最初で最後の家づくり

共働き夫婦と子ども1人が住むローコスト狭小住宅を建てるまでのあれこれを綴ります。東京23区城南地区、土地16坪、建坪9坪、3階建て、建築設計事務所。

カテゴリ: 入居前WEB内覧会

WEB内覧会の続きです。
今回はロフトを紹介します。

ロフトを設けた理由としては、
季節家電や冬用布団、記念物などを
収納するためです。居住目的ではありません。

18-1

狭い3階廊下の突きあたりに、
木製梯子をかけています。
ロフトに昇る時のみ、上部のフックをひっかけて
階段状にしています。

当初、梯子は造作家具を製作してくれるところに
まとめて依頼することになっていましたが、
断られたので、既製品を購入しました。

「北欧の森」というメーカーの、
「木製ロフトはしご」という製品です。

1_002000000001

素材はパイン材で、無塗装仕上げ。
そのうち、自分でオスモで塗装しようと考えています。

梯子は昇降しやすく、かつ軽いため、
扱いは苦ではありません。
価格も安く、満足しています。

家具工房が木製梯子の製作を断ったのは、
以前製作した梯子が壊れ、
昇降していた人が怪我をしたことがある、
という理由でした。

確かにアルミ製のほうが安全でしょうし、
昇降の頻度が高ければ、固定階段の方が
使い勝手はよいかと思います。

IMG_7197
ロフトから見下ろした階段です。
階段の色と、床の色の違いがはっきり。


IMG_7187

広さは、約5畳弱。
減額のため、床はフローリングを貼らず、
仕上げ無しの予定でした。

ところが、実際出来上がってみると、
3階と同じ無垢オーク材が貼られていて驚きました!
工務店のサービスなのか、
仕様を間違えたのか・・・どちらにせよ幸運でした。

ただの荷物置き場じゃ、
もったいないような気がしています。

IMG_7189

 スポットライトを2箇所に設置しています。
右上部に見えるのは弱電盤です。
この下に、無印の「壁に付けられる棚」を取り付け、
4549337286146_1260
ルーター等を置いています。


IMG_7192

ロフトに設置した窓。
この方向にあまり高い建物がなく、
解放感のある視界を望むことが出来ます。

やはり子どもは高いところが好きなようで、
息子も、友人の子どもが遊びに来た時にも、
やたらとロフトに昇りたがります。

まだロフトに置く荷物も少ないので、
冬に一度、息子と一緒にロフトで寝てみようかと
考えています。1階の寝室よりは確実に暖かそうです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ


WEB内覧会の続きです。
今回は洗面脱衣室と浴室を紹介します。

我が家の水回りは、3階にあります。

【ご参考】

洗面脱衣室は、約2畳半。
上部にはkawajunの物干しを設置。
洗面台を使用するときは邪魔なので、
普段は金具を取り外しています。

IMG_7077


洗面台はTOTOの100cm幅、
マンション用の設備を安価に入れてもらいましたが、
ラインナップでいうと「オクターブ」とほぼ同じ仕様です。

造作洗面台にするか迷ったのですが、
清掃性と価格を重視して既製品に。
定価は33万円のところ、工務店経由で約10万円。 
ミラー裏収納が豊富で、使い勝手が良いです。

洗面台の収納引出も大容量で助かっています。
タオル類と家族の着替え、シャンプー等のストックが入っています。

pht_mv_feature01_01
TOTO・公式サイトより

我が家のクローゼットは1階ですので、
お風呂上がりに着るものを、その都度持参するのは面倒です。
洗面台の右隣にも40cm幅の収納棚を設置していますので、
まだまだ収納スペースがあります。

