2015年01月09日

ピンクガネーシャがいるタイの寺ワット・サマーン(場所・行き方)

映画の中の奇妙なニッポン-彩図社
世界各国の文化やパワスポに興味がある方はコチラもどうぞ click!





ひたすら残酷な拷問人形が立ち並ぶタイのセメント地獄寺を巡るバックパッカーも、初詣に運河ボートでウィタユのチンコ神社リンガの祠に行ってきたラチャダ在住ロングステイヤーも、伊勢丹前の三位一体神に恋愛成就祈願しているジャパニーズ女子も……夢をかなえるゾウがいると人気の願掛けスポット ワット・サマーン(ワット・サマーンラッタナーラーム)にはもう行きましたか?

場所はバンコクの東、チャチューンサオ県。日帰り旅行にちょうどよい距離です。チャチュンサオへは鉄道や大型バスなどいろんな行き方がありますが、ロット・トゥー(小型バンのミニバス)マニアなら、まずエカマイ・バスターミナル(東バスターミナル)へと向かいます。

エカマイバスターミナル

スクンビット通りソイ42のエカマイバスターミナルは、BTSやタクシーでアクセスしやすくて便利。個人的にはモーチットの大きな北バスターミナルより気楽で好きです。欠点はトイレ(↑)が有料なことか……。

タイ エカマイのロットゥー

切符売り場の窓口で乗車券を購入(料金80バーツ)。気が滅入るようなわびしい飾り付けがほどこされたロットゥー(午前8時発の便がおすすめ)に詰めこまれ、ワイルドに揺さぶられながら1時間半。

チャチュンサオのバスターミナルに着くと、いっきに超ローカルな雰囲気となります。ここから30分に1本、目指すワット・サマーン行きのソンテウ(乗りあいトラック)が出ていますが、「俺はタイ語が読める上級者だぜ」という人も、ターミナルに着いたら、とっとと職員さんに発着場所を訊いたほうがいいと思います。ソンテウはターミナルの片隅、すすけた市場脇の路地に人目をはばかるように停まっているため、自力で見つけるのは結構キビシイです。

チャチュンサオのソンテウ

ソンテウは30分ぴったりで、ワット・サマーンの境内に到着します。降りるときに運転手に30バーツ渡しましょう。同じ場所からやはり30分に1本、帰りの便も出ています。

ワット・サマーン

お寺の参道を進んでいくと……おっと、出ました。いきなりスパイダーマンとトランスフォーマーがお出迎え。なんで仏教寺院にこんなものがあるのか、深く考えてはいけません。ワット・サマーンは現在も拡充工事が着々と進んでいる、最先端のアミューズメント・テンプル。あの手この手で楽しませてくれるのです。

ピンクのガネーシャ

タイ人に大人気のホットなお寺ゆえ、週末などは東京ディズニーランドなみに混雑しています。お目当ての巨大なピンク・ガネーシャの前には、願い事を抱えたみなさんの行列が……。

ガネーシャのネズミ


「もうすぐ発売の地味な新刊が、そこそこ売れますように……」

私もささやかなお願いをしましたが、ガネーシャに願掛けするにはいくつか作法があります。

まず、お願いはガネーシャに直接するのではなく、周囲に突っ立っているネズミ(ガネーシャの乗り物とされる)の耳にヒソヒソとささやきます。自分が生まれた曜日の色のネズミにお願いするのが基本ですが、ほとんどのタイ人は、ガネーシャ正面にいる金色ネズミのところに行列しています。願い事をささやくとき、ネズミの反対側の耳をふさぎ自分の願い事が漏れ出てしまわないようにするのも注意ポイント。

タイ蝋人形

お寺の敷地内には、そりゃもういろんなモノがあります。退屈しません。オリエント工業のリアルラブドールも顔負けの精巧なお坊さん等身大フィギュアだってズラリ。背後の川に浮かぶ蓮の花を模した極楽浄土アイランドには、桟橋から上陸できます。

タイ 中国寺院

ガネーシャは元々ヒンドゥー教の神様なので、なんで仏教寺院で寝そべっているのかよくわかりませんが、すぐそばには台湾や香港でよく見かける原色の中華お堂もあるので、「ごりやく」さえあればなんでもいいやって感じなのかもしれません。

ワットサマーン水上マーケット

さらに、敷地内には、水上マーケットっぽい場所もあって、タイ人の団体さんが昼間からでかいクンパオ(焼きエビ)をがんがん食ってます。これだけ観光気分が盛り上がるお寺もなかなかないと思います。

タイ お寺の食堂

フードコート風のお食事処も大混雑。ワットサマーンは1日楽しめるレジャースポットであり、特殊テーマパークなのでした。

タイ近郊ワット・サマーン

Wat Saman Rattanaram Temple  (Chachoengsao, Thailand)
http://www.watsaman56.com/
ゴテゴテ感がたまらないオフィシャルサイト
地図やアクセス方法も一応書いてありますが……




saraibkk at 15:55│Comments(0)TrackBack(0)タイの地方旅行 | タイの見所・観光スポット

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