先日来紹介している対プロミスの勝訴判決は、一連計算すると約16万円の過払いになるが、個別計算すると逆に約29万円の残債務があるという事案。
 そのため、プロミスは、残債務29万円の支払いを求める反訴を起こしていた。
 
 結果は過払金の返還請求を認容し、反訴請求は棄却された。

 過払金を返してもらうのと、逆にプロミスに返済をするのとでは、まさに天国と地獄の差がある。

 気になるのは、過払いだと思って返還請求したところ、サラ金から個別計算の反論をされ、過払請求をあきらめたり、極めて安い過払金で妥協の和解をするケースがあることが、最近メールで情報として寄せられていること。

 本人訴訟の場合はサラ金と本格的に裁判で争うことは大変だと思うが、簡単にあきらめないで、ぜひがんばってほしい。

 ゴールデンウイーク中も、休まずメール相談を受け付けています。