佐々木順一日誌

言葉に責任を持つ、約束を果たす、それが政治だ!

2018年06月

災害史に学ぶことも必要ではないか。

6月21日(木)

 明日から6月定例県議会が始まる。

午前11時岩手県議会議会運営委員会。午後岩手県中小企業団体中央会第63回通常総会(ホテルメトロポリタン盛岡ニューウイング)に出席。

 

6月22日(金)

 6月定例県議会招集日。

 午前11時議会運営委員会、終了後、各会派代表者会議を開き次期総合計画案に対する議会の向き合い方などについて協議、12時改革岩手議員総会に出席。

午後一時本会議開会。

会期を7月5日までの14日間とすることを決める一方、執行部から「旧となん支援学校の校舎を活用する盛岡東支援学校の新設に伴う県立学校設置条例改正案など議案15件、報告10件が提案された。午後1時9分散会。

県議会定例会は、明日から27日まで議案調査などのため休会、28日の一般質問から再開する。

 

6月23日(土)

 娘の結婚式・披露宴に出席。

 

 6月24日(日)

 午前、陸上自衛隊岩手駐屯地創立61周年記念式典(陸上自衛隊岩手駐屯地)に公務出席。午後、「岩手の10年後を考える県民フォーラム=未来を切り拓く次の一手」(ホテルニューカリーナ)に政務出席。

 

6月25日(月)

 花巻商工会議所主催の「春の叙勲・褒章等受章者祝賀会」(ホテルグランシェール花巻)に出席

 

6月26日(火)

 議会用務のため県議会へ。

 

6月27日(水)
 災害史に学ぶことも必要ではないか。

 政府の地震調査委員会が「30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる危険性」を示す全国地震動予測地図を公表した。

南海トラフ巨大地震が懸念される太平洋沿岸は静岡市が70%、長大活断層が走る高知市が75%と引き続き高い確率となった。また、千葉、横浜、水戸各市で80%、新たに沖合で巨大地震が想定されている北海道東部は根室市が78%となるなど各地で高い確率となった。現在、被害が想定されているもので最大の危機は南海トラフの連動地震である。
  南海トラフについては、政府の中央防災会議の想定によると、被害の最大に想定した場合、人的には32万人が犠牲となり、経済的には220兆円を超える被害が出るといわれている。
 ただし、この数値はすべての原発で地震からの連鎖事故が防げるという甘い前提で計算されており注意が必要である。

過去の災害歴史などを踏まえて判っていることは、①南海トラフの地震は約100年の周期で発生、②同時もしくは数年内に遠州灘から四国沖まで連動するのが普通、③古文書の記録によれば90年間より短い周期で2回おきたことは歴史上確認できていない、④歴史記録のしっかりしている南北朝時代以降で観察すると150年の間におきなかったことは一度もない、ということらしい。

「日本書紀」にある天武天皇の時代から現在までに、これまで9回の南海トラフ地震の発生が知られている。最近、南海トラフが動いたのは1944年(昭和東南海地震)と1946年(昭和南海地震)である。90年以内に2回おきたことはないという歴史的経験からすれば、われわれには約20年の猶予が与えられているということになる。東日本大震災津波から7年、今月には大阪府北部地震が起きた。多くの教訓を我々は得たはずである。有事に備え、日ごろの備えと心構えを怠ってはならない。
 それにしても我が国の災害史に学ぶことも必要ではないか。つくづくそう思う。

「悪銭身に付かず」のはずであるが?

6月14日(木)

公益社団法人岩手県防犯協会連合会平成30年度定時総会(ホテル東日本盛岡)に出席

 

6月15日(金)

岩手県浄化槽協会平成30年度表彰式(ホテルメトロポリタン盛岡)に出席

 

6月16日(土)

いわて男女共同参画フェスティバル2018開会式(アイーナ)に出席

 

6月17日(日)

友人の結婚式(盛岡グランド゙ホテル)に出席

 

6月18日(月)

岩手県空港利用促進協議会総会(ホテル東日本盛岡)に出席

 

6月19日(火)

岩手県立大学開学20周年記念式典、講演会(県立大学)、祝賀会(ホテルメトロポリタンニューウイング)に出席

 

6月20日(水)
「悪銭身に付かず」のはずであるが?

