佐々木順一日誌

言葉に責任を持つ、約束を果たす、それが政治だ!

2018年02月

問題だらけの自民の合区解消案、一票の不平等を放置

2月19日(月)

問題だらけの自民の合区解消案、一票の不平等を放置

 自民党憲法改正推進本部が衆参両院の選挙区の合区解消に向けた改憲条文案が了承した。

 条文案は、憲法47条に加筆、92条も見直し「広域の地方公共団体」が都道府県と読めるようになっている。

 すなわち、

第47条=両議院の議院の選挙について、選挙区を設けるときは、人口を基本とし、行政区画、地理的な一体性、地勢等を総合的に勘案して、選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数を定めるものとする。参議院議員の全部又は一部の選挙について、広域の地方公共団体のそれぞれの区域を選挙区とする場合には、改選ごとに各選挙区において少なくとも一人を選挙すべきものとすることができる。

前項に定めるもののほか、選挙区、投票の方法その他両議院の議院の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。

第92条=地方公共団体(の)は、基礎的な地方公共団体及びこれを包括する広域の地方公共団体とすることを基本とし、その種類並びに組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定める。

ゴシックが自民党の改正案(加筆)である。

しかし、日本国憲法には次の条文がある。

第14条=すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。(2項、3項略)

第43条=両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。(2項略)

これらを見比べると、改正案は問題点だらけである。

憲法の要請である議会制民主主義の根幹をなす最も大事な「法の下の平等」がないがしろにされていることである。すなわち「人口を基本とし、行政区画、地理的な一体性、地勢等を総合的に勘案して」ということは、どんなに「一票の不平等」が広がっても違憲性が問えなくなることである。

また、参議院が地域代表の性格を強めれば国会議員を「全国民の代表」と定める43条とも相容れないものとなる。そもそも改憲でもって合区解消を図るという発想はあまりにも短絡的である。

公選法の改正で十分である。例えば、定数を増やせば一票の格差は解消する。選挙制度、衆参の役割分担や権限を含め二院制の在り方も機論すべきである。

 

2月20日(火)

 岩手県町村議会議長会総会(岩手県自治会館)に出席

 

2月21日(水)

 事務所において来客対応。

 

2月22日(木)

 二月定例県議会再開。

10時県議会運営委員会、11時2月県議会定例会追加提出予定議案等説明会、昼過ぎ、県議会改革岩手議員総会にそれぞれ出席。

午後1時本会議開会。一般質問初日。

改革岩手=郷右近浩、自民クラブ=岩崎友一、いわて県民クラブ=佐々木努、創成いわて=工藤大輔各議員が代表質問(答弁者は知事のみ)。午後4時36分散会

 

2月23日(金)

 11時議会運営委員会、12時県議会自然保護議員連盟総会・研修会、終了後、県議会改革岩手議員総会にそれぞれ出席。

午後1時本会議開会。一般質問二日目。改革岩手=関根敏伸、自由民主クラブ=佐々木茂光、改革岩手=軽石義則各議員が登壇。一般質問終了後、本年度補正予算案など議案38件が提案され、午後5時8分散会。

2月24日(土)
人間は老いるのではない。理想を失った時、老いるのだ
 平昌冬季五輪に出場している日本選手の活躍と快挙は、日本全国に感動を呼んでいる。
 スポーツの力は偉大である。そこには言葉はいらない。
 改めて若い時代に鍛えることの大事さを実感した。
 人間、齢を重ねると確かに老いる。すなわち老化である。肉体的衰えとこれに比例した機能の衰えは誰も避けられない。しかし、どなたかが言った。「人間は老いるのではない。理想を失った時、老いるのだ」と。
 人間それぞれ理想を持っているものである。
 「理想をあきらめてはいけない」。このことを五輪選手は改めて教えてくれた。

 

二月定例県議会始まる

2月11日(日)

 今年の「たろし滝」は4.55m
1519003656918 

































昨年は氷柱崩落のため測定不能であったが、44回目を迎えた本年の石鳥谷町大瀬川の「たろし滝」の氷柱の測定は「4
.55m」。

 恒例の板垣保存会長の豊作祈願のご託宣は「冷え込みに 耐えてにっこり ワンダフル」。

 新たな仕組みの中で迎える今年の稲作であるが、作柄が注目される。

 昼過ぎ、花巻市消防団14分団新型車両配置祝賀会に出席

  

