満ちると欠ける恋と月☆(^ε^)-☆Chu!!

元気が1番、現金2番、みんなハッピー?男と女と皆(みんな)がハッピーになるブログを目指します。自然を楽しく美しくロハス楽エン・株式会社サリロハスは終了しました。

五味五色五法

和食 の定式に五味五色五法というものがある。

「五味」とは、甘、酸、辛、苦、それに鹹(かん)、鹹とは塩辛いこと。

「五色」とは、白、黄、赤、青、黒のこと。黒には濃い紫を含む。

「五法」とは生、煮る、焼く、揚げる、蒸すという調理法を指す。生は生の食感を活かす。

日本食とはこれくらいデリケートな料理。

素材の持ち味を生かしながら、味、香り、色を大事にし、春夏秋冬の季節感をも重視し、材料の旬にも気を配る。

さらに、料理を盛り付ける器も、料理によって或いは季節によって、色、形、材質について配慮する。

色については、青の食材はないはず。緑のことだろう。

地球が誕生して、植物が生命を持ったとき、すべての植物は緑色であり、唯一の色だった。

この緑の食べ物は、主に体の調子を整えるとされる。

また、人類が最初に意識した色である赤い食べ物は、主に体の血や肉を作るといわれる。

黄色い食べ物はエネルギーになるとされる。

チャールズ・R・ダーウィンの「種の起源」によれば、その葉緑素は「植物の化学作用である変種や変異で、新しい色が進化した」という。

藻類が海から地上に進出したときに強烈な紫外線から身を守ったのが、抗酸化力という色の防御システムだった。

果実は未成熟の緑色をしているとき光合成を行い、成熟すると、カロテノイドやアントシアニンが生成され、赤、黄、紫に変化する。

この色素の抗酸化力は種を守り、同時に色づくことで、赤い色が識別できる鳥が種子を運ぶことが出来るように、食べてもいいというシグナルを送っている。

鳥だけでなく、赤色は、昆虫、動物、人間などにも食べてもいいというサインを送っているのだった。

こうして果実の色は、種の保存を図っている。

赤い果実がなぜ赤いのか、その理由は種の保存。

植物が種を切らさない、子々孫々の繁栄のためだった。

それを人間が食材として食べ、すべての生物に生きることに貢献している。

いただきます。ご馳走様。

すべの生物は、自然の恵みに感謝です。

五味五色五法は中国 の陰陽五行や薬食同源の考え方を源流に、日本に伝わり、独自にアレンジされたもの。

食は健康の源。五味五色五法は食のバランスをよく考えている。

食のルネッサンス・スローフード

スローフードは「食」を通して新しい時代の価値を考えるもので、古き良き食文化を現代に甦らせる、いわば食のルネッサンス。

食の文化復興運動として、食の楽しみを人類へ呼び戻そうとする活動でもある。

1986年、イタリア北部の小さな町ブラに住む食文化雑誌の編集者、カルロ・ペトリーさんが「アルチ・ゴーラ」という美食の会を作ったことが、スローフードの始まりだった。

この時期、ローマにマクドナルド1号店が進出するにあたり、街の景観が損なわれることを危惧した市民による騒動があった。

と同時に、地元ならではの食文化が損なわれないのかということもあって、ファーストフードに対抗する「スローフード」として、草の根の活動から広がった。

今では世界中に広がり、日本でも全国に活動拠点を置く。

この活動には、3つの指針がある。

一つは、姿を消しつつある郷土料理や質の高い小生産の食品を守ること。

二つは、質の高い素材を提供してくれる小生産者を守っていくこと。

三つは、子供たちを含めた消費者全体に、味の教育を進めていくこと。

地域を愛する、地域の魅力を見つめ直す、地産地消をすすめるスローフード。

日本でも、「地産地消」とともに、スローフードという新しい時代文化が浸透しつつある。

「地産地消」は、消費者の食に対する安全・安心志向の高まりを背景に、消費者と生産者の相互理解を深める取組みとして期待されているが、もともと北海道の農業関係者が「地域生産、地域消費」のことを略して用いて、それが全国に広がった。

