6月26日(月)
 強権的な官僚支配では有能な人材は確保できない
 国民主権を謳う憲法上、政治家は「全国民の代表」、官僚は「全体の奉仕者」である。 
 時として 「政」と「官」は、テーマによってしばしば対立することがある。
 問題解決の手段として場合によっては、「政」はポピュリズムに走るが「官」は非ポピュリズムに徹する。
 今、森友問題、加計問題を中心に「官邸」と「官僚」が対立している。 
 はたから見ると面白いが、行政(内閣)に携わる政治家と官僚には、現在と将来の国民に負うべき共同の責任があるはずである。
 両者が対立したままでは、物事は前に進まない。
 安倍政権が、今見せている一方的で強権的な官僚支配は、官僚たちの士気を低下させるだけである。
 のみならず、次世代の官僚を志す有能な人材を遠ざけてしまう恐れがある。 
 将来の国の行政基盤を築くことを無視した官邸の振る舞いは、将来に禍根を残すことになるかもしれない。
 「理屈(論理)」含め「人間力」で官僚を納得させる包容力を含めた力量が今の官邸には欠けている。

 県議会は議案調査のため28日まで休会。
 

6月27日(火)
 税収、前年度下回る。アベノマジックの幻想が露呈
 国の2016年度の一般会計税収が55兆5千億円前後にとどまることから、国の税収が7年ぶりに減る見通しである。
 前年度、すなわち15年度の56兆2千8百54億円を下回った。
 前年度割れはリーマンショックの影響で税収が急減した09年度以来7年ぶりである。
 原因は、昨秋までの円高で企業収益が伸び悩み、法人税収が低迷したことがあげられる。
 成長だのみで税収を伸ばし、財政出動につなげていく安倍政権の経済政策=アベノミクスの行き詰まりが鮮明となった。
 アベノマジックの限界が露呈した。 

6月28日(水)
 「いわぎん(岩手銀行石鳥谷支店)友の会」総会・懇親会に出席

6月29日(木)
 岩手県議会6月定例会再開。
 午前一時、本会議開会、一般質問、第1日目。
 高橋但馬(改革岩手)、千葉伝(自由民主クラブ)、佐藤ケイ子(改革岩手)の三氏が登壇、午後5時41分散会。

6月30日(金)
 岩手県議会6月定例会。
 午前一時、本会議開会、一般質問、第2日目。
 柳村岩見(自由民主クラブ)、柳村一(改革岩手)、工藤勝子(自由民主クラブ)の三氏が登壇、午後5時41分散会。

7月1日(土)
 第69回岩手県民体育大会ソフトボール競技開会式(石鳥谷町・ふれあい運動公園)に出席