aamall

2008年04月

2008年04月20日

時間の電池

c785fc4a.jpg






ブレス
           作詞:Saori.


きみの寝息
無防備に
この心拍音へ
重なっている

明け方手前
チクタク
止まってしまえ
そんなこと


数秒のKissで
永遠を作成
あのビルを超えて
膨らむエモーション


あと少しで
朝がくるから
黙ったまま
合わせるブレス
そんな一体感

夜の切れ端
チクタク
電池よ切れろ
そんなこと


短編なKissで
長編を展開
あの月みたいに
安定してフューチャー


あと少しで
夜がおわるから
何も言わず
重ねるブレス
そんな連結感


あと少しで
朝がくるから
黙ったまま
合わせるブレス
そんな一体感




■日記■

きのうの夜は
とってもしあわせでした

心がふわふわして
これからも
ずっと
そばに居させてほしいなって
思いました

すべてのはじめては
この人のために
今まで残っていたのだと
そう思っても
いいかな なんて(・・)



===



最近はすっかり
学校生活にも
慣れてきました ★

PA実習では
スピーカーやマイクのことや
PA卓のことや
ライブの仕組みを知って、

ENG実習では
テレビカメラで映像を
撮ったりします

楽しすぎる (・・)!


明日はレコーディング実習
がんばります*。



===



そして今夜も、


■わたしの好きなバンド紹介■

ひゃくしき





100s(ひゃくしき)

中村一義率いるバンド、100s(ひゃくしき)です(・・)
最初ずっと、バンド名なんて読むのかわかりませんでした 笑

とにかく
一度サラっと聴いただけでは
歌詞の規模が深く広すぎて、
すべてを把握できませんでしたわたしは 笑

だけど聴いていくうちに
ジワジワと中村一義の思想が見えてきて
夢と現実の間を流れる川のように
行き来しながら
たくさんの感情を得ることができます


ぜひ聴いてみてください ★


■100s「Honeycom.ware」■


saori_10ve_song at 18:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年04月17日

唇の温度は僕を

9d67793b.jpg






ファンタジスタ
           作詞:Saori.


あたたかい朝
離陸しようとしている
あの巣から
きみのふもと

Happy Birthday
Happy Birthday
僕ら

埋もれた町
残るムーンライト
どうか、元気で


ファンタジスタ
初めてのキスは
宇宙のようで
吐息のようだ


ファンタジスタ
いつまでだって
満たしていて
空気のように

春待ちの朝
脱皮しようとしている
あの人から
きみのなか

Happy Birthday
Happy Birthday
僕ら

完結をした
細いストーリー
どうか、美しく


ファンタジスタ
編み込んだ手は
煙のようで
永久のようだ


ファンタジスタ
どこまでだって
笑っていて
太陽のように

雨が止んだ
やわらかい日差し
すべてを乾かして
すべてを追いやって


ファンタジスタ
初めてのキスは
宇宙のようで
吐息のようだ


ファンタジスタ
いつまでだって
満たしていて
空気のように




■日記■
更新、さぼってしまいました(・・)笑
見に来てくれてる方、
ごめんなさい!!

学校生活にも慣れたこともあり、
わたしの生活に大異変が起きたこともあり、
そういうわけで、
許してください 笑



まず、報告です



最近、わたしに
大切な人ができました

このブログを前から読んでくれていた方は
ご存知かと思いますが
前の恋に手を振って
いろいろと
ぐるぐると
忘れられたのか、忘れられないのか
ぼんやりと過ごしていた日々ですが、

その人は
すべてを
さらってくれました


もうこの先
恋なんて出来ないと思っていましたが
わたしはわかりました。

恋愛には
たくさんのパターンがあって
それぞれが最上級なのだ、と。


一緒に居て
とてもたのしくて
とてもあたたかくて
ただ声を聞くだけで
心がほかほかします

これからずっと
わたしはその人のいちばん近くに
居たいです(・・)*。




===




というわけでね、
ぽっかぽかのSaoriですが
今日もやります!



■好きなバンド紹介■

さんぶれいん







Sunbrain

じつはここ最近まで
知らなかったのですが、
聴いた瞬間、
MyランキングでTop3入りっ!! 笑

夜に心の奥底で
音楽に耳を澄ますのがすきなわたしを
満足させてくれました

透明な、
だけど鮮明な
そんな両面を持ち合わせる音楽です

曲調も他にはない世界です

ぜひ、
聴いてみてください ★


■Sunbrain「Go To Fly」■


saori_10ve_song at 21:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年04月11日

美しすぎる心情シルエット

a8417fb8.jpg






newborn
           作詞:Saori.


