2021年06月21日

小豆島「吉田の岩場」のトポ

吉田の岩場突然、小豆島「吉田の岩場」のトポを持っていませんか?のおたずね。

おお、行ったよね。
2016年。
現地集合現地解散で、5人だったか。幸い、占冠村赤岩青巌峡で知り合ったクライマーさんが四国の方で、よくこの岩場を知っていたので、ご案内いただき、助かりましたよ。

その時入手したのが、手書きのトポ。

ご希望の方に、早速、PDFファイルにしてお送りしました(^^♪

日本フリークライミング協会の機関誌「Free Fan」71,2015年Spring号にも、手書きトポをもとに特集しているけど、在庫切れ。

日本100岩場「中国・四国・九州」には、吉田の岩場の掲載はなくて、「小豆島の仁寿峰」が一か所出ているだけ。

吉田の岩場、アプローチも最短。いいところだった。  
Posted by sapporomassy2 at 20:45Comments(0)

2021年06月20日

雨上がりにはナック・インドアクライミングが似合う



昨日の小樽赤岩「サバイバル」を引きずりながら、足を引きずりながら、何とか3本登りましたよ。
身体が疲れているときの追加クライミングは、筋肉増強にプラスだなんて、勝手に言い聞かせる。

kojimaさんが、「こんなやり方もあるんだね。英国のトラデッショナルでは」と、いい話題を提供してくれました。
日本では、「ラビットノット」と結構古くから使われてきた、ダブルフイッシャーマンノットの、耳が二つある版。
メインロープのみで作成できるところが優れものです。
以前、札岳連救助訓練で、「ナインノット」と教わったものかも。違うかな。

インドアのいい点は、外岩と違って、風もなく足場も悪くないので、こんな話題がいいコミュニケーションでできること。

雨が幸いか。
いろんな技術が、クライミングの世界を広げてくれる。

  
Posted by sapporomassy2 at 18:25Comments(0)

2021年06月19日

小樽赤岩、マルチピッチとフリーのショートルート

21160 西壁正面ルート。小嶋パーティから1時間遅いスタート。追っていた背中が見えました。1ピッチ目に真下と上村が到着、支点にセルフビレイを取ると、上から「ロープを落とします!」とのコール。伊槻さん、細井さん、小嶋さんの順でつぎつぎと懸垂下降の背中が迫ってきました。壁の中で、朝のご挨拶(^_-)-


 マルチピッチの後は、2パーティ合流して、奥西壁に移動。古くに開拓されたフリールート「赤壁クラック」5.9、「サバイバル」5.11aを堪能しました。

曇り予報だったけれど、青空が広がり、笑顔でクライミング。ナイスな土曜日でした。

 

 西壁正面ルート、真下、上村パーティは、ロープはシングルロープ(9.1mm1本と軽量化。懸垂下降では、最初に降りる真下は、グリグリで1本懸垂し、よく行われる2本ロープ連結でのATC型確保器使用方式の簡略化を試みました。

 

 さて、西壁をさらに進み奥西壁。

 1本目は「赤壁クラック」。気持ちの良いクラックが上へ上へと伸びていきます。TRを張って、登りつめ下を見ると、紺碧の海が見渡せます。

 

 2本目は、赤岩の古典的なフリークライミングルート「サバイバル」。しっかりとしたクラックが続く「赤壁クラック」とは大違い。細かなホールドとスタンスのフェースルート。終了点が「赤壁クラック」と同じなので、TRは共通です。細かく、テクニカルな動きを要請されるルートで、みな苦労。

 

 振り返ると、「サバイバル」5.11aをレッドポイントしたのは、2006109日。15年前か。

この日も同じ、上村、真下パーティ。

 

 札幌山の会会報200611月号の山行報告を見てみよう。続けて6日目のトライ。

 

 「上村、クイックドローをセットしながら、核心部の棚に取り掛かる。テンション。惜しい。

続いて、同じくレッドポイント狙いの真下。上村がセットしたクイックドローにロープをかけながら核心部へ。左手で三角点の頭を上から押さえ、右手は棚、右足を小さく外形した悪いスタンスを慎重に捕まえ、ゆっくり加重して、体重を右に移す。左足はふくらみともいえないスラブにスメアリングを効かせ止める。体が上がってきたら右上の、これも余りよくない小さなカチを右手でつかむ。バランスをとりながら左足を浮かせると同時に左手を返しプッシュで岩を押さえ上がる。左足を棚に上げる。ここまでくると、後は左手をさらに上の形のよいホールドを捕まえる。これで、核心部はおわりだ。

