札幌ピオレ山の会

「北海道と遊ぶ」をテーマに、散策・ハイキングから本格的な登山・スキーまでオールラウンドな登山活動を行っています。私達と一緒に楽しみませんか?初心者・中高年大歓迎です!

救助隊訓練、遭難者役として

e84ae217.jpg
5cdbc223.jpg
502cc8d5.jpg
1月21日、連盟救助隊の訓練に、遭難者役として参加してきました。
場所は美比内山です。
寒さ厳しく吹雪模様で、なかなかに辛かったです。
そんな中、救助隊の皆様は、要救助者を標高900m付近から登山口まで
安全に下す訓練を、何時間にもわたって真剣に取り組んでいました。
つくづく遭難者にはなりたくない。
遭難したら非常に申し訳ない。
そんな気持ちが沸々と沸いてきました。
こういう方々に支えられながら、我々は山行を楽しむことができることを実感。
気を引き締めて山行に臨みたいという思いを強くした一日でした。
Powder

大月で秀麗富嶽12景巡り、してきましたぁ~♪

IMG_3609
















飛行機から見える恵庭岳と樽前山、くっきり!!
IMG_3654














「百蔵山」山梨百名山のひとつ、秀麗富嶽12景の7番山頂から見える富士山

IMG_3701




























「扇山」これも山梨百名山のひとつ、秀麗富嶽12景の6番山頂から見える富士山


IMG_3748














「倉岳山」これも山梨百名山のひとつ、秀麗富嶽12景9番山頂から見える富士山

IMG_3793


























「九鬼山」山梨百名山・都留市21秀峰のひとつ、秀麗富嶽12景10番山頂から見える富士山




アップダウンを繰り返しトータル約45Km、筋肉痛ハンパないです(~_~;)

富士さ~~~ん、また会いに来るよぉ~~

ストーブコレクション購入最新品

最新購入・MSRウイスパーインターナショナル・灯油ジェットのデビュウ。ピシカチナイ山尾根取りつき林道上で張ったテントの中でした。
junじじ
RIMG0197

和刈別(1033m)

1000m以上の山のピークハンターでなければ、おそらく行く人はかなり少ないと思う山、和刈別(ワッカリベツ)。チトカニの対面にある山です。チトカニを背に、北見峠からスタート。
IMGP6265 (640x360)

電波塔を目指して、作業道をラッセル、ふくらはぎ位です。良い雪質です!!
IMGP6268 (640x360)

そこから緩やか~な尾根を辿ります。ただ広い尾根なので、帰りの登り返しを少なくしたいこともあり、割と頻繁に読図しました。途中からチトカニも見えます。
RIMG0210 (640x480)

たらたら3時間位で、頂上へ。広いのでGPSで頂上を確認、バックは天狗山(左)と有明山(右)、たぶん・・・。もっと右にニセカウも見えますが、逆光で良い姿は撮れず・・・。
IMGP6275 (640x360)

後は、シールを外して、緩~く戻りました。でも、やっぱり、下りは早い!!久しぶりにスキーで立った頂上で、お天気も良く、風も無く、気持ち良い一日でした。K

冬のレスキュー訓練1日目

お約束通りの晴天の中、冬のレスキュー訓練をしてきました。でも、吹雪の中でやるのもイヤですよねえ。まずはピットテスト。1m位掘り下げ雪面観察、シャベルとスノーソーで綺麗な雪柱を掘り出しました。
IMGP6240 (480x640)
シャベルコンプレッションテストで安定、ところにより肘からの打撃で弱層が出ました。

プローブで雪面からの深さを測定したり、
IMGP6239 (640x480)
ルーペで弱層の雪質を観察。過去の天気から、何時の時期のものか推測したり・・・。
IMGP6241 (640x480)

じゃあ次は、ツエルト設営、他人の設営を見るだけでは色々工夫出来ないので一人一張ね。みんなのツエルト張り大見学会!!

雪面を掘り下げ立木と非常用用品の10m細引きを利用して。自在結びを利用してピンと張りました。
IMGP6243 (640x480)


立木とストックを支柱に利用。ストックが前に離れているので、出入りしやすいね。
IMGP6242 (640x480)

ツェルト本体にあらかじめ細引きを付けていない人もおり、それだと、なかなか張りづらいですね・・・・。


さて、埋没体験を申し出るもの1名。よっしゃーと、張り切って埋める。「もう出してよ」の合図は、足をバタバタ・・・。
IMGP6250 (640x480)

ついでに失礼して、プローブが人に当たる感触も体験。
IMGP6247 (480x640)


休憩入れて、雪洞を掘る雪も無いときに、どうだろう・・・?ということで、お次はスノーマウント作り。
3人一組で、雪を盛り、ザックを乗せ、ツェルトを掛ける。
IMGP6253 (640x480)

後は、どんどん雪を掛けて、叩いてゆく。ボトムが厚くないと、上に積んでゆくことができないね。雪が締まるまで15分待ち。
RIMG0205 (640x480)

さ~て、入り口をあけてみますか。
RIMG0206 (640x480)

おっと、ツェルトが見えてきた。早くない?壁が薄いよね・・・。
IMGP6257 (640x480)

中の空間を広げるには、底を掘ってゆく。作業時間は一時間強位かな・・・?寝るスペース確保チームは、もう少しかかったようです。
RIMG0208 (640x480)

複数埋没者の捜索訓練はまた明日。新旧のアバランチトランシーバー対決・・?もっとたくさんの人が参加してほしいな。K
札幌ピオレ山の会
札幌ピオレ山の会オフィシャルサイトへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