2007年09月03日

熱い胸さわぎ(2)

4.恋はお熱く(★★★☆☆)
ここでバラード。しかも波のSE付。曲としてはシンプルなバラードだが、桑田の粘るようなヴォーカリングがアクセントになっている。
「夏がくるたびぃぃぃぃ〜」の搾り出すような歌い方の部分がクライマックスか。
しかしその後の「うぉ〜うお〜お〜」がすべて持っていってしまった感あり。


5.茅ヶ崎に背を向けて(★★★★☆)
サザンオリジナル第一号とされている曲。ここでハラボー登場。桑田とデュエットしている。曲は良くまとまったロック。さすがのハラボーも声が多少上ずった感じが初々しい。後にシングル『気分しだいで責めないで』のカップリングに若干アレンジを変えて収録される。また2000年の「茅ヶ崎ライブ」では地元ならではのアレンジが披露されている。

6.瞳の中にレインボウ(★★☆☆☆)
ん〜。いろいろ詰め込みすぎて、それぞれもあんまり良くつながっていないような。
最初のキャバレーの雑音のSEしか印象に残らなかった。
もっと泥臭い曲だと面白かったように思う。

2007年09月02日

熱い胸さわぎ(1)

熱い胸さわぎ  1978.8.25

いわずと知れたサザンのファーストアルバム。まだまだ初々しい楽曲が並ぶ中でも、これからのサザンの大躍進を思わせる楽曲も並ぶ。
正直今のリスナーには全曲をじっくり聴くのは辛いアルバムかもしれない。
リマスターでもされれば多少は違うかもしれないが、ここはサザンの始まりとしての位置づけに重点を置いてもらいたい。

1.勝手にシンドバッド(★★★★☆)
サザン衝撃のデヴュー曲にして、サザン最強のハチャメチャロック。といいつつもベースにはラテンフレーバーがたっぷり。デヴュー以来30年近く彼らのライブへの登場回数・登場位置を見ればこの曲が持つエネルギーと完成度がわかるだろう。
詞は、無意味な言葉のサビがあると思えば、サザン、いや、桑田の持ち味の一つである、「刹那さ」が実はこの曲から全開に表現されている。
やけくそなんだけど、どこか刹那い。ギラギラの夏のようだけど、寂しい夏。
意外と奥深い曲ともいえる。


2.別れ話は最後に(★★★☆☆)
会社はこちらをデヴュー曲に推薦していた曲。確かにボサノヴァのお洒落な楽曲でまとまっている感じもするが、これでデヴューではただのちょっといい曲作る人たちで終わっていたかもしれない。桑田のボーカリングものどを振り絞るような感じになっているが、逆に言えばそうでもしなければ曲にひっかかりができなかったのだろう。
後年現在のサポートメンバーの斎藤誠(ギター)が自身のアルバムでカバーしている。


3.当たって砕けろ(★★★☆☆)
デヴューシングル『勝手にシンドバッド』のカップリング曲。
この曲で特筆すべきは詞。「いの一番」といった、粋な日本語が満載。洋楽・邦楽の見事な折衷の始まりのような曲。ピンクレディも顔を覗かせ、昭和の匂いがたっぷり。曲は軽いポップスで初々しいながら楽しくなってくる。



2007年09月01日

所信表明

9月になりました。
このブログも多少復活させていこうかと考えています。
方針としては初心に返って、

サザン

をメインにしていこうかと。
よって当面は

サザンオールスターズアルバムレヴュー!!

をやっていきたいと思います!!
『熱い胸さわぎ』から『キラーストリート』まで!!
しかも『すいか』『happy!』『バラッド』シリーズ 『海のYeah!!!』
などの企画アルバムも含めていきたいと思っています!

もっと欲を言えばKUWATA BANDや桑田佳祐のアルバムもできたらいいなぁ〜

とりあえずまずは『熱い胸さわぎ』です!
お楽しみに!?



sas_tai_1978 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!思いのままに 

2007年08月29日

風の詩を聴かせて

d33201f4.jpg本当におひさしぶりでございます!
来月こそはもうちょっと書いていきたいと思いますww

小手調べに・・・

風の詩を聴かせてレヴュー!!