荒立っている海
無口になる
ニューワールドへ調和
たぶん、そう

喜ばしい太陽
ああ
きみもどこかで

ねじれている心
平らになる
ニューワールドへ浸透
きっと、そう

わずらわしい雨
ああ
降っていいよ


進んでいく
進んでいく
多彩なカラーで
染まりきった瞳
きみの名前なんて
忘れたっていいかな
なんて

暴れている嵐
晴天になる
ニューシーズンが到来
きっと、そう

人見知りな星
ああ
守ってあげる


流れていく
流れていく
早足なウェーブを
乗りこなす体
きみの言葉なんて
忘れたっていいかな
なんて

きみの温度なんて
冷ましたっていいかな
なんて




■日記■

今日は学校で
「O B 講 義」 というのがありました
うちの学校の卒業生の方々が
今の仕事の事や、学校生活のアドバイスなどを
話してくれるという講義でした

もうね、
OBの方々みなさん
きらきらしてた!
すっごく、きらきらしてた!

ミュージシャンコースを卒業した、ナガイケンタロウさんは
自分の曲も歌ってくれたのですが
鳥肌を通り越して、サメ肌がたちました(・・) ←

そして他には、
テレビ局で働いてる方、
スタジオやライブハウスの美術さん、
ライブのPAさん が来て話をしてくれたのですが、
この業界なだけあってやはりとても大変だと言っていました、

が、

全員が心の底から、胸を張って、とても大きな声ではっきりと
「仕事がとってもたのしい!」
と言っていました

もう、それがかっこよくてかっこよくて、しかたなかった!
夢を実現するのにも、したあとにも大変なことはあるけれど、
あそこまでキラキラとした顔で「たのしいんだ」と言える、
そんな未来のために、
2年間とにかくがんばろうって思った!

なんだかもう、
生きてるって素晴らしいっす! ←(何)

月曜日から本格的に
授業が始まります
確かうちの班は、コンサートPA実習 !
がんばるぞーっ!



===



そしてそして、
今日もいっちャいます、


■第6回 わたしの好きなバンド紹介■

こ






阿部芙蓉美


今回はバンドではなくソロなのですが、札幌出身の女性シンガー
阿部芙蓉美 さんです*。

たぶん、何気なく曲は聴いたことがあると思います。
ハウスメイトのCMで「開け放つ窓」という曲が使用されていて
最近じわじわと、話題になってきているようです
う れ し い (・∀・) !

しっとりとしていて
果てしなく深くて
いい意味でとても重みがあって、
だけど声質は空気のようです

歌声は水のようで、耳からさらさらと
心臓に注がれているような
とても気持ちのいいウィスパーボイスなのです

指で触ったらフッ。と消えてしまいそうだけれど
割れないシャボン玉のように
いつまでも、どこまでも
ゆらゆらと漂っている音楽に思えます

ぜひ聴いてみてください ★



■阿部芙蓉美「青春と路地」■


saori_10ve_song at 19:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年04月08日

壮大なセンチメートル

3e33af43.jpg







ナンバーコールLast Night
             作詞:Saori.


暗記した番号
夜に投げて
あなたの声を
忘れてやる

唇が震えた
海のふもと
はじまりの巣は
やはり美しい

期限切れテレフォンナンバー


call
さよならしよう
星がきれいな
今夜にしよう
なんて華麗な
タイミング


call
きみが思うほど
弱虫ではない
ゆける

頭の中の番号
夜に放って
あなたの息を
忘れてやる

遥か彼方テレフォンナンバー


call
さよならしよう
春が踊る
今夜にしよう
なんて壮大な
シンフォニー

※call
きみが思うほど
純粋ではない
ゆける
ゆける

はじまりの巣は
いつも美しい




■日記■

今日は入学式でした (・・) ★

いつもはコンサート・演劇などをやっている
厚生年金会館が会場だったのですが、
さっそく迷子うっふーん

髪の毛を振り乱し
会場までなんとか
辿り着いた瞬間、
アスファルトさえも神に見えました ←


会場で席に着いて
さっそく隣の子と
友達になったのですが、
やっぱり種類は違うとはいえ、
同じ業界を目指す仲間だから
話すのたのしー!

