「空気は読むものじゃなくて吸うものです」
きっと気に入るよ、と言われて、
見逃し配信というものでドラマを、
少しずつ少しずつ観ています。
まず、セリフがとても素直で好いです。
役者さんたちも演出もとても好いです。
わたしは、いつから空気を読むことを覚えてしまったのか。
思い出せません。
少女の頃は、空気を読む、という言葉すらありませんでした。
主人公を取り巻いていた空気は、
複雑で息苦しいものから、
単純で清々しいものへと変わってゆきます。
自分で、変わりたい!と思ったから、
周りの人も空気も変わっていく。
簡単なようで実はとても難しいことです。
占い師となってから、
空気を読むこともときには必要かもしれません、
と伝えることもありました。
現実には、ドラマのようにはいかないこともあります。
でも、しっかりと吸って吐いて、
呼吸を整えることは、本当に大切なことだと想います。
まずは深呼吸を。
どんな状況にも何かしら効力があるようです。
そうして、自分はいったい、
どうしたいのか。
どう在りたいのか。
ゆっくりと想ってみる。
おそらく、占い師が伝えたい最も核となることだと想えます。
痛みにも、深呼吸は効果があります。
出産のときなど、まさに。

すみません。
肝心のドラマのタイトル、忘れてました。
「凪のお暇(なぎのおいとま)」です。
ボケ度が日に日に増してます。うふふ。

TPZJZWKc








  美味しいお水
  覚えてますか

  美味しい空気
  知ってますか

  生まれたての
  空気は
  こんなに美しい