2016年06月12日

本物の死体を集めたカジノホテルでギャンブルを

ラスベガス・ルクソールホテル201606

ラスベガスの目抜き通り「ストリップ」には、開き直ったようにゴージャスな巨大ホテルがうじゃうじゃ並んでいます。ベネチアン、パリス、トレジャーアイランド、エクスカリバー、ストラトスフィア、ニューヨーク・ニューヨーク等々、テーマパーク的な意匠を凝らし、必死に集客しているホテルも多数。

ラスベガスのカジノ2016

中でも突き抜けているのが、上の写真のルクソールです。目が逝っちゃってる巨大なスフィンクスの背後にあるピラミッドは、ハリボテではなく、30階建てのホテル客室本館になってます。大きさは本物のクフ王ピラミッドとほとんど変わらないというから困ったものです。

人体の不思議展2016アメリカ

ルクソールのカジノフロアは1万平米以上あるのですが、その一角に「奴ら」が・・・・・・バルセロナ以来の再会です。BODIES : The Exhibition と題し、人間の死体解剖標本を見世物にする悪趣味アトラクションがここでも絶賛開催中なのでした。

bodies-exhibition

アメリカらしいショービズ感がたまりません。

bodies-lasvegas

ビバ、アメリカ! スポーティーな死体はさわやかそのもの。

死体博物館2016アメフト

本場だけあって、アメフト姿もさまになってます。

エミット・スミス サイン会

実はこの日、シーザーズパレス・フォーラムショップスにあるマイアミ・ジョーズでストーンクラブを食ったのですが、レストランそばのスポーツショップで、NFL殿堂入りのエミット・スミスがサイン会をしていました。彼が亡くなって剥き身になったらあのアメフト標本みたいになるのかと思うと、味わい深いものがあります。

死体標本2016USA

上はVegasNews「ボディーズ展」紹介記事から拝借した写真です。タイのどんよりした死体博物館と違って、あっけらかんとご陽気なのがアメリカっぽくてグー。よく見ると、両手に花のモテ男のチンコは、ピンクのおねえちゃんの方を向いていて・・・・・・そっちの子がタイプなのね。

アメリカ2016ブルーマンショー

「ボディーズ」人体の不思議展のすぐ隣では、なんの脈絡もなく、沈没したタイタニックの展示をやっていました。死体展も豪華客船展も入場料は同じで、30ドル以上もするのが理不尽です。同じフロアではブルーマン・グループのショーもやっていましたが、20年以上前にニューヨークのオフブロードウェイで観たから今回はパス。かわりに、王道のシルク・ドゥ・ソレイユに行っときました。MGMグランドの「カー」、舞台装置の規模と斬新さが圧巻で、ベラッジォの「オー」より良かったです。

オーランドLGBTクラブ銃乱射事件201606

観劇後、宿泊先の安モーテルに転がりこんで爆睡。翌朝、起きてテレビをつけると、NBCもCNNもFOXも、とにかくどのチャンネルも臨時ニュース一色でビビりました。報道によれば、フロリダ州オーランドのLGBTが集まるナイトクラブ「パルス」でテロがあり、死者50人と全米史上最悪の銃乱射事件になったとか。今日からXXXに向かうのに、朝から気が滅入ってきました・・・・・・。

saraibkk at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バンコク発海外旅行 

2016年06月10日

ラスベガスダウンタウン:アリの葬儀とギネス認定不健康レストラン

ども。なんとなく、アメリカ・ネバダ州に来ています。ラスベガスのマッカラン国際空港は、ロビーだろうがバゲージクレームだろうが、いたるところスロットマシーンだらけです。

マッカラン国際空港2016

8ドルのシャトルでラスベガスの街の中心「ストリップ」へ。さらにRTCバス(デュース、SDX)でダウンタウンに北上。

ラスベガス・ダウンタウン2016年

夜のダウンタウンは酔っ払いがひしめき、ムダに盛り上がってます。アーケード路地の天井では北京の夢幻天幕みたいな電飾ショー「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」が1時間おきに繰り広げられていました。

