11月14日()

 政務調査のため岩手県庁へ。 

 

11月15日()

12月定例県議会提出予定議案等説明会出席のため岩手県庁へ。

 

11月16日() ~17日()

事務所において来客対応・資料整理

 

11月18日()

いわて県民計画(20192028)第2期アクションプラン(素案)に係る地域説明会(盛岡市合同庁舎)に出席

 

11月19日()

 ステーツマン&ポリティシャン

 マックスウェーバーが政治家の内面に求めたものは「情熱」「責任感」「判断力」の三つの資質であった。

その理由は、大衆民主主義が実現すると「政治によって」生きるようになる。

言い換えれば、生活の糧として政治に携わる、いわば「職業政治家」になっていくことを懸念、これに対し「政治のために」生きる政治家、すなわち政治を使命とし、政治にかかわることそれ自体を目的とする政治家は少なくなっていく、ありていに言えば、政治家の職業化が進むことを憂慮したからである。
 「政治によって」生きる政治家と「政治のために」生きる政治家の違いは?。
 「ポリティシャン」=私利や党利を追求する政治屋を「職業政治家」とするなら「ステーツマン」は、マックスウェーバーが唱える「情熱」「責任感」「判断力」の三つの資質を備えた政治家ということになる。

このような政治家は、今日では「絶滅危惧種」になりつつある。

 

11月20日()

 休暇