2月14日(水)
2月定例県議会招集
 午後1時、本会議開会、知事、教育長の所信表明演述の後、総額7323億円余の2024年度一般会計当初予算案を含む議案86件が提案された。午後2時34分散会。
 議会は明日から20日まで議案調査のため休会。再開は21日の代表質問から。会期は3月22日までの38日間。なお、議会日程は次の通り。
 2月21日代表質問、22日一般質問、23日~25日祝日、土日のため休会、26日~28日一般質問、29日常任委員会、3月1日本会議、2日~3日土日のため休会、4日~8日予算特別委員会、9日~10日土日のため休会、11日東日本大震災津波追悼式のため休会、12日~15日予算特別委員会、16日~17日土日のため休会、18日~19日常任委員会、20日祝日のため休会、21日東日本大震災津波復興特別委員会、22日最終本会議

2月15日(木)
 政務調査のため岩手県庁へ

2月16日(金)
 事務所において来客対応・資料整理

2月17日(土)
 裏金問題、「不記載」の訂正は「虚偽記載」に該当
 自民党が派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け、政治は金収支報告書に不記載があった議員ら91人への聞き取り調査結果を公表した。一方、不記載があった議員が収支報告書の訂正を行っている。形式的には「裏金」が「表金」になった。
 しかし、聞き取り調査の中で明らかになったことは、派閥の関係者から「現金支給」「領収書はいらない」「政治資金としての届け出もいらない」と言われたことも明らかになった。
 となると、実態的には、今回の「訂正」は「虚偽記載」ということになる。
 「不記載」は政治資金規正法違反であるが、「虚偽記載」も当然、政治資金規正法違反である。「不記載」に「虚偽記載」が上書きされたことになる。悪質性はより深刻となった。

2月18日(日)
 休暇