モハメド・アリ イスラム葬儀

この日はちょうどモハメド・アリの葬儀が出身地のケンタッキー州ルイビルで行われたこともあり、アリへのオマージュのような映像が流れていました。

モハメド・アリ 葬儀2016

「蝶のように舞い、蜂のように刺す。奴には私の姿は見えない。見えない相手を打てるわけがない」「人間が困難に立ち向かう時に恐怖を抱くのは、信頼が欠如しているからだ。私は自分を信じる」「ベトコンはオレをニガーと呼ばない。彼らには何の恨みも憎しみもない。殺す理由もない。アラーの教えに背くわけにはいかない」・・・・・・アリの有名な言葉が、天井に散りばめられます。

フリーモント・ストリート・エクスペリエンス

こんな場末の賭博ストリートの無料アトラクションでも追悼映像が流れるなんて、やっぱりアリってアメリカ人にとってある種のイコンというか、特別な存在だったんだなと思っていたら、その後はなぜかドアーズの爆音上映会となり・・・・・・。ジム・モリソンの墓を見にパリのペール・ラシェーズ墓地にまで行った私としては嬉しかったのですが、「 ピープル・アー・ストレンジ」とか流されると、カジノで勝負しようという気分も萎えまくりです。

ハートアタックグリル

通りの端っこ、バス乗り場のそばには、「ハートアタック・グリル」というハンバーガーレストランもありました。客は入院患者っぽい衣装を着せられ、ドンキで売ってるようなエロいナース服姿のウェイトレスにお尻ペンペンされつつ、心臓麻痺を起こしそうなハイカロリーバーガーを食わされます。ギネス認定の「世界で最も不健康なレストラン」です。

ダブルバイパスバーガー

「ベーコン・ボンデージ」とか「ダブル・バイパス・バーガー」とか、めちゃくちゃアタマ悪そうなオフィシャルサイトのメニューページは必見。
http://www.heartattackgrill.com/menu.html



saraibkk at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バンコク発海外旅行 

2016年04月17日

オンヌット格安マッサージ通りでタイ式マッサージ(スクンビット・ソイ77/1)

ソンクラン連休で一時帰国したり海外旅行してた勤労青年、水掛け攻撃をなんとかサバイバルしたロングステイヤー&外こもり・・・・・・タイ在住の日本人のみなさん、今週はなにかとお疲れモードです。そんな時こそ、タイマッサージ店へレッツラゴー!

タイ古式マッサージ2016

行き先はBTSオンヌット駅から歩いて5分、スクンビット通りソイ77/1(スラッシュ1はタイ語でタップヌンといいますが、この表現を知っているとタクシーに乗った時など便利。駐在系の方たちにはフジスーパーのあるサムシップサム・タップヌンがおなじみですね)。

スクムビット・ソイ77

77/1と書かれた看板のある路地に入ると、路地突き当りのビッグCまで、お惣菜屋さんなどが並んでいて地元感MAX。下町っぽい適度な活気があって、いい感じです。バンコクのフルーツ屋台は近年軒並み値上がりしていますが、この辺りでは結構安く買えたりします。

タイカノム2016

ニンニクと唐辛子ばりばりのカノム(好きでよく食べるのに正確な名前を知らない)を買い食いしつつ、短い路地をぶらぶら散歩。

オンヌット タイマッサージ

この通りの両側には2時間300バーツの格安古式按摩店が並んでいます。どの店もおそろしく地味な構えで、愛想のない婆さんが店先でダラダラ世間話しています。同じスクンビットでも、化粧の濃いねえちゃんが道行くガイジンにスペシャルビーム出してアイコンタクトしてくるソイ23のマッサージ通りとは対照的です。