「地元で生産されたものを地元で消費する」という意味で、特に農林水産業の分野で使われている。

消費者が近くて作られているものを食べる、消費する。

生産者にしてみれば、食べる人の近くで作るということ。

スローフードも、地元の郷土文化、土着の食文化やつながりを基礎にしており、地産地消の理念と共通している。

全てがスピードや企業利益を優先させてきた「ファーストライフ」の結果をもたらした食の均一化が今の日本の食文化にも見られる。

それは単に食の均一化だけでなく、添加物や農薬による食の環境の変化、自然環境への負担なども引き起こしているかもしれない。

ファーストライフをスローに転換してはどうかというのが、スローフードという言葉にこめられた提案であろう。

ファーストフードの対極がスローフード、食のルネッサンスでもあるわけですね。

もうない酒井法子

酒井法子が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕状が出てから、もう2ヶ月が経ち、この事件で色々なことを知った。

逃走中に、新興宗教「真如苑」の支部に隠れていたとか。

息子を知人に預けていたとか。

その知人が旦那の愛人っていうから、この夫婦はどうなっているの?

その夫が自称サーファーとも。

信仰の自由、宗教の自由が認められているのだから、「真如苑」を信じることに、他人があれこれ言うこともない、でしょう。

「真如苑」がいかがわしい宗教なら別ですが・・

夫が自称サーファー、ということは、本業がないのか。

妻に生活の面倒見させていたとなれば、ジゴロ?

覚せい剤取締法違反で、事務所からは解雇された。

芸能界復帰は当面厳しいかも。

タレントの小向美奈子は、再起をはかってストリッパーデビューをしているが、いくら生活のためとはいえ、酒井法子がそうするのだろうか?

田代まさしの場合、破廉恥な軽犯罪程度を何度も繰り返して、覚醒剤所持・使用容疑で逮捕されて、とうとう芸能界から干された。

研ナオコや美川憲一は、覚せい剤使用で芸能界復帰を果たしたが、酒井法子の場合、清純派ではもう無理。

まもなくアダルトビデオで、酒井法子が拝める可能性があるが、もうその程度の芸能人になり下がるのかも。

そもそも40歳という年ごろは、若いタレントがどんどん消えていく中で、世間の注目を集め続けるのは、大人の女として、そこはとなくアデヤカで、イイ女でなくてはならず、アイドル出身のカワイイ酒井法子には、そこのところが少し物足らない。

大人としての女の演技が求められるのに、カワイイ酒井法子には、アイドルタレントとしての残影を残して、その遺産で女優を続けてきた。

愁いを帯びた「宮沢りえ」大女優路線は、キャラ的に難しいが、「本田美奈子」路線なら、もしやして・・

ヒット曲にも恵まれず、歌手としても、人気にも陰りが出てきて、この先、女優として生き残るには、新たな路線の再構築を図らなければならないのに、その道がほとんどなかったともいえる。

身から出たサビとはいえ、酒井法子がこれまでの酒井法子として、芸能界で生きていくことは、もはやないだろう。

夢を追いかけて、芸能界入りして、第一線を走り続けることが、どれほど厳しいものか。

芸能界を目指す人たち、すでに活躍している人たちは、これを「他山の石」として、今後の生活態度に万全を期してもらいたいものです。

月面衝突探査機「エルクロス」今晩の20時30分に衝突!

アメリカ航空宇宙局(NASA)では2段式の月面衝突探査機「エルクロス(LCROSS)」を月のクレーターに今晩衝突させます。

先日来から報道のある「月の水」の調査で、発見可能性が高い「カベウス・クレーター(Cabeus)」の陰の部分へ衝突させ、その爆発熱で地中の氷が蒸発するかを調べる手法(かなり雑駁な書き方ですが)です。

水(氷)があれば熱で蒸気があがりますし、水以外の物質であっても蒸気や舞い上がったチリの分析で成分が分かるはずです。果たしてその瞬間を我々は観ることが出来るでしょうか!?

