札幌ピオレ山の会

「北海道と遊ぶ」をテーマに、散策・ハイキングから本格的な登山・スキーまでオールラウンドな登山活動を行っています。私達と一緒に楽しみませんか?初心者・中高年大歓迎です!

ニセコ沼巡り

7月14日、ニセコ沼巡りをしてきた。
ルートは五色温泉登山口~ニトヌプリ~チセヌプリ~大沼
そしてイワオヌプリを最後に登る予定だったが、
朝から蒸し暑くて体力を奪われたことと、
最後に1山残したことがネックとなり、
登る意欲を失って五色温泉に下山した。
道中、エゾカンゾウ・ハナニガナ・チシマフウロ
シロバナニガナ・ヒオウギアヤメ・ハクサンチドリ
などの花々に心癒された。
それにしても、トレランガールOさんと
トレラン長靴おじさんAさんの驚異的な体力には
感心するばかり。
そして、二人から10~20分遅れて歩く私の体力のなさに愕然とした。

Powder
ニトヌプリに向かう
ヒオウギアヤメ
大沼

2018沢訓練3

S氏の写真より。いざ車止めより
P7080147

昨日までの雨故、少し増水
P7080152

熊・シカ・キツネたちがこれを見ていて何を思っているのでしょう?
P7080156

これこれ!おじけづかないで私(年下のお姉さん)を見て、簡単ですから。
P7080174

シャワークライム最初の洗礼
P7080175

P7080184

P7080192

荒れた河原、でも自然のなせる事
P7080196

ここでいいのよね?
P7080205

そこに右足置いたら楽ですよ(年下のお姉さん)
P7080209

新人はトラロープへお姉さんは滝に
P7080210

新人に二回目のシャワークライムの為にロープ張りましょう
P7080212
P7080213
P7080214

このままお姉さんに付いて行っていいかしら?
P7080219

雨予報が登るにつれて快晴、頂上ではきれいな雲海
P7080221

一回目の懸垂下降練習
P7080225

二回目の懸垂下降練習
P7080232

荒れ果てた林道終点にある学術研究・災害復旧以外ここ一帯は保護区域なので立ち入り禁止とあります
P7080259

でも漁岳登山口の看板あります、登山は学術研究か?
P7080258

junじじ


漁川沢訓練写真2

アルバム集が壊れたので、ブログのみ。しつこいですが新人と会の記録なのでよろしくお願いします。
皆の見守る中でシャワークライム
RIMG0423

楽しくてたまりません
RIMG0427

快感です
RIMG0428

私も病みつきになりそうです
RIMG0432

ここは順層なので新人と言え、登りも下りもノンロープが今まででしたが懸垂下降少し多めと帰りはロープで
RIMG0442

もうすぐ頂上下のササ藪突入します例年に比べて水、まだまだ流れています
BlogPaint



2018年沢訓練及び入門

入門卒業2名、入門対象者1名含む総勢10名漁川訓練及び入門参加した。前日の焼肉パ―テーは千歳雨予想で中止、自分山行そのものが中止だろうと24時まで飲んでいたが一向に電話来ない、仕方なく1時に布団に入り3時の目覚ましで起床。5時過ぎに漁川集合。入渓して変わり果てたF1の滝をロープ使う者や勝手に登る者、次のF2は今までに見た水量の2~3倍の水量。自分20回以上漁川遡行しているが初めて見る水量、故に楽しい。対象者にはしっかりシャワークライムを経験してもらった。F3はフリーで登ってもらい、雲海溢れる頂上で山座同定。三度の懸垂下降を経験してもらい林道に繋がる踏み後に進み、短略作業道に入り、駐車場について反省会。解散。
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

junじじ

沢訓練10年振りくらいの前泊

今週末、漁川訓練にリーダーから前泊要請が参加メンバーにあった。それに呼応したほとんどが前泊OK。これは10年ぶりくらいではないだろうか。前泊なんてほんの数人がするだけで、朝参加が入門にしても訓練にしても主流でしたのに。自分焚火の準備でもしますか。
DSCF2005

2014年から数回でフェルトが剥がれるので、マジックテープを付けるの止めていました(結構大変です)今年ピン付地下足袋買えたので、フェル地下もマジック付けてみました。入渓する時は乾いているのでこはぜ楽に付けれるのですが、天場からの出発など濡れているとなかなか時間取ります(朝の忙しい時に)それでこはぜを取り、マジックを付けています。山中泊まり今年は何回できるかしら。
junじじ
札幌ピオレ山の会
札幌ピオレ山の会オフィシャルサイトへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

Piolet札幌ピオレ山...

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