スクンビット77按摩

この路地、激安マッサージ街として、今じゃすっかり有名になってるみたい。按摩嬢(推定60代半ば)曰く、「タイに住んでる外国人だけじゃなくて、旅行者もよく来るよ〜。だって、よそよりずっと安いからね〜」だとか。

格安タイマッサージ

ソイに並ぶマッサージ屋は料金もサービスもどこも同じようなものなので、比較的清潔そうな店を適当にチョイス。入ってみると、客は私以外全員、近所に住んでるタイ人のおばちゃんでした。どうも界隈の中高年主婦のたまり場になっているらしく、みなさん揉まれながらのノンストップ井戸端会議で盛り上がってます。

タイ屋台バーミー

ヒグマに揉まれてるんじゃないかと錯覚するほど強力なパワーでグイグイやられること2時間。チップ100バーツを渡し、ぐったりして店を出ました。ここで按摩してもらったあとは、大通りにあるイムフュージョンホテル前の行きつけの屋台に寄り、バーミーナームを食って帰るというのが、私のささやかなお楽しみデフレフルコースになっとります。

4番バミー

個人的に「4番バーミー」と呼んでいるこの店は、有名な屋台チェーン(?)で、タイのそこらじゅうにあります。昔、漫画家の猫島礼さんたちとラオスに行った時、国境近くの小さな町ムクダハンでもこの屋台を見かけ、感動したおぼえがあります。フランチャイズと言っても店によって味が違ったりするのはタイの常識ですが、この「オンヌット4番」は安定の旨さ。キャオ+ムーデーン全部載せでも40バーツポッキリと、値段もいまどき超良心的です。「8番らーめん」も昔に比べて結構高くなっちゃったから、みんな「4番バーミー」に行こう!

saraibkk at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイ料理・屋台・食堂 | タイマッサージ

2016年04月01日

死体パン・・・検索してはいけない言葉(無断転載まとめ)

オンラインカジノ 「iPhone、iPad、Android用のカジノアプリ(リアルマネーで遊べる)」と題した複数のアフィリエイト詐欺サイトに、継続的にブログの記事を無断転載され、迷惑しています。

「メイドインタイランド」(皿井タレー)の文章・写真を、そのまま無断でコピーし掲載していますが、当ブログはこれらの犯罪サイトや悪質なSEO業者とは無関係です。

現金オンラインカジノで逮捕

タイ風俗オヤジが「北朝鮮喜び組レストランのウェイトレス」写真を勝手に使いまくった時も、サーヤが引用元を明記せずに「ピンクガネーシャがいるタイの寺ワット・サマーン」の文章を掲載した時も、いつもニコニコスルーしてきました。そういうのって、お互い様、よくあることですし、そもそも著作権云々とクレームつけるほどの記事内容でもありませんから。

しかし、今回は事情が違います。なぜなら、悪質なSEO対策業者によるこれらのオンラインカジノは、違法な賭博サイトの犯罪アフィリエイトだからです。

遅かれ早かれ、カネにならず諦めて退場するか、警察に逮捕されるのは間違いありませんが、それまでただ待っていても仕方ないので、一応お願いしておきます。日本語がよく理解できないかもしれませんが、言いたいことは以下の通りシンプルなので、分かってもらえると思います。

無断転載はやめてください。


死体パン屋-タイ

そういえば、「タイの死体パン屋」写真もさんざんパクられたなあ……。「死体パン」って、ググってはいけない言葉なのに。

タイの死体パン2016
20160101

saraibkk at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)投稿 | タイの人々

2016年03月10日

すまん、俺、ゲイなんだ・・・ラチャダー鉄道市場のデカ盛りラーメン

バンコクの「鉄道市場」というと、アンティークな骨董品を扱っていたかつてのチャットチャック夜市や、シーナカリン・ジーコンスクエアのタラートロットファイを思い出す人も多いと思いますが、今回紹介するのは、MRTタイカルチャーセンター駅エスプラネード裏のナイトマーケットです。

