さらさら草詩

沙羅ムーンと申します。 ふと、はじめてみようと思い立ちました。まっさらな1日に浮かんでくるあれこれです。

カテゴリ: 線維筋痛症のこと

いまさら、ですが、お花見のおはなしです。暦はもうめくられそうなのに・・・頭のなかは、まだ4月になったばかりで、お花見をしました、で一時停止。やっと、この場に残すことで、暦に追いつくことができそうです。今年の桜はいっきに咲いて、あっというまに散ってゆきまし ...

「インドのやまおくで シュ〜ギョウして〜・・・」という唄、ご存知でしょうか?幼いころ、テレビで流れていたレインボーマンの主題歌です。この唄を聞いて「修行」に目覚めたのだと想います。石垣や木にのぼり、腕立て伏せや腹筋をし、氷をにぎりしめ、熱い湯船につかり・・ ...

とりあえず 起き上がる とりあえず 窓をあける とりあえず ごはんを食べる そんなふうに とりあえず がんばってみる いつのまにか あんなに重たかった 「がんばれ」に 「がんばります」とこたえている とりあえず がんばっていると いつのまにか いろんなこ ...

わんわん がんがん きりきり ずきずき。わたしの頭や首やカラダの音。 しかし、それなのに、わたしの脳は欲するのです。本が・・・読みたあい。ページの中の文字が、大きくなったりゆらゆらしたり、ちっとも進まない。そんな状態から、2〜3行読んでは目を閉じ、1ページ読 ...

キラリ原稿書き上げてバンザイをして… 富士山に登ったあとのような… 登ったことないんですけど… 。外出のあとや筋トレのあとなど、がんばればがんばった分、そのあとにあちこちの痛みや重さが増してしまいます。 でも、がんばればがんばった分、「よ〜し よ〜し」とい ...

薬のない時代は痛みや傷をどのようにいやしていたのでしょう。わたしの子どもの頃は、すり傷にヨモギの葉をもんでつけたり、痛いのどにネギを焼いて巻いてみたり、原始的な治療がまだ残っていました。 そうしてみると、ほんの?◯十年の間に医療はかなり進歩しているようで ...

書きたいことと書けることが、必ずしもイコールとは限らない…ブログを始めてみて、詩や占い原稿とは違う模様の、ちょっとした迷路に入り込んでしまうことがあることに気づきました。日記の如く気軽なものだと想っていましたが、やはり、人の目に触れる ということで、ブログ ...

この世には信仰によって生きているひとたちがいます。生まれたときから、または自ら選んで、神様や仏様の教えを守りながら暮らしてらっしゃいます。どの教えにも根底には平和や幸福への願いがあるように想えます。信仰に生きるひとたちは、信じるということにとても長 た け ...

これまでブログなるものに触れてきませんでした。なぜ、始めようと想ったかといいますと1日の時間をたくさん使えるようになったから、です。簡単に言うとそういうことです。 ...

↑このページのトップヘ