2005年08月01日

世の中、公平?不公平?

久しぶりに記事を更新^^
どうしても伝えておきたい事があるので書いておきます。

皆さんは、世の中は不公平だと思いますか?

毎日更新をしなくなってから、一気に順位の下がったランキング^^;
同情するなら↑『ぽちっと』してくれ^^

まず、結論から。

世の中、不公平です(笑)

で、それに対して不満を言う人・・・幸せにはなれないよ。

私も、世の中の不公平には不満を持っていた時期がある。
金持ちの家の子供に生まれたら、生まれた時から金持ちである。
貧乏の家の子供に生まれたら、生まれた時から貧乏である。
貧乏の子供が医者を目指しても、医学部に入るには大金がいる。
今度の司法制度改革で、法律家を目指すにも、
ロースクールへの通学が必須になるようだ。
今までの様に、独学で仕事をしながら目指す人には敷居が高くなる。
どんどん貧富の差が激しくなるのではないか?
そもそも、親の財産を相続すること自体、おかしいんじゃないか?
人類みな兄弟なら、親の財産は全人類で分配すべきだ。
そうだ!
相続税を100%にしてしまえ!
そうして、年に1回、
成人式の日に、
新成人に対して相続税を頭割りで分配すればいい!
事業資金にするもよし、
結婚資金にするもよし、
貯金するもよし、
豪遊するもよし。
成人する前に、親は嫌でもお金の使い方をよ〜く教えないといけない。
現金を与えるよりも、使い方を与えるほうが有意義だ。

・・・なんて・・・。

でも、賢い金持ちは贈与などで回避するだろう。
法律の抜け道をかいくぐって、何とか子供に資産を残すだろう。
では、贈与税も100%に・・・

・・・そう。

無理なんです。完全に世の中を公平にするなんて。
その不公平な世の中で人は生きていかなくてはならないのです。

「人は」という以前に、
生き物は皆、不公平な環境に生まれてくるものなのです。
あなたはゴキブリに生まれてくる事はなかった。
ゴキブリホイホイでもがき苦しみながら、
一生を終える必要はない環境に生まれてきた。
生まれながらに「ダニ」などという、
生きている価値がないかのような名前をつけられ、
天気のいい日には、
苦手な直射日光に曝され、
ふとんの裏へ裏へと逃げ惑う生活はする必要はなかった。

どれだけ好条件のもとに生まれてきたのか!

その事への感謝すらせず、
わずか一握りのブルジョワ(死語?^^)な人たちを羨み、
努力をしない事を正当化することにのみ人生を費やし、
人の気分を害する言動をする。

それが「人類みな平等」のスローガンを掲げる人間のする事か?

世の中の「恵まれている」とされている人たちは、
少なくともあなたより多くの税金を払っている。
世の中の「恵まれていない」とされている人たちは、
その税金の恩恵を受けている。
どちらが不公平なんだろう?

社会的弱者が、世の中から不利益を受けているとすれば、
それは経済的なことではない。
それは「無知」から来るものだ。
社会的弱者は、学ぼうとしない。
社会的弱者は、自らを悲劇のヒロインになぞらえる。
社会的弱者は、卑屈になる。
社会的弱者は、自分の失敗を認めない。

世の中の不公平は、
全て、自分の行動から出ているのである。

考え方を変えた瞬間から、
あなたの人生は、素晴しいものになる。


人気ブログランキングには、引き続き参加しております♪

この記事へのコメント
こっちも来ちゃった。;

>社会的弱者・・・・

この部分は心に浸みるね!
いつも自分に言い聞かせていることだけど

「世の中のすべてを知っている人は誰もいない。
 少しでも世の中を知りたければ、
 それは、無知な自分を知ることから始まる。」

な〜んて、えらそうに書いてしまった。(汗)
 
 

Posted by gigshark at 2005年08月01日 11:36
そうですね。
社会的弱者か否かは、
いくらのお金を持っているかどうかではないですからね^^
その人の生きるエネルギーが
プラスなのか、マイナスなのか。
その辺りが分岐点になりそうです。
その分岐点に立つ条件が、
gigsharkさんの書かれた
「無知な自分を知る」事だと思います。
社会的弱者から脱皮するには、
その分岐点に立って、最初の一歩を踏み出せばいいだけですよね^^
Posted by サラ金日記 at 2005年08月01日 11:49
ご無沙汰です・・。
元取り立て屋OLのmilkyです。

久々に更新しました。
ぼちぼち再開したいところです。

サラ金日記さんのブログがまだまだ頑張っているのをみて嬉しくなりましたよ♪
Posted by milky at 2005年08月01日 20:48
何度もスミマセン

先日の記事を読みました・・。
サラ金関連の記事はおしまいにされたのですね。

長い間オツカレサマでした。

確かに・・。
現場を離れてからもずっと色々な記事をアップしていくには限りがあると思います。

けど、またこれからの記事も楽しみにしています。

私の方も、また再開しようと思いつつ、すでにネタ尽きです(笑)

