ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル 映画公開記念

aaaa称未設定-2
a名称未設定-12018.3.10 土 12:00 満席となり、素晴らしい会となりました。
珠玉の豪華ラインナップとラ・ブリックの卓越した料理を愉しむ贅沢なお昼のイヴェントでした。
今年、3月に映画も公開されるタイムリーなWinston Churchill 2006を含む4種類が登場。ローラン・ダルクール ポル・ロジェ社長がメゾンの魅力を余すところなくお伝えして頂きました。

IMG_4365

IMG_4352ポル・ロジェ社は1849年に設立された家族経営のシャンパーニュ・ハウス。
「気品と優美」を哲学とし、格調高いシャンパーニュを造り続けています。 
木樽を一切使用せずステンレス・タンクで発酵させることによってブドウ本来の繊細な味わいを引き出します。
また、ルミュアージュ(動瓶)を重視して、 今でも職人によって手作業で行う数少ないハウスです。
その確かな品質と味わいは、 元イギリス首相チャーチル氏を虜にしたことでも有名です。
彼は自分のお気に入りの競走馬に「ポル・ロジェ」の名をつけ、その名を全世界に広めました。
また、 2004年には英国王室御用達に任命されるなど、国際的に高い評価を得ています。
IMG_4369
ローラン・ダルクール ポル・ロジェ社長の日本語「カンパイ」の発声でスタートしました。
IMG_4326

IMG_4375
★Pol Roger Brut Reserve NV
IMG_4379
アミューズは、カリフラワーのムース、海の幸、タルタル仕立てでした。
ホタテ、アボガド、春わかめのチップです。
IMG_4381
ブリュットリザーヴは、ピノ・ノワール33%、シャルドネ33%、ピノ・ムニエ33%
ブリュット・レゼルヴは伝統的に異なるクリュ、セパージュ、ヴィンテージのワインを約30種類ブレンドしています。ピノ・ノワールは骨格や深みを、ピノ・ムニエは豊かな果実味を、シャルドネは繊細さ、フィネスを与えます。
1111称未設定-11
キャサリン妃とウィリアム王子のロイヤル・ウェディングのレセプションに登場したのがこのキュヴェです。気品溢れる最高のシャンパーニュです。

IMG_4385
この日は、トゥールブションのオーナーソムリエである森一茂氏もヘルプで入ってくれました。
IMG_4388

IMG_4393
淡いイエロー。繊細で豊かな泡です。
アロマは洋ナシ、マンゴー、スイカズラ、ジャスミンの花。時間ともにブリオッシュやヴァニラの香りも広がります。
味わいはね、シンプルでダイナミックなアタックの後に美しいハーモニーと心地よいフレッシュ感が広がります。マルメロのゼリーや、アプリコットのジャム、蜜蝋やアカシアのハチミツのフレーバー。オレンジピールやマンダリン、カルダモン、アニスなどのスパイスのニュアンスもあり、心地よい余韻が長く続きます。 (ダルクール氏談)
IMG_4398
IMG_4409
オードブルとポアソンを兼ねた一皿。
タラで3種のハーブです。
IMG_4406

IMG_4411
ブリュット・ロゼ 2008
調和を成す赤い果実が続き、柑橘類の果実を感じさせる新鮮さと、リッチなストラクチャーのバランスが卓越しています。際立つ芳醇な質感で、濃密な風味に支えられたエレガントなストラクチャーが感じられます。

IMG_4402
20のグラン・クリュとプルミエ・クリュから収穫したピノ・ノワールとシャルドネを使用しています。赤い色合いと美しいアロマを与えるため、ボトリング前にシャンパーニュ産の赤ワインを15%加えます。
IMG_4415

