犬と本からもらっているたくさんの心❤言葉をお届けします…

50にして人生初の北海道。

早くも来年の計画も立てはじめています。

結論から言うと、そのくらい、そのくらい北海道は良かった。

なぜ、もっと早く、この地を訪れなかったのかと思う気持ちと、この、いわゆる熟年と言われる歳になって初体験したからこそ、味わい深く感じられたのかもしれないと思う気持ち。どうでもいいことですね。


さて、北海道旅行記第4話スタートです。

本日もよろしくお願いいたします♪

美しい富良野・美瑛とお別れして、レンタカーで札幌へと向かいます。

真っ直ぐな広い道がつづき、一般道なのか高速道路なのかまるでみわけがつきません。

ナビでは、3時間ぐらいで目的の札幌へ到着するとなっていましたが、
途中、サービスエリアに寄った時間をくわえても3時間はかかりませんでした。
(途中、スピードの取り締まりをしていました。反対車線で・・・ほっ)

安全運転でいきましょう!


札幌が近づくと、それまでの景観とはずいぶん変わり、たった数時間前までいた富良野・美瑛が早くも恋しくなってきました。

札幌は大都会でした。

夕刻、札幌の街を、まるで東京銀座を歩いているような感覚で彷徨いました。
ルイヴィトンやH&M、ZARAなどの有名店が軒を連ねています。


ホテルにチェックインするには少し早かったので、どこかに寄っていこうか?
と、ダンナと私。

旅行会社のクーポンから見つけた、羊ヶ丘展望台を目指しました。

ここで、北海道3個目のソフトクリームをいただきました。
IMG_6759

雲ひとつない青空が広がっています。
IMG_6733
眼下に札幌ドームが見えます。
IMG_6833
IMG_6832
♪時計台の下で逢って〜〜♪裕次郎さーん

時計台ってもっとロマンティックな場所にあるのかと思ったら・・・街のど真ん中でした
IMG_6826


前後しますが、羊ヶ丘展望台は立ち寄って大大正解。
天気の良い日は素晴らしい景観が拝めます。

IMG_6743
今宵の宿泊先『札幌プリンスホテル』に向かいます。

メイン通りまで歩いて数分の場所に、円形のホテルが、でんと建っていました。
スタンダードで申し込みをしていましたが、満室のため、スーペリアルームに。
18階の眺めの良い部屋。
テレビ塔が正面にあり、夜景が綺麗でした。

一日目は、夕食をホテルの中で済ませ、温泉につかりまったりと過ごしました。

二日目はそうはいきません。

札幌プリンスにも小さいながら宿泊客専用の温泉がついており(500円)
狭いユニットバスが苦手なふたりには楽しみの一つになっていますが。

すすきのの夜が待っています。

成吉思汗と書いてジンギスカン(はじめて知りました。)
出発前から期待感わくわくのジンギスカンを食べに行きます。

レトロな建物、北海道道庁。
札幌大通り公園。
路面電車。

そして、『だるま』の成吉思汗。
IMG_6825
IMG_6824
IMG_6897
美味しかった〜〜ラムの独特な臭みがまったくありません。
人気店なので、行列は覚悟で。

ほろ酔いで店を出ると、界隈はまるで新宿歌舞伎町のようににぎわっていました。

この日、すでに1万5千歩くらい歩き回っていた私たちは、夜のすすきのを横目に部屋に戻りました。
IMG_6763

気づけば、ふたり爆睡しており、入浴時間はとうに過ぎておりました。

翌朝のビュッフェ会場は、またまた中国の家族連れでひしめきあい。

だから、部屋が満室だったのね。

おかげで私たちスーペリアルーム。

最終日は、小樽へむかいます。

最後に、とっておきのソフトクリームが待っています。

お楽しみに♡

本日もご訪問ありがとうございました♪
IMG_6766
札幌プリンスホテル、エレベーターの中から。

コメントありがとうございます。
拙い北海道旅行記ですが、楽しんでいただけているようで嬉しいです。

昨日の幼児教室で、オラウータン親子の綱渡り動画を小学一年生に見せてあげました。

すると、一人の男の子が『これ、やらされているの?』とシビアな質問をしてきました。

【綱の先には餌が置いてあるので、確かに人間にやらされてはいるが、野生の感覚を忘れない為に大切な行動なんだよ。】
と説明すると、興味深げに聞いていました。

他の男の子が、『オラウータンはリンゴを握りつぶしてしまうんだよ。』と言ったので

『オラウータンは手の力が強いから、決して落ちることはないんだよ。』と、説明をくわえたら少し安心したようです。



さて、北海道旅行二日目の話に入ります。

新富良野プリンスホテルで朝を迎えました。

北海道の夜明けはとても早いのです。
たしか、4時前には朝陽が昇ります。
だから、美味しい作物が育つんですね。
しかし、農家の方は忙しいことでしょう。

朝、ホテルの窓から見えた気球は、新富良野プリンスで体験できます。
私たちは予定が詰まっていたので、気球には乗りませんでした。

ほっぺが落ちた、大変おいしい朝食をいただいた後、ホテルから少し離れた場所にある
『風のガーデン』を散策しました。

倉本聰氏のドラマの中でも出てくるイングリッシュガーデンを青空の下、堪能してきました。(風のガーデンの画像は後ほど)

