佐々木順一日誌

言葉に責任を持つ、約束を果たす、それが政治だ!

2019年05月

第40回県勢功労者表彰式と北海道・東北6県議長会議に出席

5月27日(月)

 議長公務=午前、岩手県議会代表者会議(県議会議長室)を主催、岩手県漁港漁村協会定期総会(県水産会館)に出席

                                

5月28日(火)

 議長公務=岩手県商工会連合会通常総会(ホテル、メトロポリタンニューウイング盛岡)に出席

 

5月29日(水)

県勢功労者表彰式&北海道・東北6県議長会議に出席

 議長公務=午前、県勢功労者表彰式(県知公舎)に出席、午後、北海道・東北6県議会議長会議(ホテルメトロポリタン盛岡本館)を主催。

 県勢功労者表彰式は昭和55年に第1回目が行われ今回で40回目を向かえた。栄えある令和元年の表彰者は次の通り。

 元食生活改善推進団体連絡協議会長・桑原文子、元沢内村国保沢内病院長・増田進、県経営症協会長・佐藤安紀、元プロサッカー選手・小笠原満男の4氏。
DSC03763
















 



北海道・東北6県議会議長会議の本県開催は4年ぶり。各道県の正副議長らが出席。国際リニアコライダーの誘致実現をはじ東日本大震災津波の復興財源確保、地域医療を担う医師確保など21議案を審議、原案通り可決した。各議案は全国都道府県議会議長会を通じ関係省庁に要望することになる。

 6月12日に東北ILC推進協議会が省庁への要望を予定している「ILC日本誘致に関する東北関係者合同要望」への参加も了承した。

 DSC03776




















5月30日(木)

 議長公務=岩手県溶接技術競技会表彰式(アートホテル盛岡)に出席

 

5月31日(金)

 花巻市議会議員団と県議会議員団(いずれも有志によるもの)との懇談会(ホテルグランシェール花巻)、花巻選挙区、北上選挙区及び遠野選挙区選出県議会議員と県南広域振興局公所長との意見交換会(ホテルシティプラザ北上)、第33回岩手県管工事業協同組合連合会通常総会・懇親会(ホテル千秋閣)にそれぞれ出席

 

 

参院選、野党の一本化こそ勝機


5月20日(月)

県立高等学校後期計画策定検討委員会(花巻市交流会館)に出席

 

5月21日(火)

花巻調理師会定期総会・懇親会(ホテルグランシェール花巻)に出席

 

5月22日(水)

議長公務=岩手県鉄構工業協同組合2019年度定期総会・優良従業員表彰式・交流懇親会(アートホテル)に出席

 

5月23日(木)

事務所において来客対応

 

5月24日(金)

日本酒とワインの二日間

議長公務=一般社団法人南部杜氏協会主催の第100回自醸清酒鑑評会記念講演・同式典(ホテル花巻)、同祝賀会(紅葉館)にそれぞれ出席。

明治44年に第1回が行われた。

 

5月25日(土)

議長公務=日本ワインフェスティバル花巻大迫2019(大迫活性化センター広場)に出席

 

5月26日(日)

参院選、野党の一本化こそ勝機

夏の参院選が迫ってきた。

まだ選挙日程は定まっていないが、自民党は勝敗を左右する定数1の全国32選挙区のうち、16選挙区を激戦区に指定したとう。

すなわち、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、山梨、新潟、長野、三重、滋賀、徳島・高知、愛媛、佐賀、大分、沖縄の各選挙区である。

これらの選挙区で野党統一候補で一本化された場合どうなるのか。

直近の国政選挙、一昨年(2017年)の衆院選における野党すべての比例得票数と自公の得票数を比較してみると、10選挙区で野党の合計が自公を上回る結果となった。ほかの5選挙区でも自公に対し9割以上の得票となった。

岩手選挙区の場合、具体的には野党統一候補の得票数は343.038票に対し自公候補の得票数は246.120票、その差は約10万票となる。

野党の一本化こそ勝機につながることがデータ的にも明らかである。

 


自由党解散、国民民主党との合併を正式決定

5月15日(水)

議長公務=文部科学大臣創意工夫者表彰式・岩手工業クラブ第6回定時社員総会(ホテルメトロポリタン盛岡・本館)に出席

 

5月16日(木)~5月17日(金)

岩手県議会商工文教常任委員会県外視察(1泊2日、山形県)に参加。下記の日程に基づき調査・視察。

一日目=未来の産業人材について(村山市・村山産業高等学校)

二日目=伝統と革新を紡ぐ絹産業の振興について(鶴岡市・鶴岡織物工業協同組合

5月18日(土)

花巻市立大迫小学校運動会に出席

 

5月19日(日)

