札幌ピオレ山の会

「北海道と遊ぶ」をテーマに、散策・ハイキングから本格的な登山・スキーまでオールラウンドな登山活動を行っています。私達と一緒に楽しみませんか?初心者・中高年大歓迎です!

2022年5月の記録、利尻岳 長浜尾根ダイレクトリッジルート



8月のお盆前ということで、季節外れの山行記録になりますが、2022年4月29-30日、利尻岳 長浜尾根ダイレクトリッヂルートの記録になります。

1日目:
稚内港の近くで仮眠、荷造りと最終装備選定。キャメロットは車に残置。小さいものを持っていれば...と後悔。フェリーで休憩とパッキング、港に降りてすぐにロッカーに荷物を入れタクシーを確保しました。栞橋まで島を半周、タクシーを降りてザックを置き海に向かいます。海に触れてSea to Summitの準備完了!
 砂防ダムを進み少し藪を漕ぎ林道に進みます。大空沢を進み長浜尾根に乗って間もなく休憩、奇麗な雪を300cc水が残った水筒に再度充填しました。服装はTシャツに薄いウインドブレーカー、ハーフパンツにタイツ。これで標高1275mC1まで登りました。天候に恵まれ終日快適に過ごせました。

2日目:
深夜も穏やかでぐっすり眠り、朝も快適です。今回初めて日清のカレーメシを使いました、容器からジップロックに取り出し、ルーがすごい匂いなのでルーだけ小さなジップロックに入れて二重に梱包しました。簡単でカロリーも取れるのと水の量で色々調節できるので良かったです。前日水を多く作ってたようで1.5L捨ててしまいました。6時過ぎにスタートし固く締まった雪を歩きます。稜線上は風が当たり灌木が多いです。三眺山の下りの道が氷結し歩きづらいので少し戻って灌木帯を使って降り、斜度30度前後の斜面を歩きました。ダイレクトリッジに行くまではロープを出す必要もなく1か所巻いたくらいで難しい場所はありませんでした。
 核心部のエリアも同時期の山行記録とは違い雪解けが進み灌木と氷のルートになっていました。下降中にルートを間違ったものの硬い雪の樹林の中を歩き笹薮に遭うことなくフェリー最終便に間に合いました。

 行動水は軽量なATLAS魔法瓶750ccにお湯と900ccのエバニューの水筒に水を入れてカフェインの無いものを飲みました。

雲~富良野岳にて

7月9日、十勝岳温泉から富良野岳に登った。
駐車場は早朝5時にはすでに満車状態。凄まじい混みようである。
前泊した我々は6時には登山口を出発した。
少し歩いたところで空を見上げると、すり鉢のような雲があって、「かわいい!!」
DSCF2660

DSCF2661

この日は風が強いとの予報。10分ほど経過してからまた空を見上げると
DSCF2663

DSCF2664

先ほどの雲が形を変えて山の向こう側にゆっくりと移動していくのが見えた。
私には意志を持った何かの化身のようにも見えた。得した気分になった。
 by powder

クワンナイ川転戦記+コロナ感染報告

2022.7.18~19ニセイカウシュペ山茅刈別第三支線、富良野岳三峰山沢右股

【ニセイカウシュペ山大槍】
ニセイカウシュペ山大槍


 東京のG山の会のT夫人から去年の暮れに7月下旬のクワンナイ川のお誘いがあった。私は20代の後半(約40年前)に1~2度登っている。(記憶がはっきりしないが)
今は7/1~9/15の間、北海道森林管理局に届けて登ることになっているようだ。
 しかし直前の天気予報が悪く、当初東京から6名参加予定が1名キャンセルになり、当初の計画では16日午後旭川空港集合、買い出しをして17~20でクワンナイ川遡行~トムラウシ山を登り、21日観光をして夕方旭川空港から帰る計画だったのを、17日の雨はほぼ確実だったので17日観光、18~20日で登る計画に変更した。
 17日の雨はそれほどひどくなかったが、その後の天候もあまりすっきりしない。私は18日下流部を遡行してみて水量で登るか否か判断しても良いと思ったが、皆はリスクのある行動は止めて簡単な日帰り沢にしよう、クワンナイはまた来年挑戦しようとなった。
 
