クリスマスディナー 予約受付いたしました。

000-2
IMG_7311クリスマス特別メニューのご案内です。

当店のクリスマスディナー、入れ替え制はしておりません。


サッポロファクトリーはもうクリスマスモード突入です。
エントツ広場のサンタクロースは、エントツを登り始めました。さてファクトリーの都市伝説的なお話ですがこのサンタ、は、設置された日からクリスマスイブにかけて、毎日少しずつ煙突を上に移動している・・・と言われています。聖夜を彩るとっておきの ラ・ブリックのノエルディナーです。

クリスマス-2


Dîner de Noël クリスマスディナー 【12.22~25】 12000円


Royal ロワイヤル
アメリケーヌソース

Frite de mer 海の幸
宗谷ソイ・海老・サロマ湧別の帆立をレモン香るタルタル仕立てに
アサリのジュレや雲丹・タラバ蟹を添えて

Foie gras フォアグラ
縮緬キャベツと”竹中ファーム”のポロ葱 トリュフソース

Homard オマール海老
契約農家の野菜 サフランソース

Bœuf 上士幌産 十勝ハーブ牛
軽やかな燻製香

Blanc et Noir ムースショコラ
ベリーのソルベ

Café
食後のお飲み物

petits fours
焼き菓子


まさに海の宝石です。
IMG_1195

光り輝く北海道の贈り物。
IMG_1198

オマールのお皿です。
IMG_1205

十勝ハーブ牛です。
IMG_0006




If you have any weak ingredients or allergy, consult our coordinator
The list price does't includes the 8% consumption tax.
予約・入荷状況によって、内容を変更する場合がございます.
食品アレルギーなど御座いましたら、申しつけください。

IMG_9990
アミューズブーシェは、特別な聖夜のはじまりです。

本物のレンガに囲まれ、スワロフスキーのシャンデリアの下、クラウデオコルッチデザインのクリストフルを握りながら、大切な人と過ごすディナー。
しっとりとした、大人の時間を約束します。

ワインのセレクトは、ひと皿ごとに合わせるペアリングも行っております。
ぜひ、お声かけください。

参考グラスワインペアリング例
名称未設定-2
シャブリ サンクレール[2015]ジャン・マルク・ブロカール Jean Marc Brocard Chablis Sainte Claire セントクレアと、 Frite de mer 海の幸との組み合わせ。

樺太を望む宗谷のソイ、海老に、サロマ湧別の帆立をレモン香るタルタル仕立てにしております。
アサリのジュレや雲丹・タラバ蟹を添えてます。
有機栽培シャブリの第一人者のワインのミネラル感が、お料理の味わいを引き立てます。


名称未設定-1

Homard オマール海老に合わせるのが、ナパヴァレーのホニグ ソーヴィニヨンブランです。
ジャスミンとレモン果皮の魅惑的なアロマ。瑞々しい白桃、パッション・フルーツ、グレープフルーツの味わいを持つ、ジューシーで清涼感のあるミディアム・ボディのワイン。
バック・ラベルにはオーナーのマイケル・ホーニッグ宅から眺めるラザフォードのブドウ畑が描かれており、ボトルのガラスとワインを通して眺める趣向になっています。瑞々しい魅力に溢れた人気のデザインです。

実は、ホニグの当主は、ナパヴァレーエステートの会長をしており、ナパ火災の真っ只中において自社のワイナリーや自宅などを開放して避難所として提供しておりました。
非常に仲の良い家族で、環境を配慮したワイン造りをしております。
honig-4
自社畑はすべて環境保全型農法を採用、大規模太陽光発電、害虫探知犬が畑を走り回り、巣箱設置など、積極的な環境保全の取り組みで有名です。
名称未設定-4

ブルゴーニュ ルージュ ピノノワール2014 ドメーヌ・ピエール・ダモワ Bourgogne Rouge Domaine Pierre Damoy と上士幌ハーブ牛です。
ブルゴーニュ好きなら誰もが知る、優れた生産者です。
ワンランク上の品質です。
ピエールダモワ-4
超弩級ブルゴーニュACと言えます。非常に力強い贅沢な出来栄えです。
目隠しで飲んで、「ヴォーヌ・ロマネ?もちろん、有名造り手の?」と答えても不思議じゃ無い。
絶対に損をしない、ACブルゴーニュといえるワインです。後藤支配人談

12月 22日から25日 限定スペシャルディナーです
brique_003


※お問い合わせの多い、退店時間などについて
当店は、入れ替え制を取っておりません。
お客様にはゆっくりとお食事を楽しんで頂きたいと思います。
時間制限付き、2部制などでは有りません。

IMG_7318

なお、エントツ広場のサンタクロースは、12月24日の午後24時に煙突の中に入ると言われていますが、登っている場所は変わりません。寸分の狂いもなく、毎年同じ場所です。
pommery-4


  

↑ pagetop ↑