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が19日の衆院本会議において自民、公明、維新の賛成多数により可決、参院に送付された。政府は「世界中から観光客を集め滞在型観光を実現する」と豪語している。


しかし、誘致に熱心な大阪府や大阪市の試算は、最大で3千万人の集客を見込むがその8割は日本人が占めるとみている。北海道も6百万人から9百万人と見込んでいるが、苫小牧市に建設されてた場合は8割、釧路市では9割が日本人と見込んでいる。実態は外国人の利用は極めて限定的で顧客の大半は日本人であることが前提となっている。

 原発輸出に失敗し、デフレ脱却シナリオは破綻、国家戦略特区の加計学園問題は疑惑だらけで成果は全くなし、かろうじて金融緩和で表向き景気は踏みとどまっているものの経済はマネーゲームの域を脱し切れていない。
 成長戦略はすでに矢が尽き、アベノミクスの頼みの綱はこのカジノ実施法と高プロ制度の導入などの働き方改革しかないというのが実態である。

 そもそも博打は胴元が儲かり、顧客は食い物にされ損をする仕掛けになっている。

 「悪銭身に付かず」とはよく言ったものである。

 歴史的に見ても我が国は、今日の公営ギャンブルの一部を除き一貫して賭博は御法度の歴史であり、このことが勤勉精神を育んできたともいえる。
 「経済」の語源は「経世済民」である。すなわち「世の中を治めて人々を苦しみから救うこと」である。
 しかし、政府与党の経済政策の基本理念は「儲かるためには手段を選ばず」の「エコノミー」のみである。国民をギャンブルに熱中させ、ため込んだお金を吐き出させて経済成長を図るなどという常識では考えられない法案が国会で議論されている。悲しいかなこれが我が国の政治の貧弱性であることを我々は深刻に冷静に受け止めなければならない。

  平成30年度北方領土返還要求岩手県民会議役員会・通常総会(エスポワール岩手)を主催

第69回全国植樹祭に出席

6月9日(土)

 午前、社会福祉法人・光林会創立50周年記念式典(花巻温泉・ホテル紅葉館)に出席後、明日、福島県開催される全国植樹祭出席のため、同県飯坂町へ移動、飯坂町穴原温泉泊。

 

6月10日(日)

第69回全国植樹祭に出席

 午前6時30分過ぎ、飯坂町穴原温泉からバス移動、大会会場地の南相馬市へ。

 式典開始に先立ち、県参加者らとともに大会会場地となっている南相馬市原町区雫(しどけ)地内の海岸防災林整備地区内に「赤松」などの苗木を植樹。

 午後、2時20分、被災地では初めての開催となる「育てよう希望の森を いのちの森を 第69回全国植樹祭ふくしま2018」開会。

 4年後の2022年には岩手県で戦後2回目(1回目は昭和49年、旧松尾村で開催)の全国植樹祭が開催される予定となっている。

福島県開催は今上天皇陛下がご出席される最後の全国植樹祭となった。

 夜、帰宅。
IMG_4335

 IMG_4331


































6月11日(月
)

 政務調査活動で福島第一原発視察

 自由党所属県議団で福島第一原子力発電所を視察。

東京電力ホールディングス()福島第一廃炉推進カンパニー関係者から概要説明を聞いた後、第一発電所構内1号機~4号機(大熊町)、5号機~6号機(双葉町)の建屋、陸側凍土遮水壁設備、免震重要凍、個体廃棄物貯蔵庫など15施設の外観)を車窓から、約60分余りにわたり視察。

東京泊。

 

6月12日(火)

引き続き新国立競技場視察

 独立行政法人・日本スポーツ振興センター新国立競技場設置本部関係者の説明をいただき、建設中の新国立競技場の外観を視察・調査。

同施設は、収容人員6万人であるが将来は8万人の増設が可能となっている。

平成31年11月完成予定。

 

6月13日(水)

 6月定例県議会対応などのため岩手県議会へ。

 午前11時県議会運営委員会、正午岩手競馬振興議員クラブ総会、午後1時6月県議会定例会提出予定議案等説明会、午後2時30分公益社団法人岩手県青少年育成県民会議平成30年度通常総会(アイーナ)にそれぞれ出席。

 

 

どこへ行った?、武士道の精神、ノーブレス、オブリージの精神

 

6月3日(日)

平成30年度岩手県人連合会総会「第44回岩手県人の集い」(東京都荒川区、ホテルロングウッド)に出席

 

