり屋がそっと顔出す

少しでもいいから追いつきたくて
服の趣味を変えたり
君が「スキ」っていう音楽も
気付けばいつも耳の中

「夏は恋の季節」
昔誰か言ってたっけ
その言葉の意味が
やっとわかった気がするよ
あと3時間だけ
隣に居てもいいかい
ここは夕方になれば
涼しい風吹くんだよ
知ってた?

今日までの時間なんだったんだろう
君が居ない1秒なんて
きっときっと嘘だと思うから

少しでもいいから聴いてほしくて
遠回しにうたったよ
3cmもない距離に居たけれど
響ききった自信はない

「夏は恋の季節」
昔誰か言ってたっけ
その言葉の意味が
やっとわかった気がするよ
あと3時間だけ
隣に居てもいいかい
ここは夕方になれば
涼しい風吹くんだよ
知ってた?

初めて聴いたうた
初めて見た無邪気さ
そのしぐさの全部
僕が最初に見たのならなぁ
あと3分だけ
隣で見てていいかい
あとほんのすこしで
夏が終わるんだよ
知ってた?


☆日記☆
えぇーっと!今日はですねぇ〜。

夏休みの思い出を詞にしてみましたぁぁ(^∀^)ノ

はい季節外れ〜〜(笑)
あと1週間で冬休み〜〜(笑)

こんな冬に夏の話題すんまそん(笑)
ぃゃ!!逆に新鮮でぃぃかもよ??...うん、ぃぃじゃんぃぃじゃん☆(慰め)

なんでいきなりサマーホリデーネタになったかというと、夏が恋しくなったからですっっ(笑)
やっぱり冬になったら夏が恋しくなって、夏になったら冬を求めてますゎ。
ただただ「んもぉ〜あっちぃよぉ!!早く雪降らんかぃゴルァ!!」とか、「さっむぅぅ〜い(涙)ポッカポカの夏、早くこぉぉ〜〜ぃ☆」って単純な理由なんかじゃありませんっっ!!(てかキャラやば〜〜(笑))

それぞれの季節に魅力があるから、周期的に求めるんだろうなぁ☆
日本に生まれてよかったかもっっ!!




ベネチア行ってみたいけどね(笑)














saori_10ve_song at 18:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年12月13日

もう雪ばっかりで、雨降らなぃのかなぁ??(´△`)

f40a88b4.jpg







22時の雨
       作詞:saori




目の前の車のライト
雨を通るよ 余計に眩しいよ
変わったばかりの
信号の赤も なんだか誇らしげ

今頃気付くのは遅すぎるけど
君を呼んでる僕が一番僕らしい
「うたってあげたい」

あの歌とあの旋律が
君の為にあるなんて
見えなかったんだ
痛いくらいに落ちてくる
暮れた後の雨

車越しの流れる景色
初めて見た そんな気がする
君がたてる音をもう
聴けないんだ 耳の意味はもうない

今頃気付くのは遅すぎるけど
君と呼吸する僕が一番僕らしい
「息苦しいよ」

この雨と僕の叫びが
こんなにも反発する
全然響かないんだ
痛いくらいに落ちてくる
22時の雨に重ねて

あの歌とあの旋律が
君の為にあるなんて
見えなかったんだ
痛いくらいに落ちてくる
暮れた後の雨



☆日記☆
今日も朝は寒すぎて、耳の中の鼓膜のサリーちゃんが泣ぃてましたっっ(笑)
もう雨降らなぃのかなぁ〜?きっと雪だろなぁ(゜△゜)
雪はロマンチックだしきれいだし大好きだけど、雨も好きなんですっ!!
雨降ったら出かけるときにいろいろとめんどくさがる友達も大量発生ですが(笑)、私は部屋に居る雨の日、結構好きです(´−`)☆
好きな音楽聴いて考え事(←恋とか恋とか恋とかね(笑))したり、自分の空間で自分だけの時間過ごすのも大切だと思うしっっ★
多少切なくなる確率89%ですけど(笑)、それもいいと思います☆
思い出は思い出すのと、つまづいた時に背中押してもらうためにあるんだし(^□^)


