4月26日()

 公務行事、私的行事もないため、事務所で書類整理。

 

4月27日()

 県議会正副議長、市議会議長会、町村議会議長会連携会議(県議会棟1階大会議室)に出席

 

4月28日()

 「達増拓也知事を囲む春真っ盛りの会」(サンセール盛岡)に出席

 

4月29日()
  「決断」できない言うことは「現状」を肯定すること
 27日、板門店で行われた韓国の全大統領と北朝鮮の金委員長のトップ会談が世界の注目を浴びている。
 今まで「ならず者国家」、「テロ国家」と非難され続けてきた北朝鮮であったにもかかわらず、その指導者である北朝鮮の金正恩委員長と全在寅韓国大統領がノーベル平和賞受賞候補者のトップに躍り出ているという。
 「完全非核化」や「年内の終戦宣言」などを盛り込んだ「板門店宣言」の評価は、次の「米朝トップ会談」を含め今後の推移に委ねなければならないが、現実に起きたことだけに限っていえることは、金正恩委員長が 「コペルニクス的転換」を図ったことである。 
 また、平昌五輪を活用しながら用意周到に準備を行ってきた全在寅韓国大統領のしたたかさも見逃してはならない。
 二人に共通する事柄は、反対勢力を国内外に抱えながらも政治家として決断したことである。
 トップに求められることは「決断」することと「責任」を取ることである。
 政治家であるならなおさら求められる要素であり、ある意味、二人の指導者は範を垂れたとも言えるのではないだろうか。 
 翻って、わが国の政治家はどうだろうか。
 モリカケ問題を中心に恣意的な権力の行使のみならず、官僚にことごとく責任を押し付ける大臣らの責任感のない情けない振る舞い。
 一方、まとまらないと政権交代は夢のまた夢と分っていながら、総結集に向けての一歩を踏みだすことができず、足踏み状態続きの野党の政治家たち。
 決断できないということは現状を肯定することであり、 現状を肯定するということは今のままで良いということになる。
 「決断」と「責任」こそ政治家に求められる最も必要とされる要素である。

 

4月30日()

 午前、釜石湾港防波堤完成式(釜石市民ホール)、午後、平昌2018オリンピック・パラリンピック報告会(ホテルメトロポリタン・ニューウイング)にそれぞれ出席。
 メダルには手がとどかなかったが、本県ゆかりのオリンピア、パラリンピアはみんな輝いていた。
 4年後の北京オリパラでどのようなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみである。
DSC00421DSC00455