更紗のタペストリー(L)

auoneblogから引っ越してきました。 主に、アート・書籍・音楽・映画などについて語ってるブログです。 もうひとつのブログ(http://sarasata.seesaa.net/)では、日経新聞の連載小説の感想を綴っています。

週プレ

週プレに載っていた『「ビールで放射線カット」はマジか!?』という記事

ブログネタ
ビール に参加中!
 一時期、Twitterなどで「ビールに放射線被爆予防効果があるらしい」という噂が流れましたが、この噂の真偽を確かめる記事が週プレに載っていたので、ご紹介します。


週プレ・ビール


 この話の出どころは、今から6年近く前(2005年8月)に放射線医学総合研究所と東京理科大学の研究チームが共同で発表していた論文なんだそうです。

《さっそくこの論文について、当時、千葉大学大学院生で研究に携わり論文の著者として名を連ねている物部真奈美氏に聞いた。
「その前日はたまたまビールを飲まなくてはいけなくて……。翌日に採血した血液で実験したところ、『あれ?』という結果が出たのがきっかけでした」
 さかのぼること実験の前の晩、物部氏はある会合に参加し、やむをえずビールを飲むことに。いつもは血液に放射線を照射する実験をする際には飲酒など控えるのだが……。
「大酒もしなかったし、6、7時間ほど経過しているので問題はないだろうと思ったんです」(物部氏)
 物部氏はいつものように、自分の血を抜いて放射線を照射する実験を開始した。ところがいつもと結果が違う。
「血液細胞の中の染色体異常の数が少なかったんです」(物部氏)
 放射線障害に関する研究は、研究者が自ら採血した血に放射線をあてて実験するのが基本だ。科学者が身をていして求道するのはキュリー夫人の時代からずっとそうらしい。物部氏はアルコールが放射線防護に効果があるという話をそれまで耳にしたことはあったが、”伝説レベル”で半信半疑だったという。それが、まさかの結果……、さらに実験を続けることにした。
「日本酒や焼酎も考えたが、ビールは値段も比較的安く、アルコール度数も低いため飲みやすかった」(物部氏)
 今度は大瓶一本超に相当する700mlのビールを短時間で飲み干した後の血液を採取して実験を始めた。(略)
 飲酒前の血液にも同じ放射線を照射したところ、やはり血液中の細胞に起こる染色体異常がビール摂取後の血液では約3分の2も少なかったという! さらに、超強力な放射線である重粒子線を照射する実験でも同様の結果が得られたのである!!
「もしかしたら、本当にビールが効いているのかもしれないと思いました」
(物部氏)》

(この後、マウスを使った実験の経緯が詳しく説明されているのですが、長くなるので省略。)

《さらに詳しい実験を重ねていき、現状ではビールに含まれるメラトニンがガンマ線照射14~21グレイ(放射線を受ける量)で効果があることが分かっている。
 また、同じくビールの成分のひとつであるグリシンベタインを人間の血に添加するとガンマ線、重粒子線ともに一定の放射線防護効果が見られた。
 実験では何社かのビールを飲んで行ったというが、結果はメーカーによっても違っていたという。ただ、ビールに含まれる成分は複雑で、どの成分が効果をもたらしているのかを完全に検証するには至らなかったという。
 いずれにせよ、とりあえずビールをガバガバ飲んでおけば放射線を防げる!と思ってしまいがちだが、そう単純な話でもないらしい。
「放射線はその種類や線量などによって影響が異なってきます。今の状況に対してやみくもにビールを飲んでおけばオーケーというわけではないんですよ」(物部氏)
 そうなのかぁ、ガッカリ……。
「あとは具体的にどの成分がどういう放射線に対して効果があるのか検証していくことが大事でしょう。ただ、いま問題になっている放射線に効果があるのかどうか……」(物部氏)
 物部氏によると、実験では外部から照射する外部被曝を検証したが体内で被曝する内部被曝については検証していないし、事故現場などでどのような放射線が放出しているのか現状では情報も限られており、はっきりとせず、ビールが役立つかどうかは未知数だという。
 さらに詳しく尋ねようと、放医研にも取材を申し込んだが、
「研究担当者が退職しており、取材は受けておりません」
 ……との回答。現在は物部氏も別の研究をしているため、どうやらこの研究は現在中断しているのだ。残念!》


