2007年09月03日

熱い胸さわぎ(2)

4.恋はお熱く(★★★☆☆)
ここでバラード。しかも波のSE付。曲としてはシンプルなバラードだが、桑田の粘るようなヴォーカリングがアクセントになっている。
「夏がくるたびぃぃぃぃ〜」の搾り出すような歌い方の部分がクライマックスか。
しかしその後の「うぉ〜うお〜お〜」がすべて持っていってしまった感あり。


5.茅ヶ崎に背を向けて(★★★★☆)
サザンオリジナル第一号とされている曲。ここでハラボー登場。桑田とデュエットしている。曲は良くまとまったロック。さすがのハラボーも声が多少上ずった感じが初々しい。後にシングル『気分しだいで責めないで』のカップリングに若干アレンジを変えて収録される。また2000年の「茅ヶ崎ライブ」では地元ならではのアレンジが披露されている。

6.瞳の中にレインボウ(★★☆☆☆)
ん〜。いろいろ詰め込みすぎて、それぞれもあんまり良くつながっていないような。
最初のキャバレーの雑音のSEしか印象に残らなかった。
もっと泥臭い曲だと面白かったように思う。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
写真はイメージです(嘘)
レイン
茨城の20代の男。
現在Jw_cadなどをマスターすべく奮闘中&宅地建物取引主任者登録実務講習受講中。
音楽が割りと好き。
以前の日記
カテゴリー別
皆様に感謝!!