明日からの毎日
わくわくそわそわ



===



今日からは、
札幌という枠から
外すことにしました (笑)



■第5回 わたしの好きなバンド紹介■

APOGEE








APOGEE

今日からは、札幌バンドとそれ以外を
織り交ぜて紹介することに勝手に決めました(・・)ノ 笑

ってことで、
A P O G E E


いちばん最初に聴いたときは、
まさに「衝撃」の2文字でした!

ボーカル永野さんの、曇りひとつないクリアな声
大城さんの、宇宙のような規模を掴みきれないほどに壮大なシンセ、
内垣さんの、重たくそして跳ねるようなベース、
間野さんの、生きているようなドラム
それぞれがとても濃く溶け合って
今までに聴いたこともない音楽でした!

もう、
このメンバーはこのメンバーで
音楽をやることが運命なのかってくらい
すっごいフィーリングです

ジャンルは、なんなのだろう
きっとAPOGEEが新境地開拓したんだろな

アルバムを聴き終わったとき、
まるで一本の映画を見終わったかのような
旅をひとつ終えたかのような
そんな気持ちになります


ぜひ聴いてみてください (^^)★


■APOGEE「グッド・バイ」■


saori_10ve_song at 20:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年04月07日

待ち焦がれて近未来

7702303f.jpg






spring/roop
             作詞:Saori.


呼吸も忘れて
真昼を泳いでいる
ああ、素晴らしい春
どこへでも

きみを忘れて
開発は進んでいく
ああ、革命の春
どこまでも

Hello,Good-bye
Hello,Good-bye
Hello,Good-bye


ワープのようだ
4 season
増えていくばかり
スケルトンの宝
抱き合って
突き放して
そうやって生きていく

睡眠も忘れて
夜にもぐっている
ああ、安定の春
いつになっても

きみを忘れて
知識は増えていく
ああ、進化の春
いつまでも

Hello,Good-bye
Hello,Good-bye
Hello,Good-bye


ループのようだ
4 season
減っていくばかり
チャイルドの記憶
編みこんで
解きこんで
そうやって生きていく

ただいま、
おかえり、
さよなら。


ワープのようだ
4 season
増えていくばかり
スケルトンの宝
抱き合って
突き放して
そうやって生きていく




■日記■

今日は朝から
そわそわそわそわ

なんてったって、
専門学校の面談の日
(担任の先生とだけどね)

明日に控えた入学式の説明とか
オリエンテーション的なものかと
思ってたら、
その話題よりも
音楽の素晴らしさを語る、
ただの雑談になってしまいました ★
(たのしかったから、いいや(・・)笑)


ラジオの企画・運営を勉強して
NORTH WAVEとかに関わって
仕事できるように、
2年間がんばろって決意しました!
憧れの業界(^^)*。

※ もちろん作詞のお仕事も
裏では続けて活躍してみせます!


なんだか
すっごく刺激的な学校生活になりそうだなあーっ!

ミュージシャンコースの人とか
個性的で素敵な人
ばっかりなんだろうな ★



===



さてと、


第5回 札幌バンド紹介

さかな






サカナクション

これはもう、
札幌の音楽好きな人なら
存じ上げまくリですねっ 笑

このブログでも何回も地味に取り上げているサカナクション、
わたしの中で
激 熱 で す (・・) !

電子音楽、ROCK、テクノROCK と
前提された枠には納まりきらないほどの
迫力と、演奏テクニックが物凄いバンドです

山口さんの真っ直ぐな声は、
バンド名にもある「魚」のように
心のすきまにグイグイと入ってきて、
シンセサイザーの奥行きのある音に導かれるように
自然と体が動いてしまうサウンドは
圧倒的です

CDよりもライブの方が
サカナの魅力が肌で感じられて
すぐに虜となってしまいます ★

草刈さんのベースは
もう、「かっこいい」の一言に尽きないです!
うねうね、じりじり、迫ってくる弦の音は
一度聴いたら耳から離れないでしょう

音楽に対しての向き合い方が
とても丁寧なんだな、と
曲を聴くだけで伝わってきます

CD買ってあげるので聴いてくださいってくらい
おすすめですっ!