 日帰り沢の候補は18日ニセイカウシュペ山茅刈別第三支線、19日美瑛岳アバレ川、20日富良野岳三峰山沢右股と決めた。私はいずれも経験がある。
 キャンプ用テントも用意していたが、雨の日は屋根の下に泊まりたいということで、16日は望岳台の防災シェルター、17、18日は旭川21世紀の森キャンプ場のケビン、19、20日は白銀荘に泊まることになった。


18日ニセイカウシュペ山茅刈別第三支線

 8:00ニセイカウシュペ山登山口発 8:25茅刈別第三支線(1090m)
13:40稜線 13:55P 14:20 下山 16:40 登山口着

 ここは去年G山の会の別の人達と登った。1300mあたりまでは単調な沢で、それを過ぎると小滝が出てくる。途中から私は両腿がつって皆から薬をもらい最後尾に退きトボトボついていく。

【1300mを過ぎると小滝が出てくる】
茅刈別第三支線滝6


茅刈別第三支線滝4


【今回唯一ロープを出した滝】
茅刈別第三支線滝2


 Tさんが直登する滝、巻く滝を的確に判断しリードする(一度ロープを出した)。詰めは川床が白っぽくなり、一部雪渓が残っていたが本流を詰めて最後軽い藪漕ぎをして稜線にでた。

【上部には雪渓が残っていた】
茅刈別第三支線雪渓


 1879mピークで祝った後、元気なメンバーは1883mピークも往復して下山した。下山路、下部の傾斜の緩いところがぬかるんでおりフェルト底の者は苦労した。



 キャンプ場に向かう途中、Nさん(自宅は札幌でスマイルに所属しており、単身赴任で東京にいる)は奥さんから熱が出たとの連絡があり、心配なので札幌に戻るとのこと。キャンプ場に戻って荷物を積み替える。
 さらにアクシデント発生。旭川のガソリンスタンドで給油して出たところタイヤがパンクしてしまった。スタンドで応急修理をしてもらうがタイヤは取り換えた方が良いとのこと。
宿に戻るのが遅くなったので19日はアバレ川より行動時間の短い富良野岳三峰山沢右股に変更する。


19日富良野岳三峰山沢右股

8:30駐車場(十勝岳温泉白銀荘分岐) 9:40 1143m二股 12:10 華雲の滝上 14:10 稜線(1720m分岐) 16:30 凌雲閣駐車場

 2~3年前会の訓練山行で入ったが滝については全く覚えていない。ただたんたんと登って最後本流右股へ行ったが痩せ尾根で苦労した記憶しかない。今回は1560m二股を左に行くことにする。

【九重の滝】
三峰山川右股九重の滝


 林道跡をできるだけたどり最後の堰堤を超えると二股。少し休憩して九重の滝に取りつく。こんなに大きな滝だったっけ?ガイドブックによると左側が易しいとのこと。水流の左側を登っていくと下からロープを出して欲しいとのコール。灌木に固定して30mロープを下す。するとAさんは簡易ハーネスで登ってきた。ロープなどいらないがせっかく出してくれたから使ったよ!ということかと思えば、ハーネスはザックに入っていると思っていたが二股で用足しした際に脱ぎ忘れてきたとのこと。なんじゃそりゃ!下の場所が不安定でザックを下す余裕がなく、とりあえず登ったがまた下ろしてくれとのこと。Aさんはハーネスを取りに戻った。

【九重の滝を過ぎると滝が続く】
三峰山川右股1


【華雲の滝】
三峰山川右股華雲の滝



 九重の滝を過ぎると小滝が連続し、華雲の滝を巻いてしばらく行くとやはり断続的に雪渓が出てきて、左に低いハイ松を超えると稜線(分岐)にでた。

【三峰山沢上部にも雪渓が少し残っていた】
三峰山川右股雪渓


 富良野岳のピークは行かなくていいとのことでここから下山する。Aさんは汚名挽回とばかりに先に下りて車を回収するとのこと。(実際、我々より40分も早く十勝岳温泉に着き、ヒッチハイクで車のデポ地まで行き、十勝岳温泉の駐車場で待っていた。さすがAさん!)
 Aさんは山の料理も得意で白銀荘ではAさんの指示で料理を作り乾杯する。


 20日はアバレ川の予定だったが天候があまりすぐれないこと、皆疲れが 残っていることから登山は中止し観光する。その夜白銀荘に羽田で荷物を預けるとき一緒だったパーティがいて、彼らは旭岳から入り十勝岳まで縦走して下山したそうだが天候はずっと悪かったとのこと。

【旭岳のお花畑】
旭岳花畑


 21日は天候が良いので皆は旭岳に登って帰るとのこと。6時過ぎレンタカーを見送り、朝風呂に入って北広に向かう。なんとかタイヤは持って9時過ぎに自宅に着いた。



コロナ陽性!!

