2017年05月16日

「恋がヘタでも生きてます」恋とトラウマ ⭐︎⭐︎⭐︎





Girl(初回限定盤)(DVD付)
秦基博
Universal Music =music=
2017-05-03


総合評価 ⭐️⭐️⭐️(⭐︎)
脚本 ⭐️⭐️⭐️⭐︎
配役 ⭐️⭐️⭐️
演出 ⭐️⭐️⭐️
映像 ⭐️⭐️⭐︎⭐︎
音楽 ⭐️⭐️⭐️⭐︎

社長になりたい主人公が社長の座を奪った男性と付き合うという「恋がヘタでも生きてます」にはまってしまいました。

なぜ恋がヘタな人がいるのかを理解できるストーリーが面白く、フワリ羽根のような女性は登場人物の誰を示しているのか、少し考えてしまいましたが、秦さんの主題歌も感傷的で耳に残り、深夜枠というのが意外でした。

「生きています」という言葉が、まず生死、安全を求めるトラウマからのサバイバーが使いそうな言葉遣いだという印象を受け釣られて第1話を見ました。

メインストーリーは主人公美沙の不器用な恋愛。美紗は、美人でスタイルもよく服装が派手でギャンギャンわめきつつも仕事のできる女王蜂に似た女性で複数の男性にキスを迫られてしまいます。恋愛経験が豊富なニューヨーク帰りの社長司も過去の恋に囚われていましたが、恋愛だけ奥手な美紗に惹かれてます。

実は、この話は派手なメインストーリーも良いのですが、サイドストーリーの方がオリジナリティは高いかもしれません。清楚な受付嬢、千尋と主人公と同じ会社で働き恋愛はセフレで十分だと語る橋本の純愛に惹かれます。

登場人物達はそれぞれ恋愛の失敗を味わっています。ただ過去の失敗から生じた後遺症のような今の恋愛に戸惑う登場人物のなか、無垢な千尋だけが現在進行中で傷ついていくので支配欲を満たされるような心地で、不健康かもしれませんが癒されます。



しつけの厳しい家で大事に育てられたホンワカとした専業主婦になりそうな千尋は、両親から束縛されすぎたのか、自分が愛することや人を見失っている恋ヘタ女性でした。

婚約者にマグロと評され、後輩の受付嬢と浮気されたことを苦にして、千尋は婚約指輪を池に投げ、婚約指輪を無くしてはならないと考えて自ら指輪を探そうとして池に入水し溺れてしまいます。

事故のはずですが、無意識の自傷のような行動に、ホンワカとした彼女が厳しい環境で表現できずにいる深い悲しみを察してしまいます。

1人暮らしを今まで見守ってくれていた親友といえば、社長に求愛されて社長に夢中になり、近くに存在しながら彼女を頼れなくなっていて、千尋にとって共同生活をしながら辛い時期だったのだろうと感じました。



運が悪いことに池で千尋を救命したのは、主人公の会社でも女性関係では悪名高い橋本。何らかのトラウマにより感情を失い、性の快感だけを求め複数の女性と付き合っている破滅的人生を橋本は生き延びています。そんな危険な橋本に巻き込まれて、また千尋が被害をうけないかヒヤヒヤしてしまいます。

ヒヨコのような千尋は橋本に接近して悩みを打ち明けてしまい、婚約者や友人を失いかけた千尋の拠り所に橋本の存在が変化していきます。橋本は、セックスを教えることを約束して都合よく千尋をセフレにしてしまいます。

意外と千尋はたくましく、橋本の教えをうけてマグロから自ら意志をもち発進するセックスができるカツオへと成長したようで婚約者の気持ちを取り戻すのでした。もちろん、それでハッピーエンドではなく千尋は婚約を破棄します。そこまでは、浮気を繰り返す婚約者とは毅然と別れるのも正解だと思えました。

しかし、千尋は橋本のセフレに志願して、結婚退職後に水商売へ走ります。過剰適応してきたかもしれない彼女の社会的地位の堕落や自暴自棄さにハラハラしました。



追い討ちをかけるように、婚約者を寝とった千尋の後輩リカコちゃんは、千尋に妬みを感じていて千尋の好きになった橋本まで寝取ってしまい、また千尋の心を傷つけて楽しむことを予感してしまいましたが、マンガとも違うドラマの脚本では取っ組み合いの喧嘩も乗り越え状況が好転しました。

意外にも、感情が麻痺していたかのような現実の恋愛を回避していた橋本が千尋に恋をしました。支配して油断していた千尋が婚約者とヨリを戻し意外にも傷つけられた橋本はイラつきを覚え始めます。主人公が橋本のセフレはビッチだと侮辱すると、橋本は彼女はビッチではない、成長だと主張します。  

千尋はリカコちゃんが好きだった昔の彼が片思いしていた相手でした。リカコちゃんは昔の彼に体目当てで軽視された怒りを弱い千尋に八つ当たりしただけ。それなのに、また橋本は千尋に恋しているとリカコちゃんは気付くのです。千尋のものを全て奪おうとしたとリカコちゃんは千尋に告白し橋本を譲ります。