■サカナクション「ワード」■


saori_10ve_song at 15:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年04月06日

夢の輪郭を

6ad19d21.jpg








サニーライト
             作詞:Saori.


サニーライト
半端な僕
塗り変えて
どうにか

せっかくの春なのに
巻き戻している

サニーライト
矛盾な僕
連れ去って
どこでも

素晴らしい春なのに
待ちかまえている


morning glow
morning glow
生まれ変わりたい
今すぐ


morning glow
morning glow
メトロノームのよう
安定した拍を
打たせて

サニーライト
軟弱な僕
引っ叩いて
なにもかも

きらめいた春なのに
手は広げたまま


morning glow
morning glow
遠ざかりたい
今すぐ


morning glow
morning glow
明け方の街のよう
カタカタと
始まらせて


morning glow
morning glow
メトロノームのよう
安定した拍を
打たせて




■日記■

札幌もすっかり
春ですねっ(・・)★


明後日いよいよ
専門学校の入学式なのです

明日は担任と
個人面談なのです

そわそわそわそわ


ラジオ製作・企画を学びたいなと
考えております

その裏では
作詞のお仕事も
少しずつではありますが
進んでおります


この春は
わたしにとって
大きな境界線です

夢に向けて
歩いていきます!
いや、
爆走します!


===


そして、
またまた
このブログを見てくれていた方が
初めてコメントをしてくれました !

そしてとても
うれしいお言葉をいただきました

こんなブログを
前から見続けてくれているなんて
とてもとても
しあわせです(´`)

更新がんばるぜーっ!


===


そして今日もいきます、



第4回 札幌バンド紹介


木箱






木箱

エレクトロニカを基調とした、
あたたかい音楽を奏でている木箱

忙しい交差点で聴いても
目をとじれば
森の中にいるような
そんな魔法のようです

ボーカルのさやさんの声は
空気みたいで
耳で聴くというよりは
心で吸収しているような
そんなきれいなウィスパーボイス
そして、
目がくりくりでかわいい!(←

「木箱」という名前にした理由は
木がもつあたたかいイメージからと
インタビューで言っていましたが、
本当に熱を持つというか
体温のような音楽です


聴いてみてください★


■木箱「白の声」■


saori_10ve_song at 14:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年04月04日

雨の夜、確立されて

35e12f24.jpg







フォーム
          作詞:Saori.


窓の側面
春雨はダイアモンド
新しい夜

気化した僕ら
このフォームで
どこまでもゆける

夜の町中
雑踏はサイレント
はじまりの夜


Happy Birthday
これでいいんだ
Happy Birthday
これでいいんだ
引き合って
反り合って
生まれた新しい形

液化した僕ら
このポーズで
どこまでもゆける


Happy Birthday
これがいいんだ
Happy Birthday
これがいいんだ
じゃれ合って
静まり合って
生まれた新しい形


Happy Birthday
これでいいんだ
Happy Birthday
これでいいんだ
引き合って
反り合って
生まれた新しい形

窓の側面
春雨は消えていた
開花の朝




■日記■

恋人という枠へは、もう
戻れないけれど
僕らはきっと
新しい形を見つけた

うん、これでいいんだ

夏のいつかどこかで
「暑いね」なんて言い合って
笑って会えたなら
それは素晴らしいこと
それは最高なこと

このフォームのまま
どこまでもいきたい


===


もうすっかり春ですね(・・)*。
ほのぼのしてしまいます

そして最近、
このブログを見てくれている方々で
初めてコメントをしてくれる方がじわじわと。
うれしすぎです(´`)
お花見行きましょう(´`) ←※



ではさっそく、



第3回 札幌バンド紹介

モノブライト





monobright


ゆったりしたバンドを連続で紹介してきたので、
このへんでガツンと
強烈なサウンドいってみます !

白ポロシャツに黒ぶちメガネのスタイルといえば
このバンド、
monobright ★

ボーカル桃野くんの声は
もう、
とにかく熱い!
そして詞に表れている世界は
桃野くんにしか生めないだろうってくらい
個性的で、新しくて、深厚的
心の底から、住みたいです家賃いくらだろ ←

PVだって凝ってます!
「未完成ライオット」なんかはもう、
激カオス(・・)

春の前半、
駆け抜けるくらいのスタートを切りたいって方
聴いてみるといいと思います ★


■monobright「WARP」■


saori_10ve_song at 12:32|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2008年04月03日

24hour考えるのは

7a67bba5.jpg







さよならテンダー
            作詞:Saori.