 Nさんの奥様はコロナ陽性だったそうだが20日には大分体調は回復したとのこと。Nさん自身は保険所と検査キットをやり取りした結果をみないと判らないとのこと。ところがHさんが22日朝喉が痛いので発熱外来に行ったらコロナ陽性と判明。21日は咳が出ていたそうだ。その連絡を受けてTさんも喉が痛いとのことで午後発熱外来受けると陽性と判明。Nさんも保健所から通知が来て陽性が判明。私も急いで千歳空港の検査センターで検査をする。抗原検査は陰性となったけれど、翌日わかるPCR検査の結果を見ないと不安だ。
 23日は朝から喉が痛く、胸もモヤモヤし、熱は37.5℃ で頭がぼんやりするので間違いないと思っていたが、夜になって陽性の通知が来た。6人中女性陣2人は無事のようだ。
 妻は陰性だったが濃厚接触者として仕事を休まなければならず迷惑をかけてしまった。

 G山の会の人達とはコロナがまん延した2年半前から6回山行を共にしている。彼らは車に乗り合わせて金曜夜発土日山行が主で連休にはさらに遠出している。何百回目の山行で初の感染事例だ。日帰り山行が中心で現地集合現地解散を原則としているピオレに比べ感染リスクが高いのは違いないが、山行の喜びとの引き換えであり、彼らの山行スタイルが間違いとは思わない。
                                          S.Y



富良野岳~雨に咲く花

7月24日
霧の中をスタート。
天気は良くなるかと期待をしたが曇りときどき小雨のまま、とうとう薄日が差すこともなかった。
PXL_20220724_025812703

だが花の名山にふさわしく、山道をいろどる花々にテンションは上がる。

PXL_20220724_003349265.PORTRPXL_20220724_005013780.PORTRチングルマ

PXL_20220724_023139815.PORTRヨツバシオガマ

PXL_20220724_022847152.PORTRツガザクラ

PXL_20220724_022234566.PORTRウサギギク
PXL_20220724_022832698.PORTRコイワカガミ
ほかにも名前がわかるものだけでも10数種類の花が咲き乱れ、雨に打たれながら咲く姿は風情がある。

Kさんは初富良野岳、展望はなかったが満足した様子。
<by S>

余市岳

7月13日


登山口までの林道で、タイヤ痕のある比較的新鮮なクマ糞があった。
草刈りをしていた兄ちゃんたち「これだけうるさいから今日は熊は出ないでしょう」とのこと。
頂上まで草刈りをしてほしいものだ。
PXL_20220713_004227845
PXL_20220713_020445969.MP
あのクネクネを登ると頂上だよ! 札幌市の最高峰だよ!
気温も湿度も高め、曇り空で景色は望めないがカンカン照りよりはマシかもしれない。意識して水分補給を心がけた。
PXL_20220713_023802594.MPPXL_20220713_033738409
エゾカンゾウ、オトギリソウ、アキノキリンソウなど黄色の花が目立った。

1657700331708
私は今日のメンバー5人中、3人と初対面。
みなさん結構強いじゃないですか・・・
ともすれば置いて行かれ、先行者の姿が見えなくなる。

PXL_20220713_043534432.MP
ようやく追いついたと思ったら! 棍棒を持ったおネエさんの足元で、血走った眼をした二人が何か必死で探しものをしている!
ほかの登山者も見ぬふりをして足早に通り過ぎて行った。

PXL_20220713_043731188
リーダーにワケを聞いたら、野イチゴ摘みをしていただけ・・・だって。

PXL_20220713_055551361
やっと登山口に着いた。 あとは4キロの林道を歩くだけ。

また一緒に遊んでね!  <by S>
札幌ピオレ山の会
札幌ピオレ山の会オフィシャルサイトへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

Piolet札幌ピオレ山...

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