建売の3階建てを見学に行くと、
洗面脱衣室は例外なく1階に設置されており、
収納スペースが少なく、毎日の手間が多くなると考え、
このような設計となりました。


IMG_7074

洗面脱衣室の一角にはトイレ。
Panasonicのアラウーノs。施主支給品です。

ペーパーホルダーはkawajunのトレイ付きのタイプ。
1階と同じ仕様です。
 
トイレ奥は辛子色のクロス、
トイレ上部は2段の棚を設置しています。

IMG_7202

トイレのすぐ横は、
インナーバルコニーにつながる掃出し窓。
バーチカルブラインドを設置しています。

インナーバルコニーの写真です。
狭くてうまく全景が収められませんが、
奥行2m弱、幅3mほど。

BlogPaint

よくお風呂上がりに涼んでいます。
 
浴室はTOTOサザナのTタイプ。
定価約140万ですが、工務店価格で40万ちょっと。
我が家はいくつかの工務店で見積もりをとりましたが、
我が家が契約した工務店のTOTO製品価格は、
突出して安かったです。

工務店の社長さんは、全ての設備において
毎回相見積をとるとおっしゃっていました。
我が家はキッチン、洗面台、浴室がTOTOですから、
それが全体金額にあらわれた結果だと思います。

詳しいスペックは下記ご参照ください。

IMG_7067

3階の浴室は、朝風呂に入るときに
良さを実感します。
 
電気をつけなくとも眩しいくらい明るく、
窓から気持ちの良い風が入ります。
気にしていた湯量と湯温も全く問題ありません。

収納トレイやタオルポール等、プラスチック部分は
可能な限りステンレス製に変更しました。

IMG_7070

浴槽は、FRPから人工大理石に変更しました。
賃貸マンションではFRPだったのですが、
人大のほうが水垢がつかないように感じます。

IMG_7068

ほっカラリ床は、「ベージュタイル調」という色です。
確かに踏み心地が柔らかで、
その点は気に入っています。

最近子どもがやんちゃになってきて、
浴槽の上やカウンターから床に
飛び降りることもしばしば。
そんなときも安心の仕様です。

ただ、色合い的に汚れが目立ちにくいため、
一見すると全然汚れていないように見えます。

ズボラの私にはメリットなのですが、
掃除するときに、汚れが目立つほうが良いという人には、
向かない柄なのかもしれません。

入浴後は、特に水切りもタオルで拭き上げもせず、
そのまま窓を閉めて3時間ほど換気扇をまわすだけ。
床は全てカラリと乾いています。


IMG_7073

洗面脱衣室の床は、
サンゲツの籐タイルです。

【ご参考】

清掃が楽で、足触りが良く、
お風呂上りにも、足が貼りつきません。
これは、導入して良かったと満足している
お気に入りの床材です。

我が家にとって洗面脱衣室と浴室は、
デザインにはあまりこだわらず、
いかにお金をかけずに使いやすくするか、
ということを重視した設計仕様となりました。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ




先日、アップしたこの画像。

IMG_7081
 
奥の左右のドアは、
左・・・洗面脱衣室
右・・・子ども室
とご紹介しました。

右の手前のドアは何かというと・・・

image2
 扉は両開きで、取手金具はkawajunです。

image1

洗濯機を置くスペースとなっています。

洗濯機周りは何かとゴチャゴチャするので、
こちらに隔離しました。



写真には映っていませんが、
洗濯機の上部には、2段の可動棚があり、
洗剤や物干し、アイロンなどを収納しています。
棚の下には ハンガーをかけるパイプを設置しました。

このスペース内は減額のため、
当初仕上げ無しの予定でしたが、
有難いことに工務店の計らいで、
余ったクロスを貼ってくれました。

我が家は洗面脱衣室内に
トイレも設けているので、
洗濯機を別の場所にすることで、
少しスッキリした気がします。

難点としては、扉を閉めてしまうと
洗濯していることに気付きづらいこと。
(利点でもありますが)