上村はこのあと、ゆっくりと体を休めてからの4本目のトライで、レッドポイント。なにはともあれイレブンクライマーだ。」

 そういえば、サバイバルの取り付き、ビレイをしていたH大学の学生さんから名前を呼ばれて、あれ?
「youtube、ファイアーマンを“ワルシャワ…(なんとか)”を歌いながら登ってましたね」。そうか、足元に置いたヘルメットにひらがなで名前を書いてあるんだ。それを見てくれたんだ。

 H大学、バリケードの中。唇に“ワルシャワ労働歌”、手には鉄パイプ。そんな日々が、頭をよぎった(^^)/

  
Posted by sapporomassy2 at 21:36Comments(0)

2021年06月14日

シアターキノで映画「アメイジング・グレース」



アレサ・フランクリンの、1972年ライブ。
ゴスペルの、あの熱気に圧倒されました。

ゴスペルは、ボーカルをリードする人の歌もさることながら、その場をともにし、ともに神に感謝するその迫力が、すごい、といつも感じるよ。

日本のアメイジングは、最近、夏川りみに感心しました。
https://www.youtube.com/watch?v=vaeIDD9joJc

ずいぶん久しぶりのシアターキノでした(^_-)-☆  
Posted by sapporomassy2 at 19:29Comments(0)

2021年06月13日

今シーズンから「ベルボトム」トライのKojimaさん

おやすみのあやこさん今シーズンから「ベルボトム」トライのKojimaさん。
昨日は下部で、力み過ぎて、そう下部は力むとすぐにパンプして終わっってしまうんだ。
でも、研究熱心な心は、体を動かす。
トップロープで、繰り返しトライ、3ピン目まで到達。拍手。
この3ピン目のムーブ。多くな立てホールドに左手を逆手に押さえつけ、左半身を壁につけ、右手を左手上にがばと突っ込む。リードではここで、左手をフリーにしてクリップだ。

ここまでは壁がかぶっているので、ムーブに躊躇できない。パンプする。

まずは、「ベルボトム」最初の部分が見えてきた感じ。拍手。

なんともさわやかな天気の44フェース。
今シーズン初めてN道さんにお会いできて、話が止まらなくなった。
余市のO野さん、昨シーズンは「ベルボトム」をマスターでレッドポイント。今シーズンは「コーラスライン」にチャレンジと、トップロープでムーブ確認トライ。きれいな登りだ。

「コーラスライン」は「ベルボトム」の5.11bに対して5.11a。しかし、ホールドの難しさでは、「ベルボトム」を上回るのでなないかな。

このお二人にお会いすると、44フェースが、僕たちの世界の空気になる。

6月はまだシーズン初めだ。
これからの日々、これからのクライミング。
期待と希望と青空に、感謝だ。  
Posted by sapporomassy2 at 17:47Comments(0)

2021年06月12日

雨が晴れた小樽赤岩44フェース・ベルボトム

 今日は、札幌山の会、44フェース初トライのYさんをメンバーに加えての、小樽赤岩最難級「44フェース」。

 まずはアップルートの「おはよう」5.9。5.9にしてはホールドが細かくテクニカル。真下がリードしてトップロープをセット。メンバーはそれぞれインドアを含めての経験者なので、あまり困難を感じないでトップアウト。

 続いて今日のメイン課題、「ベルボトム」5.11b。小樽赤岩のフリークライミングルートとしては、高難度で、挑戦するに値するルートとして人気だ。

 Kさんがトップロープをセット。上下に環付きカラビナをセットしたクイックドロー2本で支点を作った。
 高さ12mのルートは、大まかに言って3つのパートで構成されている。下からの第1パートは第3ボルトまでで、ややかぶっているので、ムーブに戸惑っていると腕がパンプしてテンションとなってしまう。今日は、この部分のおよそ2本目ボルト、つまり2/3ほどのところまでを何度かトライして、ホールド、スタンス、ムーブを練習。3本目のボルトまでは、Sさん、真下が登って確認。