1.風の詩を聴かせて(☆☆☆)
ギターがメインの切ないバラード。ん〜まあ曲も歌詞も正直ありふれた桑田メロディーか。おそらく映画とセットで恐るべき威力を発揮するのかもしれない。映画を見てみようかと思わせる。シンセサイザーとハラボーのコーラスが完全にサザンを思わせる。が、もはやそんな事に垣根はなくなっているのでOKなのだろう。
やっぱりボーカルが弱いのが残念。

2.NUMBER WONDA GIRL〜恋するワンダ〜(☆☆☆☆)
なかなかお洒落なロックで、桑田節も炸裂していていい感じ。ただなんとなくクライマックスがないまま過ぎていく感じがしないでもないか。
この曲でのヴォーカリングはかっこいい。

3.MY LITTLE HOMETOWN(☆☆☆☆☆)
最高!今年のソロシングルの曲の中で一番ですね〜
曲はあまり使わないスカ、もしくはレゲエを使用。ボーカルも跳んでるし、太い。
詩がノスタルジックでありながらもまるで日本の祭りのクライマックスを演出するかのようなノリノリな曲。「夕方CHIYAMAに〜」でそれらが爆発する感じもGood!
最後お祭りの掛け声で終わるのも無理がなく、私的には最近の桑田・サザンの曲で相当上位に入りそうな曲だと思う。





ちなみに今年の桑田曲の俺的なランキングw

1.MY LITTLE HOMETOWN
2.こんな僕でよかったら
3.明日晴れるかな
4.NUMBER WONDA GIRL〜恋するワンダ〜
5.風の詩を聴かせて
6.男達の挽歌

sas_tai_1978 at 20:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!Southern All Stars 

2007年06月25日

あらま

あまりに放置しすぎですね・・・

もう6月も終わっちゃうww

来月はぼちぼち書きますよ・・・たぶんw

sas_tai_1978 at 15:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!思いのままに 

2007年05月15日

明日晴れるかなレヴュー!

74f5e692.jpg早速買ってきました。
とりあえずレヴューを。

1.明日晴れるかな(☆☆☆☆)
ピアノのイントロから始まる。久々の壮大なバラード。サビ前からサビにかけての展開はぐっときます。今回は歌詞がなかなかひねってあって、昔のような「歌詞カードみないと何言ってるか分からない歌唱法」が復活しています。これいいですね。
ただ、高音の裏声や、子供コーラスなど、歌う事から多少逃げているような(素人にいわれたくないだろうけどw)感じもします。

2.こんな僕で良かったら(☆☆☆☆☆)
これいいですね〜一番のお気に入りです。きっと今桑田さんがやりたい音楽に近いのではないのかなとも思います。おもいっきりジャズですね。最近の井上陽水のジャズのようなおしゃれな感じです。歌も太い声もしっかり出てますし、とってもかっこいい!一つ難があるとすれば、歌詞のまとまりがイマイチな気がするところでしょうか。

3.男達の挽歌(エレジー)(☆☆☆)
ん〜まあロックではあるんですが、まあもうゴリゴリのロックはもう無理なのかもしれませんね。それはいいんです。でも無理してロックをする必要性を感じないのです。まあ商業ベースのお話もあるでしょうから。
まあいい意味でも悪い意味でも「カップリング」な曲といった感じでしょうか。

4.こんな僕で良かったら(Trumpet & Jazz Piano Trio:CM Version)(☆☆☆)
2曲目のCM用インスト。短いです。ドラムのサンプリングは桑田さんだそうで。
ん〜。インストをやってくれたらとは思っていましたが、もうちょっと落ち着いた感じがよかったような・・・

sas_tai_1978 at 17:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!Southern All Stars 

2007年04月23日

参考資料

これはミクシイにアップしようとした文章。


いや〜冷静に読むとやっぱアップしなくてよかったw









悩みとか不安とか、大なり小なりみなさんお持ちだと思う。
そしてその各々の悩みによって心を痛めるときがあると思う。
そんな時、みなさんはどうやって乗り越え、癒していくのでしょうか?

