平成30年1月1日(月)
新年祝賀の儀に出席
 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
「戌歳」にちなみ、皆様にとりまして本年がナンバー「わん」の年になりますようお祈りいたします。
 私も「戌歳」にあやかり、自らの職務を踏まえ、衰えつつある「嗅覚」、「聴覚」を駆使し、「耳順」の一年にしたいと思っております。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、今年は、皇居で行われる「新年祝賀の儀」に県議会議長として参列するため、東京都内で新春を迎えました。
 午前11時30分,正殿松の間において、都道府県知事、議会議長、各省庁の事務次官等の列席のもとに、天皇皇后両陛下をはじめ皇室の皆様に拝謁、陛下からお言葉を賜りました。
 午後1時過ぎ、世田谷区深沢の小沢一郎先生の私邸を訪問、恒例の新年会に初参加、先生をはじめ関係者約70人と懇談。東京泊。

平成30年1月2日(火)
 昼過ぎ、東京を出発、夕方帰省。 

平成30年1月3日(水)
 大型選挙のない過去の戌歳
 12年前の戌歳は、2006=平成18年であるが、安倍さんが初めて首相に就任した年である。
 その前の1994年=平成6年は、自民党が政権復帰し社会党の村山富市氏を首相とする「自社さ連立政権」が誕生した年である。
 それではさらに12年前の1982年=昭和57年はどうだろうか?。
 鈴木善幸首相が退陣し中曽根康弘氏が後継に選ばれている。 
 年を越したが、去年=「酉歳」はどうであったのだろうか。
 12年前(平成17年)の「酉歳」には劇的な郵政解散総選挙が行われている。
 24年前(平成5年)は中選挙区最後の選挙が行われ、自民党が下野、細川連立政権が誕生している。
 36年前(昭和56年)はさすがに前年(昭和55年)に戦後初の衆参ダブル選挙が行われ自民党が圧勝したため、国政選挙はなかったが、48年前(昭和44年)は、佐藤首相が沖縄返還について米国と合意し、やはり解散総選挙が行われている。
 そういえば、昨年10月にも解散総選挙が行われた。
 過去4回、「酉歳」には必ず解散総選挙が行われている。
 何はともあれ、毎年政治的な出来事が起きていることは間違いがはなく、波静かな年などない。
 昨年に引き続き、平成30年も内外ともに落ち着かない年になりそうであるが、過去三回の「戌歳」を振り返ってみると、大型選挙(国政選挙、知事選挙、県議選挙など)は行われていない。
 となれば、国政、県政などについてじっくりと腰を据えて諸課題に正面から取り組む一年にしたいものである。

平成30年1月4日(木)
 花巻市東和地域新年交賀会、花巻商工会議所新年交賀会に出席