佐々木順一日誌

言葉に責任を持つ、約束を果たす、それが政治だ!

2011年05月

災害関係法

 既存の災害関係の法律は
 ①災害対策基本法
 ②災害救助法
 ③激甚災害法
 ④被災者生活再建支援法がある。
 しかし復興に特化した法律はなかった。
 今回、政府は「東日本大震災の復興基本方針及び組織に関する法律案」を国会に提出したが、これは東日本大震災に限ってのものであり、本県が要望していた「東北復興院」(仮称)の設置は盛り込まれず、「復興庁」の設置についても「総合的に検討し法の施工後1年以内を目途に必要な法制上の措置を講ずるものとする」と附則の第二条に書き込まれている程度である。
 迫力に欠け残念である。
 復興はもちろん大事であるが、その前段階として、税財政措置や規制緩和、社会資本への重点整備などを盛り込んだ「災害復旧対策特別措置法」の制定も喫緊の課題である。

 

急流で馬云々

平成23年5月30日
 「急流で馬を乗り換えるな」。
 このことわざが政界で注目を浴びている。
 しかし、「急流でもその馬がもがいているのであれば乗り換えよ」と主張している人もい
る。
 前者は、阪神・淡路大震災で地震対策担当大臣を務めた元衆議院議員の小里貞利氏。
 後者は、参議院議長の西岡武夫氏である。
 言葉上は「馬」が中心であるが、問題は、馬上の人間がどういう心境で乗馬しているかであり身の安全をどう確保するかである。
 さらに急流が勢いを増し、危険が迫り乗り換えるべきと判断した場合は、躊躇する必要はない。
 直ちに乗り換えるべきである。

覚悟

 平成23年5月29日
  災害時においては、軍人(自衛官)、警察官、海上保安官、消防士は無限責任を負う職業である。
 「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」。
 政治家がよく使う言葉である。
 そして 政策判断、決断というものは常に政治家に付きまとうものだ。
 政治には、軍人(自衛官)、警察官、海上保安官、消防士以上の無限責任を負うという覚悟が求められる。すなわち政治責任である。
 そして、問題の結果次第では政治責任を明確にする必要がある。
 当然、結果が出せなかった場合、政治家は、辞任を含め政治責任を負わなければならない。
 最近、口約(口約束、空手形)のみの政治家が多い。
  「恥」というものを内心に政治家は強く意識する必要がある。

義援金

  平成23年5月28日

 義援金の交付が遅れている。
 国レベルの義援金は日本赤十字社及び中央共同募金会で集約したものがあり、県レベルのものは岩手県災害義援金募集委員会で集約したものがある。
 国レベルのものは厚生省が主催した「義援金配分割合決定委員会」で決定、すでに都道府県に交付されている。
 本県でも「義援金配分委員会」を開催し第1次配分方針として下記の配分額を決定している。

  ○死亡または行方不明
  一人当たり50万円(国35万+県15万)、交付をうける者(申請者)=配偶者、子、父母、孫及び祖父母
  ○住家損壊等見舞金
  ①居住している住宅が全壊または全焼の場合、1戸当たり50万円(国35万、県15万)
  ②居住している住宅が半壊または半焼の場合、1戸当たり25万円(国18万、県 7万)
  交付をうける者(申請者)=いずれも世帯主
  必要書類は、交付申請書とり災証明書または死亡診断書の写しが必要で口座振込みを原則としている。


 県では4月20日から22日にかけて対象27市町村に144億6,200万円(国101億5,255万円、県43億945万円)を送金済みであるが、5月20日現在の交付進捗率は16.9%ときわめて低い状態であり、対象者の過半数への見込みは6月中旬とのことである。スピードアップは人海戦術しかない。
 一刻も早く生活資金として被災者の手元に交付しなければならない。 続きを読む

第2回災害対策特別委員会開催

 平成23年5月27日(金)
 岩手県議会へ。
 正午、民主党・ゆうあい会議議員総会。
 午後1時、委員長として岩手県議会災害対策特別委員会世話人会を開催、本日の委員会運営などについて協議。
 午後1時30分、第2回災害対策特別委員会(委員長・佐々木順一、委員は議長を含め全議員)を開催、岩手県災害対策本部及び同復興本部職員の出席を求め、○現在の災害対応について、○今後の復興に向けた取り組みについて報告を受けた後、質疑応答等を行うとともに、下記日程にて被災地の現地調査を行なうことを決めた。
 委員会終了後、○第71回国民体育大会の開催に向けての課題、○平泉文化遺産の世界遺産登録について、それぞれ県側から説明を受けた。
 午後5時40分終了。
 その後、花巻温泉で開催されている岩手県管工事業協同組合連合会総会に出席。
 
 岩手県議会災害対策特別委員会現地調査日程

 ①6月13日、午前・釜石市、午後・大槌町

 ②6月16日、午前・宮古市(岩泉町、田野畑村)、午後・山田町

 ③6月17日、午前・久慈市(洋野町)、午後・野田村(普代村)

 ④6月21日、午前・大船渡市、午後・陸前高田市

 ①と④が私の担当となっております。
岩手県議会議員 佐々木順一
佐々木順一写真
記事検索
プロフィール

sasaki_junichi

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