佐々木順一日誌

言葉に責任を持つ、約束を果たす、それが政治だ!

2017年10月

全国都道府県議会議長会総会に出席、「クマモン」と初対面

9月25日(水)~9月27日(金)

全国都道府県議会議長会総会に出席、「クマモン」と初対面

26日開催の全国都道府県議会議長会総会に出席のため花巻空港から大阪国際空港(伊丹)空港を経て熊本市へ。

25日と27日は移動日。

総会では、明年度政府予算に対する要望内容を決めるとともに、熊本地震、九州北部豪雨、東日本大震災など相次ぐ災害への支援を拡充し復興を推し進めるよう国に求める決議も採択した。
 懇親会上で「クマモン」と初対面。

IMG_2798
































 

9月28日(土)

 国難に直面した時の振る舞い

 米国大統領が11月5日に初来日し、その日に安倍首相は世界ランキング4位のプロゴルファー松山英樹選手を交えトランプ大統領とゴルフをやる予定のようだ。

核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮情勢を「国難」と叫び、首相は「国難突破解散」と銘打ち、衆院を解散したわけであるが、「国難の時にゴルフか」と素朴に受け止める国民も多いのではないだろうか。

仁徳天皇の「民の竈」の伝説はあるべき為政者の振る舞いのお手本として今に語り継がれているが、1939年9月、昭和天皇は欧州で戦端が開かれ(ドイツがポーランドに侵攻)、第二次世界大戦が始まって以降、天皇陛下はお好きだったゴルフを絶たれたという。

次元は違うが、池田隼人氏が総理・総裁に就任した際、当時の大平官房長官の演出といわれているが、「政界のトップは徹底的に庶民にならなければならない」とし、「大好きな待合とかゴルフには絶対に行かない」と記者会見で表明させたといわれている。

真に「国難」であるならゴルフに興じることは避けるべきである。

それともゴルフに興じることが許される状況に今我が国はあるということは、現時点では「国難」ではないということになる。

 それにしても、歴史に名を残すわが国のトップの方々の身の処し方には、黙して学ぶべきものがある。

 

9月29日(日)

かつては「経済一流」と言われていたが?

 組織ぐるみの不正会計が発覚した東芝の不祥事に続き、最近では、神戸製鋼の製品データの改ざん問題に続き完成車の無資格検査が発覚した日産、SUBARUなど一連の製造業の自爆的な信用崩壊が続いている。

かつては「経済一流」、「政治は三流」と言われたが、「メード・イン・ジャパン」は世界で称賛された。
 しかし、もはやその信頼性が揺らいでおり、海外メディアも問題視している。

世界的な信頼回復が急務であるが、企業であれ、国家であれ、土台は「人」である。

利益よりも「人」を大切にする取り組みが各界で求められている。

 

9月30日(月)

 「いわての地域づくり・道づくりを考える大会」(花巻温泉・ホテル紅葉館)に「公務」で出席

9月31日(火)

 「第68回全国漁港漁場大会」(県民会館大ホール)、「同歓迎レセプション」(エスポワールいわて)にそれぞれ公務出席

 

「理由なき解散総選挙」衆院選との並走九月定例会終了

10月16日(月)

 決算特別委員会四日目。午前10時開会。保健福祉部、医療局を審査。

 在日本大韓民国民団岩手県地方本部団長などの表敬訪問を受ける(議長室)

 

10月17日(火)

決算特別委員会五日目。午前10時開会。

環境生活部、労働委員会、商工労働観光部を審査。午後5時42分散会。

昼、岩手県議会県北・沿岸復興議員連盟総会に出席。

 

10月18日(水)

 全国都道府県議長会農林水産環境委員会、同経済産業委員会、同役員会に出席のため東京出張。

議会は昨日に引き続き決算特別委員会六日目が開かれ、文化スポーツ部、教育委員会、企業局を審査。午後5時1分散会した。

 

10月19日(木)

決算特別委員会七日目。午前10時開会。農林水産部を審査。午後5時4分散会。

午後、公務のため「平成29年度岩手県暴力団追放県民会議・暴力団追放盛岡市民総決起大会(盛岡市マリオス)に出席

 

10月20日(金)

決算特別委員会最終日。午前10時開会。県土整備部を審査。

今日で決算特別委員会は、すべての審査を終了したことから、取りまとめを行った結果、28年度県一般会計決算は意見を付し提出された14件の決算を認定した。

午後6時39分散会。

昼、岩手県議会スポーツ振興議員連盟総会に出席。

夕方、北上市で開催された「小原志朗氏建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰受賞祝賀会」に出席

 

10月21日(土)

 総選挙対策。衆議院議員選挙最終日。

 小沢一郎候補者とともに、花巻市、石鳥谷町、大迫町、東和町、北上市、江刺区、金ヶ崎町、奥州市水沢区(いずれも最終街頭演説)に同行。

 

