更紗のタペストリー(L)

auoneblogから引っ越してきました。 主に、アート・書籍・音楽・映画などについて語ってるブログです。 もうひとつのブログ(http://sarasata.seesaa.net/)では、日経新聞の連載小説の感想を綴っています。

オーストラリア

PENGUIN'S KISS

ブログネタ
ワイン に参加中!
 名前が面白かったので、『PENGUIN'S KISS』というワインを買ってみました。

PENGUIN'S KISS



PENGUIN'S KISS
CHARDONNAY

South Eastern has some of  the premium cool climate wine growing areas in Australia.  It also boasts Phillip Island home to the Fairy Penguin colony. During winter the cold winds blow up from the south and across the vineyards. Vineyard owners and workers refer to the weather as being "as cold as Penguin's Kiss,hence the name,which captures the essence of the areas producing this quality wine.
Produced by famous Red Hill Estate from grapes grown in South Eastern Australia. A truly remarkable wine,affording all the cool climate quality you export. 



 ラベルの解説によると、描かれているペンギンは「フェアリーペンギン」だそうです。
 「During winter the cold winds blow up from・・・」の部分を読んで、一瞬、「えっ?南からの冷たい風?」と思いましたが、このワインはオーストラリア産なので、南風は冷たくて当たり前でした(^^;) 

『月のお茶アソート オーガニックハーブティー』

ブログネタ
@オーガニック・自然食 に参加中!

 ひさしぶりにパッケージのネタです。
 メリエスの『月世界旅行』を彷彿とさせるようなイラストに惹かれて、『月のお茶アソート オーガニックハーブティー』という商品を買ってみました。


月のお茶1


 私が買ったのは「満月茶」ですが、この他に、「新月茶」「上弦の月茶」「下弦の月茶」というのがあり、パッケージで紹介されています。

月のお茶2

 ↑ちょっと小さいですけど、左側にあるのが「下弦の月茶」のイラストです。



月のお茶3

 ↑左側にあるのが「新月茶」、右側にあるのが「上弦の月茶」のイラストです。
 

 それぞれのお茶の原材料は、以下の通りです。

「下弦の月茶」…有機ブラックベリーの葉、有機ニワトコの花、有機緑茶、有機ローズヒップ、有機リンゴの果肉、有機キンセンカの花

「満月茶」…有機レモンバーム、有機ニワトコの花、有機キンセンカの花、有機タイム、有機ヤグルマギクの花、有機ラズベリーの葉、有機バーベナ

「新月茶」…有機マテ、有機レモングラス、有機ローズヒップ、有機アップルミント、有機緑茶、有機バラの葉


「上弦の月茶」…有機レモンバーム、有機アップルミント、有機ヒソップ、有機フェンネル、有機アニス、有機ラズベリーの葉、有機ヒマワリの花、有機バラの花


 すべての原材料に「有機」と付けているところに、こだわりを感じます。

オーストラリアワイン『WINE MEN OF GOTHAM』

ブログネタ
ワイン全般 に参加中!

 ラベルが面白かったので、『WINE MEN OF GOTHAM』というオーストラリアのワインを買ってみました。



GOTHAM

ラベルの解説↓ 

WINE MEN OF GOTHAM
SAUVIGNON BLANC 2010

The Wine Men of Gotham is homage to the Wise Men of Gotham; an allusion to the reputed simplicity of the villagers of Gotham England. If tradition is to be believed, the Gothamites were not so very simple but simply 'wise enough to play the fool'; in a variety of ways they merely acted silly to gain their ends. Wine Men of Gotham reflects the sincerity of the lovable fools of Gotham.
Bruce Clugston



 「GOTHAM」と書いてあるのを見て、私が真っ先に連想したのはバットマンのゴッサム・シティ(Gotham City)でした。
 GOTHAM公式サイト(http://gothamwines.jp/)を見たら、やっぱりバットマンの「ゴッサム・シティ」のことについて触れているので、海外でも「ゴッサム」といえばまずはまずは「バットマン」のようです。


《ブルースとフィオナが2004年にニューヨークを訪れ、その際に素晴らしい時を過ごしたことからニューヨークの愛称であるゴッサムをワイン名にする事を思いつきました。ゴッサム・シティーはもちろんバットマンで有名になりましたが、この異名は1807年頃に発売された風刺短編集の中で、作家ワシントン・アーヴィングが最初に使っています。これはニューヨークの人々、高位につく人達をパロディにしたもので、もともとは、イギリスの逸話『ゴッサムの賢者(ワイズ・メン・オブ・ゴッサム)』からきています。 》

《ゴッサムの賢者とは、過重な税金を免れるために村人全員が馬鹿者のふりをしたというイギリスのノッティンガム地方に実際あるゴッサム村の話です。
馬鹿者のふりをした、実は非常に利口な村人たち・・
ワインのラベルはこのゴシックなテーマを用い、雰囲気を作っています。ワイン・メン・オブ・ゴッサム(Wine men of Gotham)シリーズはワイズ・メン・オブ・ゴッサム(Wise men of Gotham)をもじったものです。低価格ながら非常にレベルの高いワインをめざす・・
それがGothamのワインなのです。》

「Gothamの名前の由来とは」より)



 「Wise men of Gotham」をもじって「Wine men of Gotham」…。日本なら「オヤジギャグ」と言われそうなダジャレですが、オーストラリアではどうなんでしょうか?
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

さらさ

読書メーター
更紗蝦さんの読書メーター

更紗蝦さんの読書メーター
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