カラオケで熱唱?
家族との語らい?
ペットとの触れ合い?
友人との語らい?
恋人とのじゃれあい?
スポーツで発散?
音楽を聴きこむ?

まあ色々あることでしょう。
私はこの26年、悩みは内に秘め、心は痛みっぱなしで生きてきました。
ケアーもフォローもうまくできないのです。
きっと弱い人間だから。弱いから、悩んだり傷ついたりすると動けなくなる。
よく、話をすると楽になるっていうけど、そういう人が羨ましくてしょうがない。
悩みに対してどうしなければいけないかってことは自分がよく分かっているから、話をしたところで、それはただ不幸な自分に酔っているだけのような気がするのです。
現にこの日記もそういう自己満足にちかい卑しい文章に成り下がっているのです。

こういう日記をミクシイには書きたくなかった。
なんだか自分の性に合わないし、弱いところを人に見られたくないというのもある。

でも、なぜ書いたのか。

一つは、まあ悩みが人並みにあるから。
一つはこういう激白をミクシイでする方が結構いらっしゃるから。俺も書いたらどうなるだろうなんて。
一つは私の自慢のマイミクさんたちなら一回くらいこういう日記を書いても許してくださると、甘えたことを考えたから。

私はよく、人に対してこうならどう?とかこうなんじゃないの?なんて生意気な事を意見したりしています。
本当はそれは全部自分に足りないものだったり、自分が分かってないことだったりするのです。

本当は俺、そんな分かってる人間なんじゃないのです。

ああ・・・なんだこの日記・・・

やっぱり消そうか・・・・


読んで欲しいから書いたのか、自分でこういう文を書いて、そういう自分に酔っていたいから書いたのか。



逃げてばかりでは絶対ダメだ。それは分かっている。でも逃げてしまう。タダの甘えだ。でも逃げたい。甘えだ。逃げる。待て!ダメだ!さよなら・・・

こんな感じで毎日過ごしている。


ああ〜きっとこういう日記は引かれるなww
まあ不幸にも読んでしまった方は見て見ぬふりでもしてくださいw


後でこれを読んで「うわ〜何書いてるんだよ、恥ずかしいw」て思えるようになってるといいな・・・





そのまま載せましたw
やっぱり俺はバカだなおいw

sas_tai_1978 at 23:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!思いのままに 

2007年04月20日

映画主題歌

 桑田佳祐、映画主題歌書き下ろし!
おそらく8月前後で発売でしょう!ガンで亡くなったサーファーのお話だとか。
もしかしてビーチボーイズ風?楽しみです。


 今日もまた無駄に過ごしてしまった・・・

 鬱だ・・・

2007年04月17日

ドラマエンディング

 ドラマのエンディング見ました。

 まあ、いままでの焼き直し色は多少抑えられているようです。

 あの子供コーラスはどうなんでしょう・・・

 まあ、佳作であることは間違いなさそうです。

 それにしても高音・裏声多いな・・・wソロだと増えるような気がする。

 裏声にしても声があんまり出てないようだけど、あれは演出なんでしょうかね?



 ところで仕事の方は相変わらず何も変わらず

 どうしよう、どうしよう・・・

 とりあえずワードとエクセルとVBAを独学で勉強しているけど、

 こんなことやってる場合じゃないんだろうな・・・・・・・・・・

2007年04月16日

現時点で

いまだ動けず・・・

雨だからとか

来月からとか

車の運転に慣れてからとか・・・

言い訳ばかりが増えていく

最低だ

sas_tai_1978 at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仕事 | 思いのままに

2007年04月14日

明日晴れるかな

桑田佳祐ニューシングル516日() 発売!¥1,260(税込)

明日晴れるかな  初回盤:VICL-36600(通常盤:VICL-36601)
★初回プレス3大特典

● Bonus Track
「こんな僕で良かったら(Trumpet & Jazz Piano Trio:CM Version)」収録
● シルバーケース仕様
● オリジナル“Cherry”ステッカー封入