10月22日(日)

第48回衆議院議員総選挙開票日。

奥州市水沢区の小沢一郎選挙事務所へ。

午後8時過ぎ、各報道機関が小沢一郎候補の「当確」を打つ。小沢一郎候補が130.229票(57.42%)、対戦相手の藤原崇候補は96.571票(42.58%)、その差33.658票で小沢先生の17回連続当選が決まった。

 

10月23日(月)
 九月定例県議会最終日。

 午前、内部協議後、午前11時、議会運営委員会出席、午後1時、本会議開会、平成28年度県一般会計決算、同県立病院等事業会計決算など14件を認定、関連議案2件を全会一致で可決し、32日間の会期を閉じた。午後1時19分閉会。

終了後、議長室において前正副議長に全国都道府県議会議長会からの感謝状を伝達、その後、取材対応(岩手日報社)。

 
10月24日(火)
「理由なき解散総選挙」衆院選との並走九月定例会終了
 後世、「理由なき解散総選挙」といわれるかもしれない、異例づくめの衆院選が終わった。
 九月定例県議会の会期と並行して行われた解散総選挙でもあった。

結果は、自公で三分の二超の議席を確保、三度目(自民党立党=昭和30年以降)の政権交代は幻に終わった。

当然である。
 野党がバラバラの状態で戦いに臨んでも勝てないということは過去の選挙の結果が雄弁に物語っている。
 だから野党共闘であったはずであるが、悔やまれる。

台風21号の襲来も低投票率をもたらし与党候補を利した。

結果として「天」も「安倍自公政権」に味方したことになる。

 野党の再編成が今後、進むことは間違いがない。

改憲論議も好むと好まざるとにかかわらず、今後、明確な各党の主張が求められることになり、必然的に国民も改憲問題に正面から向き合うことになる。

改憲是非の論議は大いにやったほうがよい。しかも具体的にである。

 ただ、与党系の方々の中には「日本国憲法を現実に合わせなければならない」という主張を唱えるものが多いことには驚く。

「現実を日本国憲法の理念に合わせる」という考えの下に、国づくりや外交を行うことに努力を傾けることこそ、本来、国政のあるべき姿ではないだろうか。

 歴史は繰り返すというが、今の状況は、行き詰まりを見せた昭和初期に似てきているような気がする。

 「立憲政治の回復」こそ、今求められているのではないか。

 

 

 




明日公示、戦後26回目の総選挙、小選挙区制下では8回目

10月7日(土)~10月8日(日)

 政務活動の一環として花巻市内において議長就任のあいさつ回り。

 

10月9日(月)

 明日公示、戦後26回目の総選挙、小選挙区制下では8回目

 第48回衆議院総選挙が明日公示される。

戦後を起点に数えると、昭和21年4月10日に幣原内閣の下で行われた第22回総選挙以来、今回で26回目の選挙となる。

第22回総選挙の特徴は、占領軍の命令で「民主化政策」を政界の分野に反映させ、新憲法制定議会をつくるために解散されたもので、「第1次総司令部解散」と言われており、具体的には①婦人参政権が認められたこと、②選挙権年齢が25歳から20歳に、被選挙権年齢が30歳から25歳にそれぞれ引き下げられたこと、③中選挙区単記制から原則として府県を一選挙区とする大選挙区制限連記制がとられたことなどがあげられる。

参考までに、翌、昭和22年4月25日に行われた総選挙は「第2次総司令部解散」といわれている。この選挙は、新憲法下の第一回国会を形成するため、総司令部の命令で行われた旧憲法下最後の解散であり、特徴としては、大選挙区連記制が廃止され第一回参議院議員選挙と同時に行われた選挙である。

以来、中選挙区制下の選挙は、平成5年7月18日に行われた宮沢内閣の「政治改革解散」選挙まで続き、17回行われた。

今日の小選挙区比例代表並立制が導入された初めての解散総選挙は、第一次橋本政権による平成8年10月20日であり、今回で8回目を迎えることになる。

ただ、最近の投票率(岩手県限定)は、平成21年8月30日に行われた政権交代選挙の73.41%をピークに、24年12月16日の61.68%、26年12月14日(前会)56.23%と低下傾向にあることが気がかりである。

なお、中選挙区制下の投票率はほとんど70パーセント以上を維持してきている。

 

10月10日(火)

 第48回衆議院総選挙公示日。8時30分過ぎ奥州市の小沢一郎選挙事務所を訪問、事務者関係者を激励後、県議会へ。

午前10時副議長、議会運営委員長とともに本日の本会議運営について事務局長から概要説明を受けた後、10時30分開催の議会運営委員会に出席。正午、県議会会派=改革岩手の議員総会に出席。