6月4日(月)

平成30年度財政基盤強化対策県議会議長協議会第1回総会(東京都、都道府県会館)に出席

 

6月5日(火)

どこへ行った?、武士道の精神、ノーブレス、オブリージの精神

学校法人「森友学園」の国有地売却に関する決裁文書の改ざん問題について、財務省は佐川前国税庁長官が主導したと認定、当時の理財局職員20人の処分を発表した。

大阪地検特捜部が下した判断も全員不起訴処分である。

前代未聞の不祥事にもかかわらず、あまりにもゆるすぎる処分である。

多くの国民は「あれだけの悪質な文書改ざんを組織的に行い、嘘、偽りを重ねても、減俸や停職で済ませる。法に違反しなければ、犯罪に問われなければ何をやってもよい」という誤ったメッセージを国民に与えることになりはしないか。

これが前例となり、この程度なら許されるという悪い影響が出てくることを心配する。

子供への教育上も全くよろしくない。

 一年以上にわたって全く疑惑が晴れず、ウソ、偽り、ごまかし、言い逃れ続き、誰も責任を取ろうとしない政権。

収拾がつかなくなると強弁し開き直る政権。

「政治は最高の道徳」と国会で答弁して見せた首相は竹下登氏であったが、現在のわが国の政治指導者には、武士道の精神のカケラも、ノーブレス、オブリージの精神のカケラもないことが立証された。

こんな無責任な政界でいいはずがない。

 

6月6日(水)

岩手県土地改良事業団体連合会設立60周年記念・農業農村整備推進大会、祝賀会(盛岡市民文化ホール、ホテルメトロポリタン盛岡本館)に出席

 

6月7日(木)

政務調査活動の一環として「岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟報告会・後援会・懇親会」(宮城県議会等)に出席

 

6月8日(金)

 お世話になった方の葬儀と弔問に当たる。

 

高プロ、残業代ゼロ制度の要件緩和はなし崩しに進む恐れあり

5月28日(月)

午前、岩手県議会各会派代表者会議、午後、一般社団法人・岩手県漁港漁村協会協会平成30年度通常総会(県水産会館)、岩手県木材産業協同組合協同組合第17回通常総会・懇親会(ホテルロイヤル盛岡)にそれぞれ出席

 

5月29日(火)

第134回北海道・東北6県議会議長会(青森県)に正副議長とともに出席

 

5月30日(水)

第58回岩手県溶接技術協議会表彰式・懇親会(ホテル東日本盛岡)に出席

 

5月31日(木)

 高プロ、残業代ゼロ制度の要件緩和はなし崩しに進む恐れあり

衆議院で働き方改革関連法案が可決した。

同法案には、一部の専門職の労働時間の上限を取り払う「高度プロフェッショナル制度」(高プロ、残業代ゼロ制度)が含まれている。

高プロは、労働者を守る労働基準法の根幹である「1日8時間、週40時間労働」から一部専門職を除外する制度である。

適用されると、労働時間は管理されず、深夜や休日の割増賃金も払われなくなるため、゜過労死を助長する」と懸念されている。

そもそも法案には、職種は「高度の専門的知識等を必要」、年収も「基準年間平均給与額の三倍の額を相当程度上回る水準」とあるだけで、詳細は厚生労働省令で定めることになっており、法案が参院でも成立すれば、法改正の必要はなく、省令によってなし崩しに要件緩和が進む恐れがある。前例は労働者派遣法。

1986年に施行された時には、対象は高度な技術を要する通訳など専門的な13業務に限定されていたが、施行直後に3業務が追加され、96年にはアナウンサーなど26業務に膨らんだ。99年には原則自由化され、かろうじて例外であった製造業なども2004年に解禁された。

かつて、経団連は高プロについて、年収4百万円以上を対象にするよう求めていた。

いずれ、歯止めなく拡大される恐れが多分にある。

 

6月1日(金)

宮古港フェリーターミナルビル落成式典(宮古港磯鶏)に出席

6月2日(土 

午前、第20回岩手県障がい者スポーツ大会(県営運動公園陸上競技場)、午後、元陸前高田市長・故菅野俊吾氏お別れ式(陸前高田市コミュニティホール)にそれぞれ出席

 

岩手県議会議員 佐々木順一
佐々木順一写真
記事検索
プロフィール

sasaki_junichi

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