バンコクIamGAYゲイ看板

「すまん、俺、ゲイなんだ」。フードトラックの横腹に書かれた魂のカミングアウト。

ナイトマーケット-バンコク・ラチャダピセーク

日が落ちると人出が増えてきます。週末に訪れるのが吉。

ラチャダピセークの美容院

屋台や露店のエリアとは別に、若者向けのパブゾーンも併設。RCAみたいな雰囲気です。上の写真、2階にあるSXISSORSという店は、美容院だったりします。

ラチャダ鉄道市場

買い食い系の店も、オーソドックスなタイ料理だけでなく、攻めてる店、多し。

タイのナイトマーケット-屋台の寿司

タコ焼き屋台や常温寿司ビュッフェも人気です。とびっこロールを真剣に選んでるアニキの姿も。

ラチャダ屋台のバーミ―

個性的な飲食露店が多い中、もっとも有名なのが「バミー・ジョームパラン」という店です。いわゆるタイの黄色い中華めん(バーミー)屋さんですが、メニューには600バーツとか350バーツとか、狂ったような値段が記されています。

モンスターバーミ―巨大中華めん

ここ、「モンスターバミー」と呼ばれるデカ盛りラーメンが売りの店なので、高いんですね。写真は160バーツのものですが、楽勝で2人分ありました。トッピングの具も豪華絢爛で、味も悪くないです。ドンブリはオーダーした番号順に席まで持ってきてくれるし、麺がのびないようスープは別になってるし、価格設定もサービスもむしろ良心的なお店です。食べ盛りの「すまん、俺、ゲイなんだ」野郎は、行くべし!


saraibkk at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイ料理・屋台・食堂 | タイの見所・観光スポット

2016年03月01日

タイの大学キャンパスに泊まる・・・SWUTELソウテル(アソークのホテル)

バンコクのオフィス街、アソーク通り(スクンビットsoi21)にあるシーナカリンウィロート大学。そのキャンパス構内に、ソウテル(SWUTEL)というホテルがあります。運営しているのは大学ですが、tripadvisorやBooking.comやagodaで検索すると出てきますし、1泊6000〜7000円ほど払えば、誰でも泊まれます。

バンコクシーナカリンウィロート大学

Swutel Hotel
114 M.L. Pin Malakul Building 16th Floor of SRU university
North-Klongtoey, Wattana, 10110 Bangkok, Thailand

バンコク・ソウテルホテル

ホテルといっても、独立した建物ではなく、キャンパス内にいくつもある校舎や事務棟のひとつ。教育学部向かいのビルの16階と17階のフロアが、宿泊施設になっています。

アソークのSWUTELホテル

受付はこじんまりしていてゲストハウスみたい。とはいえ、スタッフはきれいな英語を話す感じのいい人ばかりで、気持ちよく対応してくれます。特に、「冬休みに、日本に遊びに行ってきたばかりなの」というXXちゃんは、フレンドリーで親切でした。

ソウテル室内

事情があって、私は1週間ほどこの部屋に滞在しましたが、超清潔で快適そのもの、窓も大きく眺めもグーでした。オフィスビルを改造したとは思えない居心地良さです。唯一の難点は、このホテルのほとんどの部屋がコネクティングルームになっていることでしょうか。宿泊者は上品で落ち着いたタイ人(おそらく大学関係者)ばかりなので、うるさくはないのですが……。

タイの大学キャンパス

エレベータで1階におりると、そこにはスタバや書店やクーポン食堂があり、お昼どきは女子大生にもみくちゃにされます。ちまたでは、「タイの女子大生=ぱっつん」という図式が定着していますが、日本同様、タイにも派手な学生の多い大学とそうでない大学があるわけで……。

