2016年09月23日

IMG_56279月22日から行われる個展の為に、前日から木曽町に入る。

次の絵本の舞台でもある木曽なので、取材も廉てと思ったが、

あいにくの雨。




IMG_5632木曽町図書館で開催していただく藤岡個展。この町で10年ぶりの開催。

来年新しい複合施設が完成するそうで、今回はそのプレ原画展。

完成した暁には、改めて藤岡個展を開催していただけるとのこと、
とても光栄に感じます。

(木曽町町長と記念撮影)


IMG_5649さて木曽町の子どもたちとの約束、

木曽の空、木曽の山、木曽川を描く手伝いを開始。

横3メートルのベース作りを高学年の小学生に手伝ってもらう。

川、山、空が完成!


IMG_5650さてみんな思い思いの、それぞれの木曽を描いてねー!

君たちの好きなものでもいいよ。

描けたらハサミで切りぬいて貼り付けるんだよー。



IMG_5654「紙の上に乗ってもいいんだって」

「エー!なんだかこわいなあ。」





IMG_5658空の雲の上から、釣りをしている様子を描いた双子の少年がいて、

楽しさを一気に理解した子供たちは次々と自分の世界を表現。












IMG_5662まだまだ一杯アイデアが浮かぶよ!

でもここまでだってサ!






IMG_5665タイムアップで、記念撮影をみんなでした。









IMG_5676出来が良いからって、藤岡さんの個展会場に展示したんだ。

木曽町の子どもたちは心が豊かで、集中力もある。

二時間も描き続けたのには感心しきり。

謎めいた絵もあり説明を聞いてみたかった。


一人で一枚の絵を描くのは独唱で、みんなで書くのは合唱のよう。

一人一人の個性が集まり、大きな紙に素晴らしいハーモニーを響かせた。

いつまでも見飽きない絵を描いた木曽町の子どもたちは凄かった。












sasabune_macsasabune_mac at 16:10│コメント(0)トラックバック(0)まきお日記 │

2016年09月17日

IMG_5618大5回千曲川カヌー大会を終えた野田さんは、

久しぶりに私の美術館を訪れてくれた。

マネージャさんは初めての来館に、とても興味深そうに見ておられた。


次なる「笹舟シリーズ」の話し合いも行われ、気を引き締める。

この絵本はそんなに間をおかずに完成しなければいけない。

在庫の笹舟の絵本に野田さん直筆サインをしてもらった。



IMG_5623こうして美術館を後にし徳島へ向かった。








IMG_5607歳をとってもこの人はカッコいい!!!のだ。







sasabune_macsasabune_mac at 10:35│コメント(0)トラックバック(0)まきお日記 │

2016年09月14日

IMG_857311日は飯山中央橋から湯滝温泉を目指す。


筏下りの一行も楽しそう。







IMG_8574こちらの筏では、トランプが始まった。


「なに賭けてんの?」







IMG_8587IMG_8590子どもたちはよく遊ぶ、犬たちと一緒に遊ぶ。









IMG_8584IMG_8582野田さんと話をしながらプカプカとカヌーは流れ、


静かな川面に野田さんのハーモニカの音が風に運ばれ


流れていく。





IMG_8596こんな光景を毎年見たいものだ。








IMG_8602IMG_8607湯滝のカヌーポートに着き、上陸を手伝う。


総勢60名の記念写真を撮る。十数台のカメラに向かい


笑顔を作り続けたので、みんなの顔がこわばる。



楽しい二日間が終わり、


野田さんから「来年もやりましょう」の言葉が出て、盛大な拍手が沸きおこる。


再会を誓いそれぞれ帰路につく。


皆さんありがとう!





sasabune_macsasabune_mac at 12:46│コメント(0)トラックバック(0)まきお日記 │

2016年09月13日

IMG_85519月10日千曲川。ここ飯山市の川べりに







IMG_8538北海道から沖縄まで全国からたくさんのカヌー愛好家が

やってきた。

14年前に始まったカヌーイスト、野田知佑氏を囲んでの千曲川カヌー大会は

今年けじめの15回を迎えた。


IMG_8562IMG_8563IMG_8561






一回目から参加の古株たち。野田さんが千曲川に来られるのも最後かもしれない、との

情報に駆け付けてきた。

懐かしい顔もある。それぞれの人生を生きてきているが、ここ千曲川に揃うのはやはり嬉しい。

改めて笹舟の絵を描いたことで、野田さんに文章を頂き、カヌー仲間ができたことに感謝!


IMG_8558北海道から愛犬を連れてきたという、初めての参加者!

缶ビールを片手にほろ酔いカヌーは野田流。







10日はいきなり4つの瀬が連続する、千曲川で一番ビビるところからスタートとなり、

大事なカメラを水没させたくないので、撮影は断念した。

実は12年前、私のカヌーはここで隠れ岩に当たりあっけなく転覆したのだ。

白く波立つところをなるべく避け、安全なコース取りをしながら行くも、カヌーは波に翻弄される。

上級者のコースをたどりながら一つづつなんとか瀬を乗り越え転覆を免れ通過した。

カヌー歴だけは20年、しかしあまりうまくならない自分がいる。


この難所で数人がチン(転覆のこと)してレスキューに手間取り10日はここで終了。

でもこの緊張感は良い。生きてる実感がする。









sasabune_macsasabune_mac at 11:11│コメント(0)トラックバック(0)まきお日記 │

2016年09月08日

ae3e2635-s[2]絵本「森のくまさん」のテーマソングの詩を私が手がけ、いよいよ

音源を作るために、東京からエンジニアを呼び、美術館で録音した。


ここは、プロのミュージシャンに響きが良いとの評価を受けている。

歌手、フルート、ギター、ピアノを使い、様々なバージョンを収録した。

録音現場に立ち会うのは初めてで、興味深く見学させていただいたが、

緊張感のあふれる場で、音楽家はリラックスするのにいろいろ苦心していた様子。






IMG_5588CDになり「森のくまさん」の歌が、子どもたちに広まるといいと思う。

それにしても、歌手、演奏家の力は大きい!






IMG_5597技術者とミュージシャンの皆さん、お疲れ様でした。

ありがとうございました。

完成が楽しみ!!

sasabune_macsasabune_mac at 10:42│コメント(0)トラックバック(0)まきお日記 │