午後1時本会議開会。

5日に各常任委員会で審査された議案36件、請願4件を可決するとともに、任期満了と逝去に伴う教育委員会委員2人の人事案に全会一致で同意した。

 発議案は、◎核兵器禁止条約に署名し批准することを求める意見書、◎農業者戸別所得補償制度の復活を求める意見書など16件が提出されいずれも可決した。

 また、議会内に〇産業振興・働き方改革調査、〇人口減少・子育て支援対策調査、〇防災・減災対策調査、〇出資法人等調査の4特別委員会の設置も決めた。

 午後2時59分散開。

 本会議終了後、東日本大震災津波復興特別委員会が開かれ、正副委員長の互選が行われた。

 

10月11日(水)

決算特別委員会第一日。午前10時開会。

正副委員長の互選後、知事、副知事などに対し各会派などの代表が質疑を行う「総括質疑」が行われた。

 岩手県議会の慣例として議長は特別委員会の構成員になっていないことから、議長室などで他の用務に当たる。

午後4時55分散開。決算特別委員会は10月20日まで行われることになっている。

 

10月12日(木)

午前8時から石鳥谷、大迫両町において小沢一郎候補の選挙運動用自動車で街頭遊説後、県議会へ。

決算特別委員会第二日目。午前10時開会。昨日に引き続き総括質疑が行われるとともに、午後からは、部局べつ審査に移り、議会、総務部、秘書広報室、出納局、人事委員会、監査委員会の審査が行われた。午後5時9分散開。

 

10月13日(金)

決算特別委員会第三日目。
 決算特別委員会開催前、議長室において県人事委員会から「職員の給与等に関する報告・勧告書」を受理。
 午前10時決算特別委員会開会。政策地域部、復興局、警察本部を審査。午後7時8分散開。

 

10月14日(土)

 県議会は土、日休暇のため小沢一郎選挙事務所へ。

 事務所内で実務にあたる。

 午後、平泉町、一関市内において街頭遊説に同行、夕方、岩谷堂地区内で開催された小沢一郎個人演説会に出席。
 

10月15日(日)

 昨日に引き続き選挙運動にあたる。

午前8時から10時まで大迫町、東和町において街頭遊説。

昼過ぎ、小沢一郎選挙事務所で開催された「選挙対策会議」に出席 

戦後、第30代岩手県議会議長に就任「議会は県民の意思決定の場」を強調

9月18日(月)

 社会福祉法人・特別養護老人ホームひとひらの会敬老会に出席

 

9月19日(火)

 南部杜氏協会石鳥谷支部出稼ぎ互助会に出席

 

9月20日(水)

 9月定例県議会対策のため県議会へ。

 

9月21日(木)

 改革岩手県議会議員総会で議長候補の指名を受ける

9月定例県議会対策のため県議会へ。

明日、9月定例県議会が招集され、冒頭議長選挙が行われることから、これに対応するため、午前9時、議会棟において、岩手県議会会派の改革岩手(16人)の議員総会を開き、明日の議長選挙に私を全会一致で推すことを決定。現在県議会は総定数が48人であるが、欠員一人が生じており、47人による選挙となる。

 

9月22日(金)

戦後、第30代岩手県議会議長に就任「議会は県民の意思決定の場」を強調

 9月定例県議会招集日

 午後一時、本会議開会。

正副議長の辞任に伴い、選挙が行われるとともに、平成29年度岩手県一般会計補正予算など36件、平成28年度一般会計決算など認定14件が提案された。

午後2時8分散開。

 正副議長選挙の開票結果は、下記の通り。

 ◎議長選挙=佐々木順一(改革岩手)25票、樋下正信(自由民主クラブ)15票、飯沢匡(いわて県民クラブ)5票、工藤勝子(2票)

 ◎副議長選挙=五日市王(創生いわて)26票、工藤勝子(自由民主クラブ)15票、工藤勝博(いわて県民クラブ)5票、飯沢匡(いわて県民クラブ)1票。

 戦後、第30代岩手県議会議長に就任にあたり、本会議場において、要旨、下記のあいさつを行った。
 また、明治8年3月18日に岩手県総会議制度創設、明治11年4月25日に県会議条例が制定され、初代議長に谷河尚忠氏が選ばれている。
 これを起点とすると51代目の議長となる。

 
DSC_5927
















議長就任あいさつ

「ただいま、皆様方のご推挙をいただき、議長という大役の任を仰せつかりました。

 誠に身に余る光栄に存じますとともに、その責任の重大なることを痛感いたしている次第であります。

 もとより、浅学非才の身ではございますが、代議制、間接民主制を基本とした今日の地方自治制度の中にあって、議会は県民の意思決定の場であるという普遍的立場の重みを踏まえ、今日まで歴代の議長が残された功績に学び、公正かつ円滑な議会運営を旨とし、県民の信頼と期待に応えられるよう、誠心誠意努力をいたしてまいる決意でございます。

