犬と本からもらっているたくさんの心❤言葉をお届けします…

お久しぶりでず(^^)

皆さんお元気でしょうか。

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

暑かった夏は過ぎ

オリンピックパラリンピックもおわり

いつのまにか秋の風にかわりました。

長いコロナ禍、心がぱーっと晴れることはなかなかありませんが

いつかこの辛抱の日々が報われるときがやってくることを信じたいです。

うちの老犬サランは、なんとか元気に毎日を過ごしております。

大好きな散歩には全く興味がなくなりましたが、その分食べることへの執念はものすごいです。

目も耳も、はっきりとした数値にはあらわれないので、よくはわかりませんが、若かりし頃を10とすれば、おそらく2、いや1くらいでしょう。

しかし、鼻の機能は、10のままなのが驚きです

一日の大半を寝て過ごしていますが、食事の支度を始めるやいなや、知らぬ間に、キッチンの足もとにぴたりとくっついています。

そんな時のサランの顔は、キリッとしていて、ずいぶんと若返って見えるのが不思議です。

人間も動物も食べる楽しみというのは、生きることにつながっているのだと感じます。

私の父は、一年半前より癌を患っています。

抗がん剤治療にも果敢にアタックしましたが、今は積極的治療ではなく、自然な流れに身をまかせています

体調には波があるようですが、自宅で孫や曽孫や犬に囲まれて幸せな日々をおくっています。

父も大好物の魚のフライや鰻などを食べた次の日は元気な顔をしています。

長く生きて欲しいのはもちろんですが、それ以上に、美味しいものを1回でも多く食べてもらいたい

そんなふうに思うのです


小川糸さんが書いた「ライオンのおやつ」

テレビドラマでも見ましたが、本も読みました

もう長くは生きられないと宣告された人たちが島のホスピスで暮らすはなしです。

そこで、食べたいおやつのリクエストをするのです

子どもの頃に食べたおやつとか、忘れられない思い出の味とか、リクエストはいろいろです

おやつの時間の笑顔がそれはそれは素敵なんです

小川糸さんは、死をこわいもの悲しいものとして表現せずに、次のステージへの旅立ちとしてきらきらと描いていました。


今、大切なひと(どうぶつ)が病気とたたかっていたり、自分自身がそうだったり、コロナで苦しい自宅療養をされていたり、大変なおもいをされている方が、たくさんいらっしゃると思います。

そんな時、このブログが、少しでも安らぎになれば嬉しいです。

私にとっても大切な場所

つたない文章ではありますが、これからも精一杯の心を込めておくります。

ご訪問ありがとうございました。
B5810DA3-0348-4732-8DE4-8954ADD14EAD
6FB94691-3E4A-430D-ACF2-5824B0DDEF1A

サラン16歳と6か月

お久しぶりです。

ずいぶんと更新が滞りましたが、それでも記事を見てくださる方、ブログを楽しみにしてくださる方、サランの体調を心配してくださる方、本当にありがとうございます。

おかげさまで、2月21日に16歳の誕生日を無事に迎えたサランは、健在しております(^^)
1F40F486-4C09-4836-999B-9C87C3E471B9


ただ、加速する老いには抗えず、難題にぶつかるたびに頭を悩ましている飼い主です。

今日は、ここ最近のサランに起こった困りごとと解決策について書いてみようと思います。

①食べムラがある
*ドッグフードの上のトッピングだけ器用に食べてあとは残す
*缶詰も最初は喜んで食べるが、毎日続くと飽きる
*お粥は大好きだが、栄養面が心配

食欲は旺盛なサランですが、食べ物のわがままが目立つようになりました。

お腹が空けば食べるなんて、筋肉が落ち痩せてきた老犬に悠長なことは言ってられず、あの手この手で工夫しました(工夫しています)

サランのご飯の基本は、ドッグフードをふやかしたものの上に鳥のささみです。
そこに、茹でたキャベツやブロッコリーを添えることもあります。

解決策
*フードだけ残したら、魚(たらの蒸したものを冷凍してあります)とその汁を混ぜ込む
*市販の匂いの強いフードであえる
154D1259-BF17-4E9A-B603-CD00D7A61D21

この猫ちゃんでもお馴染みのINABAさんには助けられました。
非常食として保管しておいたのですが、期限が切れそうだったので、残したドッグフードに混ぜ込んだところ完食したのです。

もちろん、味や匂いがサランの嗜好に合ったと思いますが、フードにとろみがついて食べやすかったようです。
老犬にはとろみが大切だと感じました。

高価な缶詰を最後まで使いきれずに、飽きてしまうことがあったので、ドライフードのふやかし&市販のトロミフードは、大きな発見となりました。

それでも、同じものが続けば飽きると思うので、先日、似たような他の製品も購入してきました。

常備しておけば災害時にも役立つので一石二鳥ですよね。

毎日食べても飽きることはないお粥(ササミ入り)は週に3回までと決めてあげています。


②寝ているときのおもらし

サランはこたつの中で寝ていることが多いのですが、時々、カーペットが濡れていることがありました。

ネットで調べると、老犬で去勢した雌犬(全部サランにあてはまる)によく見られる、寝ている時だけに起こる失禁症だということがわかりました。

少し前に病院で血液検査をしたばかりで、腎機能に異常がなかったのも安心材料でした。
(自己診断は危険なのでお気をつけくださいね)