2月12日(月
 「個人が国家に優るのか」or「国家が個人に優るのか」

 現在の政治は、「国家主義」と「新自由主義」が融合し進められている気がする。
 この背景にあるものは、国民は国のために尽くすべきであり、国家の維持のためには個人の自由は少なからず抑制されるべきという復古主義的な考えが一つ。
 もう一つは、市場において自由競争を徹底させればすべて機能するといった「市場原理主義」がそれである。 
 この二つの考え方を実践する手段として「規制緩和」が取り入れられている。
 これは「弱肉強食」の世界を政治が奨励しているようにものであり、この競争に勝ったものが正義ということになる。
 「個人が国家に優るのか」、それとも「国家が個人に優るのか」、結論は私は前者であると思う。
 根本的認識が、今政治に求められている。

 

2月13日(火)

 朝、花巻工業クラブモーニングセミナー(花巻温泉・佳松園)、夕方、岩手県建設業協会花巻支部主催の「新春大いに語る会」(ホテルグランシェール花巻)にそれぞれ出席

 

2月14日(水)

 岩手県議会へ。

11時岩手県議会議会運営委員会、昼過ぎ県議会「改革岩手」議員総会に出席、その後、議長室において嵯峨壱朗県議会議員の辞職願を受理、午後1時30分岩手県町村会定期総会(岩手県自治会館)、午後3時岩手県議会各会派代表者会議(議長室)にそれぞれ出席。

 

2月15日(木)

二月定例県議会始まる
DSC00373



















午後1時本会議開会、知事演述、教育長演述の後、総額95334800万円の明年度一般会計当初予算案など議案66件、報告2件が提出された。午後2時44分散会。

県議会は明日16日、19日~21日までは議案調査のため休会、22日の代表質問から再開する。

会期は3月20日までの34日間。

 

2月16日(金)

 午前11時30分、岩手県立高田病院新築落成式、夕方、岩手県管工事業協同組合連合会創立30周年記念式典・祝賀会(花巻温泉)に出席

 

2月17日(土)

 社会福祉法人・宝寿会理事会に出席

 

2月18日(日)

  岩手県議会議員・佐藤ケイ子県政報告会&新春のつどい(ホテルシティプラザ北上)に出席

.3大義務について

2月5日(月)

 岩手県議会へ。
 午前、岩手県議会議会運営委員会に出席。

二月定例県議会を今月15日に招集し、3月20日に最終本会議とするなど日程全体等を正式決定した。昼過ぎ、議長室において「カシオペア連邦議会議員協議会」からの要望(縄文関係)対応。

午後1時、2月定例県議会提出予定議案等説明会に出席

 

2月6日(火)

 午後1時30分「平成29年度北方領土返還要求岩手県民大会」(北上市)に主催者として出席、夕方、一般社団法人岩手県工業クラブ2018年新春合同懇話会(ホテルメトロポリタンニューウイング)に出席

 

2月7日(水)
 3大義務について

 改憲論議が政治の表舞台に登場してきたが、改憲推進論者の中に「権利には義務が伴う」という考え方を唱える者が結構いる。
 例えば「現行憲法には10以上の権利が書かれているのに義務は3しかない。公平さに欠ける」という主張である。続けて「愛国の義務、国防の義務、国旗に敬意を払う義務なども加えるべきである」と説く。
 しかし、こうした方々は「憲法観」が間違っているといわざるを得ない。
 そもそも国家統治の基本法である「憲法」は、権力者の横暴を抑制して国民の人格的生存を守るものである。
 言い換えれば、国民に人権を保障するためのものである。
 このようなことから、日本国憲法には、勤労、納税、子女教育の三大義務以外書かれていない。
 これは、現行憲法下にあって主権者(国民)である私たちは、働いて自分(家族)を養い、納税して国を支え、子女を教育して国の後継者を育てることだけが義務とされおり、これ以外、日本国憲法は、国民には何も求めていない。
 逆に人権を保障するため、義務を果たさなければならないのは公権力を行使する立場にある者たちである。
 そもそも国防の義務、愛国の義務、国旗に敬意を払う義務などは、本質的には「良心の自由」(憲法19条)に反する考えであり典型的な人権侵害である。
 いうならば、各自が自由に決めてよい性質のものである。
 少なくとも国家からか法で強制されるものではない。
 仮に法でもって強制されるようなことになれば、自由で民主的な国とは言えなくなることは自明である。 