月の南極付近に集中して水分子が存在しているという調査結果があり、その中でもクレーター付近に水分子が集中しているとの報告があった南極付近の小さなクレーター「カベウス・クレーター(Cabeus)」が紆余曲折の結果対象になりました。

地上から衝突の閃光を観るのは難しいですが、実はNASAによるネットTV中継もあるようです。

今晩19時15分(日本時間)から以下のURLで公開予定です。

お時間の都合がつく方はぜひご覧下さい。

NASA-TV

http://www.nasa.gov/ntv


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1305875399&owner_id=6650418
西弘次さんの日記より引用

なお、西さんからは、引用について、ご承認をいただいております。

ありがとうございます。

25%削減で、さっそく旭化成

鳩山首相が表明した、日本の温室効果ガス排出量を2020年までに25%削減で、さっそく旭化成の株を買った。

旭化成は、二酸化炭素を原料とするポリカーボネート製法で先端を走っており、アメリカや中国を巻き込むことができれば、世界中に市場が広がり、旭化成の独壇場になる。

環境技術は、日本が先陣を切っており、旭化成だけでなく、三菱重工とシェルが事業化するプラントも。

以下、引用

これは火力発電所から出るCO2を回収して圧縮、地下約1000メートルの油層に送り込む。

CO2を地中に封じ込めると同時に油層内の原油が地上に押し出され、中東などの油田地帯では原油生産に付随して産出する天然ガスを火力発電に利用する例が多く、新装置により発電に伴うCO2排出の削減と原油増産という2つの利点を同時に得られる。

温暖化という足かせを意図的に嵌めることで、先進国主導の技術革新を促すというわけだが、その目的には二酸化炭素を物質の中に「固定化」するという目的があったのである。

あとは「一般家庭」についての対策だが、こちらはゴアの映画などを使って、「炭素税受け入れ」の世論を作り出しているわけである。

http://amesei.exblog.jp/6390540/
より引用

中小企業診断士の試験

中小企業診断士の試験は、1次と2次があり、1次はマークシート、2次が論述になっている。

1次試験には、財務会計、企業経営理論、運営管理、経営情報システム、経営法務、経済、中小企業政策などがある。

経営情報システムは、今日、企業経営で欠かせないもので、情報システムについては、企業経営理論、運営管理でも試験で出題されている。

短期合格の道は、専門学校に通うなり、通信教育を受けることだろう。

大原簿記専門学校、LEC、TAC[タック]、日本マンパワー、クレアール・・などがある。

中小企業診断士とは

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家である。

いわば、経営コンサルタント。

世の中、コンサルタントと呼ばれる、いわば自称コンサルタントは色々いるが、中小企業診断士は、法律上の国家資格として、経済産業大臣が登録することになっている。

この資格試験は、結構難しいが、だからといって経営コンサルタントになるのに、この資格がどうしても必要かというと、そうでもない。

実際、中小企業診断士の資格試験の合格しなくても、経営コンサルタントを名乗っているコンサルタントはいくらでもいる。

しかし、信頼できる経営コンサルタントは、やはり中小企業診断士の資格試験に合格した中小企業診断士。

中小企業診断士は、財務諸表から経営診断、企業の成長戦略の策定について専門的知識をもってアドバイスできるのだから。

なお、中小企業診断士1次試験合格者は、2次試験の代わりに、大学院で単位を得て、資格を得ることができる。

満月に歌われる恋人との出逢い

10月3日は、満月です。

万葉の世界では、「すばらしい月」は満月。

恋人との出逢(あ)いは、満月に歌われるといわれます。

美しい月夜で、共寝ができるはずの夜なのに、恋人の訪れがなく、独りで寝なければならない夜。

逢えない悲しみを満月を見て、切ない恋心を歌ったのでしょうか?