収録曲: 
 M1 「明日晴れるかな」
     4/16スタート フジテレビ系月曜9時ドラマ「プロポーズ大作戦」主題歌


 M2 「こんな僕で良かったら」
     アメリカン・エキスプレス「MORE THAN JUST A CARD」キャンペーンソング

 M3 「男達の挽歌[エレジー]」
    大型CMタイアップ予定(詳細後報)



★アナログ盤同時発売!
● Bonus Track
「こんな僕で良かったら (Trumpet & Jazz Piano Trio:CM Version)」収録
● ネオンカラージャケット仕様
● オリジナルミニポスター封入
■価格:¥1,995(税込)
■品番:VIJL-60600【初回限定生産】






とまあこんな感じです。M1M2はサビ部分はもう聞いています。今のところ可もなく不可もなくといったところでしょうかね。
それにしても発表から発売までが長いな・・・w




sas_tai_1978 at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!Southern All Stars 

内情激白

 正直自分に社会人としてやっていく自信がない。

 もうこの歳になって初就職なんて・・・

 きっとほとんどの企業が相手にしてはくれないだろう。

 かといって労働・体育会系の職場は正直自信がない。

 いや、そんなこと言ってる場合じゃないんだけどね。

 とりあえず

 月曜にハローワークにでも行こうかと・・・

 最大の問題は車の運転が苦手だということ・・・・

sas_tai_1978 at 21:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!仕事 | 思いのままに

2007年04月05日

26

誕生日です・・・


ん・・・・


しっかりしなきゃ・・・

sas_tai_1978 at 21:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!思いのままに 

2007年04月02日

晴れるといいけど

桑田佳祐ニューシングル5月16日(水) 発売!
「明日晴れるかな」4/16スタート フジテレビ系月曜9時ドラマ「プロポーズ大作戦」主題歌
こちらで「明日晴れるかな」が少し聴けます!


sas_tai_1978 at 10:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!Southern All Stars 

2007年03月16日

こんな僕でよかった?

 めっきり更新もなくなり、淋しいかぎりですねw

 とにかく今気持ちに余裕がありません・・・


 あ


 そうそう


 桑田さんの新曲がアメックスのCMでO.A中です!ぜひチェックしてみてください!

2007年03月04日

墜ちていく

 だらだらとした日々・・・・

 いかんですね。

 来週(月曜)から公的機関巡りです。

 地元警察署 地元役所 本籍地役所 地方法務局 県庁

 いや〜めんどくさい。



 ところで・・・
 前の日記で書きましたが読み終わりました「クワタを聴け!」。
 おおむね納得できるものでした。

 キラーストリート以降の評価が低いのが納得いきませんでしたが、読み返してみるとなるほど、確かにそうかもしれない。ROCK AND ROLL HEROは今でも聴き返したくなる曲があります。そして聴いてみて改めて「いいな〜」なんて思うわけです。

 が、

 キラーストリートは・・・まあ聴く事は聴くんですけど、なんていうか・・・とりあえずサザンの新譜出しました、見たいな雰囲気の曲が多い。

 もはやサザンは、大きな保守王国になってしまったのです。しかも政府(サザン)と国民(ファン)が癒着している。TSUNAMIまではその癒着もセンチメンタルも含めいい関係だったけど、波乗りジョニーあたりから、とくにサザンとソロの境が消えてからは、それがただただ癒着して、箱庭的雰囲気になってきているような気がする。

 たとえば今桑田が、レディオヘッドばりのテクノ・プログレ路線のアルバムを作ったらどうか?もしくはジャズ全開のアルバムを作ったらどうか?

