2012年03月

2012年03月20日

東日本大震災1周年にあたり

 あの未曽有の大震災から1年がたちました。この1年がとても早く感じられたのは私だけではないと思います。       
私のように、一部損壊で済んだ被災者でもそう感じるのですから、大きな被災を被った被災者はほんとに大変だったと思います。それだけ皆さんが夢中で駆け抜けてきた1年だったということだと思います。
  テレビではここ2,3週間はいろいろな特集番組が取り組まれています。あの瞬間の映像、離れ離れになった家族、友人、恋人を探す姿、そして、必死に立ち上がろうとする姿、それを支える、自衛隊、警察、消防隊、自治体の関係者、全国から集まったボランティア、それに自ら被災していながら他人を助ける被災者などどれを見ても目頭が熱くなります。
 今年は、復興元年と言われていますが、その道のりははるか遠く、しかも、その歩みもゆっくりですが、確実に前には進んでいると思います。マスコミでもよく取り上げられていますが、大切なことは全国の皆様が決して忘れることなく、被災者、被災地域に思いを寄せて、どんな小さなことでも役に立てることならしようと 思うことです。
あの直後は全国のほとんどの人が何かをしてあげようと思ったのではないでしょうか。その気持DSC01459_サイズ変更ちを今一度思い返してほしいと思います。
 私は、今年の3月11日には、歯科医師会を代表して塩釜市主催の慰霊祭に出席しました。遺族の方のつらい経験を聞いた時は涙が出てきました。復興にはまだまだ時間がかかるし、放射能の問題も他人事ではなく、正しい情報と知識を得て、対処していかなければならないと思いました。
 そして、近い将来に起こるかもしれない東海、東南海地震による震災の時は、自分は何をしてあげれるか、よく考えて日ごろから災害に対する準備と心構えをこれからも続けていきたいと思います。でも、あのような経験は、もうしたくないですね。


sasaki_dental at 04:24|Permalinkclip!