 5.11bの核心部分は2つ目のパート。そして核心を超えると終了点に至る3つ目のパート。1シーズンを通しての課題とするクライマーがいるのにも納得する。

 気持ちを切り替え、右隣のルート、「折込センター」5.10dにトップロープでチャレンジ。
 ここは1つ目のボルトまでが、ややマニアックなクラックを登るので、結構、みんな苦労。ルートを見上げると、綺麗なクラックが右へ右へと伸びていく。ここも「ベルボトム」と並行して、44フェースに来たときはトライしないではいられなくなる、ときっとみんな思ったに違いない。

 朝、時々雨がぱらついたけれど、頭上に覆う木の葉と、かぶった岩のおかげで、登るのにはいい壁状態。お昼には、青空も広がって、快適気温。
 挑戦しがいのある壁、クライミングの困難さ、面白さが蓄積しているルート。今シーズン、一体何回通うことになるでしょう。
  
Posted by sapporomassy2 at 19:23Comments(0)

2021年06月11日

クライマー純ちゃんはパピーウオーカー



山梨県甲斐市に住む、クライミング友達の純ちゃん、パピーウオーカーです。
パピーウオーカーは、もう盲導犬候補の子犬を、約10ヵ、家族の一員として迎え、人間生活になじませ、そして盲導犬訓練施設に送り出す、といった役割です。

最後の方で、旭岳ピークでの写真も出てきました(^_-)-☆  
Posted by sapporomassy2 at 21:39Comments(0)

2021年06月10日

昨日の赤岩青巌峡

20210609_121757今日は暑いけれど、昨日は、ちょうどよい暑さで赤岩青巌峡は快適そのもの。
去年一年ブランクがあっての、お久しぶり。

駐車場につくと、「えっ、今日は確か水曜日だったとね」と思わずつぶやいた。駐車場には20台近くの車、雰囲気はみんなクライマー。2,3台ほどの空きスペースがやっとあった。

やれやれ。
もとより、あまり登ることができないハードな岩場。
なにはともあれアップルートの「ニンジン」などを、おお、この滑る岩感覚なつかしい。

多くの、ハードなクライマーさんは、それぞれの課題ルートへと散らばっていったよ。
懐かしい皆さんとご挨拶することができました。
それだけで、いった甲斐があったというもの。

札幌市清田区の自宅から一般道を通って2時間30分。
夕張の川の流れ、日高・夕張の畑と山。
余りの景色の良さに、長い道のりも全く苦になりませんでした。

遠くて大変だけど、また訪れたいものです。  
Posted by sapporomassy2 at 16:37Comments(0)

2021年06月06日

今日も小樽赤岩散策と、ひと登り。ラッキーでした(^_-)-☆

  
Posted by sapporomassy2 at 16:37Comments(0)

2021年06月05日

1年ぶりの小樽赤岩、44フェース「おはよう」

  
Posted by sapporomassy2 at 19:45Comments(0)

2021年06月04日

なにわともあれクライミングシューズ

1年に一度あるかないかの強烈な雨と風。なんとか車に乗り込めば、もうクライミングに手が届いたようなもの。インドアクライミングジムはありがたい。

トップロープで、5.11の高難度ルートに挑戦するのもいい、リードで落ちる恐怖に耐えながら一歩足を上にあげるのもいい。三人三用の課題を楽しむでした。

さて、上達を目指すのなら、シリーズ3です。

今日は、「マイシューズを買おう」。

 

冬山には冬用プラスチックブーツ、夏山には登山靴、沢登りには沢シューズ。

そして、クライミングにはクライミングシューズ。

登るスタイルに合わせて足元を固める、です。

 

クライミングの歴史は、クライミングシューズの歴史でもあります。岩のわずかな凹凸をとらえ、こんな壁をどうやって上るのと思われるところも、クライミングに特化したシューズがあればこそ、乗り越えることができます。

 

アブミなどの人工物を使わないで、道具から自由になる「フリークライミング」が、1960-70年代のアメリカで普及し、1980年代には日本で広がった一つの要因としては、クライミングに特化したシューズがあります。

もう30年近く前のことになります。山岳指導員の養成講習会があって、その日のテーマは『クライミング』。場所は函館の立待岬。装備は、ヘルメット、ハーネス、クライミングシューズ。

