2012年10月

2012年10月26日

秋の気配


10月も終わろうとしています。秋のまっただ中に入ってきましたが、あの激しかった夏が恋しく感じるのは私だけでしょうか?
 私は、10月は、文化の秋らしく演劇鑑賞とコンサートに行ってきました。(写真1)  
この演劇とコンサートは宮城野区文化センターの杮落しとして企画されたものです。演劇は、塩釜夢ミュージカルの演出をしている丹野久美子さんが主宰している劇団IQ150と、コンサートは同じく塩釜夢ミュージカルの音楽を担当している只野展也(ただののぶや)さんとギターのサイトウミノルさんと郷家信幸さん、さらに丹野久美子さんの歌と朗読というものです。IQの演劇はいつものようにとてもアットホームで笑いの中にも涙ありで見終わった後はとてもすがすがしい気持ちになります。
 丹野久美子の歌と朗読は初めて聞きましたが、これもとてもよかったです。このメンバーは、1993年に結成されたのですが、集まるのはメンバーの気持ちと都合次第(丹野さんの表現では「演(やり)たい時に集まって演(や)ろう」)ということで、今回は貴重な公演だったということですね。でも、また聞きたいと思っています。客席は当然ながら満席でした。しかも、年配の方々が多かったのにはちょっとびっくりしました。
 ところで、「こけらおとし」という漢字は「杮落し」と書くのですね。はじめて知りました。皆さんはご存知でしたか?
                                                                                                                                                                                          
(写真1) IMGIMG_0001  (写真2) IMG

 また、上にも書きましたが、丹野さんと只野さんのコンビで、企画演出している「塩釜夢ミュージカル」も是非みなさん見てほしいです。これは、毎年2月に公演しています。見た方もおられると思いますが、出演者はすべて塩釜に住んでいる人や携わっている方々です。是非、見てください。(写真2、今年公演したものです)泣けます・・・
        DSC01887 (写真3)  最後に、私の自宅の庭に今年もきんもくせいが咲きました。(写真3)この花の臭いをかぐと秋になったんだなぁ と感じます。
 まもなく、寒い冬が やってきます。皆様風邪をひかないようにしてくださいね。
                                                                                     

sasaki_dental at 02:10|Permalinkclip!