2017年07月30日

みなと祭り

7月17日海の日は、鹽竈神社、志波彦神社の、みなと祭りでした。このお祭りは、年3回の祭りの中で唯一、鹽竈神社と志波彦神社のお神輿が出る祭りです。二つのお神輿が並んでいる写真を2枚アップしました。最初のは表坂上でお発ち前の写真です。もう一枚は市内のお釜神社で撮ったものです。皆様は鹽竈神社と志波彦神社のお神輿の区別がつきますか?黒塗りのどっしり感があるのが鹽竈神社ので、金色の華やかさがあるのDSC_0749DSC_0756が志波彦神社のお神輿です。
当日は、前日の雨とは打って変わって、暑い一日でした。DSC_0781
 私は、鹽竈神社の神輿世話役としてお塩を担当して御座船 鳳凰丸に乗りました。御座船は多くのお供の船を従えています。その写真もアップしました。今回、鳳凰丸は、松島湾経由で浦戸諸島を回ったので、船の時間が長く、船上で潮風にあたりながら、気持ちのいい時間を過ごしました。しかもお神輿の脇でのんびりできたので、ある意味、とても貴重で幸せな時間を過ごさせて頂きました。DSC_0764
 今回のみなと祭りは、70周年記念のお祭りでした。戦後の復興を景気つけようと始まった祭りで、志波彦神社のお神輿が一緒ということで、帆手祭り、花まつりにはない華やかさが祭り全体にあるように感じます。塩釜市内も祭り一色でパレードや踊りがあって市民だけでなく、多くの観光客の方々にも来ていただいたようです。天候に恵まれて本当によかったでした。
 今年の祭りはこれで終わりですが、来年の帆手祭までの間、鹽竈神社のことを少しでも勉強しておきたいと思います。


sasaki_dental at 02:50│clip!