なんとか与えられたメニューをこなし、最後に審判員から講評。「今日の講習にクレッタ―シューズを履いてきたものがいる。高所を登り、壁が出てきたのでそれを乗り越えるという想定である。靴は登山靴でなければならない。」

聞いていた僕は、聞きなれないクレッタ―シューズなる単語に???。要するにクライミングシューズの古い呼称。


従来の高所登山から、短くても難度の高いルートに挑戦するスリークライミングという分野が確立したことに、この審判員さんは無知であったということでした。

登山はまことに分野が広く、アルプスの高所登山に始まり、高所を目指す登攀、山岳スキーなど、実に多様な形態で、人々は多様な楽しみを覚え、それぞれの分野に適した諸道具を駆使して、安全に、課題に挑戦しています。


「フリークライミング」は、まずクライミングシューズからということ、でした。

ところで、日本フリークライミング協会会報最新号、山本和幸さん「日本自由登攀史」に、クライミングシューズが日本に入ってきたころを書いていて、めちゃ、面白い(^_-)-☆


  
Posted by sapporomassy2 at 19:01Comments(0)

2021年06月01日

いい天気に誘われて小樽赤岩ソロクライミング

20210601_141723気温は低めだけど、いい天気。
車で走るのもいいなと思って、小樽赤岩へ。
峠には、山岳ガイドさんの大型車がたくさん、なんでも、ガイドさんの研修があるとのことでした。

昼前から暖かな中赤岩へ。
足を一歩岩側へ置くと日陰で寒い。
一歩海側へ置くと日差しが当たり暖かい。

TRをセットして、グリグリクライミング。
ワンムーブ確認したいところがあった。

声がして、やってきたのはKさんパーティ。
久しぶりと、腕をヒット。

さらに、「44フェースは寒かったよ」とMさんパーティ。

ワンムーブ確認で短時間で撤退と思っていたのに、クライミングはやっぱ盛り上がる。  
Posted by sapporomassy2 at 19:42Comments(0)

2021年05月30日

「2、グレードシステムを活用しよう」

猿も昨日に続いてナック・インドアクライミング。お付き合いいただいた上村さんに感謝。

今日は、5.10b-5.10cを中心に数本。体力はなかなか回復しないけど、クライミングムーヴは大分戻ってきたよ。


Climbing-net.com
サイトの「クライミングが強く、上手になるための7つのヒント」、

2、グレードシステムを活用しよう」をみてみよう。


『レベルアップの目安としてグレードを追ってみよう。自分のレベルを知ることが重要だ。

限界グレードにトライして伸び悩みを感じたら、ひとつ、ふたつ下のグレードを複数登ってみること。そのなかには得意な課題や苦手な課題が含まれている。さまざまな課題を登ることでムーブの幅を広げることができるだろう。』


今日、登ったルートも、「ああこれは無理なく、思ったように壁とホールドに体を自由に動かすことができるな」と感じたのは、5.10b。

そこからやや瞬間的な力を入れ、いわゆる「ムーヴ」を繰り出したのが、5.10c。


ジムが設定して表示したグレードを、例えば「5.10b/c」を、いやこれは「5.10cだね」と修正することができるようになる。そうして、グレードを把握することで、次のステップにより正確にアップすることにつながるのだろうね。

ここしばらくは、土日が良くない天気。
来週は、いい天気になってほしい。
小樽赤岩で登りたいものです。

  
Posted by sapporomassy2 at 19:19Comments(0)

2021年05月29日

「クライミングが強く、上手になるための7つのヒント」その1



K
さんが、自己の課題としている「スカイライン」5.10c(とグレーディングされているけど、実際は5.11aはありますね)にチャレンジ。

核心部、ほとんど足置きのない左足のスタンス、じりじり上げていき、右手が浅めのパタ−ンを引き付け始める。

惜しい!

でも、何回も何回もトライを積み重ね、じりじり進歩しているのがよくわかります。


Climbing-net.com」サイトに、「クライミングが強く、上手になるための7つのヒント」との記事。大きくうなずきました。まさに今日の僕がそうなのです、うまくいっているかいないかは別として…。


1、ジムに通い込もう!