 きっと桑田にはもっとやりたい音楽があるようなきがします。

 でもきっとそれは保守王国では許されなんですね。

 あえてひどい言い方を言えば、桑田はクリエイターではなくプロダクターになってしまったんじゃないかと。創造者から製造者になってる、いやならざるを得ないのではないかと。


 これはもう、サザン保守王国の崩壊(=解散)をして、桑田に新たに国を作ってもらうしかないのではないかな〜なんて。

 まあ、恐らく無理でしょうがねw


2007年02月21日

お久しぶりね

e37ab690.jpg いや〜だいぶお留守にしまして・・・・

 とりあえず宅建の実務講習は無事終了しました。恐らく合格できたと思います。

 ひとつ悔やまれるのはお隣さんと仲良くなれたのにメアドを聞けなかったことw

 まあ妊婦さんですからね・・・w


 とまあそんな感じですww


 写真は今日買ってきたサザン&桑田ソロの全曲批評をした本。これから読んでみます。

2007年02月04日

ながらく

 家族の間で風邪が大流行・・・

 看病&罹患で、てんてこ舞いです。

 2月ですけど、

 今月は宅建実務講習なんかあるんで、しっかりしなきゃ。

 最終的には、受験から登録までのレポートが書けたらいいな〜なんて思ってます。

sas_tai_1978 at 16:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!思いのままに 

2007年01月23日

「LOVE」 レヴューFAINAL

22. While My Guiter Gently Weeps
こちらも恐らくアンソロジーからの音源。ストリングスとギターで更にむせび泣くw
エンディングにはこちらもアンソロジーからの音源の「A Day In The Life」のカウントが入ります。

23. A Day In The Life
特にいじられて無い様子。ボーカルがポールに変わるときの、目覚まし時計の音の後のポールの声がカットされている。

24. Hey Jude
いままでそういうヴァージョンがあったかしらないけど、いわゆるラジオエディット的になっている。つまり曲が短くなっている。最後の♪ナナナナの部分で一タンバリンとドラムだけになる。現在のポールがライブで歌うヴァージョンに似ている。

25. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(Reprise)
感動的な全曲の余韻を一気に振り払う感じはこのアルバム最大の聴き所。曲自体はそんなにいじられていないが、最後はこの曲の最後と同じコードで終わる曲を複数重ねているらしい。

26. All You Need Is Love
いよいよ最後。曲はあまりいじられていないが、最後にクリスマスのときに出されたジョンのメッセージが「Good Night」のアウトロのストリングスに続いて流れて終了!





sas_tai_1978 at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!音楽 

2007年01月17日

「LOVE」 レヴュー3

16. Octpus's Garden
一番大化けした曲かも。イントロは「Good Night」のストリングスに乗って、恐らくスピードをいじったリンゴのボーカルが入る。そしてドラムが入って従来の感じに。さらに要所要所にリンゴのボーカル曲のSEが挿入されている。これだけでもかなり感じが変わって、いい感じに。

17. Lady Madonna
う〜ん。前の曲のエンディングの雷の音からこの曲のスキャット部分へ。途中「Hey Bulldog」なんかが入ったりして。でも全体としては印象が薄い・・・。

18. Here Comes The Sun/The Inner Light(Transition)
最初コーラスから入って、「Here Comes The Sun」のイントロのギターが入ってくるとゾクゾクするくらい格好いい!後はシタール効かした「Here Comes The Sun」って感じ。

19. Come Together/Dear Prudence/Cry Baby Cry(Transition)
最初は普通に「Come Together」。だけどもこの曲の終わりにうまく「Dear Prudence」が組み込まれている。さらに「Cry Baby Cry」の最後のギター弾き語りがくっつく。なんともいえない雰囲気。Good。

20. Revolution
全曲のエンディングからこのアンプ直繋ぎ録音のギターのけたたましさの流れはいい。けど、それ以外特にいじられていない様子。

21. Back In The USSR
「Revolution」のギターがかき鳴らされる中始まる。が、曲はほとんどいじられて無い模様。最後ポールのシャウトが鮮明になっている。

レヴューFAINAL

sas_tai_1978 at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!音楽 
写真はイメージです(嘘)
レイン
茨城の20代の男。
現在Jw_cadなどをマスターすべく奮闘中&宅地建物取引主任者登録実務講習受講中。
音楽が割りと好き。
以前の日記
カテゴリー別
皆様に感謝!!