saori_10ve_song at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年12月12日

街はもうすっかりクリスマス(゜∀゜)ノ

7194bd21.jpg


ひとつのラブソング
           作詞:saori




洒落た台詞なんて持ち合わせてないけど
ひとつ ただひとつ
僕の中心で生きてる

今年も街はにぎわうけれど何か足りない
それは 僕が思うに
きみがいる景色だと思う

咲いてほしいところに咲かないで
一時間ごとにしあわせくれる
僕からの愛情だけが「ぽん」と
跳ね返ってきて痛い

小指で踊る結晶
嘘じゃないって
信じてるよ
何だか頬が寒い
まだ温かさを
覚えてるはずなのに

ヒトに見せびらかせる特技なんてものは
転がる 転がってる
僕の足元で笑ってる

今年も止まる事を知らずに雪は降るけど
きみが かざす手に
距離を感じて不安で

眩しいほど輝く
イルミネーション
目をつむる
何だか声が遠い
まだ君の声を
真似できるはずなのに

隣を過ぎていく
はしゃいでる二人
手をのばす
何だか空が近い
雪の色なんて
誰でも変えれると思う


☆日記☆
いんやぁ〜寒ぃ寒ぃ(´◇`)=3
朝学校行くときも凍死するかと思っただよ(笑)

こないだの土曜日に友達と出かけた時も、もう街はすっかりメリメリクリスマスでしたぁぁぁ(笑)天気予報とかで毎日映るイルミネーションもかなり雰囲気でてきましたよっっ(´∀`)ノ 去年は当時付き合ってた人と見に行ったっけなぁ〜あぁ懐かしぃぃ...(笑)




saori_10ve_song at 17:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年12月11日

昔の写真見たら、懐かしい人たちがいっぱい写ってた(´□`)=3

cb150bb9.jpg


         作詞:saori





数えることを忘れるくらい遠い遠い
ところにある太陽が 何故
影つくれるの?

見慣れた街で僕の左を過ぎてく人も
今日までの何処かに 何か
置き忘れて来たのかな

履きすぎた靴が毎日じわじわと
くずれていく姿を
目を開けたまま眺められるように
なったのは 今年の8月

伸びてきた髪も
僕の世界観も
無駄だとは言わない
少しは大人に
なったから

目印残したって容赦なくやってくる
まわりまわる季節は 何故
休ませてくれないの?

聴きすぎたラブソング耳を温める
だけどその熱っぽさ
本当のようでホントじゃないんだ
時差という 単語覚えただけ

永遠になった人も
一秒だった人も
今を走ってるだろうか
文字で検める
気はしないけど

伸びてきた髪も
僕の世界観も
無駄だとは言わない
少しは大人に
なったから


★日記★
昔の写真見てたら、いろーーんな懐かしい人を思い出しました(´∀`)ノ
今この瞬間もわたしの隣に居てくれる人、写真を撮ったのが最初で最後だった人、今は亡くなってしまったけれど、今の私に何かを教えてそれを私の身体の中、心に刻んで足跡を残してってくれた人。。。
みんなちゃんと覚えてます(^□^)

私が赤ちゃんの頃の写真に写ってた人に、かなり成長の軌跡見せたいです(笑)
12歳年上の人に恋をしただとか、ピーマン食べれるよとか...(←しょぼ(笑))

今はまだ高校生だから、きっとこれから先に出会う人は数え切れないんだろうなぁ...。そう考えると、どれだけたくさんのことを学んでいけるのかすごく楽しみ!!影響されてなにかしたり、影響を与えて人になにか新しいことを教える、そんなすごいことも出来たらぃぃなっっ★(○´∀`)b