登り込むことでテクニックは向上する。初・中級レベルでは、テクニックが身に付いていないことがほとんどで、技術レベルが上がれば力をつけなくても成果が出せることは多い。基本を体に覚え込ませるためにジムに通おう。


まずは回数券を購入して、1ヵ月で使い切ることを目指そう。週に23日登りに行けば使い切れるはず。


また、まとまった時間が取れない人は3ヵ月パスの購入がおすすめ。例えば、会社帰りに1時間しか登れない日でも、パスがあれば気楽に登りに行ける。トレーニングとして考えても、一日に長時間登るより、短時間登って回数を増やす方が効果がある。』


そうなのです。


外岩の、季節が限られ、雨、風、足場の悪さなどという環境では、クライミング本来のノウハウは身に付かない。はっきり言って。


まずは、クライミング環境の良いクライミングジムで、クライミングの基本から、ムーブを身に付けること、それには、通う回数を重ねることがほとんど決定的です。


そして、「1、ジムに通い込もう!」の続きは次の通りです(^_-)-

2、グレードシステムを活用しよう

3、マイシューズを買おう

4、うまいクライマーの登りを真似しよう

5、さまざまな課題にトライすべきか、ひとつの課題に集中するべきか

6、ダイナミックな動きを練習しよう

7、疲労をとる

  
Posted by sapporomassy2 at 19:37Comments(0)

2021年05月28日

映画「HOKUSAI」、予想を上回る傑作

20210528_162448葛飾北斎の、「富岳三十六景 神奈川県沖浪裏」の躍動する浮世絵なんかが好きだ。
映画「HOKUSAI」が封切られたので、早速、イオンシネマ江別へ。

下手したら、有名浮世絵師の生涯をなぞる、普通の映画化とあまり期待しないで観に行ったけど、見事、ひっくり返された。

傑作!!

北斎は、江戸中期(1760-1849)の人。
この頃の日本社会は、武装した武士階級と、非武装の商人、農夫などの階級社会。
表現者たちの多くが自由を奪われていた時代ともいわれ、映画は容赦なくこの時代を突いている。

同時代の歌麿も、ご禁令に背いた絵を描いたと捕縛される。

「出る杭は打たれる、ってことか。人が喜ぶ絵を描くのが、そんなに悪いことか?」
「お上からすりゃ、面白くねえのさ。黙って働けってこった。怒るな笑うな喜ぶな。知恵がつくから泣いてもくれるな」

帰りがけ、一階下の未来屋書店に立ち寄ると、おや、「HOKUSAI シナリオブック」が売っていたので、即購入。
日本語と英語のシナリオが掲載されている、変わった本だ。  
Posted by sapporomassy2 at 18:11Comments(0)

2021年05月26日

evolvシューズ効果でした

20210526_164122「ファイアーマン」5.10c核心の左足。
左足を、やや外形気味の小さなスタンスに体重移動して、右足を丹田近くに上げる。
evolv効果で、左足安定。

シューズの大事さを改めて実感。

そういえば、ずいぶん以前になるけど、ここの部分を解決した時も、シューズを交換した時だったことを思い出し、うなずいた(^_-)-☆  
Posted by sapporomassy2 at 16:55Comments(0)

2021年05月25日

久しぶりのナック札幌、半年会員も更新しました

1621930266900急なお声がけをいただいて、ずいぶん久しぶりのナック。
お友達と、その会の新人さん。
とってもフレンドリーな方で、和みました。
クライミングも、まあ、いつものルートですが、気持ちよさ満点。

今月11日でナック札幌半年会員期限切れでした。
コロナで、更に夏山シーズンに向かうので更新に戸惑っていたけど、いや、更新すれば来る機会も増えるよなと、踏み切って、心軽やか。

やっぱりクライミング愛好者は、クライミングを楽しんでなんぼのものです(^_-)-☆

明日は、小樽赤岩に足を延ばしてみよう。

今、夕日が差していい日和。
明日も晴れればいいな。  
Posted by sapporomassy2 at 17:33Comments(0)

2021年05月24日

映画「いのちの停留場」

Screenshot_20210524-135908_Chromeイオンシネマ江別で、映画「いのちの停車場」。
吉永小百合が主演。
大きな病院の現場のトラブルの責任を取って、ふるさと金沢にもどり、在宅医療の診療所の医師になって、わずか数軒の患者宅でいろいろな人生に巡り合う。