管理人が幸せになっていくのかの実況中継ブログにしようかなー・・・。
Posted by milky at 2005年08月01日 20:52
終わってないよ〜^^;
一区切りつけただけ♪
まだまだ続けるよ^^
Posted by サラ金日記 at 2005年08月01日 22:10
>社会的弱者は、学ぼうとしない。
社会的弱者は、自らを悲劇のヒロインになぞらえる。
社会的弱者は、卑屈になる。
社会的弱者は、自分の失敗を認めない

その通りですね。
私も公平とは思ってません。
自分がどう切り開いて行くか。そう思ってます。
私は、他人から見たらとっても不幸な子みたいです。。。借金以外にも。。弱音は吐きますが、
私は幸い不幸とは思ってないんです。。。
命頂いてるだけ幸せ。な〜んて、重ためですね(^_^;)
学ぶことの大切さ、ここ最近痛感しております。
(学生時代にはあんまり考えた事なかったな〜な〜んて思いますが。。)
心だけは貧しくなりたくないな。。。

(笑)やっぱり、なんだか話ずれてますね〜・・すいません(汗;)



Posted by こう at 2005年08月01日 23:46
自らを「弱者」「被害者」と名付ける人たちは、
努力を知らない。
常に責任を、他人や社会に押し付ける。
そして、自分の怠慢や無知を正当化する。

そもそも、怠慢や無知を、恥ずかしいと考えるのが間違いなんです。誰だって怠けるし、誰だって無知なんです。それを人から指摘される事を必要以上に拒む。そこに心のスキができ、カモにされるのです。

まずは、怠慢で無知で醜い自分を愛すること。
人から非難される自分を「こっけいだ」と温かく見守ること。
自己嫌悪に陥る自分をも、そんな時もあるよ、と受け入れること。
人間として生きていて、本当に恥ずかしい人などいないのです。誰にでも必ず存在価値があるのです。それに気付かない事が、最も恥ずかしいことです^^
Posted by サラ金日記 at 2005年08月02日 00:11
考えさせられます。。
自分を見つめて自分の醜い部分駄目な自分も愛してあげる事が必要なんですよね。。。。
今の私には、目をそらしてる部分も多々あったりします。。他人の目を気にしすぎている部分もあったり。。
自分を追い込まない程度に、変なプライドという殻から抜け出して進みたいなって、思います。



Posted by こう at 2005年08月02日 00:38
目をそらす必要もないし、
人の評価を気にする必要もないのですよ^^
また、必要以上に自分を卑下する必要もない。
ありのままでいいんです。
その「ありのまま」を受け入れた上で、
変えたい部分があれば変えればいい。
ただ、それだけの事です^^
「ありのまま」を受け入れないと、
スタートラインに立てない、という事です。
Posted by サラ金日記 at 2005年08月02日 00:59
そうですね!
中々私には難しいことかもしれませんが、そうなりたいとて思います!
とっても、気持ちが楽になってきました。
ありがとうございます(^^)v
Posted by こう at 2005年08月02日 01:07
難しいですか?
こうさんには、
そんなに難しいことではないように思いますよ。

こうさんのブログには、
たくさんの読者がいます。
その読者の人たちは、
こうさんのブログだから読んでいるのです。

つまり、こうさん「だからこそ」
読みにやってくる人が
それだけいる、という事です。

そんなこうさんが、
自分に自信を持たない理由がどこにありますか?
それが、他でもない
こうさんの存在価値です。
こうさん自身にそれだけ価値があるという事ですよ^^
Posted by サラ金日記 at 2005年08月02日 01:15
そうですよね。
色々な事に自信喪失中だったもので。。
本当来てくださる方に感謝してるし、自分の所に来てくれて存在してる自分感じます。

ありがとうございます!見えてないもの(事)って凄く多いですね。。

サラ金日記さんは、お兄さんのような存在です(^^ゞ
甘え過ぎないように、頑張ります(^^)v
Posted by こう at 2005年08月02日 01:29
お兄さん?
私50過ぎですよ(ウソ^^)

私は『ぽちっと』してくれたら甘えて頂いて構いません(笑)
Posted by サラ金日記 at 2005年08月02日 01:35
「ぽちっ」としてますよ〜毎日(^^♪
という事で、甘えますのでこれからも宜しくお願いします(●^o^●)
Posted by こう at 2005年08月02日 01:39
あはは(笑)ありがとう♪
こうさんなら「甘えすぎ」というのはなさそうなので大丈夫ですよ^^
Posted by サラ金日記 at 2005年08月02日 09:58
>社会的弱者が〜
その通りだと思う。
この事はいつも自分の頭のなかにおいて生きていくための教訓にしておきたい・・・。
自分もかつてはそう思ってました。
同じそういう考えの人間達と徒党を組んでました。
ん年前にそれに気付きました。
結果その仲間達とは些細な喧嘩で袂を分ちました。
でも自分は後悔はしてません。
自分の価値観が変わってしまったから。
でもその後の彼らがどうなったか気になります。
2年位までは相変わらずだという噂をききました。
サラ金日記さんありがとう。
自分の心のもやもやが晴れました。
サラ金日記さんに頼ってばかりでなく、自分も「無知」にならぬよう頑張ります。