自由党解散、国民民主党との合併を正式決定

自由党岩手県連総務会を開き、自由党の解散と国民民主党との合併を正式決定した。

①自由民主党、②新生党、③新進党、④自由党、⑤民主党、⑥国民の生活が第一、⑦生活の党、⑧自由党、そして現在の⑨国民民主党、以上が私がこれまで在籍した党歴である。9つ目となる。

「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対的に腐敗する」。
 英国のアクトン卿の言葉である。
 人間である限り、必ず過ちを犯すものである。どんなに優秀な人間でも例外ではない。
 「権力」を動かすのは「人間」である。
 歴史を振りかえって見ると権力者が誤った判断を行い、その結果、国を危機に陥らせたり、国民に悲劇をもたらしたことは枚挙に暇がない。
 だから政権交代が必要となる。

野党の使命は「政権奪還」。
 
「党」を結成することはその手段に過ぎない。

わが国の統治機構は「議院内閣制」である。

したがって、衆議院総選挙で「党」に所属する候補者は掲げる政策を訴え、過半数を獲得し、政権を担うこと、このことに野党は常に研鑽と自己改革を積み重ねなければならない。
 今回の合併はその一歩である。
P1120022

幼保無償化と保育士不足

5月9日()

 終日、事務所において来客対応。

 

5月10日()

 知人の葬儀に参列。

 

5月11日()

幼保無償化と保育士不足

 幼児教育・保育無償化の改正法が成立した。これは消費税率10%への引き上げで得られる増収分を使い、10月から3歳~5歳児は原則全世帯無償、0~2歳児は低所得世帯が対象とするものであるが、そもそも教育の無償化とは本来、全員が無償で教育を受けられるようにすることではないだろうか。

無償化の課題の前に解決しなければならない問題がある。すなわち待機児童の解消である。

希望する認可保育所に入れない待機児童が依然としているが、この子供たちはサービスの蚊帳の外である。一律無償化よりも前に待機児童の解消を行わなければならないことは理の当然ということになる。

待機児童解消のためには認可保育所の増設が必要となる。保育所不足の最大の要因は保育士不足であり、保育士不足の最大の原因は勤務条件の悪さである。

厚労省の調査によれば、保育士の平均年間給与は342万円、全職種平均の491万円より150万円近く低い。

無償化で子供を預けようとする人が増えれば、必要な職員も増やさなければならない。

ならば、保育士と幼稚園教諭の待遇と配置基準の改善に最優先で取り組むべきである。

 

5月12日()

小沢一郎後援会連合会役員会(奥州市・水沢グランド゙ホテル)に出席、参議院議員選挙、岩手選挙区候補予定者・横沢たかのり氏の推薦を決めるとともに、今後の選挙対策について協議。

 

5月13日()

議長公務=岩手県議会議長、県市議会議長、町村議会議長会連携会議(県議会棟)、同意見交換会=懇親会(エスポワール岩手)に出席

 

5月14日()

 花巻工業クラブモーニングセミナー(花巻温泉・佳松園)に出席

 

 「鳥人」「超人」、小林選手の県民栄誉賞授賞式に出席

5月1日()~2日(木)

休暇

 

5月3日()

議長公務=第32回毘沙門まつり・全国泣き相撲大会開会式(花巻市東和町・三熊野神社・毘沙門堂境内)に出席

 

5月4日()~5日(日)

休暇

 

5月6日()

参議院通常選挙岩手選挙区立候補予定者・横沢たかのり氏、参議院議員・木戸口英司氏とともに大迫町、東和町において街頭演説。

 

5月7日()

議長公務=平成30年度岩手県スポーツ賞表彰式(サンセール盛岡)に出席

 

5月8日()
 「鳥人」「超人」、小林選手の県民栄誉賞授賞式に出席

議長公務=ノルデックスキーのワールドカップジャンプ男子で日本勢初の総合優勝に輝いた小林陵佑選手の県民栄誉賞授賞式(知事公館)に出席。
 小林選手は、岩手が育んだ世界の至宝であって「鳥人」、「超人」という言葉がぴったりである。 

県民栄誉賞は「広く県民に敬愛され、県民に明るい希望と活力を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」を目的に平成59年10月2日に制定された。

これまで下記の個人、団体が受賞しており、小林陵佑選手の受賞は七件目となる。

第一回受賞者は、新日鉄株式会社釜石製鉄所ラグビークラブ(昭和60年1月31日)であり、以降、二回=日蔭暢年(昭和60年10月2日)、三回=三ケ田礼一(平成4年2月24日)、四回=盛岡商業高等学校サッカー部(平成19年1月15日)、第五回=花巻東高等学校硬式野球部(平成21年10月15日)、六回=岩清水梓(平成23年8月8日)となっている。

DSC03599DSC03620 

 

岩手県議会議員 佐々木順一
佐々木順一写真
記事検索
プロフィール

sasaki_junichi

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