風のガーデンは入場料がかかります。片道5分の場所にありました。
ホテルの車の送迎があり、緑の中を走る風景が素敵でした。

ホテルの敷地にはドラマ『優しい時間』に出てくるコーヒー屋さんや、倉本聰氏のドラマ館などもあり、時間をかけてゆっくり周りたいところですが、札幌に向かう予定の私たちには残念ながら時間がありません。

午前中に行きたい場所があったので、レンタカーに乗りこみ、新富良野プリンスをあとにしました。


美瑛は絵葉書のように美しい所だと聞いていました。

青い池です。
IMG_6712
綺麗なターコイズブルーです。

晴天の早朝に訪れるのが一番いいそうです。

すでに10時を回っていましたが、青い池はお日さまに照らされて、美しく輝いていました。

中国の観光客で溢れかえっていましたけど。

自撮り棒を旅先に持っていくのを娘に大反対されたので、道ゆく人にダンナとのツーショットをお願いしました。

最初は躊躇っていたダンナもこの先の場所ではぐいぐいと頼みまくっていました。
初対面の方と、お互いに撮りあったりして、旅先での思いがけないコミュニケーションにも繋がり。
やはり、自撮り棒は持参しないで正解だったかな。

中国の方は高い確率で自撮り棒を持っていました。
IMG_6716
四季彩の丘。
絵葉書のようなお花畑には、まだまだ早く。

しかし、絵葉書になる頃には、観光客であふれかえり、まわりの道路が大渋滞するそうなので、良かったのかもしれません。

四季彩の丘も中国観光客がいっぱいでした。
しかもレンタカーの家族づれが多いのにびっくりです。
札幌に向かう高速道路のサービスエリアでもレンタカー中国家族、多く見かけました。

爆買いから観光へと移行しているのですね。

四季彩の丘は少々残念でしたが、ドライブには最高なロケーションが続きます。
IMG_6700

富良野メロンを栽培している農家さんに立ち寄りました。
IMG_6696
IMG_6837
富田ファームよりかなりお安い。


さあ、これから3時間かけて札幌に向かいます。

朝食バイキングでお腹はパンパンなので、昼食は軽めにサービスエリアのお蕎麦です。


次回は、札幌編です。
夜のすすきの編もあり。

最後に『風のガーデン』をお届けして♪

本日もご訪問ありがとうございございました
IMG_6672
IMG_6839
IMG_6838
IMG_6692

北海道旅行を計画したとき、美味しいものをたらふく食べようと楽しみにしていました。

美味しいものリストの中のひとつ、ソフトクリームが乗ったメロン(メロンの上に乗ったソフトクリーム?)
IMG_6639
メロンとソフトクリームがセットになった、これです。

上に乗せるソフトクリームは、バニラとかラベンダー味とかミックスしたものとか、いろいろ選べます。

ダンナと私はメロンソフトを注文しました。
ふたりで一つです。
これだけで、1400円くらいしますからね。

私たちの前に座ったカップルは、メロンとバニラのミックスをのせて、しばらく写メを撮りまくっていたので、溶けてしまわないかと心配したほどです。

このメロン&ソフトクリームは北海道ならではですよね。
インスタ映えするでしょう。

お味も、予想どおり、フレッシュかつジューシーな絶品でした。

メロン&ソフトをいただいた富田ファームは、ラベンダーでは有名な場所です。
IMG_6845

私たちが訪れたのはまだラベンダーが咲きはじめた頃でした。
IMG_6844


少し残念でしたが、ほかの花たちが綺麗に畑を彩っていました。
IMG_6628
サルビアの赤が鮮やかです。

旭山動物園でぱらついていた小雨もすっかり上がり、爽やかな風の中をのんびりと歩きました。


今宵の宿泊先は『新富良野プリンスホテル』です。

倉本聰さんのドラマのロケ地としてもたびたび使われています。
IMG_6691
翌朝のホテルのようす(快晴です)

11階。見晴らしの良い部屋です。
IMG_6841

IMG_6840
窓の下にありました。

IMG_6653
早朝、気球が飛んでいてビックリ!!

美味しいものリストの中に入っていたお楽しみの、朝食ビュッフェ。
IMG_6656

新鮮なサーモンとイクラの醤油漬け。富良野牛乳・ヨーグルト。甘くねっとりしたジャガイモに極めつけはアスパラの一本焼きだ〜
あ〜、今夜は美味しい成吉思汗が待っているというのに〜


お腹も心も満福な、北海道の旅はまだまだ続きます。

こんなブログで宜しければ、是非またお越しくださいませ。

本日もご訪問ありがとうございました♪

このページのトップヘ