5月25日(木)

 社会福祉法人・宝寿会理事会に出席

 

5月26日(金)

 第98回南部杜氏協会自醸清酒鑑評会表彰式(石鳥谷生涯学習会館)に出席

 

5月27日(土)

 問われる自衛隊の政治的中立性

 安倍首相が自衛隊を9条に明記した新憲法の2020年施行を目指すことを表明したことに対し、自衛隊制服組のトップ、河野統合幕僚長が記者会見で「一自衛官として申し上げるなら、自衛隊の根拠規定が憲法に明記されることになれば、非常にありがたいと思う」と述べたことは、憲法改正をめぐる特定の政治的主張に肩入れしたことになりかねない。

 憲法尊重擁護の義務のある公務員であり、政治的中立に抵触する発言である。

自衛隊法では隊員の政治的行為を制限している。

自衛隊法施行令では、具体例として「特定の内閣を支持または反対したり、政治の方向に影響を与える意図で特定の政策を主張したり反対したりすること」を禁止している。

「日本国憲法および法令を順守し」と服務宣言をした自衛官のトップとしての姿勢はもとより、シビリアンコントロールや政治的中立の観点から、見過ごすわけにはいかない問題である。

 

5月28日(日)

 『岩手を守り、日本を変える』地方議員フォーラム2017研修会・懇親会に出席(ホテル、メトロポリタンニューウイング)に参加。

「グローバリズムの限界と世界経済の今後」をテーマに京都大学人間・環境学研究科准教授・柴山桂太氏の講演を聴く。

 

5月29日(月)

小説「官僚たちの夏」よりも「李下に冠を正さず」

  城山三郎氏の小説「官僚たちの夏」。

ミスター通産相と呼ばれた、主人公の「風越慎吾」は「俺たちは国家に雇われている。大臣に雇われているわけではない」と公言し、官邸の意向に歯向かい左遷されたこともある。

安倍首相が絡む森友問題と加計問題。

前者については、財務省は関連資料は破棄したとの一点張りである。

後者については、前文科事務次官が「総理のご意向」に沿うかたちで「行政が歪められた」と記者会見で衝撃の告白をした。
 この二つの問題の背景には背後霊のように安倍首相の姿が存在する。

野党は前文科事務次官の証人喚問を要求しているが、与党は必要なしの一点張りである。

確か、森友問題で籠池氏の証人喚問に応じた与党の理由は「総理を侮辱した」の一点であったと思う。

前文科事務次官の記者会見の内容は安倍総理の発言を否定していることから、これ以上の侮辱はないと思うが、効果がないとすれば、前文科事務次官は再度、記者会見を開き、安倍首相を徹頭徹尾、侮辱すれば、与党も証人喚問に応じざるを得ないのではないか。

それにしても、森友問題と加計問題に対応する官僚たちの国会答弁を聞いていると、城山三郎氏の小説「官僚たちの夏」に登場するような気骨のある官僚は今は絶滅危惧種となったといえる。
 前文科事務次官は「官僚たちの夏」に登場する「風越慎吾」に近いものがあるが、記者会見は退官後のことであり、いささか物足りないところがあるものの、ぜひ、国会の場ですべてを語っていただきたいと思う。
 それよりも大事なことは、「李下に冠を正さず」=「人に疑われるようなことをしてはいけない」ということではないか。

「冠」をいただく身分の者であればなおさらであるが、安倍首相には、この言葉は全く通用しないようだ。

 

5月30日(火)

 岩手県議会東日本大震災津波復興特別委員会視察に参加。

 大槌町役場内において、平野町長らから「復興に向けた取り組み状況等について」説明を受けたのち意見交換。その後、①町方地区震災復興土地区画整理事業等、②大槌学園(小中一貫教育校=県内初の義務教育学校、平成28年9月完成)を視察。

 

5月31日(水)

 岩手県管工事業協同組合通常総会(花巻温泉・ホテル千秋閣)に出席