乾燥が終わった洗濯物を
放置してしまうことが時々あります。


次は、洗面脱衣室と浴室を
ご紹介する予定です。
 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ





なかなかブログに時間がとれず、
更新が滞ってしまいました。

前回に続き、WEB内覧会を再開します。
今回より3階の紹介です。

IMG_7099

これは、2階から3階へ上がる階段。
ロフトがあるため、天井が高く、
窓からの光が差し込み明るい空間です。

IMG_7082


IMG_7097
 
 
3階の廊下からロフトを見上げたところ。

IMG_7081
 
ロフトがあり天井が高いので、
見た目ほど閉塞感は感じませんが、
大人2人がすれ違うのは難しいくらいの
狭いスペースです。

右手は、子ども室のドア。
左手は、洗面脱衣室のドア。
洗面脱衣室のドアはガラス入りにして、
脱衣室の灯りが漏れるようにしました。

IMG_7080

ドアは全てラワン材での製作。
アドバイスしてくれた友人に感謝です。
 

子ども室は約7畳ほど。
勾配天井となっています。

IMG_7084

床はマルホンの無垢オークのフローリング。
幅は90mmで、ユニタイプのため安価です。
1階、2階のウォールナットと比較して、
やや硬さを感じます。

3階廊下の壁はAEP塗装でしたが、
部屋の壁や天井は、
白のビニールクロス。 
サンゲツSG5272 

奥の壁のみ、グリーンの
アクセントクロスを採用しています。
サンゲツFE4003 
 
収納部には2本のパイプを、高さ違いで設置しており、
部屋と仕切らず、ひと続きの空間にしています。

BlogPaint
 
左手の掃出し窓は、サブバルコニーに
つながります。

BlogPaint

サブバルコニーは北側に位置し、
三角形状で、屋根はありません。

北側には隣家の庭があり、
柿や金木犀などが植えられていて、
楽しませてもらっています。


こちらはインナーバルコニーへ続く
掃出し窓。

BlogPaint
 
インナーバルコニーは3畳弱。
脱衣室側からも出入り可能です。

子ども室には、2箇所も掃出し窓があり、
ベッドや机を置く場所が限られているのが、
この間取りの難点です。
 
 
入居後、この夏を過ごしてみましたが、
やはり3階は暑いです。
2階から階段を数段のぼると、
ムワッとした熱気が伝わってきます。

掃出し窓を2箇所とも開けると、
気持ちよく風が通るので、
今年はエアコン無しでも何とか過ごせました。

今は寝室として利用していませんが、
子どもが寝るようになったら、
エアコン必須だと感じます。

最近は涼しくなってきたので、
この部屋はとても居心地が良く、
子どもはおもちゃで遊び、
大人はパター練習に勤しむ場所となっています。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ












