「家族に内緒で債務整理したいのですが・・・」

 最近この種の依頼が増えた。
 こうした人は、サラ金から借金をしていることを家族に知らせていないか、知らせていてもごく一部だけしか教えていないので、弁護士に依頼して債務整理をしていることが家族にばれるとまずいようだ。

 なるべくは家族に打ち明けるようにすすめている。
 特に配偶者の場合は、サイフは一つのことが多いので、債務整理を成功させるためには夫婦の一致団結した固い決意と努力が必要となる。

 しかしどうしても打ち明けられない場合は、それだけを理由に見捨てるわけにはいかないので、債務整理を引き受けている。その場合は、弁護士から本人宛に送る郵便物も、事務所の封筒を使わずに、個人名の茶封筒を使うなど配慮している。

 しかしちょっと気になるのは、もし借金以上の多額の過払金が出た場合は、「実は」と打ち明けるのだろうか、それともヘソクリにしてしまうのだろうか。まあ余計な詮索はしないでおこう。

 (新着過払金入金情報)
 ・4月26日 ライフ 13万円

 平成19年の過払金取戻額、本日現在合計1億4458万8841円