薬はリスクが大きいと書いてあったので、老化現象として受け入れなければいけません。
でも、カーペットが汚れるのは困るし衛生面でも良くないし。

そこで購入したのがこちらです。
ED5F5387-3B5A-4EB6-8C99-35690119EB86

子ども用のおねしょパットです。(モデルはあも)

表は綿素材で、裏はビニール、洗濯機での洗濯も可能です。

こたつの下に敷くとぴったりサイズで、4隅にテーブルの脚をのせれば布が動きません。

色も可愛くて、うちは黄色とピンクを購入しました。

さらに、おもらしだけではなく、最近悩まされていた鼻水汚れも解決しました。

長時間のお留守番と夜寝る時は、オムツをつけることにしました。

オムツというと、なんだか飼い主のほうが、がっかりしてしまいますよね。

とうとう、うちの犬もそんなに年老いてしまったのかと。

私もダンナも娘も最初はそう思いました。

でも、歳をとるのは自然なことで、それは人間も犬も同じ。
いずれ、私たちもそうなるのだと、気持ちを切り替えて、可愛いオムツを購入しましたよ。

軽い尿漏れなら、マナーパットでじゅうぶん間に合います。

たまに、オムツをしたまま、わざわざペットシートのところでジャーっとすることもありますが、しっかり吸収してくれます。(最近おしっこがペットシートをはずれることも増えました)

なにより、介護がはじまり、オムツが必要になった時の練習のために、早めに慣らしておいたほうがいいと思いました。

サランは、まったく気にしませんが、すごく嫌がる子もいるようですよ。

老犬のことをクーピーちゃんと呼んでいる、Instagramと出会ったことで、ずいぶんとサランに対する気持ちの変化がありました。

qooppy_dogで検索してみてください。

ここに登場する、クーピーちゃんとその飼い主さんは今を工夫して、楽しんで生活しています。

あ、ちなみに私もインスタやってます(^^)

ブログの前のクーピーちゃんも飼い主さんも一緒に頑張りましょうね。

今日はこのへんで(^^)

またここでお会いできたら嬉しいです♡

2434C591-7B50-4878-833E-72404135CCB9

新年あけましておめでとうございます

令和3年、元日、富士山をバックに左から、サラン、家人、あもです。

今年もスローペースにはなりますが、ブログを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 

さて、元日のこの日、久しぶりに中井運動公園へ散歩に行きました。

最近のサランは、一日の大半をこたつの中で過ごしています。

あんなに好きだった散歩も、出発する時だけ威勢が良く、5分歩けばもう家路を急ぐという始末。

運動公園へ連れていっても歩けるのかどうか不安はありましたが、おもいきって出かけました。

車を降りると、尻尾を上げて喜んでいます。

この頃は尻尾も下げていることが多いのでそれは珍しいことでした。

ペースこそ遅いものの、あっちこっちの匂いを嗅ぎながら、ごきげんに歩いています。

東家までの急な坂道は、さすがに抱っこしなきゃ無理かなあ。と、家人とはなしていました。

心配ご無用と言わんばかりに、サランは急坂も自分の足でぐんぐんと登っていきます。

サラン、すごいね!すごい、すごいと、励ましながら、ついにてっぺんに到着しました。

いつもは、その東家で、おやつのジャーキーを食べるのが楽しみでしたが、そのことは、サランの記憶からは抜けていたようです。

ジャーキーを忘れてきた飼い主にはありがたかったけど、同時に切なくもありました。

一周すると1時間はかかる散歩コースを、半分に短縮して、30分間、ついにサランは歩ききりました。

それどころか、晴れ渡る青空のもとでは、感性が研ぎ澄まされるようで、表情が生き生きとしています。

このところ、起きていてもぼーっとしていることが多かったので、痴呆が進んだのだと思いこんでいました。

目も見えなくなって、耳も聞こえなくなってしまったのかと、サランも年だから仕方がないねと、家族で話てもいました。

目のほうは、白内障はありますが、見えていると、獣医さんに太鼓判を押されたのがつい最近です。

耳は、トーンの高い、特に女性の声が聞こえやすいみたいです。


家に帰ってから、お腹が空いたようで、おやつをねだり(ジャーキーあげなかったからね)こたつの中でしばらく休んだあと、夕飯もしっかりと平らげました。

翌日も、目をらんらんと輝かせて、また公園に連れていってくれるの?と、言いたげでしたが、そこは老犬なので、無理は禁物!

近くを歩かせたら、5分でもどってきました。

前にも、ブログでおなじことを書きましたが、老犬には刺激が大切なんだとあらためて思いました。

こたつの中ばかりにいたら、どんどん年をとってしまい、心も体も衰えてしまうのだと。
それは人間も同じですよね。

来月には、16歳の誕生日を迎えるサラン。

老いていくことには逆らえないけど、年だから仕方がないなんて思っちゃいけないね。

チャレンジする勇気を飼い主も持たないといけないと思わされた、元日のできごとでした。
3D2DA685-94A3-41BF-8077-BDA132A1EA25

今年もサランの応援よろしくお願いいたします♡

ブログの前の皆さまの幸せをお祈りいたします。

このページのトップヘ