3月18日(月)
 二月定例県議会常任委員会。
 午前10時、五常任委員会一斉開催。農林水産常任委員会では付託された二つの議案=①岩手県付属機関条例の一部を改正する条例、②権利の放棄に関し議決を求めることについて、原案通り採択、午前10時20分過ぎ散会。

3月19日(火)
 二月定例県議会常任委員会予備日。
 昨日、農林水産常任委員会に付託されたすべての議案を議了したので議会は休会。
 事務所において資料整理。
前、東北自動車道花巻PAスマートインターチェンジ開通記念式典(花巻文化会館)、午後、社会福祉法人宝寿会理事会に出席。
  
3月21日(木)
 午前10時、岩手県議会東日本大震災津波復興特別委員会開会、執行部から復興の取り組み状況などについて説明を開けた後、質疑、終了後、今後の委員会の活動計画について了承、正午前、終了。

3月22日(金)
 二月定例県議会終了、勤続25年表彰を受ける
 岩手県議会二月定例会最終本会議。午後1時本会議開会。7322億円の2024年度一般会計予算など86議案、14発議案を可決し36日間の会期を閉じた。副知事に県理事の佐々木淳氏を新任する人事案についても全会一致で同意してた。午後2時7分閉会。
 終了後、本会議場において勤続25年表彰が行われた。
 勤続25年表彰は岩手県議会独自のもので今回は3人が表彰対象者。表彰者は議会運営委員会室に肖像写真が掲げられることになっている。昭和58年から表彰規定が導入されており、これまで25年表彰は11人が受けている。なお、これまで岩手県議会では35年表彰3人、45年表彰は1人だけとなっている。
 今回は、私のほかに工藤大輔議長、飯澤匡副議長の3人が対象者となった。いずれも1999年(平成11年)初当選者。
【最終版】表彰状(佐々木順一議員)060322_表彰式②


































3月23日(土)
 満場一致で立民県連代表に選任
 立憲民主党岩手県連常任幹事会に出席。
 辞任の意向を表明していた横沢県連代表に代わり、新代表を選任する常任幹事会は、盛岡市内の県連会議室で開かれ、満場一致で新代表に選任されました。
 2020(令和2年)年10月に立憲民主党県連が設立され、初代代表は小沢一郎衆議院議員、二代目は横沢高徳参議院議員であり、3人目の就任となった。県議会議員からの代表就任は今回が初めて。
 代表代行=関根敏伸、幹事長=岩渕誠、政調会長兼幹事長代行=菅野博典各県議会議員の人選も了承された。残る役員の人選については次回の常任幹事会までに決定することになった。
 会議終了後、横沢前代表、関根、岩渕、菅野各新役員とともに記者会見に臨む。
20240323 代表写真①



















3月24日(日)
 休暇