タイの大学-朝のキャンパス

早朝のキャンパス散歩もけっこう楽しいです。ルンピニ公園みたいにジョギングしてる女子や、不気味なうなり声をあげながら怪しい体操をしているおっちゃんに出会えます。

シーナカリンウィロート大学構内の木タラ

昼間のキャンパスは学生だらけですが、週2回、火曜と木曜にはタラート(市場)が開かれ、ふだん以上の大混雑となります。10年以上前からスクンビット駐妻の間で「もくタラ」と呼ばれ親しまれていたこの「木曜市場」、最近はすっかり有名になって、火曜日にも開催されるようになりました。

大学の運河ボート船着き場

大学の構内には運河ボートの船着き場もあるため、簡単にプラトゥナームセントラルワールドまで行くことができます。そもそも大学自体が地下鉄MRTペッブリー駅に近く、ロケーションが良いから、ソイ21側の門を出ればターミナル21まで徒歩10分ほどですし、ソイ23側の門を出ればずらりと並ぶエロ按摩屋を冷やかしつつ、ソイカウボーイまでぶらぶら歩けます。

アソーク通りの肉まん屋さん

ついでのオマケ情報としては、大学のちょい北の脇道に、サラパオ・コウアンというハジャイから来た人気の肉まん屋さんがあります。私が買うのは22バーツのゆで卵入りサラパオムーサップですが、行列している女性客はアンまんみたいなスイーツもよく買っています。肉まんと言えば、ソイ23のパクソイに近いクイティオ食堂の15バーツ肉まんもけっこう旨いですね。

Salapao Koouan
http://www.facebook.com/salapao.koouan



saraibkk at 23:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)タイのホテルとゲストハウス | タイの見所・観光スポット

2016年02月24日

タイのダイエットサプリ歴1年・・・ヤンヒー代理店アクアビューティー東京が夜逃げ?

ダイエットの記録というより、豊満熟女マニアのためのおかず写真みたいなライザップ「ビフォー&アフター」フォト掲載後、すかさず届いたヤンヒーマダムからの最新メール。そこには、「東京のヤンヒー代理店・アクアビューティーが夜逃げしたらしい」という、カオサンMPツアーもびっくりの言葉が。「海外ダイエットツアー」や「アジア・美容ヘルスツーリズム」って、やっぱりアレな商売なのか? 

やせ薬の副作用か、あるいは、睡眠薬の禁断症状か、マダムの長文メールはうわごとのようにとりとめなく続き、話は空前の「猫ちゃんブーム」にわく日本のペットビジネス、生体売買に及び……。私よりずっといいもの食べてそうな「金満ニャンコ写真」まで
マダムに送りつけられ、処理に困る今日このごろだ。




どひゃあ。私の写真、載せられちゃいましたね。ライザップのお揃い貸し出しウェア着てるし。でへへ。ライザップのネット巡回員に削除されなきゃいいけど。「腹筋なんか簡単に割れねえよ」とか言いながらも、4月になったらゴールドジムにカムバックしてやろうという闘志がわいてきましたぜ。

ヤンヒー人妻ダイエットピル

ところで、ヤンヒー代理店のアクアビューティ東京、撤退してて行方不明。ドロンですわ。またヤンヒーの痩せ薬もらおうと電話したら、「この電話番号は使われていません」だって。ぎゃーっ、やっぱしヤバかったのか! 影も形もなくなってる! もはや、ヤンヒー特製のダイエットピル欲しくば、おのれでバンコクまで飛んでヤンヒー病院に行くしかないのだぁぁぁぁ。



最近は、こりずにアマランサスとかいう雑穀も食べてます。もーダイエットのためなら死んでもいい。何でもやる! それなら、食うなと言われそうだが。でも、私はおのれの贅肉と戦い続けるのだ! もし、神様が現れて、「一億円か、食べても一生太らない身体か、どちらかやるから選べ」と言われたら……なんて妄想しました。いや、妄想というより、睡眠薬が切れた幻覚症状か? うひょひょ。で、どっちを選ぶか。迷わず、太らない身体だよ! 貧乏でもいいのさ。スタイルさえよければ、周りは優遇してくれる。私は知っている。だって昔はずっと痩せてたから。太ってしまったら、もう取り返しがつかない。周囲の扱いは見事なまでに雑になるのだ!