泣き疲れて
いつのまにか
眠りの渦
きみも巻かれている?

ずっとしぼまぬ
バルーンのようだ
いつになっても

待ち疲れて
いつのまにか
夢の海
きみも泳いでいる?

休みなく降る
雨のようだ
朝になっても

帰っておいで、テンダー


朝がくるまで
いいだろう
寄り添うシーン
再生しても
わかっている
朝がくるまで
それまで

思い疲れて
いつのまにか
夜の端
きみもここにいる?

乾きはしない
海のようだ
どんなときも

帰っておいで、テンダー


朝がくるまで
いいだろう
やさしい声
回想しても
わかっている
朝がくるまで
それまで


朝がくるまで
いいだろう
寄り添うシーン
再生しても
わかっている
朝がくるまで
それまで

目が覚めるまで
それまで



■日記■

今日、朝起きたら
涙がつたーっと
流れてました

こんなの初めてだーっ

寝てる間も
考えてるんだなあ

悲しいけど
こんなに好きになれたって
素敵なことだよね
うん、きっとそう (※100%ひとリごと



===


気分を変えて、


第2回 札幌バンド紹介

すりーぴー





sleepy.ab


札幌を拠点に活動している、
バリバリ道産子バンドっ! ←

名前を聞いた印象と同じで、
とてもゆったりとしていて
いい意味で眠たくなるサウンドです

何しろ、ボーカルの成山さんが不眠症気味だそうで
自分で眠れるような音楽を作りたいっていうのが
きっかけだとか、(・・)


成山さんの歌は
冬の澄みわたった空のように
鮮明で、とてもクリアで、奥行きがあります

思わず目をとじたくなり、
そのまま夢の中まで
歌が浸透していくようです

絡まった心の糸も
きっと、そっと
ほどいてくれると思います


ぜひ聴いてみてください ★



■sleepy.ab「メロディ」■


saori_10ve_song at 15:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年04月02日

最終バスは僕らを残して

f603e188.jpg






夜がしぼんだら
            作詞:Saori.


夜が明ける
さあ、息を吸って
ほどけよう

ふたりは
黙りこくって
波に運ばれていくだけ

夜が進む
さあ、数を数えて
手放そう

ふたりは
目を潤ませ
煙に水をかけていくだけ


さよなら
夢が覚める
かすんでしまうなら
凍らせよう


さよなら
この夜の先
捨てきれない僕らに
注ぐサンライズ

夜がしぼむ
さあ、目をとじて
分解しよう

ふたりは
声を震わせ
なぞっていくだけ


さよなら
夢は壊れた
冷めてしまうのなら
抱いていよう


さよなら
この夜の先
舞い終わった僕らを
包むサンライズ

ひと夏の蛍のよう
電池が切れる頃


さよなら
夢が覚める
かすんでしまうなら
凍らせよう


さよなら
この夜の先
捨てきれない僕らに
注ぐサンライズ




■日記■


さよなら







今日
ほんとの、ほんとの
さようなら をしてきました

貸し借りしてたCD、
鍵、
ちゃんと返して
さようなら をしてきました


見てくれるか
わからないけど、
書きます




だいすきでした
いや、
今だってだいすきです。

この決断は
わたしのことを考えての
決断だったんだよね

なんだか
本当に言いたいことは
隠しているみたいだったけど
もう、決めたんだよね


話したかったこと
ふたりで行きたかった場所
さらけ出したかったこと
いっぱいあるけど、

こんなに人を
愛せたことが
すっごくうれしいよ


もらった言葉もやさしさも体温も
この涙を越えたら
きっときっと
最高の糧になる

わたしは
何かあげれたのかな
寄りかかってばっかりで
ごめんね


最後はもっと
そのやさしい目元を
しっかりと見て
覚えておく準備をしたかったけど、
まだ未完成なわたしには
難しかったみたい


想ってくれてありがとう
想わせてくれてありがとう


体に気をつけて
仕事がんばってね


あの話、
流れ着きたかった場所は
きみだったよ


さようなら


■ANATAKIKOU「雨が止んだら」■


saori_10ve_song at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!