Posted by ぶーすか at 2005年08月02日 23:07
「自己嫌悪に陥る自分をも、そんな時もあるよと、受け入れること。」
またやっちゃった...と思うこともしょちゅうですが、そういう時もあるさ!と思うように、少しずつできるようになったかもしれません。
開き直りかも?^^ゞ

「自分の存在価値」...これは今の私には正直少し難しいです。
最も恥ずかしいことですね...
でも、それも自分かな?と。

『全てありのままを受け止めて!君らしく生きてゆこう!』
というワンフレーズの曲があるのですが、サラ金日記さんと同じことを言っていますよね。
この曲大好きで、毎朝ボリュームあげてこの曲を聞いているので、いやでも受け止められそうです^^


Posted by 花 at 2005年08月02日 23:10
こんばんわ。
なんか更新されてると、嬉しいですね(笑)

>社会的弱者が、世の中から不利益を受けているとすれば、・・・・・・・・・・
あなたの人生は、素晴しいものになる。<


の所をコピーしまして机の横に貼りました(笑)

今の自分を不幸と思わず、前向きに頑張る気持ちになれましたよ。

ぽちっ!

Posted by 借金親父 at 2005年08月02日 23:12
ぷーすかさんへ
私に頼るのは論外ですからね^^
私がウソを言っていないか、
自分の頭で考えて判断する。
それが大事なのですから^^

花さんへ
誰かに依存したり、
誰かに依存されたり、
そういう事で自分の存在を示すのではなく、
自分がこの世に何ができるか。
それを考えることが生きがいではないかな?
それを死ぬまで考え続けるのが人生なのかも知れません。

借金親父さんへ
私の記事は、読者に向けて書いているようで、
実は私自身に向けて書いていたりもします(笑)
恐らく世の中のほとんどの人が、不安や不満と戦いながら人生を送っているのだと思います。
障害がなければ人生じゃありません。イベントのない人生ほどつまらない人生はないかも知れませんよ^^
Posted by サラ金日記 at 2005年08月02日 23:35
そうですね(笑)
借金もイベントかな。思い出になるかな?
何事も乗り越えて後で笑えるといいなぁ。
Posted by 借金親父 at 2005年08月03日 01:25
借金親父さんへ
それは親父さん次第です。
親父さんの現状は、一歩を踏み出すだけで借金は思い出へと変わると思われる段階にいます。
その一歩を踏み出す事ができれば、それは一つのイベントに変わるでしょう。
今、親父さんが立ち向かっている苦労が、一体誰のためなのかを考える必要があるのではないですか?家族を想うのであれば、その努力を家族へ向けるべきだと思います。自力返済へのこだわりは、お子さんには関係のない事です。気持ち面で借金体質に立ち向かう覚悟ができたのであれば、早急に、エネルギーを借金に向けてではなく、愛する家族へ向ける事が、家族のためではないかと思いますよ^^
Posted by サラ金日記 at 2005年08月03日 08:53
1日に読んでから、ずーっといろいろと考えていました。
私の母は、今までずっと、自分で社会的弱者だと言ってきました。
そんな母は、「知らないということは損なことよ。私はいつも損をしてきたから・・・」と、よく言っていました。
他にもいろいろと、弱者ならではの愚痴や説教?を聞いて育ちました。

今、振り返ると若い頃の私は、母に感化されていました。(その頃、自覚はなかったのですが・・・)

一体いつからだろう?
私は今、弱者ではない!と断言できる気がします。
別に裕福になったわけではないのにね。
Posted by ネム太♪ at 2005年08月04日 15:22
弱者から逃れようとして、
やましい手段で稼ごうとする人が多い。

しかし、その発想こそが弱者なのであって、
貧乏が弱者なのではありません。

世の中を知ろうとする姿勢と、
権利・義務、双方を両立して、
まっとうに生きる。
それが強く生きる、という事だと思います。

だからネム太♪さんの感覚は間違いではないと思います^^
Posted by サラ金日記 at 2005年08月04日 15:33
「自分がこの世に何ができるか。」
大きなテーマですね。

まずは私ができる小さなこと...
それを探しに行きます!
Posted by 花 at 2005年08月04日 21:33
そうですね^^
ま、あんまり難しい事じゃないですよ^^
花さんの身の回りの人を喜ばせる事なんて、
花さんにしか出来ないでしょ?
そういう目の前にある、
一つ一つを大切にできる、っていう事が大切なんじゃないかな〜と思います^^
Posted by サラ金日記 at 2005年08月04日 23:36
ちょっと難しく考えすぎちゃったのかもしれませんね^^;
私にしかできない事...
はい!ありそうな気がします。いや、ある!絶対に!
人の笑顔や喜んでもらえる事って、とてもうれしいですよね。

これからも私にできる事、少しずつだけどしていきたいな。。。
わかりやすく教えていただいてありがとうございます^^ゞ
Posted by 花 at 2005年08月05日 00:48
そうですよ^^
身の回りが一番大事です。
身の回りを幸せに出来ずに、
大きな事など出来るわけがありません。

と、また自分自身に言い聞かせてみる(笑)
Posted by サラ金日記 at 2005年08月05日 01:21