私の総合評価 ⭐️⭐️⭐️
脚本 ⭐️⭐️⭐️⭐️
配役 ⭐️⭐️⭐️⭐️
演出 ⭐️⭐️⭐️
映像 ⭐️⭐️⭐️
音楽 ⭐️⭐️⭐️



「埋もれる」を観ました。

ブラックな職場もあるものですが、なかなか組織を告発する勇気を誰でも持てるものではなく、グレーゾーンが殆どブラックに化している組織もあるかもしれません

この映画で、ゴミ屋敷の住人は、気が狂っているなどと近所で噂されていて、溜め込み強迫の話かな、と思いきや、よくありがちなゴミ屋敷に隠された真実に主人公は気付いてしまう、ゾッとする話でした。

真実は、仄めかされるだけで明示されないのですが、二人が別れるには十分な理由だったのかもしれません。こんな家族も、身近にもいたのだろうか、と怖さを感じました。



主人公は、大手食品会社の営業マンでしたが、会社の食品で表示が不正だと気付き、悩んだ末、消費者のため会社のためと主人公は信じてマスコミに告発します。

身元を明かさない約束をしたマスコミに裏切られ「チクリ」と娘は学校でいじめにあい、妻には離婚を切り出され、家族と仕事を失います。支社に会社は責任をなすりつけ、トカゲの尻尾切りで、沢山の人がリストラにあい、主人公は恨みを買います。

「正義のヒーローのつもりか、会社は何も変わらないんだ、コンプライアンス委員会など内部のもの」とマスコミ対応に駆られた上司は、主人公を非難します。「部下を守るって言ったらしいが、先に退職にしてやった」といわれ顔を叩かれ挑発された後、退職を切り出され、主人公は上司を殴ります。

ICレコーダーを持っていないか、最後に社員達に取り押さえられ身体検査を受けるなど、トラウマになりそうな屈辱的退職を主人公は経験しました。主人公が会社を辞めたのは、このパワハラ系上司の元で不正に巻き込まれながら、これ以上、働きたくなかったから告発したかったのか、と察しました。



ここまで戦った末の転職は、なかなか出来ません。

東京で働けなくなったことからも、大変なことだったのだ、と理解できます。

パワハラの相談をしたいなら、厚生労働省の心の耳相談ダイヤル、業務内容が労働法違反かどうかは労働者相談センターに相談でしょうけれど、違法残業を労働基準局、人権侵害を法務局、不正告発をマスコミにすれば、上司や会社が強制調査を受け注目をあびます。

弁護士相談で数年間訴訟もできますが、弁護士がもうかり、勝って賠償金を手にしても、虚しいだけかもしれません。

そこまでして戦う勇気がある人は、ほんの一握りで、多くの労働者は、周りの人達への影響や次の転職先を探し難くなることを考えて、時期をみて転職したり、受診して休職して時間を稼いだりしそうです。



主人公は、周りの人達に後ろめたい気持ちをもち、故郷に逃げ帰り田舎に埋もれます。

市役所に再就職しますが、中学の同級生が係長で上司。大企業を辞め、東京を離れたことを後悔します。

孤独に実家で一人暮らし、市役所に再就職して働いていると、市が強制撤去しようとしているゴミ屋敷を訪問することになります。

誰とも会話をしない老婆が、自由気ままに暮らしており、優しい主人公すらコミュニケーションをとれませんでした。



ゴミ屋敷の隣家に、中学で告白してフラれた初恋の同級生が住んでいました。

次第に二人は惹かれ合い、お互い離婚したことを知ります。中学生の息子を育てる彼女を支援します。

釣り道具を見つけ、失踪した父親が、 好きだった釣りに主人公は中学生の子供と出かけると、湖で魚を釣り、すぐに息子はリリースして、「深いね」と不気味に語るのでした。

中学生の息子が夢見るのは、弁護士になって母親を守ることだと主人公は知ります。



市役所も、一見、行政で規則を守りそうなイメージがありますが、正しいことばかりの仕事でもなく、市長のご機嫌をとってばかりの政治絡みの仕事だと主人公は気づきます。

仕事をテキパキとこなしても、見積もりが安い企業をルール通り係長に提示しても、公務員特有の例年通りのお仕事を維持する働き方を見せつけられ、例年通りの見積もりを出すよう跳ね除けられ、職場を改善したい情熱を空回りさせてしまいます。