saori_10ve_song at 18:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

すごく楽しかった塾のうた(´т`○)☆

473a1486.jpgこの画像の空が、大好きだった塾の帰り道に見た空に似ていたので、塾の詞を書きますっっ(^◇^)y



足音がうたう空
                 作詞:saori


今日もまた恥ずかしいくらい軽快に
鳴り響く足音
今の僕ならなんの違和感もなく
裸足でも音を出せるだろう

なんの保障もないよろこびだけれど
飛び跳ねる心
今の君ならなにも気付きもせず
毎日を進めていくのだろう

右から左へ移ってく笑い声が
「期間限定」を物語るよ

まだ見た事のない
世界を教えてくれた
数学の公式なんかより
うまく刻まれた

今日もまた一秒ずつ消えてく減ってく
僕ら会える時
となりに居てくれると当り前に
思っていたから余計に空しい

建ち慣れたあのビルの待ち合わせ場所
お決まりの挨拶
育んだ友情は嘘じゃないよね?
ずっと繋いでいられるよね

上から下へ伝ってった不安が
なぜだか涙も誘わない

まだ見た事のない
世界を教えてくれた
大人って味のドロップ
まだ少し苦いよ

もうじき桜咲くね
もう隣にいないけど
僕の真ん中には残るよ
三月で止まったままだけど


☆日記☆
今日はまた塾の詞を書きました(笑)だって、大好きだったんだもん!!(笑)
今は笑って話せるけど、塾卒業して間もない頃は泣いてました(泣)
あんなに居心地いいところ初めてだったし、学習面の他に人に対する優しさとか、愛情とか、たくさん学べた気がします(^∇^)
この画像は、その頃の帰り道に見た空にすごく似てたんです!!だから、思わず詞が浮かびました(笑)

写真と音楽は、思い出を鮮明に残せるアルバムですね☆







saori_10ve_song at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年12月09日

一面、雪の世界だぁぁぁ(^◇^)ノ

雪







       作詞:saori




午前6時のカーテンを 少し重いながらも
動かしてったら
眠さでいっぱいの 僕の瞼さえ上げた
雪のオブジェ

足跡ひとつついてない 夕方みたいな地面
のぞき込んだら
寒さであふれてる ひさしぶりの白が
少し懐かしい

「なんだかこの季節になると
ひとりが嫌になる気がするなぁ。」
だからと言ってこんな理由だけできみを
求めてる訳じゃないけど

世界中の誰より
白に成りきる事
上手な気がする
ほんの一秒さえ
早く雪捕まえる
”僕だけで溶かせますように”


見慣れてるあの写真と 弾きすぎたピアノ
当たり前に在る
いつの日にか僕も きみの事当たり前に
感じるのかな

「こうして雪が降り始めたら
いつも以上に黄昏る気がするよ。」
だからと言ってなんも手につかないまま
歩くのも恥ずかしいけど

4分の1の季節
どれだけ足跡を
残せるだろうか
ほかの誰よりも
多くきみを描く
せっかくの白い季節だからね


☆日記☆
今日は、朝6時に起きてカーテン開けたら一面真っ白!!

雪だぁぁぁぁーーーぃ☆(≧◇≦)ノ

今までも何回か雪降ったけど、積もるまではいかなかったから嬉しぃ☆

冬は一番好きな季節なんでね(´З`)だいたい、思い出に残る曲は冬に一番多く出来る気がします。。。
明日は友達と4人で映画とカラオケ行ってきます★☆



saori_10ve_song at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年12月06日

夕方の空、きれいだった(´д`☆)。*;☆

夕空




宝石
           作詞:saori




深く空気吸い込んだら 痛いような気がした
きっと今日の空には嘘がないから
今日も十二月らしくね 霞みひとつないから
ぼくの見てる空には嘆けないよ

歩く音をわざとなびかせて
「ここにいる」って叫ぶ
暗示かける強さなんて
どこにも 見当たらないけど

捕まえた宝石も
いつか散ってゆくと
さりげなく描く
地球の一番外側

蒼く

ひとつ前の季節がまだ 右肩を叩いてるから
きっと明日の空にも紅が見えるさ
今日も十二月らしくね 花の世界が止るから
ぼくが駆ける為の橋は見えない

可愛いだけじゃ話にならず
「深く読んで」って叫ぶ
暗示かける魅力なんて
真ん中に ひそんでるから

誰だって宝石に
いつかなれるからと
さりげなく呟く
一億人の哲学者

光る


☆日記☆
今日はまた空がすんごくきれいでした(´∀`)
12月の空って、グラデーションになってて薄いに虹色って感じなんですよぉ!!
北海道だけじゃないのかなぁ??やっぱり地域によって空は違うんだろぉなぁ・・・。あと自分自身の状態によっても、空見て感じることは違いますよねっっ。
わたしは、空が切ない思いもきれいに見せてくれてるんだって思います☆

