Profile
Archives
2007年02月08日14:30免疫力とがん細胞
健康な人でも、毎日7〜8000個のがん細胞が出てきているんだって!

ヒエ〜、すごい数!


だけど、
免疫力の力でがんにならずにすんでいるんだね。

がんがたくさんできても、
翌日まで生き残れるがん細胞は1個にも満たないそうです(ホッ)。


よく免疫「力」というけれど、
これは「免疫」という特定できる内臓器官がないからですね。


リンパ節や血液、皮膚や腸など、
いろんな体の組織が助け合って体の悪い部分を治してくれる。

それを、「免疫系」と呼んでいるんですね。


免疫力のおかげで、
私たちは体の外から入ってきた病原菌やウィルス、
また自分のカラダの中でできたがん細胞などをやっつけて、
健康を保っています。

本来生まれながらにして人間が持っている、
自分で自分を守る力です。

人間って、すごいな〜。


ちなみに免疫力のほとんどは、
血液中の白血球に存在しています。


血を酸性にしないこと、
血をサラサラに流すことは大事なんですね。


医療費をクレジットカードで払える病院



2007年02月07日12:51甘いものたくさん食べても、やせるのぉぉぉぉ???
天野優志さんという男性が昨年末から今年はじめまで、
クリスマスもお正月も甘いものを食べながら(!)、
それでもやせたというダイエット方法も無料レポートです。


実は、私は甘いものが大好き!

私は小麦粉系が好きなんです。
何より大好きなのがクッキー、
そしてあま〜いケーキ(チーズケーキやチョコケーキ)。


うわ〜、
よだれが出てきた・・・ズルッ。

って、マズイじゃん!!


ところが、
スィーツ・ダイエットというのがあったなんて!?

コレなら甘いものを我慢しなくていいから、
ストレスがなくて、カラダとココロにもいいのかも??



天野さんが実践した結果報告なので、
う〜むとうなってしまいました。

特に、カラダが冷えるかあったまっているかの確認は、
健康面でも大事なことだなあと思いました。


無料レポート「スイーツ・ダイエット☆甘い物を食べ続けて2ヶ月で7.6キロ減」
http://tinyurl.com/3cc364


医療費をクレジットカードで払える病院


2007年02月07日06:25アロエベラってなに?
アロエベラって、アロエの仲間?
そうです。
アロエベラって、あの植物のアロエの仲間なんです。


アロエの種類は、た〜くさんあるんですね。
世界には、700種類以上もあるらしいですよ!

日本には、
キダチアロエをよく庭に植えている家庭が多いですね。

やけどをしたときに、
アロエの皮をむいて、肌にはりつけるとキレイに治ります。

冷たく感じるので、
やけどの痛みも抑えられるしね。


さ〜て、
アロエベラは最近注目されているアロエでして、

肉厚が厚く食用・加工用に適しているんです。

キダチアロエに比べ、苦味が少ないんですね。
ゼリー上の葉肉部分だけをとると、ほとんど無味無臭です。


実はアロエっていう言葉には、
「苦い」っていう意味があるそうです。


ちなみに、
すべてのアロエに薬効効果がある訳ではありません。

代表的なものに、
キダチアロエアロエベラやケープアロエなどがあります。


アロエベラの効果としては、
胃や肝臓、すい臓の機能を強くしてくれる働きがあります。

また肌にぬることで、うるおいを与えます。
ほてりや炎症をしずめるので、
日焼けした後に皮をむいてはっておくのもおすすめです♪

やけど、切り傷にも効果があります♪


納豆ダイエット? あるある大事典禽埖




2007年02月06日16:34コエンザイムQ10ってなに(今さらですが)?
コエンザイムQ10って、すごくはやりましたよね!
(今も人気♪)

で、

コエンザイムQ10っていったい、何(爆)?


調べてみました〜。



「コエンザイムQ10」とは、
体の中でエネルギーを作り出す補酵素です。

脂溶性のビタミン様物質です。


人が生きていくために必要なエネルギーは、
細胞にあるミトコンドリアと呼ばれる工場で生み出されているので、
そのミドコンドリアにコエンザイムQ10は一番多くいます。


食べもので多くのコエンザイムを含むものには、
レバーやモツ、牛肉、カツオなどがあります。



さて、このコエンザイムQ10は、

「老化防止の切り札」(スゴイッ)

として、知られています。


効果としては、
細胞レベルから老化を防止するそうです。

老化防止=抗酸化作用です。


現代は、
たくさんのストレスで活性酸素が多くできてしまいます。

つまり、細胞がさびつきやすくなっています。

これを防ぐのが抗酸化物質です。


抗酸化物質としては、コエンザイムQ10の他に、
ビタミンEやビタミンCがあげられます。



なお、
コエンザイムQ10は心臓を強くし、
血圧を下げる効果もあります。

その他、年をとることによる肌のトラブルや、
不妊症の人にもいいそうです。



ただこのコエンザイムQ10は、
年齢とともに少なくなってしまうんですね。

しかも!

20歳の若いうちから、
ドンドン少なくなっていくそうです(涙)。



ちなみにコエンザイムは、
2001年4月から食品として販売可能になった成分です。


また
コエンザイムQ10は1957年に、
エネルギーを生みだすための酵素を助ける補酵素(コエンザイム)として、
オレンジ色の物質が発見されています。

これはキノン構造をもっていますが、
側鎖が10単位あるので、コエンザイムQ10と呼ばれています。


医療費をクレジットカードで払える病院


2007年02月05日16:30統合医療とプラス思考 〜漢方・気功・ヨガ・アロマ・波動・ホメオパシー・薬草・サプリメント
現在の医療は西洋医学だけではなく、
漢方・気功・ヨガ・アロマ・波動・ホメオパシー・薬草・サプリメントなどを合わせた統合医療が世界的な流れになっているという。


私はめったに医者にいかなくても大丈夫なほど、
毎日健康でありがたい。

でも日々、
風邪をひかないように気をつけている。



私が取り入れているのは、まず体が冷えないように、
下着に気をつけていること。

上はハイネックのものを着て首を暖める。
また、特に下半身が冷えないように気をつける。

腰が私は冷えるので腹巻をして、
そして足を冷やさないようにスパッツをはく。
(内緒ヨ)



それから、睡眠。

特に子どもたちには、
なるべく長く睡眠をとるようにしている。

二人は小学生で、
私としては12時間くらい眠らせてやりたいけれど、
今は10時間くらいかな。



そして、粗食。

お肉をあまり多く食べない。
量を多くとり過ぎない。

(外食は大好きだけど、我が家では粗食。
私が料理があまり得意ではないという事情もある!!(爆))


そのほかはサプリメントを飲み、
アロマも12種類もっている。

夏はよく、
子どもたちにオイルにアロマをたらしたものでマッサージをしてあげたものだ。

意外と子どもたちは喜んで、
いつも全身裸になって布団に寝そべり、
「やって、やって」と騒いだものだ(爆)。



ところで、
健康のためには「プラス思考」も大事だという。

プラス思考だと、
白血球の中のNK細胞がつくられるんです。

このNK細胞は、免疫力を上げる効果があるんですよ。


心と体はつながっているんですね。

そのことが世の中広く認められてきたから、
ホメオパシーや波動とか、
一見怪しそうな感じのものも普及してきたんでしょうね。
(ホメオパシーはお試しだけしたことがあります)



さてがん予防にも、
免疫力を上げることがあげられます。

体ももちろん、
脳の中もプラス思考で健康に!!



無料小冊子・DVD・文庫本プレゼント