「Q&A過払金返還請求の手引き第3版」(名古屋消費者問題研究会編)が出た。

 過払金をめぐる最近の判例の動向も踏まえて、返還請求の具体的な方法を素人にも分かりやすく解説した本なので、弁護士・司法書士だけでなく、本人で交渉、裁判をされている方にも大変役に立つと思われる。
 ちなみに当事務所が獲得した判例も、ちょっとだけ出てきます。

 注目すべきは、最後に出てくる「第12章包括契約論」。
 包括契約論の立場から、充当や時効など現在裁判所で争われている主要な争点を統一的に解明していこうとした意欲的な小論で大変参考になった。
 興味のある方は、ぜひ一読していただきたい。 

(新着過払金情報)
 ・6月5日 アイフル 6万3000円
       ベルーナ 15万9000円
       アコム 166万9000円(4件)
       CFJ 728万円(2件)
       プロミス 71万2000円(2件)
 ・6月6日 武富士 252万2000円(6件)
       三洋信販 316万円(3件)
       キンダイ 30万円
       楽天KC 157万円
 ・6月9日 アイフル 10万6000円
       アコム 2万9000円
       クレデイア 6万9000円
 ・6月10日 アプラス 41万円
        三菱UFJニコス 53万8000円
        楽天KC 77万8000円(2件)

  平成20年の過払金取戻額、本日現在合計3億4096万8644円