(アルコール類によって放射線による障害を軽くするという話は以前からいろんなところで証言されていたとのことで、その証言がいくつか紹介されているのですが、長くなるので省略。)

《「条件によってはビールになんらかの効果があることは認められる」(物部氏)
 という以上のことは不明だし、飲めば安心という根拠はない! ならばこの際、効くかどうかはさておき、自粛ムードに包まれている首都圏の現状打破のためにも、ビールの可能性を信じて一杯やるのもアリなんじゃ!?
 ただ、実験では瓶ビールしか使用しなかったため、「生ビールに効果があるかどうかはわからない」(物部氏)。
 早急な研究の再開を祈りつつ、とりあえずビール!》


 残念ながら研究は中断しているとのことですが、これは是非とも研究を再開してほしいですね! ビール以外のアルコールでも効果があるのかどうかということも、とても気になるところです。

週プレに載っていた「復興のために……被災地名物を食おう!! 特産品生活一週間」という記事

ブログネタ
地元の名産品をアピールしてください! に参加中!
 4月7日深夜の地震により、被災地にお住まいの方々はさぞかし不安に見舞われていることと思います。
 被災地以外の地域では、今までよりさらに被災地の復興をサポートしなければなりませんね……ということで、今回ご紹介するのは、4月4日発売の『週刊プレイボーイ』に載っていた、「復興のために……被災地名物を食おう!! 特産品生活一週間」という記事です。

 この記事のコンセプトは、被災地の特産品を食べまくり、震災の復興の手助けをしよう、というもので、「曜日別に県を決めて、その日はその県の特産品だけを買いまくる」というプランを提案しています。「月曜日は青森デー」「火曜日は岩手デー」「水曜日は宮城デー」「木曜日は福島デー」「金曜日は茨城デー」「土曜日は千葉デー」「日曜日は長野デー」…という具合に。
 あまり知られていない名産品が紹介されている上に、料理研究科・森崎友紀による栄養の解説や、利き酒師・あおい有紀による地酒の解説もあるので、意外にためになる記事です。
 さりげなく、それぞれの県出身のグラドルを紹介するなんてこともしているあたりが、さすが週プレといった感じです。


週プレ2100-4-4c

 

週プレ2100-4-4b


【週プレおすすめの特産品・郷土料理・地酒】

《青森県》
特産品・郷土料理:リンゴ、大間のマグロ、ホタテ、いちご煮(ウニとアワビのお吸い物)、せんべい汁
地酒:陸奥八仙

《岩手県》
特産品・郷土料理:前沢牛、ワカメ、わんこそば、盛岡じゃじゃ麺、盛岡冷麺
地酒:南部美人

《宮城県》
特産品・郷土料理:牛タン、カキ、ホヤ、笹かまぼこ、ずんだ餅
地酒:日高見

《福島県》
特産品・郷土料理:喜多方ラーメン、キュウリ、
地酒:大七

《茨城県》
特産品・郷土料理:納豆、アンコウ鍋、干しいも、メロン、レンコン
地酒:山桜桃(ゆすら)

《千葉県》
特産品・郷土料理:落花生、なめろう
地酒:岩の井

《長野県》
特産品・郷土料理:野沢菜、信州味噌
地酒:水尾



 政治家が野菜を食べるパフォーマンスよりも、週プレのこういう記事の方が、よっぽど経済の活性化に繋がるような気がします。

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

さらさ

読書メーター
更紗蝦さんの読書メーター

更紗蝦さんの読書メーター
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