最近、コロナ予防接種で、「かかりつけ医」という、今ひとつわからない言葉が出てきたけど、在宅医療は、それこそ「かかりつけ医」だろうとわかりやすかった。

釜沢は昔、訪れたことがあって懐かしかった。
兼六園の、雪に備えての松の木の、縄での「雪吊」も出てきた。

ところで、この映画の公開記念舞台挨拶、席上、みなみらんぼうが具合悪くなって、吉永が駆け寄り、らんぼうはスタッフに抱えられて、退場。
舞台にいた俳優たちは、しばらく呆然として、空気も止まってしまった。
そこで、舞台の端っこの方に座っていた、西田敏行が、「映画の中でらんぼうさんが『ステーション』という歌を歌って、それが素晴らしんですけど…」という話を始め、場がなごいだ。
さすが西田敏行。
この場面、youtubeにアップされている。

みなみらんぼうは山登りが趣味で、それものんびり登山。
山岳雑誌などで、ぼ〜として山登りを楽しむ仕方があるんですよと、懐かしい。

泉谷しげるも、いいおじいちゃん役で出ていた。
できれば、ギターを抱えて、絶叫してほしかった(^_-)-☆

いい映画だったよ。
ワクチン接種予約が取れて、ほっとして、映画を観に行った今日でした。  
Posted by sapporomassy2 at 18:04Comments(0)

2021年05月20日

激落ちした体力を少しでも回復しようと、快晴の小樽赤岩へ

20210520_123731激落ちした体力を少しでも回復しようと、昨日の白旗山に続いて、快晴の小樽赤岩へ。峠は10台ほどのクライマー・カー。

一応、クライミングギア一式を担いで負荷をかけ、足を運び、1年ぶりの44フェース。なんとかたどり着いた。誰もいない。静かだ。

ゆっくりと岩を眺める。
ああこんなところにも、足置きがあるではないかと、やっぱり岩は丁寧に見るべきだ。
「おやすみ」下部は濡れている。湿度が高いのか。

pho奥チムニーを通って、ファイアーマン、奥リスへ。
なんと、ご挨拶され、サングラスの笑顔は、いつもおなじみのお友達。
ご好意に甘え、外壁初のシューズを履いて、一本登らせていただき、感謝、感謝。

そうこうするうちに、顔なじみのクライマーさん。
さすが赤岩です。
おう、「オレンジ」ですか。
「岩の弱点を突く、なんといいルート」と、意見が一致(^_-)-☆


帰りの登坂もなんとか頑張って、無事、峠帰着。
少しは体力、脚力がついたかな(^^♪
  
Posted by sapporomassy2 at 18:07Comments(0)

2021年05月19日

白旗山登山口には自宅から、なんと車で7分

Screenshot_20210519-144517_Geographicaいい天気に心誘われ、白旗山へ。
白旗山スキー距離競技場から少し奥の広い駐車場。
清田区の自宅からなんと車で7分(^_-)-☆

最初は、札幌台までと思っていたけど、あっさり着いてしまったので、セコマのイチゴ大福を食べた後、中央峠経由で白旗山頂上へ。

途中お会いしたのは、下山途中で出会ったお二人のみ。
風の音だけの静けさ。

久しぶりに、ヘッドフォーンを取り出し、スマホでyoutubeを聞きながらのんびり歩いた。

登りは、NHKラジオ「高橋源一郎の飛ぶ教室」。この日は、選考委員でもある三島由紀夫賞のこと、中世ラテン語辞典編纂のこと、世界のパンダのことなど相変わらず多彩。

下りは、NHKラジオ深夜便の「謎解き うたことば」。ゲストは北山修。精神科医にして、もとザ・フォーク・クルセダーズ。確か、北山は研修医学生として札幌医大にも在籍していたはずだ。

ヘッドフォーンには風の音も、小さく心地よく入り込んで、いい。

新型コロナ予防接種。
「かかりつけ」病院。月曜から受付が始まったけど、電話は全くつながらない。

集団接種会場の、ネット受付。
今日から始まったけど、1時間待ってようやく受付サイトが出たけど、どうやっても「検索条件にあいません」メッセージで、お手上げ( 一一)
  
Posted by sapporomassy2 at 15:11Comments(0)