春日山霞たなびき情ぐく照れる月夜に独りかも寝む
【坂上大嬢(さかのうえのおおいらつめ)・万葉集】

意味は、春日山に霞がたなびき、私の心もふさいでいる。月がせっかく明るく照っている夜なのに、独り寝するのは淋しいことよ。

この歌は、坂上大嬢が大友家持(おおとものやかもち)に贈った歌。

雪の上に 照れる月夜に 梅の花 折りて贈らむ 愛(は)しき児(こ)もがも
(大伴家持)

合格率私学トップの愛知大学ー新司法試験に思う

今年度の司法試験の合格者が発表されたが、新司法試験合格者2043人、初の前年割れとなった。

2010年ごろまでに年間の司法試験の合格者数を3000人にする目標を掲げていたのに、どうしたものか。

今年の試験は、昨年より1131人多い7392人が受験し、合格者は、このうち、大学の法学部卒業者を中心とする既修者コース(2年)の出身者は1266人、合格率は昨年比5ポイント減の39%。

また未修者コース(3年)出身者は777人、合格率は同3ポイント減の、たった19%だった。

法科大学院の設立趣旨は、多様な人材、云々だったが、実態は法学部卒業者が中心。

合格者数上位の法科大学院は、1位が東京大、2位が中央大、3位が慶応大、4位が京都大、5位が早稲田大と続く。

ところが合格率となると、1位が一橋大で62,9%、2位が東京大で55,5%、3位が京都大で50,3%、4位が神戸大で49,0%、そして5位に愛知大、41人中20名合格で合格率48,8%と大健闘している。

愛知大学は、合格率では私学トップ。

愛知大学法科大学院は、短答式パス率では、全学トップ、最高の9割を達成しているから、たまげたもの。

さらに驚くのが、他の大学院では圧倒的に既修者の合格率が高いところが多い中、40〜50%程度の未修者合格率があることである。

合格した本人の努力は、もちろんだが、愛知大学の法科大学院の教育の質の高さが伺える。

愛知大学では、このほか少人数教育に加えて図書館の24時間開放など、サポート体制に万全を期している。

愛知大学の今後に注目です。

嘆かわしい別れさせ屋

7月20日、TBS系のテレビ報道番組で、「別れさせ屋」なるものを特集していた。

多くが探偵事務所が行っているというが、特集では、妻と別れたい夫が探偵事務所に依頼。

妻に分かれさせ屋が近づき、不倫をして、これを証拠写真に別れさせる。

事件は、別れさせ屋による妻殺害にまでに至り、何とも切ないやり切れない。嘆かわしい。

うわべだけの夫婦は多い。

以前の報道番組「婚活」特集では、「なぜ結婚したいのか」というインタビュアーの問いに、一人暮らしの男性の答えは、このような趣旨だった。

「病気で長い間、仕事を休んでいて、その看病のために」

ならば、妻は家政婦なのか。

また家族と暮らす女性の答えは、このような内容の趣旨だったかと思う。

「周りが結婚したから、自分もそろそろ」

男も女も、ともに「愛」がない。

これでは結婚して夫婦という形だけを整えても、相手へのいたわり、思いやりのない、夫婦としての中身が伴わない、そんな夫婦生活を送ることは、目に見えている。

同じ屋根の下に毎日、一緒に暮らしていても、妻は亭主が稼いでくれるから、安月給でも何とか一生食いつないでいける、という打算だけで夫婦を続ける。

夫も結婚して会社内外で一応の社会体裁は整えることはできる。

離婚でもすれば、社会的評価なり、自分の身分にも影響しかねず、これまたお金ではないが、体裁という打算で、夫婦を続ける。

別れさせ屋は使わないけれども、家庭内では夫も妻も、すでに心は別れている。

だから妻はヨン様追っかけ、夫は夜のネオン街へと足しげく通うことになる。

ヨン様、自分のだんなよりカッコいいもね。

夫も、自分の女房の三段腹、不細工な寝顔にうんざりだもね。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