 

2月8日(木)

 野生動物の処理対応など政務活動の一環として県議会へ。

 

2月9日(金)

 釜石市市制施行80周年記念式典(釜石市民ホール)、同祝賀会(ホテルサンルート釜石)に出席

 

2月10日(土)

 第43回全国ろうあ者冬季体育大会開会式(雫石スキー場第2駐車場内旧レストラン)

 

 

 

「働き方改革」と景気回復はセットで

1月26日(金)

 上京。

第159回全国都道府県議会議長会総会、同役員会、同共済会(全国都道府県会館)

同懇親会=登龍会(ホテル・オオクラ)に出席、日帰り。

 

1月27日(土)

昼、小学校、中学校同級会、夕方、花巻市商工会議所大迫支部女性部新年交賀会にそれぞれ出席

 

1月28日(日)

 「いわて総合計画県民フォーラム」(みんなで、幸福を守り育てるために)「ホテル東日本盛岡」に出席

 

1月29日(月)

 欅の会(小沢一郎代議士支援団体)新年会(盛岡市内)に出席

 

1月30日(火)~2月1日(木)

 2泊3日の日程で岩手県議会商工文教常任委員会県外調査に参加、下記の日程・テーマについて調査。

 30日=「熊本県えがお健康スタジアム」(熊本県民総合運動公園陸上競技場)において「国際スポーツ大会開催に向けた取り組みについて」

 31日=熊本市議会において「熊本地震による観光等への影響と復興の取り組みについて」、復旧途上にある熊本城を視察

 1日=北九州市港湾空港局において「長距離フェリーの地域経済への波及効果について」

 

2月2日(金)

 今後の議会日程や6日、北上市内で開催予定の北方領土返還要求岩手県大会事前打ち合わせなど事務局協議のため岩手県議会へ。

 

2月3日(土)

 志賀理和氣神社=紫波町赤石神社(田村勝則宮司)の節分祭に出席

 

2月4日(日)

「働き方改革」と景気回復はセットで

 今国会で首相の言葉を借りれば70年ぶりの大改革といわれる「働き方改革」関連法案の審議が予定されている。

主な内容は、①残業時間上限規制=残業時間の上限を年間720時間、2~6か月の平均で80時間以下、単月100時間未満とする。罰則あり。②「残業代ゼロ制度」の創設=年収1075万円以上の金融ディーラーや研究開発などの専門職を労働時間規制から外し、残業代や深夜休日の追加賃金を支払わない。③同一労働同一賃金=非正規の待遇改善を図る「同一労働同一賃金」を推進し、給与や賞与などで正社員との不合理な相違をなくす。というのが主なポイントであり、政府は5月以降の法案提出と来年4月以降の段階的施行を目指している。

問題点は、①については、上限月100時間未満は過労死ラインを大きく超え、過労死容認法案につながりかねない。単月8時間は過労死の危険性が高まる「過労死ライン」とされており法案はかなり緩いものとなている。

②については、人件費削減のみの導入であるならメリットは使用者側のみとなり、残業代を含む所得が減る懸念がある。経団連側は「ボーナス増額やベースアップなども選択肢」にすると主張するが、ボーナスは業績によって上下するなど懸念がある。何よりも長時間労働を助長しかねない。

③については、待遇格差の内容や理由を非正規労働者に説明する義務を事業者側に課しているが罰則がなく効果は期待できない。経団連は賃金制度の抜本見直しも視野に入れており、正社員の賃金制度の改悪にもつながる恐れがある。

長時間労働の是正は社会的要請であるが、人手不足が叫ばれているのに賃金は伸び悩んでおり、特に地方は景気回復の実感が乏しい。働き方改革だけが先行し景気回復が疎かになるになることは本末転倒である。安倍ノミクスの効果は今や幻想と化した。「働き方改革」と景気回復はセットで行う必要がある。外需依存ではもはや限界である。内需拡大策に経済政策をシフトすべきである。

 

岩手県議会議員 佐々木順一
佐々木順一写真
記事検索
プロフィール

sasaki_junichi

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