大人になっても、空があることを常に感じていたいですっ★


saori_10ve_song at 19:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年12月05日

大好きだった12歳年上の先生が居る塾の前を通った(´◇`★)


校舎



年上
          作詞:saori





よくあるようなラブソングなんかじゃ
おさまらないような
通り過ぎてったたくましい背中
余計にくすぐる

鼻のてっぺんを 「指でなでてほしいよ」と
見えないように聞こえないように
白い紙に白いペンで 書いた

疲れたのなら
眠っていいよって
ひざを貸してくれる
ひとが君には
居ると身に沁みて
また部屋にこもる

君の生まれた時間に遅れすぎたから
こんなに大人と子供?
追いつこうとただ走って走って
空回りばかりで

吹き付ける風も アスファルト嫌うみたいに
反射してきて痛いこんな変化にも
きっときっときみは 慣れっこ

軽くなったら
ちゃんと繋ぐよって
コトバ与えてくれる
ひとが君には
居ると響いてきて
また耳を塞いでる


★日記★
今日は、中学校のころ通っていた塾の前をたまたま通りかかりました☆
...ぁ、意図的じゃなぃもんっっ!!(笑)

そのころは、12歳年上の先生に恋してました(´◇`)
だから今日は、あのときの気持ちを詞にしてみました☆☆

それから、今日は学校帰りにCDを借りに行きました♪♪

スマップの「Triangle」とゆずの「超特急」と安室奈美恵の「White Lite
」と、CHEMISTRYの「aimost in love」です☆

早速iPodに入れなきゃっっ☆


saori_10ve_song at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年12月04日

中学のときの友達に久しぶりに会って、懐かしい気分!!

隣




           作詞:saori





左耳から いつも聞こえてきた
聞き慣れた笑い声
隣同士で 居るような気がして
景色にだって不安は似合わなくて

冷え込んだ夜の道ありったけの可能性を
ひとつずつ並べて
「出来るよ」
うたいあっていた


冬が終わるのが
こわいと思って
後ろの方で必死に
描きとめてた

消えてくような
絆じゃないけど
四月になればまた
世界が広がるから


当り前で 身体の一部みたいで
きっと影も重なって
新しい靴 履いたときに鳴る
音にだって一番に気づいてあげてた

少しだけ染まったいつもの横断歩道が
もう懐かしく見えて
移り変わり
映していたんだ


辿ってきた道路
なんだか遠いよ
まだ季節はずれの
花びら見える

見えているかな
いつもより少し
大人になった僕が
少し下がった肩

冷え込んだ夜の道ありったけの可能性を
ひとつずつ並べて
「出来るよ」
うたいあっていた


☆日記☆
今日は、懐かしい友達に会ったのでこういう詞を書いてみましたっ★
中学卒業の時に思ってたことがちゃんと鮮明に覚えていたので、けっこう思い出に浸りながらか書きました(´∀`)きゅうりの漬物片手に(笑)

きゅうりの漬物って!!(笑)
高校生のオーラ消えてますね...(失笑)

今日はテスト終わって最初の休日だったので、かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーなりぐうたら生活でしたょ★

朝起きて、パソコンのピクトベアのソフトで遊んでぇ、ピアノでB‘zの「いつかのメリークリスマス」を弾いてひとりで照れて(笑)、友達とメールして、うた歌ってストレス発散して、靴下片付けて(←またまた高校生らしくない行動?笑)などなど。。。わぁぁ〜★なんて充実した日曜日なんだろぉ☆o(´д`o)(笑)







saori_10ve_song at 20:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!