October 14, 2009

NY原油、1年ぶり高値 金は連日で最高値

14日朝方のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は5日続伸。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の11月物は前日比1.02ドル高の一バレル75.17ドルまで上昇する場面があった。

2008年10月21日以来、ほぼ1年ぶりの高値。世界的に原油需要が強まるとの見方に加え、米商務省が発表した9月の米小売売上高が市場予想ほど減少しなかったことなどから相対的に金利の低いドルが対ユーロなどで下落。ドル建てで取引される原油の割安感が強まったようだ。


 ニューヨーク商品取引所(COMEX)では、金先物相場が3日続伸。取引の中心限月である12月物は前日比7.0ドル高の1トロイオンス1072.0ドルまで上昇し連日で中心限月としての最高値を更新した。

米経済指標や企業業績の改善などを背景にリスク資産を物色する動きが強まり、外国為替市場でドルが対ユーロで昨年8月以来の水準まで下落。ドルの代替投資先と位置付けられている金への資金流入が続いている。


saru5 at 23:24│Comments(0)TrackBack(0) 商品先物 | 投資情報

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字