16:04。
今日が2月最後の日だということを、
5分前に思い出しました。
ここ数年のわたしの1日は、
むうちゃんをうっとりと撫で、
むうちゃんに容赦なく踏まれ、
18時くらいにベッドに横になってひとまず終わります。
そろそろ電池切れが近づいているようです。
とにかく、ひとことでも、と思いました。
今もなお、頻繁に、14歳のときに書いた詩を想います。
14歳のこの詩が源泉であり、在り方の教えでもあるようです。
ちっとも変わっていないことにおどろきます。
わたしの今はいつも14歳です。
いまの世界について、何も書けません。
言葉に変えることができないのです。だから、
再び、この詩をここに。

 WHIJYScc











目を閉じると
見えてくるものがある
 
耳をふさぐと
聞こえてくるものがある

口をつぐむと
語り始めるものがある

それが
わたしのすべてである

それは
永遠の静謐の中に在る