来年 2020年 WRC Japan Rally開催決定や!
見に行かなくては。。。。


以前から 「そのうちドローンを買おう」と思いながら鳥に没頭していたのでずれずれに。

コアジサシロスでちょっと鳥から離れてるのでこの機会にと2機購入(ただし200g未満のトイドローン) 一つは室内用の豆粒みたいなのでもう一つは航空法適応外のぎりぎり大きいの

ドローン始めるにあたっての注意事項

200g以上の本格的ドローンは航空法によって規制がきつい
本格空撮ドローンNo1の中国 DJIのHPがわかりやすい
ざっくりいうと人工集中地域と個別の飛行禁止区域以外に飛ばせない場所は高度150m以上、第三者や建物とかから30m以内、夜間等々結構がんじがらめです(飛ばすには個別に許可がいる)

200g未満の機体でも各県の条例で河川敷(淀川は全面的にアウトかな?)公園等とか神社や寺も個別に禁止されてることが多い。 他人の土地を飛ばすのもグレーなところがあり 堂々と飛ばせるのはドローンの練習場や自宅の屋内 誰も居ない公共の海の上とか

室内用の小さいドローンで部屋の中で遊ぶのが1番誰にも迷惑かからなくていいです

場所以外でも使っている無線によっては無線免許と無線局が必要だったりするので
この無線も屋内かどうかで違ってくるし
とりあえず買う前には技適マーク有無を確認

最初に何を買うのがいいかと言う話ですけど
飛ばして遊ぶなら室内用の小さいので高度維持機能だけ付いてるやつ
いつでも飛ばせるし操縦の練習にはいちばんいいと思われる
高度維持機能が無いと最初は難しすぎる

空撮で使いたいなら最初からジンバル付きの本格派を買うべき
こういう機種はパワフルで風にも強くセンサーも充実していて安定度抜群なので誰でもある程度は飛ばせる。 自動での撮影も豊富なので操縦技能があまりいらない
ただ いざというときのために安物のドローンも買っておいて手動での操縦訓練はやっておいたほうがいいと思う。

で、僕が買う予定の機種はDJI Mavic AirParrotのANAFI
ここにきて また気になる機体が発表 Skydio 2
いまので飽きたらやめるけど(笑)

HS210
RXM07122



今使ってる機種 HS120Dの写真
GPS付きなのでホバリングは簡単  操作に迷ったら手を離せばその場にとどまってくれるので初心者には安心感があります
P_20190928_124642_vHDR_On

ちなみに写真撮影
20190928-134847-098909-0

動画からのキャプチャ 動画そのものはジンバル無いのでそれなりですし
振動による?こんにゃく現象も出るので空撮動画目的ではおすすめしません
20190928-163616-153178-0.avi_000005200