千尋が辞めた夜の店に勤め始めたリカコちゃんは、愛情表現が苦手な人なのだと理解できます。後輩の暴力に応え信頼を勝ちえた誰からも好かれる千尋の忍耐を凄いと思ってしまう展開でした。

とはいえ、千尋の同居人である主人公が第三者介入をして、最後まで逃げようとする橋本を千尋に向き合わせなければ、氷のような心をもつ橋本の行動が変わることはなかったでしょう。最後にドラマでは、橋本が好きだと叫んで千尋に求婚していました。

気付かないながら彼女は人生で一番厳しい苦境の一つを乗り切ろうとした時期かもしれません。橋本の悪影響を受けて傷つきが癖になるかのようにみえました。それでも橋本の好きなオムライス屋に勤めながら橋本の気持ちを大事にして健気に別れようとする千尋を見て、千尋と暮らしたくなる橋本。

そんなドラマのストーリーも好きでしたが、原作も良い話だったようなので、少し残念でした。



原作では、橋本は、職を失った千尋を同じ会社にスカウトしたはずですが、千尋が妊娠したことを機に、橋本が千尋へ退職届を渡します。そしてその下には婚姻届を忍ばせていたようです。

千尋すらどちらかの子供か分からず戸惑うなか、この子は俺の子だと橋本は千尋にプロポーズしたのだとか。いつもクールで「こんな性格だから一度しか言わない」と語るシャイな橋本が可愛らしいようでしたが、ドラマでは採用されず。。。

千尋の人生の危機を救ったのは、橋本の身勝手さと寛容性。感情を表現できない地味で穏やかな2人の成長には、サブストーリーながら惹きつけられてしまいすぎるので、テレビではメインストーリーに注意を集めるため控えめなラブストーリーになったのか。



原作では、メインストーリーで、司が美紗にプロポーズをすると、橋本が怒りを顕にして制止するという展開が待っていたようですが、今回は橋本が司を後押ししていました。

ニューヨークへ留学中、橋本と司は中国人留学生の女性に恋をしたという設定もドラマと違いました。友情を大事にして三人が本心を語れず過ごしていたある日、彼女は待ち合わせの時間になっても二人の前に現れず。その日、彼女は強盗に襲われ暴行を受け、後日に川から水死体として発見という強烈な原作。

司は休学するほど滅入ってしまい、自分の人生を生きることが彼女への償いになると彼女の祖母に諭されて復学したようでした。ドラマでは多数の会社を経営する元恋人の父親と張り合い、司が事業に失敗して、彼女を失ったと騙されて、心機一転、勝ち続けてきた司というストーリー。

司は街で彼女に似た女性を見かけては追いかけて彷徨い、死んだ彼女の幻影に囚われ続けていました。一方、恋した相手に賭けの対象とされて傷ついて以降、男性不信となり2ヶ月しか恋愛がもたなくなった美沙も男性不信や上手くいかない妄想に囚われ続けていました。

そんな2人が出会いました。美沙は元彼女の存在に戸惑い、不器用に司に反発するなかで司のプライドをメタメタに破壊しました。新しい傷がトラウマとの繋がりを断ち切り、司を主人公へ夢中にさせたのでしょう。

トラウマ記憶に束縛されて彼らは恋ヘタだという話なのだろうと考えました。失った理想や愛情への囚われが失うことへの予期不安をいつも生み出していましたが、最後は皆それぞれ過去のトラウマからの予期不安に支配されて逃げずに向き合うことが出来て、予期不安とは違うハッピーエンドを迎えました。

徐々に負ける快感に美沙が酔い恋愛関係を深めるなか、最後は主人公が社長になっても、また司に社長の座を返すという、欲しいものをお互いに手放せる愛情を表現できるようになったという話に収束していました。



生き残るということは、かつて愛して失った理想に囚われる痛みが続いていても、理想とは違う現実の世界で全く違う人生を過ごすことかもしれません。

同情して助けてあげる役割をえることで自身の空虚な心を満たしたり、スケジュールを守る責任に束縛されて働いてみたり、失う怖さに怯えながら誰かを愛せる新しい関係性のなかに希望を探すことが、生きるということなのかもしれません。

生き残るということは、現実の世界で過去の痛みよりもっと強烈な痛みに囚われ夢中になるなかで過去の束縛から解き放たれ、前に進めることではないか、と私は個人的に思ったりしています。だから生き残り違う時間を過ごした恋人同士が再開しても、昔のその人と今のその人は違うのでしょう。

生きている人には、恋人に裏切られる傷つく日があったとしても、目前の関係性を大事にしていると愛し合える人に巡り合えるチャンスがあるのでしょう。恋は下手でも辛くても色んな人と支えあいながら、不安に怯えず向き合って生きていこう、ということかな、と受け取りました。


sasa320 at 20:19│Comments(0)恋愛 | tvドラマ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字