2017年10月03日

中秋の名月

 10月になりました。お月見の季節です。お月見と言えば「中秋の名月」を思い浮かべますが、これは、旧暦8月15日の月のことを言います。いわゆる、十五夜(じゅうごや)のお月見です。今年は、10月4日が十五夜です。一般的に中秋の名月と言えば、満月と思いがちですが、十五夜が必ずしも満月とは限りません。それは、旧暦では、「新月」が1日となり、新月から15日目を十五夜としているだけで、天文学的な満月とは、少しずれてしまうのです。ちなみに今年は10月6日が満月です。十五夜の次の日の月を「十六夜(いざよい)」ーお酒の名前ではありませんーさらに次の日の月のことを立待月(たちまちつき)と呼びます。昔の人は、月に名前をつけて、風流を楽しんだのです。皆様もご存知の「上弦の月」「下弦の月」「三日月」もそうです。
 中秋の名月の頃に月を眺める習慣は、平安時代に遣唐使によって伝えられたといわれています。最初は貴族の風習だったのが、徐々に庶民にも広まり、月を眺めながら芋を食べるという風習が生まれました。さらに、「収穫の季節に豊作を感謝する」という意味合いもうまれ、神様に感謝の気持ちからいろいろな作物もお供えするようにしなったといわれています。皆様も今年は、月を眺めながら、いろいろなことに感謝の気持ちも持ってみては如何でしょうか。
 当院の、タペストリーももお月見と、フクロウです。また、人形もお月見とパンダブームにあやかってパンダ人形もおきました。DSC_0919
DSC_0921DSC_0920










 ちょっと戻りますが、9月に、宮城県歯科医師会主催の「身元確認研修会」に参加してきました。
東日本大震災から6年が経ちましたが、宮城県では、未だに1200名の方が、行方不明で、ご遺体収容数9,538体のうち、17体のご遺体の身元が不明です。身元判明では歯牙所見によるものが、9.5%で、この経験を今後さらに生かしていくことが我々の使命であり、私自身も少しでもその役に少しでも立てればいいかなと思っています。DSC_0933


sasaki_dental at 03:13│clip!