キッチン・パントリーに続き、
リビングのご紹介です。

2階の間取りは、
このようになっています。 
寸法は適当です。すみません。

  間取り

水色部分が窓です。

今回ご紹介するリビングは
クリーム色の部分で、
広さは10畳弱です。

まず階段を上ると目に入るのが、
南西側のコーナー窓。
 
IMG_7159
 
西側(左)が1830mm×1690mm
南側(右)が1830mm×1430mm

窓を開けると転落の可能性があるので、
今は窓に開閉ストッパーを付けています。
手すりをつけることも検討していましたが、
今のところ保留のまま。

IMG_7238

 
取り付けているのは、
ニチベイのハニカムスクリーン
レフィーナ。

【ご参照】

ツインスタイルのレースのみにすると
光をよく通すので、日中はとても明るいです。

IMG_7237
 
家の中から外はよく見えますが、
外から中の様子は見えません。
夜はハニカムを下げます。

IMG_7721
 引越し直後

コーナー窓の下は収納になっています。
IMG_7205

ラワン材での造作です。
奥行があまりないですが、
子どものおもちゃ収納に役立っています。
収納の上もベンチのように
腰掛けることが可能です。

IMG_7219
施主検査時の付箋がつけっぱなし。

床はマルホンのウォールナット。
床暖房対応の挽板、オイル塗装です。
幅は130mm。

ウォールナットの床は、
メーカーこそ迷ったものの、
一貫して希望したままであり、
大変気に入っています。

IMG_7217

普段のお手入れは掃除機のみ。
子どもが何かをこぼしたときには、
専用の水性クリーナーワックスを使っています。

完成後のクリーニングが甘かったのか、
隅のフローリングが何だか粉っぽい感じなので、
もう少し経ったらオイルを塗り直すつもりです。

IMG_7209

天井はラワン材を貼っています。

【ご参考】

これは我が家の中でも
心から気に入っている箇所の一つ。
大変落ち着きます。

IMG_8291
 
照明はほぼダウンライトのみ。
ダイニングテーブルの上部に
ライティングレールを取り付け、
ペンダントライトを2灯つけています。

IMG_8289
 
テーブルはとりあえずで旧居のものを使用しています。
新しいものは現在比較検討中ですが、迷いに迷っています・・・。

IMG_8119
 
これは、FUTAGAMIの『明星』黒ムラという製品です。
真鍮に漆ベースの顔料で仕上げていて、
味のある佇まいです。

IMG_9576

内部は真鍮のまま
電球は60w。

IMG_9577

ちょっと残念なのは
ライティングレール部分。

IMG_9575
 
板貼りと、白いレールと、
ライトの黒い取り付け部分がちぐはぐで、
ライティングレールを黒にしてもらえば良かったと感じています。

これでも
レール埋め込み仕様なのですが、
もう少し目立たないように
埋め込んでほしかった。

理想はこちら

レール埋め込み
 
(画像はお借りしています)

テレビは壁掛けにしました。

IMG_9573

これだけでもかなりスッキリ感じます。
テレビボードはそのうち、
壁付けの造作で作ってもらう予定でしたが、
このまま設置しないのも
いいかなーという気もしています。
外付DVDはTVの後ろに隠せていますし。

IMG_7273

2階の壁はAEP塗装です。
ライトに照らされるとよく分かります。


時計は加藤木工(カトモク)の
シンプルな電波時計。

IMG_9574

キッチンにはタモ材とラワン材で
カウンター収納を造作してもらいました。

IMG_7104

リビング側から見たところ。

左側のみ扉をつけてもらい、
中央と右側はオープン棚としています。
今は、無印の引出やラタン籠、
写真立てをいくつか置いています。

183a02bb-s
4945247381238_1260
 

リビングの端には、
スタディーコーナーを設け、
机を造作してもらいました。

IMG_7216


机の上に何か置きっぱなしですが。
こちらもタモ材です。

普段はPCを置いていますが、
子どもが小さいうちは、ここで
宿題ができるようにと考えています。

机には、引出が3杯ついています。
深さが5cmくらいと浅目ですが、
文房具やマウス・キーボードの
収納には十分です。

IMG_7154

エアコンは霧ヶ峰です。

スタディーコーナーの
上部にエアコンを設置しています。
寝室同様、ラワン材で
棚を造作してもらいました。
本棚や神棚として使っています。

普段は、家族3人とも、
2階LDKに居ます。
設計時はソファを置くつもりでしたが、
子どもがリビングで遊ぶうちは、
ラグを敷いて、無印のソファを転がし
広く使えるようにしています。

4549337137516_02_400
 
LDKの間取りとしては、
キッチンと横並びに
ダイニングテーブルを置く配置にしたことが
我が家にとっては成功で、
配膳や片付けが本当に楽になりました。

最近のLDK事情では、
20畳以上確保するのが主流だと思います。
間取りを見てもらった大工さんにも
そう言われました。
 
素敵なソファを見るときなどは、
もう少し広ければ・・・と
思わないわけではありません。

ただ、収納場所を多くしたおかげで、
家具や物を床にほとんど置かずに済んでおり、
今のところ狭くるしい感じを受けずに
過ごせています。

結局のところ、
家庭の過ごし方や物の量によって
適正の広さがあり、
面積に限りがあっても、
設計を工夫することで、
快適に過ごせるのではないでしょうか。

次回より、3階の内覧会です。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ

このページのトップヘ