IMG_4421

IMG_4341

111設定-3

IMG_4427
Cuvee Sir Winston Churchill
キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル 2006
ポル・ロジェをこよなく愛した元イギリス首相チャーチル氏へのオマージュを捧げるために造られたプレステージ・キュヴェです。
力強くフル・ボディでしっかりと熟成した彼の好みの味わいに仕上がっています。
IMG_4423
2006年ヴィンテージの作柄について
最初の3ヶ月は非常に乾燥しており、その後2ヶ月間は豪雨に見舞われました。春に霜害が発生しなかったお陰でブドウ樹の成長は順調に進み、暖かく太陽に恵まれた6月は開花に最も良い環境となりました。
aaMG_4354
8月は涼しく湿っていましたが9月は温暖で日照もあり、ブドウの房や粒が十分に成長し、収穫期は非常に健全な状態となりました。最も早い区画は9月6日に収穫し、9月25日に全て終了しました。
潜在アルコール度数は10.2%、酸は7.1g/lでした。
IMG_4425
ブドウ品種はピノ・ノワールとシャルドネ
非常に古いグラン・クリュのブドウ木から収穫したシャルドネとピノ・ノワールを使用しており、特別なアサンブラージュの比率は門外不出となっています。
ピノ・ノワールが骨格、幅、強さを与え、シャルドネがエレガンス、フィネス、滑らかさを生み出します。 ワインは2回澱引きが施されます。1回目はプレス後すぐに、2回目は7度に管理されたステンレス・タンクで行われます。
品種別に村毎で分けて発酵させた後、完全にマロラクティック発酵を施します。その後、セラーの最も深い地下33メートルの場所でじっくりと熟成させます。
IMG_4431
濃いゴールデン・イエローで絶え間なく立ち昇る泡が見られます。
アロマ:ドライフルーツ、トーストしたアーモンド、ハチミツの魅惑的で複雑な香りでした。
IMG_4434
ホールは笑顔に包まれていますが、厨房は戦場です。ダンケルク状態です。
IMG_4441

IMG_4444

IMG_4450
鴨の胸肉です。
柑橘系と5種類の胡椒です。
IMG_4456

IMG_4459

IMG_4470

IMG_4471


IMG_4493


桜のクレームダンジュです。
Pol Roger Rich Demi Sec NV
甘口シャンパーニの愛好家から熱い支持を受けているこのリッチは、セックとドゥミ・セックの間スタイルで美しいイエロー・ゴールドとクリーミーな泡が特徴です。
IMG_4496
ナチュラルでフレッシュな酸によって美しいバランスが生まれ、デザートやブルー・チーズと合わせるのに理想的な味わいになっています。
IMG_4502

IMG_4507

IMG_4510


名称未設定-1


IMG_4518


IMG_4520
人気シャンパンバー Hアッシュの村田ソムリエもパチリ!
IMG_4525
名称未設定-1


IMG_4527

IMG_4533

3月に映画も公開されるタイムリーなWinston Churchill 2006を含む4種類を、心ゆくまで楽しみました。
IMG_4539


111ポールロジェ-3
映画「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」が2018年3月30日から日本公開され、ますます目が離せないメゾンです。

 2018年度 アカデミー賞最有力候補!
映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』111未設定-1
解説
名優ゲイリー・オールドマンがイギリスの政治家ウィンストン・チャーチルを演じ、首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描いた歴史ドラマ。第2次世界大戦初期、ナチスドイツによってフランスが陥落寸前にまで追い込まれ、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍が北フランスの港町ダンケルクの浜辺で窮地に陥る中、就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手にヨーロッパ中の運命が委ねられることに。ヒトラーとの和平交渉か徹底抗戦か、究極の選択を迫られるチャーチルだったが……。チャーチルを支える妻クレメンティーンに「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、秘書エリザベス役に「ベイビー・ドライバー」のリリー・ジェームズ、英国王ジョージ6世役に「名もなき塀の中の王」のベン・メンデルソーン。「つぐない」のジョー・ライト監督がメガホンをとり、「博士と彼女のセオリー」のアンソニー・マッカーテンが脚本を手がけた。

  

↑ pagetop ↑