 なにとぞ先輩、同僚議員の皆様のあたたかいご指導、ご支援と、また、達増知事をはじめ執行部各位のご協力を心からお願い申し上げ、はなはだ簡単でありますが、就任にあたりましてのご挨拶とさせていただきます」

岩手県議会は、慣例により県議会の正副議長人事をはじめ、すべての議会人事は二年交代となっており、今後、常任委員会、特別委員会などすべての議会人事が随時入れ替わることになる。
 九月定例県議会は10月23日まで開かれる。

 

9月23日(土)

 午前、岩手県釜石港ガントリークレーン共用開始式に出席、県議会議長として初めての公務となった。

 午後、佐賀建設創業70周年記念祝賀会に出席

 

9月24日(日)~9月25日(月)

 休暇。

 

9月26日()

 正副議長とともに、盛岡市内の農林水産などの産業団体、マスコミ関係機関を中心に就任あいさつ。

 

9月27日(水)

 上京。

 都道府県議会議長会をはじめ議員会館を中心に本県選出国会議員への議長就任のあいさつ回り。

 

9月28日(木)

 県警察学校初任科第92期短期課程卒業式(盛岡市内県警察学校)に議会を代表し出席、その後、正副議長とともに、盛岡市内の産業団体、マスコミ関係などを中心に就任あいさつ。

 

9月29日(金)
 えひめ国体に参加
 
午前、安心安全まちづくり大会(北上市さくらホール)に出席、午後、第72回国民体育大会えひめ国体開会式に出席のため花巻空港から伊丹空港を経て愛媛県松山空港へ。松山市泊。

 

9月30日(土)

 えひめ国体岩手県選手団出陣式、第72回国民体育大会えひめ国体開会式、県選手団本部役員懇談会に出席。松山市泊。

 

10月1日(日)

 午前、自転車、なぎなた競技を観戦、岩手県選手に声援を送る。

 午後、空路で帰省。

 

10月2日(月)

 9月定例県議会再開。

 午前10時前、盛岡市議会正副議長表敬訪問対応、その後、県学校調整課の業務説明を受ける。10時30分議会事務局長から本日の議会運営委員会の審議内容について事前説明を受ける。11時、議会運営委員会に出席、昼過ぎ、①農業者戸別所得補償制度の復活を求める請願など3件の請願受理に対応。午後1時、本会議、一般質問、第一日目。①高橋孝眞(自由民主クラブ)、②小野共(改革岩手)、③城内よしひこ(自由民主クラブ)の三議員が登壇。午後5時13分散開。
 その後、正副委員長互選のため商工文教常任委員会に出席。

 

10月3日(火)

 10時30分議会事務局長から本日の議会運営委員会の審議内容について事前説明を受ける。11時、議会運営委員会に出席。12時、正副常任委員長会議に出席。午後1時、本会議開会。一般質問二日目。①千葉洵子(いわて県民クラブ)、②佐々木朋和(改革岩手)、③千田美津子(日本共産党)の三議員が登壇、午後5時56分散開。終了後、県政調査会臨時会に出席、その後、各会派代表者会議に出席。

 

10月4日(水)

 10時30分議会事務局長から本日の議会運営委員会の審議内容について事前説明を受ける。11時、議会運営委員会に出席。12時、岩手県議会男女共同参画社会を目指す議員協議会総会に出席。午後1時、本会議開会。一般質問三日目。①工藤誠(創生いわて)、②阿部盛重(改革岩手)、小西和子(社民党)の三議員が登壇。午後5時43分散開。

 

10月5日(木)

 午前10時、常任委員会開会。
 前半2年間は農林水産常任委員会であったが、後期2年間は商工文教常任委員会に所属することになった。

 平成29年度県一般会計補正予算、農村地域工業等導入促進法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例や県立久慈高等学校校舎改築ほか(建築)工事の請負契約の締結に関し議決を求める議案等8件を審査、原案通り採択した。

商工文教委員会は①文化スポーツ部、②商工労働観光部、③教育委員会、④総務部の一部(県立大学と私学関係)を所掌する。

終了後、奥州市水沢区へ。小沢一郎選挙対策会議に出席。

 

10月6日(金)

 午前10時、岩手県議会東日本大震災津波復興特別委員会開会。
 議長は慣例により特別委員会には所属しないことになっており、この間、議長室において他の実務にあたる。

 

10月7日(土)
 総選挙対策。
 事務所内で小沢一郎後援会連合会石鳥谷支部連合会役員会を開催。

   

 

 

 

岩手県議会議員 佐々木順一
佐々木順一写真
記事検索
プロフィール

sasaki_junichi

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