犬と本からもらっているたくさんの心❤言葉をお届けします…

今日、3月16日、私の父が80歳の誕生日を迎えました。

子煩悩な父は私たち姉妹弟を休日にはいろいろな遊び場に連れていってくれたものです。

私たち姉妹弟それぞれが母親父親になると、今度は順番に生まれてくる孫を代わる代わる可愛がり、7人の孫はじいじを慕って大きくなっていきました。

一番年下の孫もこの春小学校を卒業し、じいじから巣立ちの時期を迎えました。

そんな折、昨年5月に生まれたひ孫が、またまたじいじ大好きっこになり、じいじの顔を見ると満面の笑みを浮かべるのです。

おまけに犬までがじいじが好きで、うちのサランなどは、実家に行くと食卓のじいじの椅子の側にぴったりとくっついています。

サランの場合、じいじの酒のつまみがお目当てなんですがね。

実家で暮らす、サランの娘あんずの餌やりと散歩もじいじの日課です。

毎日のようにグランドゴルフを楽しみ、大好きなお酒をたしなみ、傘寿を迎えた現在も元気な父親を見ると、娘としてありがたい限りです。


二ヶ月前、思いもしない出来事が起こり、私は心が折れそうになりました。

昔から、見守ってはいても決して余計な口出しはしない父親が、今回も何も言わずにただただ支えてくれました。

優しさというのは、時に、苦言よりも心に突き刺さるものだということをその時も強く感じました。

人は人に優しさをたくさん貰って、また別の人に優しさをあげられるのだと思います。


7人の孫たちも犬たちもきっとじいじの優しさを身にしみて感じていることでしょう。

いつまでも元気に、ひ孫の成長を楽しみに長生きしてくださいね。

今日は、サプライズなプレゼントを用意しました。

大好きなお酒と。
IMG_6079
傘寿は黄色がラッキーカラーみたいです。

父親が生まれた昭和12年3月16日の新聞です。
IMG_6077


今日お誕生日を迎えるすべての人に、どうぞ幸せが訪れますように♡

IMG_6051

2月21日、愛犬サランが12歳のお誕生日を迎えました。

2月最後の日曜日。

車に乗って大好きな公園に出かけました。

濃いピンク色の桜を眺めながら、のんびりと1時間ほどの散歩を楽しみましたよ♪
IMG_6052
IMG_6050

坂道や階段が多い散歩コース。
もはや老犬と呼ばれるサランにはきついかもしれません。

しかしサランを見ていると、人間も犬も気力が大切なのだとわかります。
IMG_6049

今日も坂道のてっぺんにある東屋まで歩いてきましたよ♪

ここでおやつのジャーキーを食べるのがサランのお楽しみなんです。

サランとアモにとってジャーキーは、お出かけした時にしか食べられない特別なおやつです。

IMG_6053
お題『ブレーメンのさらん♪』


このブログでも度々書いてきましたサランの怪我と病気のはなし。

お風呂あがりに走り回って股関節の靭帯を断裂し、手術を受けた6歳ちょい前。

散歩中、突如家から飛び出してきた三匹のジャックラッセルに襲われ、手術した側の足に怪我を追い、またまた手術の8歳。

初めて受けたドッグドックで心臓病が見つかり、慌てた家族がインターネットで調べた犬の心臓病専門医まで連れていき、幸い投薬もいらないほどの軽い心臓病だとわかった10歳目前のあの日。

その他にも、乳腺腫(米粒ほどの)あり
左脇腹に脂肪腫あり

サランの12年の犬生にはいろいろなハプニングがありました。

でもなぜかいつも、いい病院いい先生との出会いがあり、サランは救われてきました。

結局のところサランは強運の持ち主なのかもしれませんね。


近い将来、年号が変わるかもしれません。
平成の犬サランと過ごす日々をこれからも大切にしていこうと思っています。

そんな私が、今読んでいる本はコチラ
IMG_6054
直木賞受賞作品『昭和の犬』です。

***
読書会「潮の音sionone」に参加しませんか

次回3月29日水曜日

場所は小田原近郊の予定です。

ご興味のある方はコメント欄よりメッセージお待ちしています。

後日メールアドレスに返信させていただきます。(アドレスは公開されません)

ご訪問ありがとうございました♡

IMG_6042

お久しぶりです♪

気がつけば2月も半分終わってしまいました。
梅の花も満開の時期を過ぎ、そろそろ見おさめの頃を迎えています。
IMG_6041

今日も日向は暖かく、雲ひとつない青空が広がっていました。

三寒四温。

これからは寒い日より温かい日が増えてゆき、どんどん春本番に近づいて行きますね。


遡ること、2月の5日。
めでたくもない誕生日を迎えた私。
事もあろうにインフルエンザに罹り。
ベットの中で唸っていました。

予定では、地元小田原で開催される読書会に参加することになっていました。

私たちの読書会(sionone潮の音)も今年は活動の場を広げようと考えていたので、情報交換の場にさせていただければと。

代表でhohokoさんが、その読書会に参加いたしました。
(地元の広報誌にhohokoさん写っていますよ)

とても実りある会だったとhohokoさんから話を聞いて、次回こそは参加したいと思っています。


潮の音siononeも、ようやく昨日今年初の読書会を開きました。

ランチをはさんで4時頃までお喋りの花が咲きました。
もちろん本談義もしますよ。

締めは古本屋さんでのショッピング。

私は単行本を3冊購入しました。

本の状態、値段、神保町の古書店に負けていない穴場のスポット。


ヨッシーが室井滋さんのエッセイがいいよ。
と、教えてくれたのでこちらを選びました。
IMG_6045

自分で選ぶと、どうしても偏ってしまうので、人に薦められた本を読むと新鮮な上、新たな発見があります。

ビートたけしさんは、弟子が選んできた本を読んでいると聞いたことがあります。

読書会でいろいろな方の本に対する想いを聴かせていただくのは、とても勉強になります。


そこで、次回の読書会では、ブログの前のあなたにも、是非参加していただきたいと考えています。

次回の日程は3月29日水曜日です。

場所は小田原近郊の予定。

ブログのコメント欄より連絡いただければ、メールアドレスに場所と時間を返信いたします。
なお、アドレスは公開されませんのでご安心ください。

ご参加お待ちしていま〜す♪


室井滋さんのエッセイかなり気に入りました。
ユーモアに富んでいて、人間力がある。
ヨッシー曰く「スカーッとする」
薦めてくれたヨッシーに感謝。
知らなきゃ損するところでした。

しかし、百円とはなんとも申し訳ないです。

このページのトップヘ