市長と癒着のある業者を選ぶことを批判した主人公は、係長からまた告発する気なのか、と釘を刺されます。後輩からも僕も告発しようかな、とバカにされると、会社が好きな奴じゃないと告発なんて出来ないんだ、と語り威圧します。



初恋の相手と食事に出かけ、愚痴るよう言われたので、告発のことと現状のことを説明すると、周りの人達のことを考えず、逃げてきたのだろうと批判され、彼女に席を立たれてしまいます。

主人公は、守れなかった後輩や相談せず決めて転居や転校が必要になった娘や妻に、独りよがりだったと謝罪します。

同級生の係長もそうでしたが、家族を抱える人は、パワハラや汚職が多少あろうとも、声を荒立てず生き延びてきていて、その人達の人生を否定することは出来ませんでした。

新しくできた彼女との関係をまた失うことに主人公は怯えて二度と告発などしないと誓います。



ゴミ屋敷に、多量のゴミを業者が捨てているという通報が市役所に入り、係長、主人公、部下で駆けつけると、異変に気付きます。

ゴミが出火しており、ゴミ屋敷の主を保護し消火して、ゴミを整理していると、スーツケースが出てきました。

それを見たゴミ屋敷の住人は、なぜか絶叫し始め、彼女が駆けつけて、主人公に帰宅を促します。



主人公は、ゴミ屋敷の主がなぜああなってしまったのか、を理解しようとして不正を働きます。

皆が帰宅した後、こっそりと戸籍登録を調べて、ゴミ屋敷の主が、夫と別れた理由を嘘をついてまで調べますが、失踪したとしか分からず、係長が戻ってくると必死でパソコン画面を隠します。誰だって誤ることがある、と係長は理解しているかのように、見て見ぬフリをしてくれます。

大雨の日、彼女の息子は、ゴミ屋敷の主と何かを相談していて、湖にボートを出し、びしょ濡れで帰宅していました。心配して帰りを待っていた彼女に息子がぶたれる姿を主人公は目撃します。

そんな折、近所のおじさんから、繰り返し中学の同級生の家に入り浸っていることが町で噂になっているという話を耳にします。それから、彼女の夫が、ゴミ屋敷の主の娘を車で轢き殺してしまい、以降、酒に溺れるようになったという話を聞きます。

係長は、意外にも主人公の熱意に動かされ受注先を検討し直すよう命じ、2人の距離が縮まります。すると、係長は、夫が失踪後、生活保護を受給しに来た際に彼女の相談へのっていると、夫から彼女も息子も暴力を受けていたことが発覚したと教えてくれました。



主人公は、彼女と関係を持っていて家族になることを真剣に考えていると伝えて、隠し事がないかを尋ねますが、彼女はないと即答します。

しかし、主人公は、スーツケースの中身が気になり始め、ゴミ屋敷の主が出かけた隙に、ゴミ屋敷を漁りスーツケースをこじ開けようとした時、彼女が現れます。

「扉を開けても誰も幸せにならない」と彼女は制止します。

それでも、主人公は真実が気になりスーツケースを開けます。

結局、中には大量の土が入っていただけ。彼女を疑った主人公は結婚まで考えていた恋人との関係を失います。

それから、娘が遊びに来て二人で湖に行くと「深いね。ここに何かを沈めても見つからないね」とポツリと娘は語ります。

最後に、中学生の息子が狂人を装うゴミ屋敷の主と母親を守っている真実を推測して、主人公は青ざめたように見えました。



告発をしないで過ごせた方が、出世しやすく適応が良いことを理解します。

ただ、正しさを全く無視すると犯罪者の仲間になったり罪を着せられたりするわけで、バランスの良い位置に留まるということを難しいことだ、と思います。 

何となく惹きつけられ染みる内容でした。 



応援お願いします


映画評論・レビューランキングへ