9月11日(月)

 一万円札の福沢諭吉が泣いている

「子孫へは教育を遺(のこ)し沢山なり」。

 この言葉は福沢諭吉であり、その心は、「教育の投資こそ未来への遺産である」ということである。

それでは、この偉人の顔が刷られた一万円札と教育への投資を政府はどのように使っているのだろうか。

経済協力開発機構(OECD)の国際比較調査によると、加盟各国の国内総生産(GDP)に占める教育への公的支出の割合は平均4.4%。
 しかし、日本は3.2%で最低である。
 しかも、日本の大学などの授業料の高さも最高となっている。
 加えて、教員の勤務時間の長さや学生や親の負担も最高である。

先生や親、生徒の負担は最高、逆に政府の投資は最低と言われている。

子孫に教育も遺せない政府で果たしていいのだろうか。
 一万円札の福沢諭吉が泣いている。

 

9月12日(火)

岩手県議会へ。

 今月22日に9月定例県議会が招集予定となってることから、恒例の議案等説明会に出席

9月13日(水)

 石鳥谷町八幡地区敬老祭に出席

 

9月14日(木)

 岩手県議会農林水産常任委員会県内視察。

 西和賀町の「冷凍技術等を活用した食のプロジェクトの取り組みについて」と金ヶ崎町の「県南家畜保管保冷施設の取り組みについて」をそれぞれ現地視察

 

9月15日(金)

 石鳥谷町好地地区敬老祭、社会福祉法人宝寿荘敬老祭、大迫町亀が森八幡神社秋季例大祭、石鳥谷町醸友会通常総会にそれぞれ出席

 

9月16日(土)

 参議院議員=木戸口英司氏国政報告会(花巻市ホテル花城)に出席

 

9月17日(日)

 石鳥谷町大瀬川地区敬老祭、第48回大迫ワインまつりに出席