ちょっと、情緒不安定です。パーッとやりたい気分。で、とにかく目先のモヤモヤは猫で解消することに。ブリーダーのおばちゃんを訪ねると、オスネコにもゲス野郎がいるらしく、複数のメスを孕ませまくってるやつがいるって。結局、ほとんど同時期に子猫が10匹生まれたそうで、売ってもらうことに。西の方から東京に進出してきたばかりのおばちゃん曰く、「カバキ(仮名)、性欲ゴリゴリやねん、かったぱしから女の子に手え出して。大奥や。オス一匹しかおらへんもん。絶倫なんや。年がら年中さかっててなあ。ほんま鬱陶しいわ」。

かわいい子がいたので値段を聞くと、 「この子、130万や。ショーキャットやから」。高すぎ。別なかわいいやつを見つけ、再度値段を聞く。おばちゃん、「10万や。込み込み10万な」。実はこの2匹、同じ腹から生まれてたんです。なのに、120万の差があるなんて驚き。母親はチャンピオン。父親もチャンピオン。兄弟みんなチャンピオン候補で130万。でも、私が気に入った第2希望は10万ぽっきり。

納得いかない価格差です。どいつもこいつもかわいいやつで、安いのは何かが劣っているというわけではない。ショーキャットじゃなく、ペットタイプと分類されてるっていうだけ。要は、ブリーダーの下で生まれる→業者に流す→生後50日ほどで檻に入れられ、回転ずしのようなベルトコンベアで回されて「5000円スタート!」って感じで競売にかけられる→競り落としたペットショップが、その競った価格に×何倍って感じで、価格が決まる。だから、定価が無い。競られて人気が高かった動物は、販売価格も高い、という感じらしい。

にしても、我が家に今いる一匹目は、完全にペットショップにボラれたな。最初からブリーダーのとこ行ってれば、安く家族に迎えられたのに。うちはこれで三匹になりましたが、一匹ずつ、健康保険も入れるから結構めんどくさいです。一年更新なんだけど、獣医さんにかかった時に診療代が3割負担で済むよう保険もかけてます。あ、元は取れてますよ。デンタルフロス飲み込んだり、チョコレートの銀紙食べちゃったり、急性ストレス性胃炎で死にそうになったり、真菌で顔がカビて禿げちゃったり、結膜炎になったり……。まったく油断もスキもありません。

高かった一匹目だけは誕生日にハガキが来て、「シャンプー一割引き」 「無料健康診断」 「記念撮影」のサービスしてくれる。あんまり嬉しくないけど。安い方は、もちろん何にもついてない。パソコンで言えば、高い猫がアップルとかバイオ。安い猫がDELLって感じ。ははは。

一匹目は、某ショッピングセンターのペットショップで一目惚れでした。たまたま欲しい種類のノルウェージャンフォレストキャットだった。顔のハチワレバランスがいいからと、猫の相場も知らずに決めたの。大体そこのペットショップ、どいつもこいつも、高いよーーー! 35万したわさ。今考えたらベラボウだよ。ま、コイツ、性格すごく良い猫だから、許す。

ショーキャットの価格

 二匹目のにゃんこは18万8千円だったな。そして今回、三匹目のネコちゃんを10万ポッキリで買っちゃったわけ(しかし、カネの話ばかりだな。ケケケ)。去年、主人とバンコクに行った時も、タクシーのオッサンには随分ボラれた気がするが、にゃんこ生体価格もボッタくりなんだよなー。



プロの写真家さんに家に来てもらって、愛猫たちのスナップ撮ってもらった。猫写真専門のカメラマンさんなので、さすがの仕上がりです。見てるだけで、私の脂肪も癒され、溶けていく気がします。さて、「やせるおかず作りおき」でも食うか。

にゃんこカメラマン

猫のプロ写真家



saraibkk at 06:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)タイの人々 | 投稿